NURO光の解約手順は?気になる解約金や注意点、解約費用を抑える方法を紹介!

NURO光の解約に関する疑問を解決!

 

NURO光を解約するにあたってわからないことが色々あり、困っていませんか?

 

解約の手続きはどこで行えるのか、解約にいくらかかるのか、解約金を0円にできる方法がないのかなど、知っておきたいことがたくさんありますよね。

 

この記事では、NURO光の解約手順や解約費用、おすすめの乗り換え先などを解説します。

 

最後まで読めば、NURO光をスムーズに解約できますよ。

 


目次
  1. NURO光の「退会」と「解約」は、正確には異なる!
  2. NURO光を解約する手順
  3. NURO光の解約費用は?
  4. NURO光の解約における注意点は?
  5. NURO光のオプション解約方法は?
  6. NURO光からの乗り換えにオススメな光回線

 

NURO光の「退会」と「解約」は、正確には異なる!

 

NURO光を展開しているSo-netでは、退会と解約を異なる意味として扱っています。

 

退会は、So-netのプロバイダサービスを含めて全てを解約することです。

 

一方で解約は、So-netのプロバイダサービスを残しつつ、インターネット回線のみを解約することを意味します。

 

基本的にこの記事で使われる「解約」は「プロバイダサービスを含めて全ての利用をやめる」、つまりSo-netが説明するところの「退会」となるので、ご注意ください。

 

なお、So-netの契約(メールサービス)を残す方法についても後ほど紹介するので、So-netを完全に解約したくない場合は合わせてチェックしてみてください。

 

 

NURO光を解約する手順

 

NURO光を解約する方法は非常に簡単で、WEB上で手続きを終えられます。

 

光回線サービスの多くは、解約をする際に電話での問い合わせや書類の郵送など、面倒な手続きが必要です。

 

中には、立ち会いのもと撤去工事を行わなければ解約できないものもあります。(戸建住宅のauひかりなど)

 

しかしNURO光ならすぐに解約手続きを終えられるので、ご安心ください。

 

 

解約はWEB経由で行う!

 

NURO光は、WEB上で解約できます。

 

以下のURLを開き、「NURO」の項目を選択しましょう。

 

解約手続きはこちら

 

https://www.so-net.ne.jp/support/taikai/

 

画面下の「退会のお手続き」における、「Webで退会」の手続きボタンをクリックすれば、手続きを行えますよ。

 

ユーザーIDやパスワードがわかるかどうかで押す項目が異なるので、自分に合う選択肢を選んでください。

 

 

チャットやLINEでも解約できる

 

9時~18時までなら、チャットやLINEを利用して退会することもできます。

 

チャットは上記URLの退会手続きボタン下にある、「チャットで退会する」から手続きをしましょう。

 

LINEは事前にSo-netの公式アカウントを友達登録しておけば、LINEのトーク画面から退会手続きを進められますよ。

 

 

手続き後、指定日までに必要レンタル機器の返却を行う

 

WEB上で手続きをしたら、あとはSo-netの支持に従って解約手続きを進めることとなります。

 

解約時には指定日までに、So-netが指定した宛先へモデム(ONU)のレンタル機器の返却が必要です。

 

返却は回収業者が自宅にきて回収するシステムとなっているので、自分で送る必要はありません。

 

そしてNURO光の解約手続き完了のタイミングは当月末か翌月末を選べますが、「番号ポータビリティ」をする場合は番号移行完了月の月末になります。

 

 

レンタル機器を業者が回収にくるタイミング

 

レンタル機器の回収タイミングは、通常解約受付時に指定できます。

 

ただし、So-netの別のインターネット接続サービスを使う場合は新回線開通4日後か、受付時に希望した日程での回収となります。

 

またNURO光でんわの番号を引き継ぐ「番号ポータビリティ」(次項で解説)をする場合は、集荷案内のSMSが届いた数日後のレンタル機器回収となるのでご注意ください。

 

 

レンタル機器を返却しなければ、損害金が発生する

 

NURO光のレンタル機器を返却しなかった場合は、以下の機器損害金がかかります。

 

ONU:11,000円(税抜)
TA:12,000円(税抜)

 

合計23,000円(税抜)と高額なので、返し忘れないように気をつけてくださいね。

 

 

NURO光でんわは、「番号ポータビリティ」でNTTの固定電話へ契約を移せる

 

NURO光で光電話サービス「NURO光でんわ」を使っている場合は、番号ポータビリティをすれば電話番号をNTT加入電話(アナログの電話回線を使った固定電話)の契約に戻せます。

 

番号ポータビリティをする場合は、NURO光の解約手続きを始める前に「116」へ電話をかけましょう。

 

「116」の窓口は9時~17時、年末年始に営業しています。(東日本・西日本共通です)

 

電話をかけて「光電話の契約をアナログ電話に戻したい」といった説明をすると、工事日の調整後に立ち会いで工事が行われ、やがて電話番号が加入電話での契約に戻ります。

 

116への問い合わせを終えたらNURO光の解約手続きを始めて、手続き中に終了時期の選択項目で「電話番号の継続手続きが完了するまで利用する」にしておきましょう。

 

加入電話の契約に戻した電話番号は、今後フレッツ光やauひかりなどの光電話サービスへ移行させることもできますよ。

 

電話番号を引き続き使い続けたい場合は、番号ポータビリティを忘れないようにご注意ください。

 

 

NURO光でんわで新規発行された番号は、番号ポータビリティの対象外

 

NURO光でんわで新規発番となった電話番号は、加入電話での契約に変更できません。

 

番号ポータビリティができない場合は、116の窓口やNURO光の解約手続き中に不可能であると説明があるので、後から困ってしまうようなことはありません。

 

例えばNURO光の解約手続きでは、「電話番号の継続手続きが完了するまで利用する」の項目が選べない場合は番号ポータビリティができません。

 

番号ポータビリティができなければ解約時に番号は失われ、今後光回線の乗り換えなどを行うと固定電話の番号が変わります。

 

銀行や通販サイト、友人などに番号の変更を伝え忘れないように、ご注意ください。

 

 

NURO光 for マンションは、人数不足時の強制解約に注意!

 

NURO光のマンション向けプランであるNURO光 for マンションでは、解約したくなくても解約となってしまうケースがあります。

 

同じ建物内でNURO光の契約者が3人以下になってしばらく経ったタイミングで、3ヶ月に契約解除となる知らせが届きます。

 

3ヶ月経過のタイミングで自動的に解約となるので、NURO光でんわを使っている場合は必要に応じて番号ポータビリティなどの手続きを行うようにしましょう。

 

次に使う光回線の契約手続きを進めておくことも重要です。

 

また強制解約になったタイミングで、利用者たちが毎月支払う仕組みとなっているHands-upの設備導入工事費60,000円(税抜)の残債があった場合は、最後まで残っていた3人以下の契約者で均等に分けて支払わなければいけないことにもご注意ください。

 

 

NURO光の解約費用は?

 

NURO光を解約する際は、様々な費用がかかります。

 

発生の可能性がある料金を順番に解説していくので、いくらくらいかかるか事前にチェックしておいてくださいね。

 

 

契約解除料(解約料)

 

NURO光の解約金は契約解除料と呼ばれていて、9,500円(税抜)に設定されています。

 

定期契約がないNURO光G2というプランの契約なら契約解除料がかかりませんが、通常の2年契約プランであるNURO光G2Vやfor マンションは2年契約・契約解除料ありです。

 

 

契約解除料は、更新月の解約で0円になる!更新月確認方法

 

NURO光の契約解除料は、契約更新月に解約すれば無料です。

 

例えば2年契約のNURO光G2Vを2018年1月に契約している場合は、契約更新月が2年後の2020年1月中となります。

 

契約更新月に解約しなければ自動更新となり、再度2年間などの定期契約が始まってしまうのでご注意ください。

 

契約更新月を知りたい場合は、以下の3つの手順を進めれば明確なタイミングをチェックできますよ。

 

  1. So-netマイページへログインする
  2. 「接続サービス・高速モバイルオプションご利用状況」を選択する
  3. 「ご利用状況の詳細を選ぶと、更新月が表示される

 

 

回線撤去費(機器・配線を撤去する場合のみ)

 

NURO光では、希望する場合に自宅に設置された光コンセントの機器や配線を撤去する工事ができます。

 

回線撤去工事費は10,000円(税抜)かかるので、どうしても機器・配線を残したくない場合にのみ利用しましょう。

 

なお、光コンセントの撤去をする場合は以下の番号へ問い合わせが必要です。

 

NUROサポートデスク

 

0120-65-3810

 

受付時間9時〜18時(1月1日〜2日、指定メンテナンス日は休業)

 

回線撤去を行う場合は、回線撤去工事完了月末日が解約タイミングとなるのでご注意ください。

 

 

工事費の残債もかかる!

 

NURO光の工事費は40,000円(税抜)で、残債がある場合は一括請求が行われます。

 

NURO光の工事費は30回払いなので、例えば2年契約を終えて契約解除料無しで解約できるタイミングでも、6回分の残債(およそ8,000円)がかかってしまうことにご注意ください。

 

なお、キャンペーンで工事費相当額が割引になっていたとしても、残債の支払い時は割引が適用されません。

 

 

解約費用は解約2ヶ月後に請求される!

 

NURO光の解約費用は、解約手続きをした2ヶ月後に請求されます。

 

NURO光の月額料金請求タイミングは遅れることがあり、解約費用を支払ってからもまだ支払い終えていない過去の月額料金が請求されるケースもあります。

 

料金の支払いについて不安・わからないことがある場合は、So-netへ問い合わせてみてください。

 

0120-80-0285

 

受付時間9時~18時(日曜日、1月1~2日、指定メンテナンス日は休業)

 

 

NURO光でんわの解約・番号ポータビリティ工事費

 

契約しているNURO光でんわを解約する場合は、以下の2つの費用がかかります。

 

NURO光でんわ解約工事費:1,000円(税抜)
番号ポータビリティ工事費:1,500円(税抜)

 

解約費用が上乗せとなるので、ご注意ください。

 

 

ひかりTV for NUROは、2ねん割契約時の違約金に注意

 

ひかりTV for NUROを「2ねん割」適用でお得に使っている場合は、利用開始月から24ヶ月以内に解約すると、10,000円(不課税)の違約金がかかります。

 

そして、解約後にまたひかりTV for NUROを申し込む際は、2ねん割を適用させられないことにご注意ください。

 

 

NURO光の解約における注意点は?

 

NURO光を解約するにあたり、知っておきたい注意点がいくつかあります。

 

それぞれ解説するので、チェックしておいてくださいね。

 

 

解約月の月額料金は日割り

 

NURO光の解約月は、月額料金(2年契約時通常4,743円)が日割り請求になりません。

 

いつ解約手続きをしても満額請求になるので、ご注意ください。

 

そもそも解約完了タイミングが当月末か翌月末など「月末」にしか指定できないため、解約月の月額料金が日割りにならないのは当然といえば当然でしょう。

 

 

ドコモ光やフレッツ光などへの転用はできない

 

NURO光から、ドコモ光やフレッツ光などの他社回線へ、工事不要で転用することはできません。

 

新しく他の光回線を契約する場合は、開通工事が必要です。

 

 

PS4やワンコインなどのキャンペーン特典に、返還義務はなし

 

NURO光では、PS4プレゼントや3ヶ月間ワンコインなどの豪華なキャンペーンが展開されています。

 

キャンペーンを利用して契約した後に解約したからといって、特典の返還の必要があるなどの注意点はありません。

 

ただしキャッシュバックキャンペーンなどにおいて、特典をもらえるタイミングより前に解約してしまった場合は、特典はもらえないこととなるのでご注意ください。

 

 

解約証明書の発行方法

 

NURO光では、解約証明書の発行がありません。

 

ただし、マイページから解約後6ヶ月間確認できる「請求明細」が、解約証明書の代わりとなります。

 

他社へ乗り換える際に解約金をキャッシュバックしてもらえる「解約金負担キャンペーン」や、ローン契約などで解約証明書が必要な場合は、請求明細を印刷して利用しましょう。

 

 

解約の引き止めが行われる場合あり

 

NURO光の解約を申し込んだ際など、もしかしたら解約の引き止め電話などがかかってくるかもしれません。

 

引き止めに応じず解約するかどうかは、もらえる特典内容(割引、キャッシュバックなど)をもとにじっくり検討してみましょう。

 

引き止められたからといって解約をとりやめないといけないなどの制限はないので、自由に決めてしまってOKです。

 

 

So-netのメールアドレスを残す方法

 

So-netのメールアドレスを連絡用などで使うために残したい場合は、以下のURLから「モバイルコース」へ変更できます。

 

https://www.so-net.ne.jp/support/change/mailkeep/

 

モバイルコースは月額200円(税抜)かかるサービスなので、不要な場合は無理に契約を続ける必要はありません。

 

 

NURO光は、引越し先でも使える

 

NURO光は、以下の番号へ問い合わせることで、引越し先で引き続き利用することもできます。

 

0120-080-790

 

受付時間9時~18時(1月1~2日、指定メンテナンス日以外無休)

 

 

  • 契約解除料無料
  • 工事費残債無料
  • 移転先への工事費40,000円が30ヶ月間1,334円割引で実質無料
  • 契約事務手数料無料
  • So-net設定サポートサービス無料

 

以上5つの特典をもらえるので、必要に応じて申し込むのもオススメですよ。

 

以前は一旦解約→再契約が必要でしたが、2019年3月時点では、以上の通り移転手続きに対応しています。

 

ただし、NURO光は関東、関西、東海地方でしか利用できません。

 

エリア外の方は移転手続きができないので、解約するしかないことにご注意ください。

 

またキャンペーンを利用して引越し先でもNURO光を使おうとした際、もしも開通工事に失敗して導入ができなければ、契約解除料や工事費残債は普通に請求されてしまいます。

 

 

おうち割光セットは、So-net退会と合わせて提供終了

 

NURO光とNURO光でんわのセット契約でソフトバンクスマートフォンが毎月最大1,000円(税抜)×10回線割引になる「おうち割光セット」は、So-net退会時に提供終了となります。

 

つまりNURO光を解約した翌月からは割引が発生しなくなるので、ご注意ください。

 

 

NURO光のオプション解約方法は?

 

NURO光では様々なオプションが提供されていて、オプションの中には自分で解約しなければいけないものもあります。

 

各種オプションの解約方法をまとめたので、利用中のオプションがある場合は忘れず解約しておいてくださいね。

 

 

カスペルスキーは専用URLから解約可能

 

So-netがオプション提供しているウイルスセキュリティサービス・カスペルスキーは、以下のURLより解約できます。

 

カスペルスキーの解約はこちら

 

https://www.so-net.ne.jp/option/security/kaspersky/apply/#tit-cancel_a

 

手続き後にパソコンから製品をアンインストールすれば、解約完了です。

 

なお、NURO光 for マンションでは利用に月額500円(税抜)かかるカスペルスキーですが、通常のNURO光では標準搭載となり、利用にあたっての追加料金は必要ありません。

 

ただし、NURO光を解約すると、カスペルスキーは有料プランとなります。

 

NURO光を解約する際は、合わせてカスペルスキーを使っていた場合、カスペルスキーの解約も行っておきましょう。

 

 

くらしの便利パックなどはマイページから解約可能

 

くらしの便利パックなどの通常オプションは、マイページの「オプションサービス・コンテンツサービスご利用状況」から解約できます。

 

利用中のオプションサービスの項目下にある「解約」ボタンを押して、解約しましょう。

 

 

NURO光でんわやひかりTV for NUROは、サポートデスクで解約可能

 

NURO光でんわやひかりTV for NUROを単体で(光回線は残したまま)解約する場合は、以下のサポートデスクへ問い合わせれば対応してもらえます。

 

NUROサポートデスク

 

0120-65-3810

 

受付時間9時〜18時(1月1日〜2日、指定メンテナンス日は休業)

 

ただし、NURO光でんわの番号を加入電話に戻す場合は、記事前半で説明した通り116へ電話をして、番号ポータビリティを行ってください。

 

NURO光でんわ(番号ポータビリティなし)やひかりTV for NUROをNURO光と合わせて解約したい場合は、普通にそのままNURO光の解約手続きをすれば、合わせて解約できますよ。

 

 

ひかりTV for NUROのチューナーをレンタルしている場合は、返却が必要

 

ひかりTV for NUROの視聴にはチューナーが必要ですが、チューナーをレンタルしている場合は、返却しなければいけません。

 

返却案内が解約翌月中旬に届くので、指示に従って手続きをしてくださいね。

 

 

ひかりTV for NUROのオプションやプレミアムチャンネルは、ひかりTV上で解約!

 

ひかりTV for NUROで契約している、オプションサービスやプレミアムチャンネルは、ひかりTVの画面上で解約できます。

 

チューナーごとに手続き方法が異なるので、以下のURLよりご確認ください。

 

ひかりTV関連の解約はこちら

 

http://faq.hikaritv.net/faq/show/1726?site_domain=default

 

または以下の番号への問い合わせでも、解約できます。

 

ひかりTVカスタマーセンター

 

009192-144(一般電話)

 

0120-001144(ひかり電話)

 

受付時間10時~19時、年中無休

 

 

NURO光からの乗り換えにオススメな光回線

 

NURO光から他社へ乗り換える場合は、人によってオススメの光回線が違います。

 

希望する条件に合わせて、乗り換え先を検討してみてください。

 

 

解約違約金を負担してもらえる他社固定回線サービスで、解約金を0円に!

 

NURO光では、9,500円(税抜)の契約解除料などの解約費用がかかりますが、解約違約金負担がある光回線へ乗り換えれば乗り換え費用を抑えられます。

 

 

主に以上4社は、解約金負担系のキャンペーンを展開中です。

 

NURO光は関東、東海、関西・九州(福岡/佐賀)で提供されているので、現住所での乗り換えなら関東にお住まいの方はソフトバンク光かauひかりを選ぶことになるでしょう。

 

関西の方は関西限定のeo光、東海地方の方はコミュファ光も合わせて検討してみてください。

 

 

 

 

おうち割光セットで、ソフトバンクスマホを割引にできる他社回線

 

NURO光で提供されているおうち割光セットは、以下の2つのインターネット回線サービスでも適用できます。

 

 

ソフトバンクでスマートフォンを契約している方は、自宅で高速通信をするならソフトバンク光、引っ越しが多いなら工事不要のSoftBank Airを検討してみてくださいね。

 

 

ドコモやauのスマートフォンとのセット割対応光回線は?

 

スマートフォンをソフトバンク以外で使っている場合は、他のインターネット回線を選ぶのがオススメです。

 

ドコモユーザーならドコモ光を利用すれば最大月額3,500円(税抜)割引、auなら以下の光回線+電話サービス契約で、最大2,000円×10回線のスマホ代割引を受けられますよ。

 

  • auひかり
  • So-net光プラス
  • ビッグローブ光
  • @nifty光
  • J:COM

 

 

ケータイとのセット割で料金を安く抑えられ、さらにダークファイバー回線や独自回線、IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続の利用で高速通信ができる光回線を、下記ページでまとめて紹介しています。

 

NURO光からの乗り換え先に迷っている方は、参考にしてください。

 

 

速くて安い光回線の選び方&オススメ回線はこちら

 

【2019年最新版】安い!速い!あなたにおすすめの光回線はコレ!!

 


このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング・にほんブログ村へ



ページの先頭へ戻る