ドコモ光 for ぷららとぷらら光の違いは?7項目の比較~どちらがオススメかまで解説!

ドコモ光 for ぷららとぷらら光の違いを比較!

 

 

 

ドコモ光 for ぷららは、光回線がドコモ光、プロバイダはぷららの組み合わせのサービス名です。

 

 

ドコモ光のプロバイダ事業を行っているNTTぷららは、光コラボレーション形式で自社の光回線サービス・ぷらら光も展開しています。

 

 

同じぷららがプロバイダのドコモ光 for ぷららとぷらら光ですが、サービス内容にはたくさんの違いがあります。

 

この記事では、ドコモ光 for ぷららとぷらら光の違いを7項目で比較しながら解説するので、どちらを選ぼうか迷っている方は参考にしてくださいね!

 

 

Plala ドコモ光

 

 

ドコモ光 for ぷららとぷらら光の比較・違い① 回線事業者

 

ドコモ光 for ぷららとぷらら光は、回線事業者が共通です。

 

回線事業者
ドコモ光 for ぷらら NTT
ぷらら光 NTT

 

どちらもNTTの回線を利用して展開しているので、後ほど詳しく解説しますが、エリアも共通しています。

 

 

ドコモ光 for ぷららとぷらら光の比較・違い② プロバイダ

 

ドコモ光 for ぷららとぷらら光は、プロバイダも共通しています。

 

プロバイダ
ドコモ光 for ぷらら NTTぷらら
ぷらら光 NTTぷらら

 

ドコモ光では、タイプA/タイプB合わせて26社からプロバイダを自由に選べますが、NTTぷららはタイプAに含まれています。

 

タイプAの方が、タイプBよりも月額料金が200円安いので、ドコモ光を安く使いたい場合は、NTTぷららをプロバイダにするのがお得です。

 

またドコモ光なら、万が一「契約したプロバイダの速度が遅く改善も難しかった」など、プロバイダに満足できなかった場合は、プロバイダ変更だけで対応できるのが便利ですね。

 

ぷらら光もプロバイダはNTTぷららですが、ドコモ光と違い、プロバイダを自由に変更できません。

 

ぷらら光の通信速度等に満足できなかった場合は、解約して他社回線を再度契約し直したり、別途フレッツ光のプロバイダを追加契約したりして対応しなければいけません。

 

プロバイダのサービスに満足できなかった時の対処がしやすいのは、ドコモ光と考えられますね。

 

 

ドコモ光とぷらら光の比較・違い③ 回線

 

ドコモ光 for ぷららとぷらら光で使われている回線は、共通しています。

 

回線
ドコモ光 for ぷらら 光コラボ(フレッツ光回線)
ぷらら光 光コラボ(フレッツ光回線)

 

光コラボとは、フレッツ光の回線と、サービスの提供事業者によるプロバイダ、特典をセットにしたサービスのことです。

 

ドコモ光 for ぷららも、ぷらら光も、NTTのフレッツ光回線とNTTぷららのプロバイダサービスがセットになっているので、かなり近い内容のサービスと言えますね。

 

ここまで解説した回線事業者やプロバイダ、そして使用している回線は全て共通ですが、他の部分では異なる面がたくさんあります。

 

 

ドコモ光とぷらら光の比較・違い④ 料金

 

ドコモ光 for ぷららとぷらら光では、各種料金にいくつか違いが見受けられます。

 

キャンペーンやセット割も含め、料金の違いを解説するので、どちらが自分にとってお得か、しっかり見極めてくださいね。

 

 

契約手数料

 

ドコモ光 for ぷららでは、契約時に手数料がかかります。

 

契約事務手数料(税抜)
ドコモ光 for ぷらら 3,000円
ぷらら光 0円

 

ぷらら光なら契約手数料は0円なので、キャンペーンなどを考慮しない場合は、より導入コストを削減できるのはぷらら光です。

 

3,000円(税抜)もあれば、インターネットの利用に必要なケーブルなどの機器を買ったり、レストランで食事をしたりと色々なことができるので、重要な金額差ですよね。

 

 

工事費(最大の場合)

 

ドコモ光 for ぷららとぷらら光の工事費は、共通です。

 

両者の工事費の標準価格は、以下の通りとなっています。

 

戸建住宅(税抜) 集合住宅(税抜)
ドコモ光 for ぷらら 18,000円 15,000円
ぷらら光 18,000円 15,000円

 

 

どちらも、フレッツ光の工事費と同じ料金設定です。

 

光コラボの中には、同じNTTのフレッツ光回線を使っているのに、工事費が2万円以上など割高なものもあるので、良心的な価格設定ですね。

 

そして既にフレッツ光を使っていて、転用で契約する場合は、工事費は不要です。

 

ドコモ光は工事費無料キャンペーン中(2019年6月1日~終了日未定)なので、現時点では工事費を無料にできます。

 

工事費は1~2万円程度なので、無料にできるとかなり出費を抑えられ、助かりますね。

 

ドコモ光は工事費無料キャンペーンを頻繁に開催しているので、工事費を抑えて新規契約をしたい場合は、ドコモ光を選ぶのが良いでしょう。

 

なお、ぷらら光の工事費は基本的に分割払いで、30回払いに設定されています。

 

ぷらら光の工事費を一括払いする場合は、電話で工事日の調整をする際に申し出なければいけないので、ご注意ください。

 

 

月額料金

 

ドコモ光 for ぷららとぷらら光は、月額料金が異なっています。

 

戸建住宅(税抜) 集合住宅(税抜)
ドコモ光 for ぷらら 5,200円 4,000円
ぷらら光 4,800円 3,600円

 

※ドコモ光はプロバイダが複数社から選べますが、NTTぷららを選んだ場合の料金で比較しています。

 

 

ぷらら光の方が400円(税抜)安く使えるので、一見ぷらら光を選んだほうがお得に見えるかもしれません。

 

しかし、ドコモユーザーは次項で紹介するスマホのセット割を受けられるので、基本的にドコモ光 for ぷららの方が安上がりになることにご注意ください。

 

なお、混雑を避けて高速で通信できる「ぷららv6エクスプレス(IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続サービス)」は、ドコモ光 for ぷららとぷらら光のどちらでも追加料金なしで使えます。

 

ぷららv6エクスプレス対応のWi-Fiルーターも、ドコモ光 for ぷらら・ぷらら光のどちらでも無料でレンタルできるので、ご安心ください。

 

 

セット割引

 

ドコモ光 for ぷららとぷらら光は、それぞれ対象サービスとのセット割を展開中です。

 

セット割(税抜)
ドコモ光 for ぷらら ドコモスマホとのセット割100~最大20,000円(1,000円×20回線)
ぷらら光 ひかりTVとのセット割・2ねん割+セット割で1,600円

 

ドコモ光 for ぷららを選ぶメリットは、ドコモのスマホとのセット割を利用して、月額割引を受けられることです。

 

筆者もドコモを契約しているので、ドコモ光を自宅の光回線として使い、月々1,400円(税抜)ほどの割引を受けています。

 

家族がドコモユーザーでないなら一人用パケットパックorギガホ/ギガライト、家族でドコモを使っているならシェアパックorギガホ/ギガライトを適用して、人数分の割引を受けられるのが便利ですね。

 

ぷらら光は、アンテナ不要・光ファイバーで地デジやBS、専門チャンネルなどを楽しめるひかりTVとのセット割に対応しています。

 

テレビサービスを楽しみたい方は、ドコモユーザーであっても、必要に応じてぷらら光を選ぶのが良いでしょう。

 

ぷらら光は元々ドコモ光より400円(税抜)安価、さらに1,600円(税抜)のひかりTV割引を考慮すると、ドコモ光 for ぷららで月額2,000円(税抜)以上のセット割金額にならないなら、ぷらら光を選ぶのがお得ですね。

 

ちなみに、ドコモ光では「ひかりTV for docomo」という月額2,500円(税抜)のひかりTVサービスが展開されているので、ドコモ光でひかりTVを楽しみたい方は、契約を検討してみてはどうでしょうか。

 

ただし、「ひかりTV for docomo」を楽しむには、16,848円のドコモテレビターミナルを購入しなければいけないことに注意が必要です。(工事費無料キャンペーンで浮いたお金で購入するのも良いですね)

 

 

月額料金はどちらが安い?

 

ここまで各種料金を説明してきましたが、まとめると月額料金は、ドコモユーザーなら基本的にドコモ光が安いです。

 

ドコモ以外を契約している方は、ぷらら光の方が400円(税抜)安価に光回線を使えます。

 

ひかりTVを契約したい方も、セット割対応・ドコモテレビターミナル不要のぷらら光の方が、基本的に安上がりと考えられます。

 

条件によってどちらが安いかは変わってくるので、月額料金の差だけでぷらら光にしないように気をつけましょう。

 

 

ドコモ光 for ぷららとぷらら光の比較・違い⑤ 契約期間

 

ドコモ光 for ぷららとぷらら光では、契約期間に差があります。

 

契約期間
ドコモ光 for ぷらら 2年(自動更新)
ぷらら光 なし(ひかりTVは2年割加入時に2年契約)

 

ぷらら光は、ひかりTVを契約しない限り契約期間がありませんが、ドコモ光 for ぷららは、2年契約の自動更新です。

 

ドコモ光も、契約期間無しで契約することは可能ですが、月額料金が1,000円アップしてしまうので、2年契約にしたほうが安上がりになることにご注意ください。

 

 

解約金

 

ドコモ光 for ぷららとぷらら光では、解約金も異なります。

 

戸建住宅(税抜) 集合住宅(税抜)
ドコモ光 for ぷらら 13,000円 8,000円
ぷらら光 なし なし

 

ぷらら光はいつ解約しても解約金がかかりませんが、ドコモ光 for ぷららは「契約満了月の翌月~翌々月」以外に解約すると、最大13,000円(税抜)の解約金がかかります。

 

解約タイミングの自由度の高さでは、ぷらら光が有利ですね。

 

ただし、ドコモ光 for ぷららもぷらら光も、工事費を分割払いしていて、支払い終えていない場合は、工事費の残債がかかるので注意しましょう。

 

特にぷらら光は、自分から一括払いを申し出ていない限り工事費が30回払いなので、要注意です。

 

例えばぷらら光を工事費の分割払いで契約し、2年間使って解約すると、6ヶ月分の工事費が請求されることとなります。

 

 

ドコモ光 for ぷららとぷらら光の比較・違い⑥ 回線速度

 

ドコモ光 for ぷららとぷらら光は、回線事業者や回線が共通なので、回線速度も同じになっています。

 

回線速度 ぷららv6エクスプレス対応状況
ドコモ光 for ぷらら 上下最大1Gbps
ぷらら光 上下最大1Gbps

 

どちらも上下最大1Gbpsで、フレッツ光と共通仕様で、十分高速と言えるでしょう。

 

ドコモ光 for ぷららも、ぷらら光も、ぷららv6エクスプレスによる高速通信に対応しているので、速度は高速と考えられます。

 

ぷららv6エクスプレスの提供が始まったのは2018年からなので、ぷらら光の速度も2017年以前より速くなっている可能性が高いです。

 

評判などを調べて、「速度が遅い」という内容の口コミが見つかっても、最新情報とは異なるケースもあることにご注意ください。

 

ちなみに、ドコモ光はRBB SPEED AWARD 2017の光コラボレーション部門で、優秀賞受賞という好成績を残しているので、より回線速度における信頼性が高いですね。

 

 

ドコモ光 for ぷららとぷらら光の比較・違い⑦ エリア

 

ドコモ光 for ぷららとぷらら光の提供エリアは、共通しています。

 

エリア
ドコモ光 for ぷらら 日本全国のNTT東日本・西日本提供エリア
ぷらら光 日本全国のNTT東日本・西日本提供エリア

 

回線事業者や回線が同じ、さらにプロバイダも共通しているので、必然的に契約可能なエリアも同じとなっているのです。

 

片方だけ契約可能というケースはなく、フレッツ光に対応していれば、両方を選択可能です。

 

ドコモ光 for ぷらら・ぷらら光共に、フレッツ光に対応している地域なら契約可能なので、日本全国で契約しやすいのがメリットですね。

 

ただし、建物単位では非対応になっているケースもあるので、ご注意ください。(地方などでは地元のケーブルテレビしか契約できない建物もあります)

 

 

ドコモ光 for ぷららとぷらら光の比較結果 どちらを選ぶべき?

 

ドコモ光 for ぷららとぷらら光は、それぞれ選ぶべき人が異なります。

 

 

①ドコモユーザーの方 ⇒ ドコモ光セット割が適用できるドコモ光 for ぷららを選ぶのがおすすめ

 

 

②ひかりTVを使う予定がある方 ⇒ ひかりTVとのセット割が適用できるぷらら光を選ぶのがおすすめ

 

 

③auやソフトバンク、格安SIMを使っていて、ドコモのセット割が必要ない方 ⇒ 基本料金が安いぷらら光を選ぶのおすすめ

 

 

自分にとってどちらがお得か、今回の比較を参考にしつつじっくり検討してみてください。

 

 

ドコモ光 for ぷららの申し込みは公式サイトがおすすめ

 

2019年7月より事業者変更(光コラボ⇒光コラボの再転用)ができるようになりました!

 

これにより、光コラボ(OCN光やソフトバンク光など)を利用中の方がドコモ光に乗り換える際、

 

  • 立会い工事不要
  • 工事費無料(現在は新規の場合でも工事費無料CP中)
  • ひかり電話もアナログ戻し工事など不要で、電話番号を引き継げる

 

ようになりました。

 

他社光コラボ利用中で、ドコモ光に乗り換えたい方はチャンスです!

 

 

ドコモ光 for ぷららを公式サイトから申し込めば、以下の6つの特典を受けられます。

 

  • ひかりTVエントリープランを無料で視聴できる
  • ぷららv6エクスプレス対応の高速Wi-Fiルーターを無料レンタル可能
  • 訪問設定サポート(1回)が無料、リモートサポートは回数制限無しで無料
  • セキュリティソフト(マカフィー)2年間無料
  • 現金15,000円キャッシュバック
  • 工事費無料&dポイント最大10,000ptプレゼント(ドコモ光公式キャンペーン)

 

ドコモショップなど、他の窓口から申し込んでしまった場合は、上記特典のうち一部が受けられないケースもあるので、要注意です。

 

お得な特典を受けて負担を削減したい場合は、ぷららの公式サイトからドコモ光 for ぷららを申し込みましょう。

 

 

Plala ドコモ光

 

 

 

ぷらら光の申し込み先も公式サイトがおすすめ

 

2019年7月より事業者変更(光コラボ⇒光コラボの再転用)ができるようになりました!

 

これにより、光コラボ(OCN光やソフトバンク光など)を利用中の方がぷらら光に乗り換える際も、

 

  • 立会い工事不要
  • 工事費無料(現在は新規の場合でも工事費無料CP中)
  • ひかり電話もアナログ戻し工事など不要で、電話番号を引き継げる

 

ようになりました。

 

他社光コラボ利用中で、ぷらら光に乗り換えたい方はチャンスです!

 

 

ぷらら光を申し込みで、以下の特典を受けられます。

 

  • ひかりTVが月額900円で使える(通常より1,600円/月 お得)

 

 

 

 

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング・にほんブログ村へ



ページの先頭へ戻る