NURO光の無線LAN(wifi)ルーター利用時には子機・中継機が必要?

NURO光,無線LAN,子機,中継機,wifi

 

2020年4月現在の最新キャンペーンはこちら

 

 

 

NURO光のONUには、無線LAN(wifi)ルーターが内蔵されていますが、それはあくまで親機なので、『子機』はユーザー側で用意する必要があります。

 

また、市販の無線LAN(wifi)ルーターの中には『中継機』がセットになっているものもありますが、NURO光の無線LAN(wifi)ルーターにも中継機を使う必要があるのでしょうか?

 

このページでは、NURO光の無線LAN(wifi)ルーター内蔵をONUと『子機』・『中継機』について解説していきます!

 

 


 

 

無線LAN(wifi)の親機・中継機・子機ってなに?

 

まず、親機・中継機・子機のそれぞれの機能について簡単に説明します。

 

 

親機は、無線LAN(wifi)ルーター本体のことを指します。

 

無線LAN(wifi)の電波を飛ばす機器ですね。

 

 

中継機は、親機だけでは届きにくい場所にも、電波が届きやすいように親機の補助をする機器です。

 

 

子機は、親機や中継機から無線LAN(wifi)の電波を受け取ってインターネット接続するための機器です。

 

多くのパソコンやスマートフォンなどには子機が内蔵されているので、外部機器を用意しなくても無線LAN(wifi)を受信することができます。

 

 

NURO光の無線LAN(wifi)用に『子機』を用意する必要がある場合/不要な場合

 

前述のとおり、パソコンやスマートフォンなどには子機が内蔵されていることがほとんどです。

 

そのため、NURO光の無線LAN(wifi)用に子機を用意しなくても、大抵の場合は無線LAN(wifi)でインターネットにつなげることができます

 

 

ただし、より回線速度を速くしたい場合には、無線LAN(wifi)の規格が合った子機を用意する必要があります。

 

NURO光のONUの無線LAN(wifi)規格についてはNURO光の無線LAN(wifi)ルーター機能つきONUの種類・規格まとめで解説していますが、

5種類あるNURO光のONUの中でも、最新の2機種ではIEEE 802.11acという規格に対応していて、

子機側も802.11acに対応していれば最大1300Mbpsの高速通信が使えるようになります。(規格上の最大速度)

 

 

IEEE 802.11acに対応していないパソコンやスマートフォンで最大1300Mbpsの無線LAN(wifi)を使いたい場合は『子機』が必要

 

最新のパソコンやスマートフォンであれば、802.11ac対応(最大1300Mbps)のものがほとんどですが、少し前に買ったものだと、802.11n(最大450Mbps)までしか対応していない場合もあります。

 

 

802.11nまでしか対応していないパソコンの場合でも、別途、802.11ac対応の子機を用意すれば802.11ac(最大1300Mbps)の無線LAN(wifi)を使うことができます。

 

購入する場合は、USBタイプの、パソコンにさすだけの子機もありますので、802.11ac(最大1300Mbps)対応のものを選びましょう。

 

 

スマートフォンの場合は、機種ごとに無線LAN(wifi)の対応規格が異なり、パソコンのように外付け機器で802.11acに対応させることができません。

 

そのため、機種変更するなどして、802.11acに対応している機種に変えるしかありません。

 

 

NURO光の無線LAN(wifi)用の『中継機』は必要に応じて用意すればOK

 

先述のとおり、中継機は親機の無線LAN(wifi)電波が届きづらい場所がある場合に補助する役割ですので、電波状況に問題がなければ特に必要ありません。

 

 

もし購入する場合は、子機と同様に802.11ac(最大1300Mbps)に対応している中継機を選びましょう。

 

 

まとめ NURO光の無線LAN(wifi)用の『子機』・『中継機』が必要かどうかは場合による

 

NURO光の無線LAN(wifi)用の『子機』・『中継機』は、必ず購入しないといけないものではありません。

 

 

子機は、パソコンやスマートフォンに内蔵されていることがほとんどですので、別途用意しなくても初めから使えます。

 

ただし、最新のIEEE 802.11ac(最大1300Mbps)を使いたい場合には、IEEE 802.11ac(最大1300Mbps)対応のパソコンやスマートフォンを使うか、別途子機を用意する必要があります。

 

 

中継機は、NURO光のONUからの無線LAN(wifi)電波が届きづらい場所があって、どうしても必要であれば別途購入すればOKです。

 

その際は、IEEE 802.11ac(最大1300Mbps)に対応している中継機を選びましょう。

 

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング・にほんブログ村へ



ページの先頭へ戻る