フレッツ光/光コラボの「転用」「事業者変更(再転用・コラボ間転用)」とは?違いやメリット・デメリット~必要な手続きまでを完全ガイド!

フレッツ光/光コラボの「転用」「事業者変更(再転用・コラボ間転用)」とは?違いやメリット・デメリット~必要な手続きまでを完全ガイド!

 

フレッツ光契約者が工事無しで転用(乗り換え)できる光回線サービス・光コラボ(光コラボレーション)は、元々は一度転用したら他の光コラボやフレッツ光に移れない仕組みでした。

 

しかし、2019年7月から、光コラボ契約者は他の光コラボやフレッツ光へ再転用する「事業者変更」が可能になっています

 

 

この記事では、

 

  • 転用(フレッツ光⇒光コラボの乗り換え)
  • 事業者変更(光コラボ⇒光コラボ もしくは 光コラボ⇒フレッツ光)

 

について解説していきます。

 

 

目次
  1. 事業者変更(再転用・コラボ間転用)の開始で光コラボ同士の乗り換えが便利に!
  2. 新規(新設)/転用/事業者変更(再転用・コラボ間転用)の違いをカンタンに解説
  3. 転用/事業者変更(再転用・コラボ間転用)のメリット
  4. 転用/事業者変更(再転用・コラボ間転用)のデメリット
  5. 転用/事業者変更(再転用・コラボ間転用)に必要な費用
  6. 転用/事業者変更(再転用・コラボ間転用)に関するQ&A
  7. 転用/事業者変更(再転用・コラボ間転用)に必要な手続き・手順
  8. セット割の使える光コラボへの転用/事業者変更(再転用・コラボ間転用)がおすすめ

 

事業者変更(再転用・コラボ間転用)の開始で光コラボ同士の乗り換えが便利に!

 

2019年7月1日から、光コラボで事業者変更(再転用・コラボ間転用)の手続きが可能になりました。

 

 

以前はフレッツ光⇒光コラボの転用のみ工事不要だった

 

2019年6月までは、フレッツ光から光コラボへの「転用」時のみ、工事不要・電話サービスであるひかり電話番号も引き継いでの乗り換えができました。

 

 

しかし、一度転用すると、もう他の光コラボへ転用したり、フレッツ光に契約を戻したりすることはできませんでした

 

光コラボからフレッツ光・他社光コラボへ乗り換える際は一旦解約して回線設備を撤去後、また開通工事をしての契約が必要で二度手間だったのです。

 

 

もちろん、一旦解約する関係上、契約更新期間以外のタイミングで乗り換える際は違約金もかかっていました。

 

 

さらに、光コラボ間での乗り換え時は、「ひかり電話番号」を引き継ぐために、一旦116へ電話してNTT加入電話に契約を戻して(アナログ戻し)から再度光電話に番号を移す作業が必要でした。

 

アナログ戻しの際は2,000~11,000円程度の工事費がかかるので、光コラボ解約時に発生する違約金と合わせると、数万円の高額な負担になることもあったのです。

 

 

しかも、ひかり電話番号を引き継げるのは、NTT加入電話で発番した場合に限られていて、

ひかり電話で発番した電話番号だとアナログ戻しができないため、電話番号を変えるしかなかったのも問題でした。

 

 

2019年7月より光コラボ⇒光コラボ・フレッツ光への事業者変更も工事不要に

 

しかし2019年7月からは事業者変更(再転用・コラボ間転用)が開始されたため、光コラボから光コラボ・フレッツ光への乗り換え時は工事や違約金不要なっています。

 

もちろんひかり電話もアナログ戻しの工事なしで電話番号の引継ぎが可能(ひかり電話で発番した番号もOK)になります。

 

 

 

 

新規(新設)/転用/事業者変更(再転用・コラボ間転用)の違いをカンタンに解説

 

事業者変更(再転用・コラボ間転用)が開始されたことで、新規(新設)契約や転用と合わせて、光コラボの契約方法は3種類になりました。

 

契約の流れ 工事

契約更新月以外の
乗り換え時の違約金

新規
(新設とも)

他社回線(auひかりなど)→光コラボ

 

回線未契約→光コラボ

必要 必要

転用

フレッツ光→光コラボ 不要 不要

事業者変更

光コラボ→光コラボ・フレッツ光 不要 必要な場合あり

 

 

それぞれの違いをカンタンに解説するので、自分がこれから光コラボを契約する際に選ぶのはどれかを確認しておいてくださいね。

 

 

新規(新設)

 

まず、新規(新設)での契約は、フレッツ光や光コラボ以外のインターネット回線から乗り換えたり、インターネット回線未契約の方が新たに光コラボを契約することです。

 

 

例えば今auひかりやJ:COMなどを契約しているなら、回線設備を引き継げないので、一旦解約後に新しく光コラボを申し込むことになります。

 

こういう場合は、光コラボの新規(新設)申し込みとなります。

 

新規と新設は同じ意味ですが、プロバイダや代理店によって、新規と言っているところと新設と言っているところがあります。

 

 

新規(新設)の場合は、新しく回線設備を建物に導入するので、設備導入済みのマンションなどの例外を除き、立ち会いでの工事が必要になることにご注意ください。

 

 

転用

 

転用は、フレッツ光から光コラボへの乗り換えを指します。

 

 

転用なら新規(新設)と違って基本的に工事不要、ひかり電話を使っている方は電話番号を引き継げるメリットがありますよ。

 

なお2019年6月末までは転用を1度しかできなかったので、光コラボから別の光コラボへの乗り換えは新規(新設)でしか行なえませんでした。

 

 

事業者変更

 

事業者変更は、2019年7月1日から開始となった新しい契約方法で、光コラボ契約者向けの契約方法です。

 

光コラボから光コラボへ、またはフレッツ光への乗り換え時にも、(転用と同様に)工事不要・ひかり電話の電話番号を引き継ぎ可能となりました。

 

 

ただし注意点として事業者変更前の光コラボの違約金については、必要なケースもあります。(後述します)

 

 

 

 

転用/事業者変更(再転用・コラボ間転用)のメリット

 

転用や事業者変更で光コラボを契約するメリットは、主に以下の3点です。

 

  • 光回線やスマホの月額料金が下がる場合がある
  • 乗り換え時に工事が不要&転用は違約金もかからない
  • ひかり電話の番号を引き継げる

 

 

光回線やスマホの月額料金が下がる場合がある

 

光コラボはフレッツ光より安く設定されている場合が多く、転用により支払額を下げられる可能性があります

 

事業者変更の場合も、変更前の光コラボより安い選択肢を見つければ、月額料金を下げられます。

 

 

また、ドコモ光の「ドコモ光セット割」、ソネット光プラスやビッグローブ光の「auスマートバリュー」など、スマートフォンとのセット割に対応する光コラボを契約すれば、スマホ代が下がるのも見逃せません。

 

 

乗り換え時に工事が不要&転用は違約金もかからない

 

転用や事業者変更は基本的に立ち会い工事が不要なので、数千円~数万円の高額な工事費を支払う必要がありません

 

 

また、転用の場合は、乗り換え元の回線の縛りがあっても(2年契約などの契約期間中での転用をしても)解約金がかからないのもメリットです。

 

ただし事業者変更の場合は、乗り換え元の回線・プロバイダによって、解約金がかかる場合とかからない場合があるので注意してください。(後述していますが、たとえばOCN光から事業者変更をする場合は解約金がかかります)

 

 

ひかり電話の番号を引き継げる

 

フレッツ光や光コラボのひかり電話を使っている方は、転用・事業者変更のどちらでも、電話番号を引き継いで乗り換えができます。

 

 

事業者変更の開始前は、光コラボ⇒光コラボ・フレッツ光の乗り換え時に電話番号を引き継ぐためには、アナログ戻しが必要だったり、そもそもひかり電話で発番した電話番号は引継ぎできなかったので、かなり便利になりました。

 

 

 

 

転用/事業者変更(再転用・コラボ間転用)のデメリット

 

転用や事業者変更で光コラボを契約するデメリットは、主に以下の2点です。

 

  • 通信速度が速くなるとは限らない
  • (事業者変更の場合)乗り換え元の回線によっては違約金が発生する可能性もある

 

 

それぞれ説明していきます。

 

 

通信速度が速くなるとは限らない

 

通信速度が遅いことを理由に転用や事業者変更を考えている方は、乗り換え後に必ずしも速度が速くなるとは限らないことにご注意ください。

 

 

光コラボやフレッツ光の通信速度は、同じものでも地域や時間帯などによって速度の傾向が変わってきます。

 

 

 

速度が遅いから転用・事業者変更をしたのに、むしろ前よりも遅くなっちゃったよ!


 

 

ということも起こり得るので、ご注意ください。

 

速度低下の対策としては、OCN光のv6アルファや、ドコモ光をGMOとくとくBBで契約した場合に使えるv6プラスなどの、回線混雑を避けて、回線速度を高速化できる「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続サービス」の利用がおすすめです。

 

 

 

(事業者変更の場合)乗り換え元の回線によっては違約金が発生する可能性もある

 

転用ではフレッツ光の違約金が発生しませんが、事業者変更時は契約解除料などの違約金が発生するケースもあります

 

 

たとえば、OCN光から他回線へ事業者変更をする場合は、契約更新月以外だと11,000円の違約金がかかります。

 

OCN光からの事業者変更は違約金がかかる場合も

出典:OCN光

↑OCN光の場合、事業者変更にも解約金がかかる

 

 

事業者変更を始める前に、手続きをするとどのくらいの費用がかかるのかをしっかり確認しておきましょう。

 

 

 

 

転用/事業者変更(再転用・コラボ間転用)に必要な費用

 

転用と事業者変更では、それぞれ必要になる費用が異なります

 

自分がどのくらいの費用を支払うことになるか、事前にしっかり確認しましょう。

 

 

転用に必要な費用

 

転用に必要な費用は以下のとおりです。

 

転用後の光コラボの
契約事務手数料

3,000円程度
プロバイダ解約金

数千円
(例:戸建住宅向けの@nifty光ライフ with フレッツは
2年割プラン利用時に23~24ヶ月目以外に解約すると3,000円)

工事費残債

戸建住宅:18,000円/集合住宅:15,000円
※分割で支払っている場合、光コラボに引き継いで支払い続けることも可能

転用初月の月額料金

フレッツ光側:日割り請求
転用後の回線:各光コラボで異なる(OCN光は初月無料など)

 

 

転用の場合、フレッツ光の解約金が発生することはありません

 

また転用に工事は不要、フレッツ光の工事費残債が残っている場合は、光コラボで引き続き支払えばOKです。

 

 

事業者変更で必要な費用

 

事業者変更に必要な費用は、以下のとおりです。

 

転用後の光コラボの契約事務手数料 3,000円程度
転用元の光コラボの解約金

発生する可能性あり
(転用元の光コラボによります。
2019年7月4日時点の調査だと、発生するところが多いようです。
例:OCN光・ドコモ光・ビッグローブ光⇒発生する)  

工事費残債

一括精算になる場合が多い
(転用元の光コラボによって変わる可能性がありますが、
解約時と同じく一括精算になる場合が多いようです。)

事業者変更初月の月額料金 各社で対応が異なる

 

事業者変更の費用は、各サービスによって対応が異なる部分もあります。

 

手続きにあたって変更前後の光コラボへ問い合わせて、解約金や事業者変更前の光コラボの解約月&変更後の光コラボの初月月額料金の金額を確認しておきましょう。

 

 

事業者変更前の光コラボで支払っている工事費残債も、明確に「一括返済が必要」「引き継いで支払える」といった情報が公表されていないので、事業者変更前の光コラボに確認を取ることをおすすめします。

 

 

 

 

転用/事業者変更(再転用・コラボ間転用)に関するQ&A

 

転用や事業者変更に関する疑問をまとめて解決するので、気になる項目をチェックしてみてください。

 

 

転用/事業者変更「戻し」はできる?

 

一旦転用や事業者変更をしたものの、やっぱり前の光コラボやフレッツ光のほうが良かった!という場合は、基本的に問題なく戻せると考えられます。

 

「前使っていた光コラボには移れない」という条件付けはされていませんし、光コラボ→フレッツ光への事業者変更は正式にOKと認められています。

 

 

キャンセルはできる?

 

転用や事業者変更のキャンセルは可能です。

 

申し込んだ転用先の光コラボや代理店などへ連絡して、キャンセル手続きを行ってもらいましょう。

 

 

既に完全に転用・事業者変更を終えてしまった状態でも、契約書面受領日を1日目として8日以内なら申込先で「初期契約解除制度」を使ってキャンセルできます

 

 

初期契約解除制度の期限を過ぎてしまったなどの理由でキャンセルできなかった場合は、事業者変更で前に使っていたフレッツ光や光コラボへ戻ることとなるでしょう。

 

事業者変更時は、手数料がかかったり、変更前の光コラボの解約金がかかったりする可能性があるので、出費がかさんでしまう恐れがあることにはご注意ください。

 

 

プロバイダを解約する必要はある?

 

光コラボの転用時はプロバイダの解約が必要なケースがありますが、事業者変更時は不要です。

 

光コラボでは、プロバイダと光回線の契約先が1箇所にまとまります。

 

 

転用の場合は、「フレッツ光で使っていたプロバイダ」と「光コラボで使うプロバイダ」が異なるなら、今まで使っていたプロバイダは解約が必要になります。

 

解約を忘れて無駄な月額料金を支払い続けることになってしまいますので注意しましょう。

 

また、プロバイダの解約時には、解約金が発生してしまうこともあるので、事前にどのくらいかかるか調べておきましょう。

 

 

そして事業者変更の場合は、現在の契約が光回線とプロバイダの契約が1つにまとまった光コラボなので、事業者変更時に光コラボが解約になる時点で、基本的にプロバイダも合わせて解約されます。

 

つまり、プロバイダを個別に解約する必要はありません。

 

ただしドコモ光は例外で、プロバイダを個別に契約できる「単独タイプ」が存在したり、一部提供プロバイダは解約後も契約が残ったりするので、状況によっては事業者変更でも個別の解約が必要なこともあります。

 

 

何回でもできるの?

 

転用や事業者変更の回数に、制限は設定されていません。

 

2019年6月までは一回フレッツ光→光コラボへ転用したらもう移動できませんでしたが、7月からは事業者変更が可能になるので、手数料や違約金の支払いにさえ問題なければ自由に移動できると考えられます

 

 

回線速度が変わる?

 

転用や事業者変更で使うプロバイダが変わると、回線速度も変わる可能性があります

 

 

たくさんユーザーがいるプロバイダに移った場合は、もしかしたら夜間などに回線が混み合い、速度が低下してしまうかもしれません。

 

反対にあまりユーザーが多くないプロバイダだったら、常時快適に通信できる可能性があります。

 

 

回線速度は、各光コラボやプロバイダが提供しているv6プラスなどのIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続サービスで改善できるので、もしも速度が心配な場合は申し込んでみましょう。

 

 

 

転用/事業者変更でもキャッシュバックなどのキャンペーンはある?

 

転用や事業者変更でキャッシュバックや月額割引などのキャンペーンを利用できるかどうかは、各社で対応が異なります。

 

転用は多くの光コラボがキャンペーンを展開していますが、もらえる金額や割引額は新規契約に比べて少額な傾向にあります。

 

 

事業者変更のキャンペーンは、プロバイダや代理店によっては新規契約と同等にしているところもありますが、転用と同じ還元内容にしているところが多い印象です。

 

当サイトのおすすめ回線については、下記ページで最新のキャンペーン情報を紹介していますので、参考にしてください。

 

 

 

 

 

転用/事業者変更(再転用・コラボ間転用)に必要な手続き・手順

 

転用や事業者変更をするには、専用の手続きが必要です。

 

それぞれの手続き方法を解説するので、チェックしておきましょう。

 

 

フレッツ光から光コラボへの転用

 

フレッツ光から光コラボへ転用する場合は、「転用承諾番号」をフレッツ光で発行してもらう必要があります。

 

 

転用の流れは、以下のとおりです。

 

①フレッツ光のWebサイトや電話窓口から、転用承諾番号を発行する
②15日以内に、光コラボを申し込む
③契約書類が届いたら、Wi-Fiルーター等で必要に応じてプロバイダ設定をして利用開始

 

 

転用承諾番号は以下の窓口で発行してもらえるので、住んでいる地域に対応する窓口から申し込みましょう。

 

 

<NTT東日本エリア>

 

Webから申し込む場合

 

https://flets.com/app4/input/index/

 

受付時間8時30分~22時、年末年始除く

 

 

電話で申し込む場合

 

⇒0120-140-202

 

受付時間9時~17時、年末年始除く

 

 

<NTT西日本エリア>

 

Webから申し込む場合

 

https://flets-w.com/collabo/tenyou/entry/#internet

 

受付時間7時~1時

 

 

電話で申し込む場合

 

⇒0120-553-104

 

受付時間9時~17時、年末年始除く

 

 

転用承諾番号は15日で期限が切れるので、期限内に新しい光コラボを申し込みましょう。

 

申込み後に契約書類が届いたら、プロバイダが変更になっている場合は契約書類に記載されている情報をもとに、Wi-Fiルーター等のインターネット接続設定を変更すれば完了です。

 

 

光コラボから光コラボ・フレッツ光への事業者変更(再転用・コラボ間転用)

 

事業者変更では、「事業者変更承諾番号」を事前に発行する必要があります。

 

 

事業者変更の流れは、以下のとおりです。

 

①事業者変更承諾番号を発行する
②15日以内に、新しい光コラボを申し込む
③契約書類が届いたら、Wi-Fiルーター等でプロバイダ設定をし直して利用開始

 

 

事業者変更承諾番号は、契約中の光コラボに問い合わせて受け取ってください。

 

各光コラボのホームページを見るか、電話問い合わせで取得ができます。

 

 

15日間で期限が切れるので、期限切れ前に新しい光コラボやフレッツ光を申し込めば、契約手続きは完了です。

 

あとは届いた契約書類に書いてあるインターネット接続設定をWi-Fiルーター等の自宅にあるインターネット接続機器に反映させれば、無事に利用を開始できます。

 

 

セット割の使える光コラボへの転用/事業者変更(再転用・コラボ間転用)がおすすめ

 

転用や事業者変更(再転用・コラボ間転用)を行えば、工事不要・転用なら解約金も不要で手軽に光回線の乗り換えができます。

 

おすすめなのは、利用中のケータイ・スマホとのセット割が適用できる光コラボへの乗り換えです。

 

 

最後に、

 

  • お住まいの地域
  • 利用中のケータイ・スマホ

 

ごとのオススメの光コラボを紹介しますので、転用・事業者変更時の参考にしてください。

 

 

転用・事業者変更におすすめの光コラボ

 

ソフトバンクユーザーの方


ドコモユーザーの方


auユーザーの方/BIGLOBEモバイルユーザーの方


NifMo(ニフモ)ユーザーの方


IIJmio(IIJmioモバイルサービス/IIJmioモバイルプラスサービス)ユーザーの方


OCNモバイルユーザーの方


UQモバイルユーザーの方


いずれにも当てはまらない方


2年縛りが嫌な方/キャンペーンや割引がよく分からないからとにかく基本料金が安い回線を選びたい方



ソフトバンクユーザーの方におすすめの光コラボ回線


他社光コラボ/フレッツ光からの乗り換えなら


  • 立会い工事不要
  • ひかり電話もアナログ戻し工事など不要で、電話番号を引き継げる

の「事業者変更」(フレッツ光ユーザーの方は「転用」)が可能になりました。



ソフトバンク光



 

ソフトバンク光がおすすめ!




IPv6高速ハイブリッド対応の高速回線&おうち割でソフトバンクユーザーが割引!



実施中のキャンペーン

 



※申し込み先によって使えるキャンペーンが異なります


  • PS4プレゼント

  • ニンテンドースイッチプレゼント

  • 3.3~3.4万円キャッシュバック

  • Wi-Fiルーター(中継機機能つき)プレゼント

  • 工事費実質無料(他回線から乗り換えの方)

  • 【11月11日まで】基本料金から1,000円(税抜)割引×3カ月

  • 他社違約金・撤去工事費・アナログ電話復活工事費還元(最大10万円)

  • (ケータイもソフトバンクに乗り換えで)他社ケータイ解約金還元

  • 開通までの期間SoftBank AirもしくはポケットWi-Fi無料レンタル



おすすめの【ソフトバンク光】申込み先を確認する





ドコモユーザーの方におすすめの光コラボ回線


他社光コラボ/フレッツ光からの乗り換えなら


  • 立会い工事不要
  • ひかり電話もアナログ戻し工事など不要で、電話番号を引き継げる

の「事業者変更」(フレッツ光ユーザーの方は「転用」)が可能になりました。



ドコモ光



 

ドコモ光がオススメ!




v6プラス対応の高速回線&ドコモ光セット割でドコモユーザーが割引!



実施中のキャンペーン

 



※申し込み先によって選べるキャンペーンが異なります


  • 通常約2万円かかる工事費が無料(ドコモ光工事費無料キャンペーン)

  • 条件なしで5,500円キャッシュバック(オプション加入で最大2万円)

  • dポイント1万円分プレゼント

  • セキュリティソフト1年間無料

  • 出張設定サポート1回無料

  • v6プラスの高速通信が無料

  • v6プラス対応Wi-Fiルーターレンタル無料(37ヶ月以上利用した場合は返却も不要)


  • dカード GOLDも申し込みで最大15,000円分のiDキャッシュバック+5,000円分のGMOポイントプレゼント

  • 他社ケータイからドコモへ乗り換えで10,260円分のdポイントプレゼント



おすすめの【ドコモ光】申込み先




auユーザーの方/BIGLOBEモバイルユーザーの方におすすめの光コラボ回線


他社光コラボ/フレッツ光からの乗り換えなら


  • 立会い工事不要
  • ひかり電話もアナログ戻し工事など不要で、電話番号を引き継げる

の「事業者変更」(フレッツ光ユーザーの方は「転用」)が可能になりました。



ビッグローブ光



 

ビッグローブ光がおすすめ!




IPv6オプション対応の高速回線&(auユーザーなら)auスマートバリュー、(ビッグローブモバイルユーザーなら)光☆SIMセット割で割引!



実施中のキャンペーン

 



※申し込み先によって使えるキャンペーンが異なります


  • 1.2~3.5万円キャッシュバック

  • IPv6オプション対応Wi-Fiルータープレゼント

  • 12ヶ月間 月額割引(戸建て:3,500円/月 集合住宅:2,500円/月)

  • 工事費実質無料

  • IPv6オプション対応Wi-Fiルーターレンタルが6~12ヶ月間無料

  • 引っ越し時は何度でも工事費無料




おすすめの【ビッグローブ光】申込み先




スマホも合わせてトータルで安くしたい方はBIGLOBEモバイルがオススメ!ビッグローブ光とセットで毎月300円割引!






NifMo(ニフモ)ユーザーの方におすすめの光コラボ回線


他社光コラボ/フレッツ光からの乗り換えなら


  • 立会い工事不要
  • ひかり電話もアナログ戻し工事など不要で、電話番号を引き継げる

の「事業者変更」(フレッツ光ユーザーの方は「転用」)が可能になりました。



@nifty光(ニフティ光)



 

@nifty光がおすすめ!




v6プラス対応の高速回線&(NifMoユーザーなら)まるっと割で割引!



実施中のキャンペーン

 



※申し込み先によってキャンペーン内容が異なります


  • 1.5万円~2.7万円キャッシュバック

  • v6プラス対応Wi-Fiルータープレゼント

  • 工事費実質無料

  • 転用・事業者変更手数料 通常2,000円⇒無料



おすすめの【@nifty光】申込み先




スマホも合わせてトータルで安くしたい方はNifMoがオススメ!@nifty光とセットで毎月200円割引!


NifMo






IIJmio(IIJmioモバイルサービス/IIJmioモバイルプラスサービス)ユーザーの方におすすめの光コラボ回線


他社光コラボ/フレッツ光からの乗り換えなら


  • 立会い工事不要
  • ひかり電話もアナログ戻し工事など不要で、電話番号を引き継げる

の「事業者変更」(フレッツ光ユーザーの方は「転用」)が可能になりました。



IIJmio光



 

IIJmio光がおすすめ!




transix対応の高速回線&mio割で割引!



おすすめの【IIJmio光】申込み先


OCNモバイルユーザーの方におすすめの光コラボ回線


他社光コラボ/フレッツ光からの乗り換えなら


  • 立会い工事不要
  • ひかり電話もアナログ戻し工事など不要で、電話番号を引き継げる

の「事業者変更」(フレッツ光ユーザーの方は「転用」)が可能になりました。



OCN光



 

OCN光がおすすめ!




OCN v6アルファ対応の高速回線&(OCNモバイルONEユーザーなら)OCN光モバイル割で割引!



実施中のキャンペーン

 



※申し込み先によって使えるキャンペーンが異なります


  • 5,000~10,000円キャッシュバック

  • Wi-Fiルータープレゼント




おすすめの【OCN光】申込み先


スマホも合わせてトータルで安くしたい方はOCNモバイルONEがオススメ!OCN光とセットで毎月200円/台割引!







UQモバイルユーザーの方におすすめの光コラボ回線


他社光コラボ/フレッツ光からの乗り換えなら


  • 立会い工事不要
  • ひかり電話もアナログ戻し工事など不要で、電話番号を引き継げる

の「事業者変更」(フレッツ光ユーザーの方は「転用」)が可能になりました。



enひかり


 

enひかりがおすすめ!



v6プラス・transix対応の高速回線&「勝手に割り」でUQモバイルユーザーが割引!


光コラボ最安値の基本料金(戸建4300円/マンション3300円)&契約期間なし・解約金なし


固定ipも格安で利用可能など、メリット盛りだくさんの光回線!



公式キャンペーン

 


  • UQモバイルユーザーなら毎月100円割引(勝手に割り)
  • コミックシーモア図書券500円分プレゼント ※12/25まで 在庫限り
  • モバイルWi-Fiレンタルが3泊4日無料(1泊2日以上の申し込み時)


転用,事象者変更,新規,違い,メリット,デメリット,手続き


おすすめの【enひかり】申込み先


enひかりとセット利用がお得&キャッシュバックCP実施中!UQモバイル







いずれにも当てはまらない方におすすめの光コラボ回線


他社光コラボ/フレッツ光からの乗り換えなら


  • 立会い工事不要
  • ひかり電話もアナログ戻し工事など不要で、電話番号を引き継げる

の「事業者変更」(フレッツ光ユーザーの方は「転用」)が可能になりました。



enひかり


 

enひかりがおすすめ!



v6プラス・transix対応の高速回線&「勝手に割り」でUQモバイルユーザーが割引!


光コラボ最安値の基本料金(戸建4300円/マンション3300円)&契約期間なし・解約金なし


固定ipも格安で利用可能など、メリット盛りだくさんの光回線!



公式キャンペーン

 


  • UQモバイルユーザーなら毎月100円割引(勝手に割り)
  • コミックシーモア図書券500円分プレゼント ※12/25まで 在庫限り
  • モバイルWi-Fiレンタルが3泊4日無料(1泊2日以上の申し込み時)


転用,事象者変更,新規,違い,メリット,デメリット,手続き


おすすめの【enひかり】申込み先


enひかりとセット利用がお得&キャッシュバックCP実施中!UQモバイル







2年縛りが嫌な方/キャンペーンや割引がよく分からないからとにかく基本料金が安い回線を選びたい方におすすめの光コラボ回線


他社光コラボ/フレッツ光からの乗り換えなら


  • 立会い工事不要
  • ひかり電話もアナログ戻し工事など不要で、電話番号を引き継げる

の「事業者変更」(フレッツ光ユーザーの方は「転用」)が可能になりました。



enひかり


 

enひかりがおすすめ!



v6プラス・transix対応の高速回線&「勝手に割り」でUQモバイルユーザーが割引!


光コラボ最安値の基本料金(戸建4300円/マンション3300円)&契約期間なし・解約金なし


固定ipも格安で利用可能など、メリット盛りだくさんの光回線!



公式キャンペーン

 


  • UQモバイルユーザーなら毎月100円割引(勝手に割り)
  • コミックシーモア図書券500円分プレゼント ※12/25まで 在庫限り
  • モバイルWi-Fiレンタルが3泊4日無料(1泊2日以上の申し込み時)


転用,事象者変更,新規,違い,メリット,デメリット,手続き


おすすめの【enひかり】申込み先


enひかりとセット利用がお得&キャッシュバックCP実施中!UQモバイル





 

 

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング・にほんブログ村へ



ページの先頭へ戻る