【ドコモの新旧プラン対応!】ドコモ光セット割の割引内容~新プランに乗り換えるべきかまで徹底解説!【携帯割引】

ドコモ光セット割の割引内容~新プランに乗り換えるべきかまで徹底解説!

 

工事費無料
+
キャッシュバックCP中!

2019年12月現在の
最新キャンペーンはこちら

 

 

 

【実際に契約した体験談】

申し込み~開通までの流れを写真つきでレビューしています

 

 

 

ドコモ光とドコモ携帯(スマホ)を契約している人は、「ドコモ光セット割」を利用して、スマホの月額料金を割引にできます。

 

しかしいくら割引になるのかわからず、利用するべきか困ってしまうケースもありますよね。

 

 

またドコモでは2019年6月よりスマホの新プランが開始され、ドコモ光セット割のしくみは合わせて変更になっています。

 

この記事では、旧プラン・新プランにおけるドコモ光セット割の内容や、セット割内容を踏まえつつ、新プランへの乗り換えをするべきかどうかについて解説します。

 

 

工事費無料
+
キャッシュバックCP中!


 

ドコモ光セット割とは

ドコモ光セット割

出典:ドコモ公式サイト

 

ドコモ光セット割とは、ドコモのスマホとドコモ光を合わせて契約している人が利用できる月額料金割引サービスです。

 

ドコモ携帯ユーザーがセット割引を受けられる対象の光回線は、ドコモ光しかありません。

 

結果として、ドコモのスマホと光回線を合わせて使うなら、セット割を受けられるドコモ光を選ぶのがおすすめとなります。

 

 

適用条件

 

ドコモ光セット割の適用条件は、ドコモのスマホとドコモ光をセットで利用していることです。

 

基本的にドコモ光を申し込めばもれなく、自動で対象スマホ回線に割引が適用されます。(auのauスマートバリューやソフトバンクのおうち割光セットのように、手動で申し込む必要なし)

 

 

旧料金プラン(パケットパック)と新料金プラン(ギガホ/ギガライト)で割引のしくみが異なるので、ご注意ください。

 

旧料金プラン(パケットパック)と新料金プラン(ギガホ/ギガライト)、それぞれについて解説していきます。

 

 

パケットパックは主回線にセット割が適用、料金の分割請求にも対応する

 

旧料金プラン「パケットパック」では、主回線が契約しているパケットパックに対して割引が適用されます。

 

ドコモ携帯を家族で利用していて、1つの通信量を分け合う「シェアパック」を契約している場合は、主回線に対して割引が適用されることで、結果的に家族全員分のスマホ料金が下がります。

 

 

シェアパックを契約しつつ、離れて暮らす家族などの料金支払いを別々に分けている場合は、「支払額を均等に分けて、主回線利用者だけ料金が高額になる不公平な状態をなくしたい」というケースもありますよね。

 

そういう場合は、「シェアパック分割請求オプション」の利用で、シェアパック利用者の月額料金を割引含め均等に分けて請求・家族それぞれで支払うことができます

 

 

ギガホ&ギガライトは家族の回線それぞれにセット割が適用される

 

2019年6月から開始の新料金プラン・ギガホとギガライトでは、家族のスマホ回線それぞれにセット割を適用できます。(最大20回線)

 

 

家族のスマホ回線にセット割を適用するには、条件として事前にドコモショップ等で、家族間の通話を無料にできる「ファミリー割引」を設定しておく必要があります。

 

家族なら無条件でセット割対象になるわけではないので、ご注意ください。

 

 

新プランでは家族同士で1つの通信容量を分け合うシェアパックのしくみがなくなったため、結果的に家族それぞれの回線に最大1,000円(税抜)の割引を受けられるように変化しました。

 

 

割引内容

 

ドコモ携帯とドコモ光のセット割内容は、旧プランと新プランで異なります。

 

さらに選んでいるプラン(通信量)によっても大きく金額が変わるので、それぞれチェックしておきましょう。

 

 

「パケットパック」加入者と「ギガホ/ギガライト」加入者で割引内容が変わる

 

「パケットパック(カケホーダイ&パケあえる)」は2019年5月31日で新規受付終了となっていますが、終了前から加入済みの方は継続して利用可能です。

 

「パケットパック」対象プランの加入者と「ギガホ/ギガライト」加入者で割引内容は変わってくるので、まずは「パケットパック」の詳しい割引内容を次項より紹介します。

 

 

「パケットパック」加入者の割引内容

 

「パケットパック」における割引内容は、家族で1つのデータ容量を共有する「シェアパック」を使っているか、1人で1つのデータ容量を利用する通常のパケットパックのどちらを選んでいるかで変わります。

 

 

家族でドコモを使っている場合は、シェアパックを使っているケースが多いでしょう。

 

1人でドコモを契約している場合は、複数台のスマホを使っている人でない限り、基本的には1人用パケットパックを契約していると考えられます。

 

 

なお、旧プランでは、次項より紹介するパケットパックの料金以外に、通話サービスやSPモード利用料の料金も追加でかかるので、月額料金を調べる際は合わせて計算してくださいね。

 

サービス名 月額料金(税抜)
SPモード利用料(契約必須) 300円
カケホーダイライト(5分かけ放題) 1,700円
カケホーダイ(無制限かけ放題) 2,700円

シンプルプラン
(家族間通話無料、通常通話料金30秒20円)

980円

 

 

家族でデータをシェアする場合(シェアパックを使う場合)

 

家族でデータ容量をシェアするシェアパックでは、シェアグループの代表回線(例えば父親が代表回線になっているなら、父親の月額料金)からセット割金額が割り引かれます。

 

シェアパック契約者の支払い額やセット割引額を均等に分けたい場合は、「シェアパック分割請求オプション」をドコモショップ等で申し込んでいる必要があるのでご注意ください。

 

 

シェアパックにおけるセット割引額は最大3,500円(税抜)で、以下の表にまとめたとおりです。

 

通常月額料金(税抜) セット割引額(税抜)
ベーシックシェアパック(~5GB) 6,500円 -800円
ベーシックシェアパック(~10GB) 9,000円 -1,200円
ベーシックシェアパック(~15GB) 12,000円 -1,800円
ベーシックシェアパック(~30GB) 15,000円 -1,800円
ウルトラシェアパック30 13,500円 -2,500円
ウルトラシェアパック50 16,000円 -2,900円
ウルトラシェアパック100 25,000円 -3,500円

 

大容量のプランほど、割引額も大きくなっています。

 

ベーシックシェアパックは最大30GB通信可能・月々の通信量に応じて月額料金と割引額が変わることにご注意ください。

 

ウルトラシェアパックは月額料金が固定で、割引額も2,500~3,500円(税抜)と高額になっています。

 

 

一人でデータを利用する場合

 

1人で1つのデータを利用するベーシックパックやウルトラデータパックの場合の割引額は、以下のとおりです。

 

通常月額料金(税抜) セット割引額(税抜)
ベーシックパック(~1GB) 2,900円 -100円
ベーシックパック(~3GB) 4,000円 -200円
ベーシックパック(~5GB) 5,000円 -800円
ベーシックパック(~20GB) 7,000円 -800円
ウルトラデータLパック(20GB) 6,000円 -1,400円
ウルトラデータLLパック(30GB) 8,000円 -1,600円

 

ベーシックパックは使ったデータ容量に対応する月額料金と割引額が適用されるので、ご注意ください。

 

 

ウルトラデータLパックやウルトラデータLLパックは、月額料金が固定・割引額も高額ですよ。

 

 

ギガホ/ギガライト加入者の割引内容

 

ギガホやギガライトといった新料金プランに加入している場合は、ファミリー割引設定済みの家族も含めたそれぞれの回線(最大20回線)に対して割引が適用されます。

 

通常月額料金(税抜) セット割引額(税抜)
ギガホ(30GB)

最大6ヶ月間はギガホ割により5,150円
(2019年10月より、dカード/dカード GOLD支払いにすれば、dカードお支払割により4,980円)

 

※ギガホ割終了後は5,980円

-1,000円
ギガライト・ステップ1(~1GB)

2,150円
(2019年10月より、dカード/dカード GOLD支払いにすれば、dカードお支払割により1,980円)

×
ギガライト・ステップ2(~3GB)

3,150円
(2019年10月より、dカード/dカード GOLD支払いにすれば、dカードお支払割により2,980円)

-500円
ギガライト・ステップ3(~5GB)

4,150円
(2019年10月より、dカード/dカード GOLD支払いにすれば、dカードお支払割により3,980円)

-1,000円
ギガライト・ステップ4(~7GB)

5,150円
(2019年10月より、dカード/dカード GOLD支払いにすれば、dカードお支払割により4,980円)

-1,000円

 

※定期契約なしプランの場合

 

 

そして家族も含めて2回線以上ドコモで契約・ファミリー割引に加入している方は、次項で紹介する「みんなドコモ割」により、さらに月額料金を下げられます。

 

 

なおギガホ・ギガライトで通話かけ放題を利用する場合は、以下の追加料金がかかることにご注意ください。

 

かけ放題オプション 5分通話無料オプション
月額料金(税抜) 1,700円 700円

 

 

割引額診断でカンタンにわかる

 

GMOとくとくBB×ドコモ光公式サイトで、ドコモ光セット割の割引額診断ができます。

 

 

ドコモ光セット割の割引額診断手順1

「ギガホ/ギガライト」または「カケホーダイ&パケあえる」(パケットパック)のどちらかを選びます

 

 

ドコモ光セット割の割引額診断手順2

ギガホ/ギガライトの方は人数、カケホーダイ&パケあえる(パケットパック)の方はパケットパックの種類を選んで結果を見るをクリックします

 

 

ドコモ光セット割の割引額診断手順3

上記の例(ギガホ/ギガライトで3人契約)の場合、毎月3,000円(1,000円×3回線)割引になることがわかります

 

 

ドコモ光セット割と併用可能な割引

 

ドコモ光セット割は、他の割引サービスと併用して、さらに月額料金を抑えることが可能です。

 


パケットパックと併用可能な割引


  • dポイントクラブのステージに対して適用される月額割引またはdポイント還元「ずっとドコモ割プラス」
  • 契約更新時の「更新ありがとうポイント」



 


ギガホ/ギガライトと併用可能な割引


  • dポイントクラブのステージに応じて適用される誕生月のdポイントプレゼント「ずっとドコモ特典」
  • 家族を含めた契約回線数に応じて月額割引を受けられる「みんなドコモ割」



 

それぞれチェックして、どれくらいお得にドコモを使えるのか確認してみましょう。

 

 

なお、「ずっとドコモ割プラス」と「ずっとドコモ特典」では、以下の表にまとめた条件で判定されるdポイントクラブの「ステージ」によって、還元額が変化します。

 

ステージ ドコモ回線の利用期間 6ヶ月間でのdポイント獲得数
プラチナ 15年以上 10,000ポイント以上
4th 10年以上 3,000~9,999ポイント
3rd 8年以上 1,800~2,999ポイント
2nd 4年以上 600~1,799ポイント
1st 4年未満 600ポイント未満

 

dポイントクラブアプリにログインすればすぐにステージを確認できるので、チェックして自分のもらえるポイント数などの参考にしてくださいね。

 

 

 

(パケットパック加入者限定)ずっとドコモ割プラス

ずっとドコモ割プラスの割引額

出典:ドコモ公式サイト

 

パケットパックを契約している場合は、dポイントクラブのステージごとに設定されている、月額割引かdポイント還元を受けられます。(どちらかを選ぶしくみです)

 

ドコモを長期間使えば使うほどステージが上がり、割引やポイント還元も増額されます。

 

 

以下に月額割引とdポイント還元における、契約しているパケットパックごとの金額をまとめました。

 

 

月額割引パターン

 


 

<家族向けプラン>

1st 2nd 3rd 4th プラチナ
ベーシックシェアパック(~5GB) × -100円 -200円 -600円 -900円
ベーシックシェアパック(~10GB) × -400円 -600円 -800円 -1,000円
ベーシックシェアパック(~15GB) × -600円 -800円 -1,000円 -1,200円
ベーシックシェアパック(~30GB) × -600円 -800円 -1,000円 -1,200円
ウルトラシェアパック30 × -600円 -800円 -1,000円 -1,200円
ウルトラシェアパック50 × -800円 -1,000円 -1,200円 -1,800円
ウルトラシェアパック100 × -1,000円 -1,200円 -1,800円 -2,500円

 

 

<1人用プラン>

1st 2nd 3rd 4th プラチナ
ケータイパック × × × × -最大300円
ベーシックパック(~1GB) × × × × -200円
ベーシックパック(~3GB) × × × × -600円
ベーシックパック(~5GB) × -100円 -200円 -600円 -800円
ベーシックパック(~20GB) × -100円 -200円 -600円 -800円
ウルトラデータLパック × -100円 -200円 -600円 -800円
ウルトラデータLLパック × -200円 -600円 -600円 -800円

 

 

dポイント還元パターン

 


 

<家族向けプラン>

1st 2nd 3rd 4th プラチナ
ベーシックシェアパック(~5GB) × 120ポイント 240ポイント 720ポイント 1,080ポイント
ベーシックシェアパック(~10GB) × 480ポイント 720ポイント 960ポイント 1,200ポイント
ベーシックシェアパック(~15GB) × 720ポイント 960ポイント 1,200ポイント 1,440ポイント
ベーシックシェアパック(~30GB) × 720ポイント 960ポイント 1,200ポイント 1,440ポイント
ウルトラシェアパック30 × 720ポイント 960ポイント 1,200ポイント 1,440ポイント
ウルトラシェアパック50 × 960ポイント 1,200ポイント 1,440ポイント 2,160ポイント
ウルトラシェアパック100 × 1,200ポイント 1,440ポイント 2,160ポイント 3,000ポイント

 

 

<1人用プラン>

1st 2nd 3rd 4th プラチナ
ケータイパック × × × × 最大360ポイント
ベーシックパック(~1GB) × × × × 240ポイント
ベーシックパック(~3GB) × × × × 720ポイント
ベーシックパック(~5GB) × 120ポイント 240ポイント 720ポイント 960ポイント
ベーシックパック(~20GB) × 120ポイント 240ポイント 720ポイント 960ポイント
ウルトラデータLパック × 120ポイント 240ポイント 720ポイント 960ポイント
ウルトラデータLLパック × 240ポイント 480ポイント 720ポイント 960ポイント

 

 

dポイント還元を選ぶなら、1.2倍の還元となるのでよりお得です。

 

 

支払額を抑えたいなら月額割引、還元額を増やしたいならdポイント還元を選びましょう。(ドコモオンライン手続きや、151への電話などでdポイント還元を申し込めます)

 

 

(パケットパック加入者限定)更新ありがとうポイント

 

ずっとドコモ割プラスを契約している場合、2年ごとに訪れる契約更新の後に、3,000ポイントの「更新ありがとうポイント」を受け取れるのも見逃せません。

 

 

ただし更新ありがとうポイントは、dポイントクラブの公式サイトなどより、6ヶ月以内に申し込み手続きが必要なので、忘れないように気をつけてください。(下図参照)

 

更新ありがとうポイントの受け取り期間

出典:ドコモ公式サイト

 

 

3,000ポイントの更新ありがとうポイントはドコモ光でも別途展開されている(こちらはギガホ・ギガライト利用者でももらえます)ので、ドコモ+ドコモ光の契約者は、契約更新ごとに6,000ポイント以上を受け取ることができますよ。

 

 

(ギガホ/ギガライト加入者限定)ずっとドコモ特典

 

新プランであるギガホやギガライトに加入している人は、毎年の誕生月にdポイントクラブのステージに応じたdポイント還元を受けられます。

 

ステージ 誕生月にもらえるdポイント
1st 500ポイント
2nd 1,000ポイント
3rd 1,500ポイント
4th 2,000ポイント
プラチナ 3,000ポイント

 

ステージが上がるごとにもらえるポイント数が多くなるので、受け取ったら誕生月に欲しいものの購入などで活用してみてはどうでしょうか。

 

 

なおずっとドコモ特典は自動的に付与されるのではなく、受け取りに関するSMSが届いてから6ヶ月以内にdポイントクラブの公式サイトなどから申請が必要なことにご注意ください。

 

 

また、ポイントの獲得可能期間は誕生月を含む6ヶ月以内ですが、ギガホ/ギガライト(またはケータイプラン)に申し込んだタイミングによっても変わります。(下図参照)

 

ずっとドコモ特典の受け取り期間

出典:ドコモ公式サイト

 

 

(ギガホ/ギガライト加入者限定)みんなドコモ割

みんなドコモ割

出典:ドコモ公式サイト

 

 

みんなドコモ割は、ファミリー割引に含まれるドコモ契約者(回線)数に応じて、月額割引を受けられる制度です。

 

2回線 3回線以上
ギガホ -500円 -1,000円
ギガライト -500円 -1,000円

 

家族でドコモの新プランを使えば、ドコモ光セット割と合わせて大きな割引(1回線につき最大2,000円)を受けることができますよ。

 

 

カケホーダイ&パケあえる加入中の方はギガホ/ギガライトにプラン変更した方が良い?

 

現在ドコモの旧プラン・カケホーダイ&パケあえるに加入している人は、必ずしも新プランのギガホ/ギガライトに変更する必要があるわけではありません。

 

プラン変更がおすすめの場合と、おすすめできない場合について解説します。

 

 

プラン変更した方が良い場合

 

プラン変更がおすすめになるのは、以下の条件に当てはまる人です。

 

  • 家族の中の特定の人が使いすぎるなどの理由から、家族でのパケットシェアが苦手
  • 通信制限で速度が大幅に低下するシステムに不満がある(ギガホなら、30GB通信後も1Mbpsで通信可能)
  • ほとんどスマホで通信しない(ギガライトは、パケットパックより料金設定が安価)

 

ドコモのパケットパックを使っていて、誰かが使いすぎて全員が速度制限にかかった…という経験がある家庭も多いでしょう。

 

新プランなら回線ごとに通信量が決まっているので、パケットシェアが苦手な場合に最適です。

 

ただし旧プランのパケットパックでも、利用者ごとの月々の通信量上限を決められる「データ量上限オプション」が存在するので、支払う料金を比べてみて旧プランのほうが安い場合は、変更せずオプションを設定するのもおすすめです。

 

 

新プランのギガホは上限の30GB到達後も1Mbpsで通信できるので、ネットサーフィンやSNS程度の用途ならずっと快適にこなせます。

 

 

そしてギガライトはかけ放題なしなら月額2,980~5,980円(税抜)で、旧プランのベーシックパックより料金設定が安価ですよ。

 

ギガライト(~7GB) ベーシックパック(~20GB)
月額料金(税抜) 2,980~5,980円 4,180~8,280円

 

新プランの料金・特徴に魅力を感じた場合は、新プランへ切り替えを検討してみるのも良いでしょう。

 

 

プラン変更しない方が良い場合

 

プラン変更をおすすめできないのは、以下の条件に当てはまる人です。

 

  • docomo withの月額1,500円(税抜)割引やずっとドコモ割プラスなどを利用し、既に新プランより安く使えている
  • パケットパックやウルトラデータLパックを利用中、変更したくない

 

ドコモでは、対象スマホを買うと永年月額1,500円(税抜)割引を受けられるdocomo withや、端末購入時に2年間の月額割引を受けられる「月々サポート」などが2019年5月31日まで展開されていました。(旧プラン加入済みの方は継続して利用可能)

 

またずっとドコモ割プラスを利用すれば、月々最大800円(税抜)の割引も受けられます。

 

既にここまでに解説した様々な旧プラン向け割引を利用し、月額料金を下げられているなら、無理にプラン変更をする必要はありません。

 

 

また、シェアパックや20GBプランは新プランに存在しないので、それぞれ利用している場合もプラン変更をしないほうが良いでしょう。

 

 

新プランに移行すべき?どっちがお得か計算してみた結果

 

私も今回試しに利用中の旧プランと新プランに変更した場合で料金を比べてみました。

 

 

結果、以下のとおり旧プランのままのほうが2,400円(税抜)もお得に使えることがわかったので、プラン変更は予定していません。

 

 

旧プラン 新プラン(ギガホ)
月々のスマートフォン

ドコモ光料金
(税抜)
7,780円 10,180円
内訳

・ウルトラデータLパック、シンプルプラン(7,280円)
・ドコモ光(4,200円)
・ずっとドコモ割プラス、プラチナ(-800円)
・ドコモ光セット割(-1,400円)
・docomo with(-1,500円)

・ギガホ(20GBプランがないため選択、6,980円)
・ドコモ光(4,200円)
・ドコモ光セット割(-1,000円)
※家族とファミリー割引を利用できていないので、
みんなドコモ割は適用不可

 

 

ドコモケータイを利用中の方が選ぶべき光回線はドコモ光!



ドコモ光では25社から好きなプロバイダを選ぶことができますが、


  • 無料でv6プラス対応
  • v6プラス対応Wi-Fiルーターのレンタルも無料
  • キャッシュバックなどの独自キャンペーン+dポイントプレゼントなどの公式キャンペーンが併用可能

といったメリット多数の「GMOとくとくBB」がオススメです。(当サイト管理人の私も実際に利用中です。)


GMOとくとくBB×ドコモ光おすすめの申し込み先ランキング

GMOとくとくBB×ドコモ光 おすすめの申し込み先


2019年12月の最新キャンペーン内容で比較しています!



公式サイト、代理店サイト、量販店などの【キャッシュバック額】もしくは【還元内容】、【キャンペーン内容】、評判を比較した上で判断しています。


GMOとくとくBB×ドコモ光公式サイト

GMOとくとくBBのドコモ光で実施中のキャンペーン

WEB限定CP実施中!GMOとくとくBB×ドコモ光公式サイトはこちら



GMOとくとくBBのドコモ光を申し込むなら、公式サイトが一番お得です!


2019年7月より事業者変更(光コラボ⇒光コラボ・フレッツ光の再転用)ができるようになりました!


これにより、光コラボ(OCN光やソフトバンク光など)を利用中の方がドコモ光に乗り換える際、


  • 立会い工事不要
  • ひかり電話もアナログ戻し工事など不要で、電話番号を引き継げる

ようになりました。


他社光コラボ利用中で、ドコモ光に乗り換えたい方はチャンスです!



GMOとくとくBB×ドコモ光限定キャンペーン

 


  • ドコモ光のみ(オプションなし)でも5,500円キャッシュバック

  • ドコモ光 + [dTV または dアニメストア または ディズニーデラックス]申し込みで10,000円キャッシュバック

  • ドコモ光 + [DAZN for docomo または スカパー]申し込みで15,000円キャッシュバック

  • ドコモ光+ひかりTV for docomo(2年割)申し込みで18,000円キャッシュバック

  • ドコモ光+ひかりTV for docomo(2年割)+DAZN for docomo申し込みで20,000円キャッシュバック

  • v6プラス&v6プラス対応Wi-Fiルーターレンタルがずっと無料(通常300円~500円/月)

  • 訪問サポートが初回無料(通常7,400円)

  • セキュリティソフト(マカフィー)が1年間無料(通常500円/月)

ドコモ光公式キャンペーン

 


  • 通常約2万円かかる工事費が無料(ドコモ光工事費無料キャンペーン) ★9/1から再開しました!

  • 新規契約;10,000円分のdポイントプレゼント

  • 事業者変更(他の光コラボから乗り換えの方);5,000円分のdポイントプレゼント

  • 転用(フレッツから乗り換えの方);5,000円分のdポイントプレゼント

  • 他社ケータイからドコモへ乗り換えで10,260円分のdポイントプレゼント

  • dカード GOLDも申し込みでドコモ光公式特典:最大15,000円分のiDキャッシュバックプレゼント)


還元額合計(最大の場合)⇒2年間で最大90,300円(dカードGOLDも申し込みなら106,300円)



GMOとくとくBBのドコモ光で実施中のキャンペーン


 


このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング・にほんブログ村へ



ページの先頭へ戻る