フレッツ光から光コラボへの「新設」と「転用」の違いや方法について解説

転用,新設,違い,光コラボ,フレッツ光

 

 

「新設」「転用」共に還元額トップ 「So-net光コラボ」の申し込みはこちら




転用,新設,違い,光コラボ,フレッツ光


転用,新設,違い,光コラボ,フレッツ光


転用,新設,違い,光コラボ,フレッツ光

 

光コラボの契約方法には「新設」と「転用」がある

 

光コラボの契約方法には、「新設」「転用」の2つがあります。

 

本ページでは、光コラボへの「新設」と「転用」それぞれの違い(メリット・デメリット)や、少し複雑な「転用」の方法について解説していきます。

 

ちなみに、光コラボにはたくさんの種類がありますが、「転用方法」はすべて共通です。

 

光コラボの「新設」と「転用」の違い

 

光コラボの「新設」と「転用」の違いは下記のとおりです。

 

光コラボの契約方法 説明

新設

現在「フレッツ光以外の固定回線を使っている」、または、「固定回線を使っていない」方が光コラボを契約すること。

転用

現在「フレッツ光を使っている」方が光コラボを契約すること。

 

①フレッツ光から光コラボに乗り換える場合が、「転用」

 

②それ以外の場合が、「新設」

 

となります。

 

というと、固定回線から別の固定回線に乗り換えることをすべて「転用」というのでは!と考えたくなりますが、

 

あくまでも『「フレッツ光」から「光コラボ」への乗り換えのみ』を「転用」といいます

 

「新設」「転用」共に還元額トップ 「So-net光コラボ」の申し込みはこちら




転用,新設,違い,光コラボ,フレッツ光


転用,新設,違い,光コラボ,フレッツ光


転用,新設,違い,光コラボ,フレッツ光

 

フレッツ光→光コラボへの乗り換えのみを「転用」という理由

 

固定回線から別の固定回線への変更(たとえば「auひかり」から「NURO光」への乗り換え)すべてを「転用」と言わず、

 

「フレッツ光」から「光コラボ」への乗り換えのみを「転用」という理由は、

 

「フレッツ光」と「光コラボ」は同じ回線(NTT東西が敷設し、フレッツ光に使用している回線)を使用しているからです

 

フレッツ光と光コラボは同じ回線を使っているから「転用」という

 

詳しくは光コラボ(光コラボレーションモデル)とはで解説していますが、元々NTT東西が「フレッツ光」で使用していた回線を、他の事業者に卸して始まったのが「光コラボ」です。

 

つまり、「フレッツ光」と「光コラボ」の違いは、どこの会社が運営しているか(フレッツ光→NTT東西、光コラボ→ソネットやGMOなど)の違いであり、回線自体はまったく同じものを使っているのです。

 

「フレッツ光」から「光コラボ」へ乗り換えする際に変わるのは、基本的には契約する会社だけです。

 

元々利用している「フレッツ光の回線」をそのまま使うので、フレッツ光から光コラボへの乗り換えのことを指して「転用」とよびます。

 

同じ回線を使っている「フレッツ光」と「光コラボ」は、どれを選んでも同じ?

 

フレッツ光の場合は、NTTとプロバイダを別々に契約しないといけないですが

 

光コラボの場合は、回線事業者もプロバイダも同じ会社がやっていることが多いので、1社と契約するだけで良くなります。

 

フレッツ光と光コラボは、どの会社と契約したとしても使っている回線は同じです。

 

そのため、どの会社と契約しても同じような速度が出たり、同じようなサービスが受けられるかと思いきや、

 

実は各社で回線速度や、サービスの質もバラバラです。

 

なぜかと言うと、回線速度を上げるための設備や、オプションサービスなどの「回線以外の部分」は各社に任されていて、各社それぞれが「回線速度を速く、安定させる仕組み」や「割引きキャンペーン」を行っていたり、そもそもベースとなる「月額料金」も各社が設定しているためです。

 

「フレッツ光」や「光コラボ」ならどの会社と契約しても同じではなく、しっかり選ぶ必要があります。

 

後述しますが、「フレッツ光から光コラボへの転用」は解約料もかからずにすぐに出来ますが、一度「光コラボ」を契約してしまうと、2年契約になって簡単に乗り換えできなくなってしまいます。

 

速度が速い、キャッシュバックや無線LAN無料などの還元額が高い、評判や口コミなどの良い光コラボ回線は下の記事で解説しています。

 

① So-net光コラボレーションを実際に使った体験談と、口コミ評判

 

② 【最新キャンペーン情報つき】GMOとくとくBB×ドコモ光が解決!ドコモ光の評判が悪かった2つの理由【速度が遅い!めんどくさい!】

 

「新設」「転用」共に還元額トップ 「So-net光コラボ」の申し込みはこちら




転用,新設,違い,光コラボ,フレッツ光


転用,新設,違い,光コラボ,フレッツ光


転用,新設,違い,光コラボ,フレッツ光

 

光コラボの「新設」・「転用」のメリット

「新設」のメリット 「転用」のメリット
・割引きやキャッシュバック額が高い(プロバイダによって変わります。一番高いのはSo-net(ソネット))

・工事不要でフレッツ光から光コラボへ乗り換えできる

 

・フレッツ光の契約更新期間以外でも、解約金がかからない

 

・フレッツ光の工事費残債がなくなる(So-net(ソネット)で契約した場合のみ!)

 

契約するプロバイダによっては、キャッシュバックや月額割引がもらえる場合がありますが、「転用」よりも「新設」契約の方が、その還元額が高いです。

 

転用」の大きなメリットは、フレッツ光の解約金と工事費残債(工事費がかからないのはSo-net(ソネット)のみ)がかからないこと工事不要なので開通が早いことです。

 

フレッツ光から他の光回線へ乗り換えする場合は、So-net光コラボ(ソネット光コラボ)にするか他の光回線にするかによって、かかる費用が最大9万円も変わってきます。

 

■フレッツ光から他回線への乗り換えにかかる費用

  光コラボ以外(例 NURO光) So-net光コラボ以外の光コラボ So-net光コラボ(ソネット光コラボ)
フレッツ光の解約金(違約金) 1500円~30000円 0円 0円
プロバイダの解約金(違約金) 0円~5000円 0円~5000円 0円~5000円
変更後の回線工事費

実質無料だが、途中解約の場合は残債分の支払いが必要
0円~40000円

0円 0円
フレッツ光の工事費 0円~15000円(30ヶ月払いの残債分) 0円~15000円(30ヶ月払いの残債分) 0円
合計 1500円~90000円 0円~20000円 0円~5000円

 

詳しくはこちら⇒フレッツ光の高額な「解約金(違約金)」と「工事費残債」免除を受ける方法

 

「新設」、「転用」ともにSo-net(ソネット)の特典が一番豪華で、品質に関しても評判が良いです。

 

So-net光コラボ(ソネット光コラボ)の詳細はこちらで解説しています。

 

So-net光コラボレーションを実際に使った体験談と、口コミ評判

 

So-net光コラボ(ソネット光コラボ)「新設」「転用」キャンペーン比較

 

「新設」「転用」共に還元額トップ 「So-net光コラボ」の申し込みはこちら




転用,新設,違い,光コラボ,フレッツ光


転用,新設,違い,光コラボ,フレッツ光


転用,新設,違い,光コラボ,フレッツ光

 

光コラボの「新設」・「転用」のデメリット

「新設」のデメリット 「転用」のデメリット

・開通工事が必要

 

・途中解約した場合は工事費残債を支払わないといけない

・キャッシュバックがない

 

・「新設」に比べて割引が少ない

 

「新設」のデメリットは、工事が必要で、開通まで時間がかかることと、途中解約した場合に工事費残債を支払わないといけないこと(途中解約しなければ工事費は実質無料になっています)です。

 

「転用」のデメリットは、「新設」した場合に比べてキャッシュバックや割引などの特典が少ないことが挙げられます。

 

光コラボの中でも特に評価の高い「So-net光コラボ(ソネット光コラボ)」の特典などについて、「新設」と「転用」それぞれの場合のものを下記ページで解説しています。

 

So-net光コラボ(ソネット光コラボ)「新設」「転用」キャンペーン比較

 

「新設」「転用」共に還元額トップ 「So-net光コラボ」の申し込みはこちら




転用,新設,違い,光コラボ,フレッツ光


転用,新設,違い,光コラボ,フレッツ光


転用,新設,違い,光コラボ,フレッツ光

 

光コラボの「転用」・「新設」方法

 

フレッツ光から光コラボへの「転用」する場合は①から、「新設」で申し込む場合は②の手順から行えばOKです。

 

「転用」と「新設」の違いについてはこちらで解説しています → フレッツ光から光コラボへの「転用」と「新設」の違いや方法について解説

 

①NTTから「転用承諾番号」を発行してもらう

 

フレッツ光から光コラボへ、フレッツ光の契約を引き継いで乗り換えする(転用)ために必要なのが「転用承諾番号」です。

 

ケータイをMNP(乗り換え)する際の「MNP予約番号」と同じ役割です。

 

まず、「転用承諾番号」取得の際には、本人性確認のため、以下の項目を聞かれますので、先に確認しておきましょう。

 

必要項目(NTT) 確認方法
①「お客様ID」または「ひかり電話番号」 フレッツ光開通のご案内NTT東日本・西日本からの請求書
②ご契約者名 フレッツ光開通のご案内
③フレッツ光ご利用場所住所 フレッツ光開通のご案内

④料金支払方法ごとに以下の情報が必要
請求書払い→送付先名、送付先住所
口座振替→金融機関
クレジット払い→クレジットカード

NTT東日本・西日本からの請求書、クレジットカード明細等、フレッツ光利用料をお支払いいただいている請求書

 

 

転用承諾番号をもらうには、

 

1. 「NTTに電話をかける」

 

2. 「フレッツのホームページで手続きする」

 

のどちらかで出来ます。

 

電話番号とホームページのURLは下表のとおりです。

 

    問い合わせ先 営業時間
NTT東日本 TEL 0120-140-202

9時~17時
土日・祝日営業(年末年始除く)

NTT東日本 WEB https://flets.com/app4/input/consent/index/

8時30分~22時
土日・祝日受付(年末年始除く)

NTT西日本 TEL 0120-553-104

9時~17時
土日・祝日営業(年末年始除く)

NTT西日本 WEB http://flets-w.com/collabo/

7時~深夜1時
土日・祝日営業(年末年始除く)

 

②光コラボへ申込み

 

「転用承諾番号」が取得出来たら、転用先の光コラボに申し込みます。

 

【So-net 光 コラボ】

 

GMOとくとくBBのドコモ光

 

 

③郵送やメールで「光コラボ開通のご案内」が送付される

 

「ご案内」の中に、「ご利用開始日」と「設定手順」がありますので、確認し、「ご利用開始日」を過ぎたら④以降を実施します。

 

④パソコンの設定をする

 

郵送やメールで届いた「ご案内」の中、もしくは各光コラボのホームページ上に「パソコンの設定手順」がありますので、その通り設定を行います。

 

⑤ご利用開始

 

設定が完了すればすぐに使えます。

 

「フレッツ光」は自動で解約になりますので、特に手続きは不要です。

 

「新設」「転用」共に還元額トップ 「So-net光コラボ」の申し込みはこちら




転用,新設,違い,光コラボ,フレッツ光


転用,新設,違い,光コラボ,フレッツ光


転用,新設,違い,光コラボ,フレッツ光

 


このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング・にほんブログ村へ



ページの先頭へ戻る