光回線工事はビス止めなしで出来る?ビス止めが必要な理由~ビス止めしないで開通する方法まで徹底解説!

光回線工事はビス止めなしで出来る?ビス止めが必要な理由~ビス止めしないで開通する方法まで徹底解説!

 

フレッツ光利用中の方なら、光コラボ回線に工事不要で乗り換え可能!

 

安くて速いオススメの光コラボ

 

 

ビス止め・穴開けしないで光回線を乗り換えたい!という関東・東海・関西・九州(福岡/佐賀)の方にはNURO光がオススメ!

 

絶対に損しない!オススメのNURO光キャンペーンランキング

 

 

 

光回線を乗り換えたいけど、工事ってビス止めが必要になっちゃうのかな?


 

光回線の工事をする際に、壁に穴を開けてのビス止めがあると心配ですよね。

 

賃貸だと穴を開けていいのか確認が必要で、断られることもあります。持ち家でも、外観が悪くなったりせっかくの家の壁に穴が空いたりするのは嫌だと思う方もいるでしょう。

 

 

しかし実は、ビス止めが不要な光回線もあるんです!

 

この記事では光回線の工事におけるビス止めとは何か、そしてビス止めが不要な光回線に関する情報を解説するので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

ビス止めなしの開通工事ができるのはNURO光

 

 

光回線工事で必要になる「ビス止め」って何?

 

そもそも光回線工事の「ビス止め」って何?と思ったかもしれません。

 

まずはビス止めの特徴を解説するので、詳しく知りたい方はご覧ください。

 

光回線には屋外工事と宅内工事があり、必要に応じて設備のビス止めが行われます

 

 

前提として NURO光は「屋外工事」と「屋内工事」の2回 NURO光以外は屋外と屋内をまとめて1回 の工事が必要

 

光回線といってもいろいろな種類がありますが、工事方法で分類すると、下記のように分けられます。

 

光回線 必要な工事
NURO光

屋外工事
宅内工事

 

2回

NURO光以外
(フレッツ光・光コラボ・auひかり・電力系独自回線など)

屋外工事と宅内工事
をまとめて1回

 

 

NURO光だけが屋外工事と宅内の工事の2回必要で、それ以外の光回線では屋外宅内を同時に行うので1回のみです。

 

 

NURO光だけが屋外と宅内の2回の工事が必要な理由は、

 

NURO光はダークファイバー(NTTが敷設した光ファイバーケーブルのうち、フレッツ光や光コラボに使われていない部分)を使っている⇒電柱から自宅までの配線はNTTの管轄

 

宅内設備(ONU)はSo-netがNURO光専用に独自開発したもの⇒宅内工事はSo-netの管轄

 

というように、NTTとSo-netそれぞれの管轄が分かれてしまっているのが、NURO光の工事が2回(宅内工事と屋外工事)必要な理由です。

 

 

詳しくは下記ページに書いています。

 

NURO光開通工事の内容を写真付きでわかりやすく解説【宅内工事/屋外工事】

 

NURO光の工事が「遅い」と言われる理由と対策

 

 

NURO光と、NURO光以外の光回線では工事内容が違いますので、それぞれ別個に説明していきます!

 

 

NURO光以外(フレッツ光・光コラボ・auひかり・電力系独自回線)の場合

 

まずはNURO光以外の場合からです、屋外工事と宅内工事で分けて説明しますが、両方とも同じ日に行われます。

 

 

屋外工事のビス止め

 

室内への光ファイバーケーブル引き込み方法(NURO光以外の場合)

出典:https://flets.com/first/kouji/single_unit.html

 

 

NURO光以外の光回線で屋外工事をする時は、電柱から引き込んだ光ファイバーのケーブルを電話管の中などを通して宅内に引き込みます

 

しかし電話管のスペースが狭くてケーブルが入らないなど、何らかの事情でケーブルをそのまま通せない時は自宅の壁に穴を空けたり、別の経路(エアコン用の穴など)を使ったりしてケーブルが建物に引き込まれます。

 

引き込みの際にそのままだとケーブルを固定できない時に、引き留めのための金具や箱などを壁にビス止めすることがあります(上記画像の赤で囲った部分)。

 

 

ビス止め・穴あけが必要な場合が多いの?

 

エアコンダクトを使って配線したり、固定が不要な場合も多いので、ビス止めや穴あけが必要になる場合はそれほど多くはありません

 

(ただ、住居によるので、実際に工事員に確認してもらうまでは必要/不要がハッキリわからないのが難点です)

 

 

また、後述しますが、転用(フレッツ光から光コラボへの乗り換え)であれば工事なしで開通できます

 

 

 

 

宅内工事のビス止め

 

宅内工事では、光コンセント/光ローゼットという部品をビス止めすることがあります

 

いずれの部品も、電柱から宅内に引き込んだ光ファイバーケーブルと宅内機器(ONUやHGW)を接続するためのコンセントです。

 

 

<光コンセントの例>

 

光コンセント(一体型)

光コンセント(分離型)

出典:光コンセントとは(NTT東日本)

 

 

<光ローゼットの例>

 

光ローゼット

出典:http://www.aisan.co.jp/products/opt_concent.html

 

 

ビス止めしたくない場合は、光ローゼットにして、固定せずに垂れ下がった状態にしておけばOKです。

 

基本的には、工事の際にビス止めしたくない旨を伝えれば、そのように設置してくれるはずです。

 

 

NURO光の場合

 

次にNURO光の場合について解説していきます。

 

NURO光では、宅内工事(So-netが担当)と屋外工事(NTTが担当)を別日で行います。

 

 

宅内工事のビス止め

 

NURO光の工事概要

 

 

NURO光の場合、まずは宅内工事(といっても実際には外壁の工事までを含んでいます)を行います。

 

 

宅内に光コンセント/光キャビネットを設置するのは、他の光回線と同じなのですが、外壁に「光キャビネット」という部品を取り付ける点が異なります

 

光キャビネットは、近くの電柱から引き入れるNTTの光ファイバーケーブルを接続し、宅内の光コンセント/光キャビネットまでつなげる役割をしています。

 

 

<光キャビネット>

NURO光で使う光キャビネット

出典:https://www.nuro.jp/hikari/flow_const.html

 

 

上記画像でも見えますが、光キャビネットとケーブルを、最低3箇所で固定する必要があります。

 

以前はビス止めするしかなかったのですが、現在では、「ビス止め」か「両面テープでの固定」のどちらかを選べるようになっています。(下図)

 

NURO光工事の固定方法(ビス止め・両面テープ)

 

 

宅内の設備については、フレッツ光などと同様に、光ローゼットをビス止めなしで設置することも可能です。

 

 

屋外工事のビス止め

 

NURO光の屋外工事は、近くの電柱から、宅内工事時に設置した光キャビネットまでケーブルを配線するだけです。

 

そのため、ビス止めが必要になる箇所はありません。

 

 

 

 

ビス止めしないで光回線を開通する2つの方法

 

ここまで説明してきた通り、光回線工事のビス止めは、回避できる部分が多いです。

 

 

ただし、住居によっては、外壁にケーブルを固定する際などにどうしてもビス止めが必要になってしまう場合もあります。

 

さらに難点なのは、基本的には実際に工事に来てもらって初めて、ビス止めなしで工事できるかどうかが分かるという点です。

 

 

 

えー、それじゃ困るなぁ

 

速く工事を終わらせてネットを使いたいのにー


 

と思いますよね。

 

 

ビス止めしないで光回線を使うためには、下記の2つの解決策があります。

 

 

①工事なしで使う

 

②NURO光を使う

 

 

 

それぞれについて解説していきます!

 

 

①工事なしで使う

 

実は光回線を契約しても、工事不要で使い始められるパターンがあります。

 

そもそも開通工事が不要であれば、当然、ビス止めもありません。

 

 

工事不要で使えるのは、

 

  • フレッツ光 または 光コラボ⇒光コラボに乗り換え(転用・事業者変更)する場合
  • (マンションなど集合住宅の場合)前の住人が使っていた配線が残っている場合

 

です。

 

 

詳しくは下記ページで解説していますので、こちらをご覧ください。

 

 

 

 

②NURO光を使う

 

①の方法は、「フレッツ光・光コラボを利用中の方」か「集合住宅に住んでいて、前の住人の配線が残っている方」でないと使えません。

 

ですが、先述のとおり、NURO光なら、ビスの代わりに両面テープを使ってくれるので、ビス止めなしで工事ができます。

 

 

NURO光は、関東・東海・関西・福岡・佐賀エリアの方でないと使えないのが残念ですが、

エリア内の方で、ビス止めを避けたい方にはオススメです。

 

 

3.5万円キャッシュバック、ゲーム機(PS4/ニンテンドースイッチ)プレゼントなどオススメのNURO光キャンペーンは下記ページにまとめています。

 

絶対に損しない!オススメのNURO光キャンペーンランキング

 

 

 

 

NURO光以外の新規契約ではビス止めが必要になるかも

 

NURO光以外の光回線を新規契約する場合は、外壁や室内の最大2箇所にビス止め・穴開けといった作業が必要となります。(「最大」の場合ですので、もちろんビス止め・穴開けなしで開通できる場合もあります)

 

 

ドコモ光の場合の例

 

例えばドコモ光だと、外壁は必要な場合と不要な場合があり、室内は配線を通せない場合穴開けが必要になります

 

 

またドコモ光では、公式には両面テープによる器具の固定に対応していません

 

工事業者が独自にやっている場合もありますが、基本的には両面テープに非対応です。

 

 

ちなみにドコモ光で開通工事において穴を開けた際、穴埋めなどの原状復帰にかかる費用は利用者の自費負担です。

 

NURO光以外で光回線を契約する場合は、穴開け・ビス止めが必要になる可能性があることに注意しましょう。

 

 

 

 

ビス止めしないで開通できる光回線を選びたい方には光コラボやNURO光がオススメ

 

ビス止めや穴開け不要で契約できる光回線を利用したい場合、

 

フレッツ光・光コラボ利用中の方は光コラボ

 

フレッツ光ユーザー以外で、関東・東海・関西・九州(福岡/佐賀)にお住まいの方はNURO光

 

がオススメです。

 

 

光コラボは、IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6対応&ケータイとのセット割が適用できるものから選べば、速度が速くて料金も安い光回線が使えます。

 

オススメの光コラボは下記をご覧ください。

 

 

 

 

NURO光は関東、関西、東海・九州(福岡/佐賀)地方のみでしか使えませんが、月額料金は通常4,743円(税抜)に設定されています。

 

速度も速く、下り最大2Gbps・上り最大1Gbpsの高速回線です。

 

しかもソフトバンクユーザーであれば、おうち割光セットで毎月最大1,000円/台の割引を受けることもできますので、オススメです。

 

3.5万円キャッシュバック、ゲーム機(PS4/ニンテンドースイッチ)プレゼントなどオススメのNURO光キャンペーンは下記ページにまとめています。

 

絶対に損しない!オススメのNURO光キャンペーンランキング

 

光コラボへの転用やNURO光以外でもビス止めしないで開通できる可能性も

 

光コラボへの転用やNURO光以外の光回線を契約する場合も、工事当日に「ビス止めや穴開けをして欲しくない」と工事業者に伝えれば、ビス止め以外の方法を提案してくれることもあります

 

基本的に誰でも、自宅の壁に穴などは開けたくないですよね。

 

工事業者も、そういったユーザーの要望はわかっているので、可能であればビス止めや穴あけを避けた方法を取ってくれます。

 

 

またどうしても穴開けやビス止めなしで工事をする方法がなければ、申し出れば工事をキャンセルしてもらうこともできます

 

どうしてもビス止めなどに抵抗がある場合は、工事の際に問い合わせてみましょう!

 

 

光コラボ、NURO光以外も含めて「速くて安い」光回線を選びたい方はこちらをチェック

 

 

 

 

 

どうしてもビス止めが必要となってしまう場合は工事不要なインターネット回線を使うという手もあり

 

フレッツ光ユーザーではなく、NURO光もエリア外で、他の光回線をビス止めなしで利用することもできなかった場合は、工事不要のインターネット回線も検討してみてはどうでしょうか。

 

 

例えばWiMAXなら、モバイル回線を使っているので工事不要・自宅にルーターを設置すれば即利用を開始できます

 

WiMAXには小型のモバイルルーター(W05など)と、大きめで有線接続もできる大型のホームルーター(Speed Wi-Fi HOME L01s)があります!

 

外出先でも使うならW05などのモバイルルーター自宅でのみ使うならSpeed Wi-Fi HOME L01sなどのホームルーターといったように、機器を選んでみてください。

 

 

WiMAXの申し込みはキャッシュバックや割引額の大きいGMOとくとくBBがお得です

 

最大32,000円キャッシュバック!!月額料金も3,609円(税抜)~とお得!工事不要でお得なWiMAX2+はこちら

 

 

そして自宅設置型のインターネット回線には、SoftBankのソフトバンクエアーという選択肢もあります!

 

ソフトバンクエアーは通信量に制限なし(WiMAXは3日間に10GB以上使うと、18~2時に速度が1Mbpsになります)なので、自由に通信できるのが魅力です。

 

どうしてもビス止めなどをしたくない時は、工事不要のインターネット回線を検討してみてくださいね。

 

 

ソフトバンクエアーは申し込み先によって、キャッシュバックやPS4・ニンテンドースイッチ・PSVR・パソコン・タブレット・液晶テレビ・スマートフォン・クロームキャストプレゼントなどが選べます。

 

 

各キャンペーンの詳細は下記ページで解説しています。

 

キャッシュバック/ゲーム機/パソコンなど特典がお得なオススメのSoftBank Air申し込みランキング

 

 

ソフトバンクエアーの解説記事はこちら

 

【こんな人にオススメ!】工事不要のSoftBank Air(ソフトバンクエアー)の料金・キャンペーン・速度など徹底解説

 

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング・にほんブログ村へ



ページの先頭へ戻る