FOMAからXiへの変更はお早めに!FOMAを使い続けるデメリットとXiに乗り換えるメリットを解説

FOMAからXiへの変更はお早めに!FOMAを使い続けるデメリットとXiに乗り換えるメリットを解説

 

工事費無料
+
キャッシュバックCP中!

2020年4月現在の
最新キャンペーンはこちら

 

 

 

【実際に契約した体験談】

申し込み~開通までの流れを写真つきでレビューしています

 

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

FOMAのガラケーやスマホを利用中の方は、早めにXi(クロッシィ)以降の通信方式に対応しているスマホやガラホに機種変更することをオススメします!

 

その理由や、FOMA⇒Xiへの切り替えと同時に光回線もドコモ光に乗り換えるメリットについて、このページで解説していきます。

 

 

FOMAユーザーの方は、ぜひ参考にしてください。


この記事の概要


  • 2026年3月31日でFOMAのサービス終了⇒それ以降はFOMAのみ対応機種は使えなくなります!(⇒詳細はこちら)
  • FOMAのみ対応機種かどうかは公式サイト・電話サポート・ドコモショップで確認可能(⇒詳細はこちら)
  • FOMA終了より前になるべく早く機種変更した方が良い理由(⇒詳細はこちら)
  • FOMAからXi対応機種への機種変更にあわせて、光回線もドコモ光への乗り換えがおすすめな理由(⇒詳細はこちら)



工事費無料+キャッシュバックCP中!

 

2026年3月31日でFOMA終了!FOMAのみ対応機種は使えなくなります

 

NTTドコモでは、これまで2G⇒3G⇒LTE⇒4Gと、新しい通信方式を導入してきました。

 

ドコモが導入してきた通信方式の流れ

 

と同時に、旧式の通信方式のサービスは、サービス提供を終了し、新しい通信方式のサービスに周波数帯や資源を割り当てています。

 

たとえば↑の画像のように、mova(2G)のサービスを終了して、空いた周波数帯や各種リソースをFOMAやXiに割り当てています。

 

 

2026年3月31日には、FOMA(3G)のサービス終了が決まっています。


多くのスマホユーザーは、XiやPREMIUM 4G対応のスマホを利用しているので、FOMA終了後も今の機種やプランで使い続けることができます。

 

しかし、FOMAのみに対応(XiやPREMIUM 4G非対応)したガラケーやスマホを利用中の方は、機種変更やプラン変更をしないと、FOMA終了と同時に使えなくなってしまいます

 

 

FOMAのみ対応機種かどうかの確認方法

 

現在ご利用中の機種が、FOMA終了で使えなくなってしまう機種かどうかをチェックするには下記のような方法があります。

 

  1. ドコモ公式サイトでスペック表を確認
  2. ドコモのお客様サポート(151)に電話して訊いてみる
  3. ドコモショップに行って訊いてみる

 

1.のドコモ公式サイトでの確認が一番早いですが、古い機種だとなかなかスペック表が見つからないこともあります。

 

その場合は、お客様サポート(151)に電話してきいてみた方が楽かもしれません。

 

 

公式サイトでスペック表を確認する場合は、下記のような手順でやってみてください。

 

FOMAのみ対応機種かどうかの確認方法①

ドコモ公式サイトで、「現在ご利用中の機種名 製品」(例:P-01J 製品)を検索

 

 

FOMAのみ対応機種かどうかの確認方法②

②検索結果の中から、上記画像のような「製品」のページを探してクリック

 

 

FOMAのみ対応機種かどうかの確認方法③

③上記のような「詳細なスペックとサービス・機能」のリンクをクリック

 

 

FOMAのみ対応機種かどうかの確認方法④

④上記のように、通話に関する項目とデータ通信の項目があるので、それぞれ、FOMA以外の通信方式にも対応しているかを確認

 

 

④で通話がFOMAのみ対応だった場合は、2026年3月31日以降、その機種では通話ができなくなります。

 

同様に、データ通信がFOMAのみ対応だった場合は、2026年3月31日以降、その機種ではデータ通信ができなくなります。

 

 

FOMAのみ対応機種からXi/PREMIUM 4G対応機種へ早めに機種変更した方が良い理由

 

先に紹介した方法でチェックしてみて、FOMAのみ対応の機種をお使いだった場合、XiやPREMIUM 4G対応機種に機種変更する必要があります。

 

もちろん、FOMAが終了する2026年3月31日までは、今の機種を使い続けることも可能なのですが、

 

  • ①FOMA機種を使い続けるデメリット(問題点)
  • ②Xi/PREMIUM 4G機種に機種変更するメリット

 

もあるので、早めに機種変更してしまうことをおすすめします

 

 

①②の詳しい内容について、下記で解説していきます。

 

 

①FOMA機種を使い続けるデメリット(問題点)

 

修理受付終了済みの機種も多い⇒壊れてしまうと修理ができない可能性も

 

FOMAのみ対応機種は、修理受付が終了してしまっているものが多いです。

 

生産も終了しているので、今ご利用中の機種が壊れてしまった場合は修理や同型機を用意するのが難しいです。

 

 

電池パックが手に入らない場合も⇒壊れていなくても電池パックの問題で使えなくなるかも

 

本体が壊れていなくても、電池パックの劣化で使えなくなることも考えられます。

 

電池パックも、機種によってはもう手に入らないものもありますし、今後どんどん手に入れづらくなります。

 

 

故障や電池パックの限界が来てから機種変更することもできますが、その場合は、データ移行ができないなどの問題もあります。

 

やはりそうなる前に、機種変更しておいた方が安心です。

 

 

②Xi/PREMIUM 4G機種に機種変更するメリット

 

FOMA機種からXi/PREMIUM 4G機種に機種変更するメリットは、下記のような各種割引キャンペーンが適用できる点です。

 

はじめてスマホ購入サポート

NTTドコモの「はじめてスマホ購入サポート」キャンペーン

 

FOMAからXiへ初めて切り替えする場合、対象機種の機種代金を、11,000円~22,000円(税込)割引してくれます。(割引は、dポイント(期間・用途限定)での還元となります)

 

詳しいキャンペーン内容はこちら

 

はじめてスマホ割

NTTドコモの「はじめてスマホ割」キャンペーン

 

FOMAからXiへ切り替えする場合、ギガホ/ギガライトの料金から、毎月1,000円(税抜)×最大12ヶ月割引してくれます。

 

詳しいキャンペーン内容はこちら

 

ドコモの学割

NTTドコモの「ドコモの学割」キャンペーン

 

25歳以下の方が、FOMAからXiへ切り替えする場合、ギガライト/ギガホの料金から、毎月1,000円~1,500円(税抜)×12ヶ月割引してくれます。

 

詳しいキャンペーン内容はこちら

 

おしゃべり割60

NTTドコモの「おしゃべり割60」キャンペーン

 

60歳以上の方が、FOMAからXiへ切り替えする場合、かけ放題オプション/5分通話無料オプションの料金から、毎月700円(税抜)×最大12ヶ月割引してくれます。

 

詳しいキャンペーン内容はこちら

 

 

FOMAからXi/PREMIUM 4Gへ変更するなら、光回線もドコモ光にするのがお得

 

ここまで解説してきたように、FOMA機種をご利用中の方は、早めにXiやPREMIUM 4Gへ乗り換えることをおすすめします。

 

その際、あわせて光回線もドコモ光に乗り換えすると、毎月の料金をさらにお得にすることができます

 

 

そもそもドコモユーザーならドコモ光がお得

ドコモユーザーならセット割が適用できるドコモ光がお得

 

 

携帯電話と光回線のセット割の組み合わせは色々ありますが、ドコモ携帯とセットで安くなる光回線はドコモ光のみです。

 

なので、基本的にドコモユーザーにはドコモ光がおすすめです。

 

 

「FOMA+ドコモ光」より「Xi+ドコモ光」の方がお得

 

ドコモ光セット割の割引額は、ドコモ携帯で加入中のプランによって変わります。

 

 

FOMA+ドコモ光の場合のドコモ光セット割⇒1年間500円割引

 

Xi+ドコモ光の場合のドコモ光セット割⇒永年最大1,000円割引

 

 

上記のように、FOMAでドコモ光セット割を適用した場合は、毎月500円の割引で、しかも1年間のみです。

 

それに対して、Xiでドコモ光セット割を適用した場合は、毎月1,000円の割引がずっと続きます。

 

 

ドコモ携帯やドコモ光を長く使う方ほど、FOMAよりXiやPREMIUM 4Gにした方がお得です。

 

学割やはじめてスマホ割などのキャンペーンとドコモ光セット割は併用可能

 

先に紹介した、FOMAからXi/PREMIUM 4Gへの機種変更で適用できる割引キャンペーン(はじめてスマホ購入サポート、はじめてスマホ割、ドコモの学割、おしゃべり割60)とドコモ光セット割は併用が可能です。

 

こうしたキャンペーンを併用することで、FOMAガラケーと変わらない料金で、Xi/PREMIUM 4Gのスマホを利用することも可能です。

 

今なら工事費無料+dポイントプレゼントなどドコモ光公式キャンペーン実施中

 

今なら、通常18,000円かかるドコモ光の新規工事費無料、dポイントプレゼントなどのキャンペーンを実施中です。

 

こちらも、ドコモ携帯のキャンペーンや、ドコモ光セット割と併用可能です。

 

 

ドコモ光申し込みは、v6プラス対応&v6プラス対応Wi-Fiルーターレンタルが無料のGMOとくとくBBがおすすめ!

 

ドコモ光は、ドコモ公式サイトやドコモショップ、各プロバイダなどから申し込みが出来ます。

 

どこから申し込むかによって適用できるキャンペーンが違うのですが、おすすめはドコモ光のプロバイダのGMOとくとくBBからの申し込みです。

 

 

GMOとくとくBBなら、高速通信のv6プラスが無料で使えて、v6プラス対応Wi-Fiルーターも無料レンタルできます。

 

また、現金キャッシュバック・セキュリティソフト無料(1年間)・訪問サポート無料(1回)などの特典も充実しています。

 

公式キャンペーンの工事費無料やdポイントプレゼントも併用できますので、ドコモ公式サイトよりお得に申し込むことができます。

 

 

まとめ

 

FOMAのみご利用中の方は、2026年3月31日以降は通話やデータ通信が使えなくなってしまいます。

 

まだ数年先の話ではありますが、携帯電話本体が故障してしまったり、電池パックが劣化してしまった時に、修理や電池パック買い替えができなくなってしまっている可能性も高いので、できればなるべく早くXiやPREMIUM 4G対応機種に機種変更することをオススメします。

 

その際、光回線もドコモ光にすることで、セット割などのキャンペーンも適用できて、FOMAガラケー並みの料金で、新型のスマホを利用することも可能です!

 

FOMAユーザーの方は、当記事も参考に、Xi/PREMIUM 4G対応機種への機種変更を検討してみてくださいね。

 

 

ドコモケータイを利用中の方が選ぶべき光回線はドコモ光! ドコモ光では25社から好きなプロバイダを選ぶことができますが、

  • 無料でv6プラス対応
  • v6プラス対応Wi-Fiルーターのレンタルも無料
  • キャッシュバックなどの独自キャンペーン+dポイントプレゼントなどの公式キャンペーンが併用可能
といったメリット多数の「GMOとくとくBB」がオススメです。(当サイト管理人の私も実際に利用中です。)


このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング・にほんブログ村へ



ページの先頭へ戻る