NURO光でんわとは?-他の電話サービスと比べたメリットデメリットを徹底解説

NURO光でんわ,メリット,デメリット

 

2020年4月現在の最新キャンペーンはこちら

 

 


 

NURO光でんわとは?

 

NURO光の固定電話サービス、NURO光でんわはSo-netとソフトバンクテレコムが提携して提供しているサービスです。

 

 

参考

 

 

固定電話と呼ばれるものの中には、「NTT加入電話」、「IP電話」、「ひかり電話」の3種類が含まれています。

 

NURO光でんわは、「ひかり電話」にあたります。

 

ひかり電話には、

 

  • NTT加入電話と同様に市街局番つきの番号が使える(NTT加入電話の電話番号を引きついで乗り換えできる)
  • 距離に関係なく一律の通話料で使える
  • 指定のひかり電話同士なら24時間通話無料

 

などのメリットがあります。

 

 

もっと詳しい解説は下記の記事をごらんください

 

固定電話、IP電話、ひかり電話の違いって何?-それぞれのサービスを比較解説

 

 

 

ソフトバンクテレコムが運営していることで生まれる、NURO光でんわのメリット

 

元々ソフトバンクテレコムが提供していた固定電話サービスを、NURO光用に卸してもらい、So-netがNURO光でんわとしてサービス提供しています。

 

NURO光でんわを実際に運用しているのはソフトバンクテレコムです。

 

 

そのため、ソフトバンクテレコムが運用している他の固定電話サービス(下記参照)との通話料が無料になるというメリットがあります。

 

ソフトバンクテレコムが運用している固定電話サービス

 

  • BBフォン
  • BBフォン光
  • BBフォン(M)
  • ひかりdeトークS
  • ケーブルライン
  • NURO光でんわ

 

 

上記の固定電話サービスの利用者同士は、お互いに24時間通話無料になります。(ホワイトコール24)

 

 

さらに、ソフトバンクテレコムが運営しているからこそ出来るメリットがもう1つあります。

 

それは、「おうち割光セット」が適用できるというものです。

 

 

おうち割光セットとは、光回線とソフトバンクスマホ(ガラケー、タブレットでもOK)をセットで使うことで、スマホ1台につき毎月最大2000円の割引を受けることできるプランです。

 

 

 

 

ソフトバンク光とソフトバンクスマホのセットで適用になるのは知っている方も多いですが、NURO光でも使えることは、あまり知られていないようです。

 

 

NURO光とソフトバンクは、一見すると全く関係ないように思えますが、NURO光でんわを運営しているのがソフトバンクテレコムなので、ソフトバンクスマホとのセット割(おうち割光セット)も適用できるわけです。

 

 

 

ここからは、上記の2点も含めて、NURO光でんわを使うメリットを詳しく解説していきます!

 

 

 

NURO光でんわを使うメリット① ソフトバンクグループが提供・提携している電話サービスとの通話が24時間無料(ホワイトコール24)

 

先述の通り、下記の電話サービスとの通話が24時間無料になります。

 

  • BBフォン
  • BBフォン光
  • BBフォン(M)
  • ひかりdeトークS
  • ケーブルライン
  • NURO光でんわ

 

 

これは、ソフトバンクのホワイトコール24というサービスで、NURO光でんわが開通してから申し込む必要があります。

 

申し込み方法はこちら⇒ホワイトコール24のお申し込み方法

 

 

NURO光でんわ同士だけでなく、BBフォン等との間でも通話無料なのがかなりお得です。

 

NURO光でんわだけだと、エリアが関東だけなこともあり、加入者が少ないですが、BBフォンを使っている方は全国でもかなり多いです。

 

 

よく通話をする家族や友人がBBフォンユーザーだったら、通話料を気にせずにいつでも通話できます。

 

 

また、IP電話ならば電話加入権が不要です。新たに電話加入権を購入する必要がないので、初期コストが無料になります。

 

 

NURO光でんわを使うメリット② 固定電話が初めての方でも電話加入権が不要

 

NTT加入電話(アナログ電話)を新規契約する時は、電話加入権というものを購入する必要があります。

 

これがかなり高く、一般的な購入方法(NTTから購入する方法)だと36000円もかかってしまいます。

 

 

その点、IP電話やひかり電話の場合は電話加入権を買う必要がないので、初期費用を安く抑えることができるのがメリットです。

 

NURO光でんわも「ひかり電話」にあたるサービスですので、電話加入権不要です。

 

 

NURO光でんわを使うメリット③ NTT加入電話や他回線のひかり電話から電話番号を引き継げる(MNP)

 

NTT加入電話を使っている方、または、他の光回線でひかり電話(フレッツひかり電話やauひかり電話など)を使っている方の一部は、現在使っている電話番号を引き継いでNUROひかり電話に乗り換えすることができます。

 

電話番号を引き継いで乗り換えすることを「MNP」といいます。

 

 

ただし、NURO光でんわにMNPできるかどうかは、以前にNTT加入電話を使っていたかどうかによって変わります。

 

NURO光でんわにMNPできる方、できない方

 


①NTT加入電話(アナログ電話)を使っている方⇒NURO光でんわにMNP可能

 

②NTT加入電話からひかり電話に乗り換えた方⇒一度、NTT加入電話に戻してからNURO光でんわに乗り換えることでMNP可能

 

③ひかり電話で新しく電話番号を発番した方⇒NURO光でんわにMNP不可

 

④IP電話を使っている方⇒NURO光でんわにMNP不可

 

 

NURO光でんわにMNPする方法は、下記の記事で解説しています。(auひかり電話を例にしていますが、NURO光でんわの場合も同じ手順です)

 

固定電話(NTT加入電話)やフレッツ光電話などからauひかり電話に電話番号を引き継いで乗り換え(MNP)する方法

 

 

NURO光でんわを使うメリット④ おうち割光セット(旧スマート値引き)が使える

 

こちらも先述していますが、ソフトバンクスマホ(ガラケー、タブレットでも可)とNURO光でんわをセットで利用することで、おうち割光セットいう割引プランを適用することができます。

 

 

おうち割光セットに関して詳しくは、下記のページで解説しています。

 

ソフトバンク携帯+光回線のセット割「おうち割光セット」の内容・条件・注意点~適用方法まで徹底解説!

 

 

簡単に解説すると、

 

ソフトバンク携帯(スマホ、タブレットでもガラケーでもOKですが、ガラケーの方が割引率が低いです。)と、ソフトバンク指定の光回線(NURO光も含まれています)、ソフトバンク指定のIP電話(NUROひかり電話も含まれています)を使用することで、

 

ソフトバンク携帯の使用料から毎月最大1,000円/台割引になります。

 

たとえば家族5人でソフトバンク携帯を使っていれば、

 

割引額がNURO光の月額を上回り、NURO光を実質無料で使える。というキャンペーンになっています。

 

 

おうち割光セットについて詳しくは下記ページで解説しています

 

ソフトバンク携帯+光回線のセット割「おうち割光セット」の内容・条件・注意点~適用方法まで徹底解説!

 

 

NURO光でんわを使うメリット⑤ 距離に関係なく通話料が一律料金

 

NURO光でんわ等の「ひかり電話」や「IP電話」では、NTT加入電話(アナログ電話)と違って、距離によって通話料金が変わることがありません。

 

全国どこにかけても一律の料金になることが、NTT加入電話と比べた場合の大きなメリットです。

 

 

たとえば、国内の固定電話あてなら、どこにかけても7.99円/3分で通話できます。

 

 

もちろん、メリット①で紹介したソフトバンクグループが提供・提携している電話サービスとの通話は24時間無料です。

 

 

その他の場合の通話料金に関しては、こちらのページをご覧ください。

 

NURO光でんわの通話料金

 

 

NURO光でんわを使うメリット⑥ 基本料金が安い

 

NURO光でんわ等の「ひかり電話」や「IP電話」は、NTT加入電話(アナログ電話)と比べて月額基本料金が安いこともメリットです。

 

 

NTT加入電話の基本料金: 1450円~1700円/月

 

NURO光でんわの基本料金:500円/月

 

 

使っても使わなくても必ずかかる月額基本料金が、NURO光でんわに変えるだけで950円~1200円安くなります。

 

 

NURO光でんわのデメリット 電話番号を引き継げない場合もある

 

メリット③でも説明していますが、NURO光でんわにMNPできない場合もあります。

 

 

NURO光でんわにMNP(電話番号を引き継いで乗り換え)できない場合

 


  • ひかり電話で新しく電話番号を発番した場合
  • IP電話を使っている場合

 

 

まとめ

 

NURO光でんわは、So-netが提供している固定電話サービスですが、実際の運用はソフトバンクテレコムが行っているため、ソフトバンクのBBフォン等と同様のメリットを受けることができます。

 

特に、ソフトバンクスマホのユーザーが割引になる「おうち割光セット」と、全国のBBフォンユーザー等や家族が使っているソフトバンクスマホと24時間無料で通話ができる「ホワイトコール24」が使えるのがお得です。

 

 

また、現在、他の光回線の電話サービスやNTT加入電話を使っていて、電話番号が変わるのが嫌な方でも、電話番号を引き継いで乗り換え(MNP)ができるので安心です。

 

 

ただし、他の光回線で発番した電話番号や、IP電話の電話番号は引き継ぐことができないので、そこだけは注意が必要です。

 

それ以外にはデメリットもないので、NURO光が気になっている方で固定電話も必要という方は、NURO光でんわも一緒に契約することも検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング・にほんブログ村へ



ページの先頭へ戻る