【ひかりTV/テレビオプションなど】ドコモ光で使える4つのテレビサービスの内容・料金・エリア・利用条件まで徹底解説!

ドコモ光の4つのテレビオプションを解説

 

2019年4月現在の最新キャンペーンはこちら

 

 

 

メリット・デメリット・評判~設定・速度まで実際に使いながら解説しました

 

 

 

ドコモ光では、4つのテレビサービスを利用して映像コンテンツを楽しめます。

 

しかしそれぞれサービス名が似ているため、どれを選んでいいのかわからず困っていませんか?

 

 

この記事では、ドコモ光向けの4つのテレビサービスをそれぞれ比較します。

 

ドコモ光のネットや電話とセットでテレビサービスも楽しみたいと考えている方は、ぜひ契約するサービス選びの参考にしてください!

 

 

もうすぐ終了!工事費無料CPは5/6まで!


目次
  1. 大きく分けて4種類!ドコモ光のテレビサービスの内容・料金を解説
  2. ドコモ光のテレビサービス(ドコモ光テレビオプション(+スカパー)/ひかりTV/ひかりTV for docomo)が使えるエリアと条件
  3. ドコモ光のテレビサービス(ドコモ光テレビオプション(+スカパー)/ひかりTV/ひかりTV for docomo)はどれがおすすめ?

 

大きく分けて4種類!ドコモ光のテレビサービスの内容・料金を解説

ドコモ光のテレビサービスは4種類

 

ドコモ光では、以下の4つのテレビサービスが展開されています。

 

  1. ドコモ光テレビオプション
  2. ドコモ光テレビオプション+スカパーオプション
  3. ひかりTV
  4. ひかりTV for docomo

 

それぞれ名前が似ていますが内容は異なりとくに1、3、4は完全に別のサービスです(2は1にオプションが追加されたサービスとなっています)。

 

順番にそれぞれのサービス内容利用料金を解説していくので、まずは自分がどのサービスを選べばいいのかを検討しましょう!

 

 

①ドコモ光テレビオプション

ドコモ光テレビサービスの説明図

 

 

地デジ・無料BS放送のみ対応で、一番安いのがドコモ光テレビオプション


 

 

ドコモ光テレビオプションは、光ファイバーで地デジと無料BS放送を楽しめるサービスです。

 

ドコモ光のテレビサービスの中でも、最もシンプルなサービスと言えるでしょう。

 

 

まずはドコモ光テレビオプションの詳細に迫ります!

 

 

 

 

サービス内容

 

ドコモ光テレビオプションは、地デジと無料のBS放送を光ファイバーを使いアンテナ不要で楽しめるサービスです。

 

アンテナが必要ないため、自宅にアンテナがなくても見られるのはもちろん、天候が悪くてもテレビの映像が乱れないメリットがあります。

 

テレビは地デジとBSが見られればOKという場合は、ドコモ光テレビオプションの契約を検討しましょう!

 

 

初期費用(手数料・工事費)

 

ドコモ光テレビオプションの初期費用(ドコモ光と同時契約・ドコモ光テレビオプションのみ後から契約)は、以下の表にまとめました。

 

ドコモ光の派遣工事と同時に契約(税抜) ドコモ光テレビオプションのみ新規契約(税抜)
基本工事費 3,000円 7,500円
テレビ接続工事料 6,500円 6,500円
スカパーJSAT施設利用登録料 2,800円 2,800円
契約事務手数料 0円 2,000円
合計 12,300円 20,800円

 

なおテレビの台数など、契約内容によって細かい料金設定は変わります

 

初期費用について詳しくは、下記ページをご確認ください

 

https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/eizo_service/skyperfectv/initial_cost/

 

 

 

 

月額料金

 

ドコモ光テレビオプションの月額料金は660円(税抜)、2018年12月より750円(税抜)に増額されます。

 

地デジ・BSのみを見られるサービスなので、月額料金は安価です。

 

 

解約金

 

ドコモ光テレビオプションのか違約金は、とくに設定されていません

 

ただし次項で解説しているドコモ光テレビオプション+スカパーオプションには解約金があるので、スカパーの放送を見たい場合は注意が必要です。

 

 

 

 

②ドコモ光テレビオプション+スカパーオプション

ドコモ光×スカパー

 

 

 

地デジ・無料BS放送にプラスして、スカパーもアンテナなしで観られるのがドコモ光テレビオプション+スカパーオプション


 

 

ドコモ光テレビオプションでは、別途オプションとしてスカパーを契約できます。

 

ここからは、ドコモ光テレビオプション+スカパーオプションにおけるサービス内容や利用料金を解説します!

 

 

サービス内容

 

ドコモ光テレビオプションでは、地デジ無料のBS放送に加えてスカパーの放送を楽しむことができます。

 

3つのパックから選んで、自分の好みに合ったチャンネルラインナップを選べるのが特徴です。

 

映画やスポーツ、ドラマなどを徹底的に楽しみたい方は、スカパーオプション付きのドコモ光テレビオプションを検討してみてはどうでしょうか!

 

 

 

 

初期費用(手数料・工事費)

 

ドコモ光テレビオプション+スカパーオプションにおける初期費用は、以下の表にまとめたとおりです。

 

通常料金(税抜) スカパー対象商品と同時申し込みの場合の料金(税抜)
基本工事費 3,000円 実質無料
テレビ接続工事料 19,800円 3台まで無料
スカパーJSAT施設利用登録料 2,800円 無料
契約事務手数料 0円(ドコモ光との同時申し込み) 0円(ドコモ光と同時申し込み)
合計 25,600円 実質無料

 

スカパーオプション付きでのドコモ光との同時申し込みなら費用を大幅に削減できるのが嬉しいですね。

 

なお契約内容によって、費用が異なる場合があります

 

詳しい初期費用は、下記ページでご確認ください

 

https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/eizo_service/skyperfectv/

 

 

月額料金

 

ドコモ光テレビオプション+スカパーオプションの月額料金は、チャンネル数の異なるパック3種類のどれを選ぶかでそれぞれ異なります

 

以下の表にチャンネル数と月額料金をまとめたので、ご覧ください。

 

パック名 チャンネル数 月額料金(税抜)
スカパー!セレクト5 45チャンネルのうち5つを選択 2,883円(2018年12月より2,973円)
スカパー!新基本パック 47チャンネル 4,450円(2018年12月より4,540円)
スカパー!光パックHD 60チャンネル以上、HDや4Kに対応 4,812円(2018年12月より4,902円)

 

よりたくさんの放送を楽しめて画質も良い「スカパー!光パックHD」か、5つのチャンネルに限られる代わりに2,000円台で利用できる「スカパー!セレクト5」はコストパフォーマンスが良いですね。

 

 

解約金

 

ドコモ光テレビオプション+スカパーオプションは、2年以内に解約すると19,800円(税抜)の違約金がかかります。

 

またブースターを設置した場合はさらに12,000円の追加料金がかかるので、合わせて注意しましょう。

 

 

 

 

③ひかりTV

 

ひかりTV×ドコモ光

 

 

 

地デジ・BS放送にプラスして、専門チャンネルも安価で観られるのがひかりTV


 

 

ひかりTVは、地デジBSに加えて専門チャンネルを楽しめるサービスです。

 

ドコモ光テレビオプション+スカパーオプションと少々しくみが異なり、月額料金も全く異なるので、注意しましょう。

 

 

サービス内容

 

ひかりTVは月額1,500円(税抜)からと安価な価格で、地デジやBSに加えて50以上の専門チャンネルを視聴可能なサービスです。

 

すべてのチャンネルがHD対応で、ドコモ光テレビオプションと同様アンテナは不要です。しかもテレビだけでなく、タブレットや外出先のスマホからも番組を見られるため、サービスの充実度はとても高いです。

 

ただしチューナー不要なドコモ光テレビオプションと違い利用には専用チューナーが必須であることに注意しましょう。

 

 

 

 

初期費用(手数料・工事費)

 

ひかりTVの初期費用は、とくに設定されていません

 

 

月額料金

 

ひかりTVの月額料金(テレビおすすめプラン)は通常2,500円(税抜)ですが、2ねん割加入で月額最大2ヶ月無料、3~24ヶ月目まで1,500円(税抜)で使えます

 

ただしチューナーを所有していない場合は、別途チューナーレンタル料金500円(税抜)が毎月かかるので注意しましょう。

 

なおテレビおすすめプランの他にも、3つの料金プランがあります。4つのプランの内容と月額料金をまとめたので、ご確認ください。

 

プラン名 チャンネル数 月額料金(税抜、2ねん割適用)
テレビおすすめプラン 50以上+ビデオサービス 1,500円
お値うちプラン 50以上 2,500円
ビデオざんまいプラン 10以上+ビデオサービス 1,500円
基本放送プラン 10以上 1,000円

 

以上の料金に、チューナーをレンタルする場合は+500円(税抜)かかります。

 

なおドコモ光でひかりTVを契約した場合、初めの2年間は毎月ぷららポイントを540ポイントもらえるので、チューナーレンタル料は実質0円になります

 

ぷららポイントは、ひかりTVショッピングや有料ビデオサービスなどで使えます

 

 

解約金

 

ひかりTVは、2ねん割で契約している場合、契約が満了する24ヶ月が経つ前に解約すると、10,000円の違約金が発生します。

 

不課税なので、消費税はかかりません。

 

 

 

 

④ひかりTV for docomo

 

ひかりTV×ドコモ光

 

 

 

地デジ・BS放送にプラスして、専門チャンネルやVOD、dTV・dTVチャンネルまで幅広くで観られるのがひかりTV for docomo


 

 

ひかりTV for docomoはひかりTVと名前が似ていますが、しくみやプランは全く異なるため注意が必要なサービスです。

 

サービスは2018年提供開始予定となっていて、8月現在の執筆時点ではまだ提供されていません。

 

現時点でわかっている情報をご覧ください。

 

 

サービス内容

 

ひかりTV for docomoは、専門チャンネル79チャンネル+地デジ+BS+VODおよそ16万本を楽しめるサービスです。

 

 

特徴はドコモテレビターミナルを用意し、テレビに繋げて見るしくみであることです。

 

ひかりTVのように、スマホで録画コンテンツを楽しむこともできます

 

さらにひかりTV for docomoを契約すれば無料でdTVやdTVチャンネルといった定額動画配信サービスを見られるのも、メリットと言えるでしょう。

 

 

 

 

初期費用(手数料・工事費)

 

ひかりTV for docomoの初期費用はとくに設定されていないようですが、ドコモテレビターミナルがなければ利用できないため、購入金額15,600円(税抜、ビックカメラ.comでの参考価格)が必要です。

 

 

月額料金

 

ひかりTV for docomoの月額料金は、2年契約で2,500円(税抜)に設定されています。

 

契約期間なしでの解約なら3,500円(税抜)ドコモユーザー以外が契約する場合は4,000円(税抜)必要です。

 

 

解約金

 

ひかりTV for docomoは、2年契約の場合契約満了の翌月~翌々月以外に解約すると3,500円(税抜)の解約金がかかります。

 

引っ越しなどを機に急な解約が必要になることもあるので、解約金が比較的安価なのは嬉しいですね。

 

 

 

 

ドコモ光のテレビサービス(ドコモ光テレビオプション(+スカパー)/ひかりTV/ひかりTV for docomo)が使えるエリアと条件

 

 

それぞれのテレビサービスを使うための条件(必要な機器など)や、対象エリアはこちら


 

 

ドコモ光のテレビサービスは、それぞれ提供エリアや条件が設定されています。かんたんに表にまとめました。

 

エリア 条件
ドコモ光テレビオプション 26都道府県 ドコモ光の契約、マンションは光配線方式のみ、西日本のマンションは契約不可
ドコモ光テレビオプション+スカパーオプション 26都道府県 ドコモ光の契約、マンションは光配線方式のみ、西日本のマンションは契約不可
ひかりTV 地デジは地デジ放送提供エリア20都道府県のみ視聴可 チューナー必須(レンタル料月額500円)
ひかりTV for docomo 地デジは地デジ放送提供エリア20都道府県のみ視聴可 ドコモテレビターミナルの所有

 

ドコモ光のテレビサービスが使えるエリアと条件を、チェックしていきましょう!

 

 

 

 

ドコモ光のテレビサービス(ドコモ光テレビオプション(+スカパー)/ひかりTV/ひかりTV for docomo)が使えるエリア

 

ドコモ光のテレビサービスは、日本全国で利用できるわけではありません。

 

ドコモ光テレビオプションやドコモ光テレビオプション+スカパーオプションは、以下の地域のみ対応しています。

 

  • 東京都
  • 神奈川県
  • 千葉県
  • 埼玉県
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 新潟県
  • 福島県
  • 北海道
  • 大阪府
  • 京都府
  • 奈良県
  • 和歌山県
  • 滋賀県
  • 愛知県
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 兵庫県
  • 三重県
  • 岡山県
  • 広島県
  • 香川県
  • 徳島県
  • 福岡県
  • 佐賀県

 

また、上記に当てはまる地域でも、一部エリアでは対応していません

 

 

ひかりTVやひかりTV for docomoは、地デジを見たい場合以下の地域での契約が必須です。

 

  • 北海道(一部地域)
  • 宮城県
  • 新潟県
  • 群馬県
  • 栃木県
  • 茨城県
  • 東京都
  • 千葉県
  • 神奈川県
  • 埼玉県
  • 静岡県
  • 石川県
  • 愛知県
  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 広島県
  • 福岡県
  • 熊本県
  • 沖縄県

 

 

自分が利用したいサービスの提供エリアに含まれているか、予め確認しておきましょう。

 

 

 

 

ドコモ光のテレビサービス(ドコモ光テレビオプション(+スカパー)/ひかりTV/ひかりTV for docomo)が使える条件

 

ドコモ光テレビオプションとドコモ光テレビオプション+スカパーオプションを契約するには、以下の2つのうちどちらかに当てはまっている必要があります。

 

  • 東日本・西日本の戸建住宅に住んでいる
  • 東日本のマンション・光配線方式の建物に住んでいる

 

また、エリアに含まれていても、契約できるドコモ光がタイプC(ケーブルテレビの回線を使ったサービス)だと、利用できません

 

 

ひかりTVは専用チューナーの用意が必須で、持っていない場合は月額500円(税抜)でレンタルすることもできます

 

ひかりTV for docomoは、ドコモテレビターミナルを用意してからの契約が必要です。

 

 

 

 

ドコモ光のテレビサービス(ドコモ光テレビオプション(+スカパー)/ひかりTV/ひかりTV for docomo)はどれがおすすめ?

 

最後に、ドコモ光の各テレビサービスはそれぞれどんな人におすすめか解説します。

 

人によって選ぶべきサービスが異なるので、自分がどれに当てはまっているかご確認ください。

 

 

地デジとBSが見られればOKな方はドコモ光テレビオプションがおすすめ

 

 

地デジ・無料のBS放送だけでOKな方は「ドコモ光テレビオプション」がおすすめ


 

 

専門チャンネルで映画やスポーツなどの放送を楽しむ予定がまったくないなら、ドコモ光テレビオプションがおすすめです!

 

ドコモ光テレビオプションは月額660円(税抜)から使えて専用機器も一切必要ないので、コストが掛からないのが大きなメリットですね。

 

 

チューナー無しで専門チャンネルを楽しみたい方はドコモ光テレビオプション+スカパーオプションがおすすめ

 

 

地デジ・BSだけでなく、チューナー無しで専門チャンネルが見たい方、スカパーが見たい方は「ドコモ光テレビオプション+スカパーオプション」がおすすめ


 

 

ドコモ光テレビオプション+スカパーオプションは、チューナー無しでスカパーを利用した専門チャンネルを楽しみたい人におすすめです。

 

ひかりTVやひかりTV for docomoに比べて月額料金が割高というデメリットがありますが、専用チューナーなどの機器が不要なので、配線がシンプルにまとめられるのが嬉しいですね。

 

 

安く便利に映像コンテンツを楽しみたい方はひかりTVがおすすめ

 

 

地デジ・BSだけでなく、専門チャンネルも安く見たい方、スマホやタブレットでも見たい方は「ひかりTV」がおすすめ


 

 

ひかりTVは、安い料金でたくさんの映像コンテンツを便利に楽しみたい人におすすめです。

 

ドコモ光テレビオプション+スカパーオプションよりも安い月額2,000円(税抜、チューナーレンタル料込み)などで利用でき、さらにタブレットやスマホからも放送を楽しめるなど、安いだけでなく充実したサービスが魅力的ですね。

 

ドコモ光テレビオプション+スカパーオプションも契約できる状況でどちらか迷ったら、基本的には安くて便利なひかりTVを選ぶのがおすすめです。

 

 

ドコモの定額動画配信サービスと合わせてテレビを楽しみたい方はひかりTV for docomoがおすすめ

 

 

地デジ・BS・専門チャンネルだけでなく、dTVやdTVチャンネルなどドコモの定額サービスも見たい方は「ひかりTV for docomo」がおすすめ


 

 

ひかりTV for docomoは、dTVやdTVチャンネルなどのドコモの定額動画配信サービスとセットでの利用を考えている人におすすめです。

 

しかし初めに1万円以上するドコモテレビターミナルの用意が必要、さらにドコモテレビターミナル経由でしか放送を楽しめない(スマホでの外出先における視聴は可能)ことには注意が必要ですね。

 

 

GMOとくとくBB×ドコモ光おすすめの申し込み先ランキング

GMOとくとくBB×ドコモ光 おすすめの申し込み先


2019年4月の最新キャンペーン内容で比較しています!



公式サイト、代理店サイト、量販店などの【キャッシュバック額】もしくは【還元内容】、【キャンペーン内容】、評判を比較した上で判断しています。


GMOとくとくBB×ドコモ光公式サイト

GMO×ドコモ光で実施中のキャンペーン内容

WEB限定CP実施中!GMOとくとくBB×ドコモ光公式サイトはこちら



還元額UP中!


GMOとくとくBBのドコモ光を申し込むなら、公式サイトが一番お得です!

GMOとくとくBB×ドコモ光公式サイトだけの限定キャンペーン

 


  • ドコモ光のみ(オプションなし)でも5,500円キャッシュバック

  • ドコモ光+DAZN for docomo申し込みで15,000円キャッシュバック

  • ドコモ光+ひかりTV for docomo(2年割)申し込みで18,000円キャッシュバック

  • ドコモ光+ひかりTV for docomo(2年割)+DAZN for docomo申し込みで20,000円キャッシュバック

  • dカード GOLDも申し込みで5,000円分のAmazonギフトコードプレゼント(+ドコモ光公式特典:最大14,000円分のiDキャッシュバックプレゼント)

ドコモ光のみの申し込みでも5,500円キャッシュバックがもらえます!


これはGMOとくとくBB×ドコモ光公式サイトからの申し込み限定の特典なので、ドコモ光公式サイト・ドコモ光代理店サイト・ドコモショップ・量販店などで申し込んでも適用されません。



また、映像系サービスもセットで申し込むことで最大20,000円キャッシュバックがもらえます。


ドコモ光の映像系サービスについては下記ページで詳しく解説しています。

【ひかりTV/テレビオプションなど】ドコモ光で使える4つのテレビサービスの内容・料金・エリア・利用条件まで徹底解説!



さらに、GMOとくとくBB×ドコモ光申し込み後に、GMOとくとくBBからdカード GOLDも申し込むと


  • GMOとくとくBBから5,000円分のGMOポイント(現金に交換も可能)
  • ドコモから最大14,000円分のiDキャッシュバック

がもらえます。


dカード GOLDはドコモケータイ+ドコモ光を使う方なら持っておくべき超お得なクレジットカードです。


ドコモ光とdカード GOLDについては下記ページで詳しく解説しています

【本当にお得?】ドコモ光ユーザーならdカードゴールドも使うべきかデータを交えて徹底解説!


「iDキャッシュバック」や「dカード GOLDで使えるiD機能」については下記ページで詳しく解説しています(当サイトの姉妹サイト)

dカード iDとは?特徴や使い方を解説!



GMOとくとくBB×ドコモ光だけの限定キャンペーン

 


  • v6プラス&v6プラス対応Wi-Fiルーターレンタルがずっと無料(通常300円~500円/月)

  • 訪問サポートが初回無料(通常7,400円)

  • セキュリティソフト(マカフィー)が1年間無料(通常500円/月)

こちらはGMOとくとくBB×ドコモ光の特典です(どこから申し込んでも適用されます)。



目玉はやっぱり、


  • v6プラスが無料で使える
  • v6プラス対応Wi-Fiルーターレンタルもずっと無料

の2点ですね!


回線速度が速くなる「v6プラス」に対応しているドコモ光プロバイダはいくつかありますが、有料オプションになっていることも多いので、無料で使えるのは大きなメリットです。


しかも、通常は自分で購入するか、有料でレンタルする必要のあるv6プラス対応Wi-Fiルーターも無料レンタルできるで超お得です。



v6プラスについては下記ページで詳しく解説しています

IPv6対応で速くなる?「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」って何者?【v6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix/IPv6オプション/OCN v6アルファ/ぷららv6エクスプレス】



無料レンタルできるv6プラス対応Wi-Fiルーターについては下記ページで詳しく解説しています

【GMOとくとくBB×ドコモ光】Wi-Fiルーターの申し込み~設定方法まで画像つきで徹底解説【届かない場合は?解約時の注意点は?】



ドコモ光公式キャンペーン

 


  • 工事費無料(最大1.8万円分)

  • 新規契約(フレッツから乗り換えの方以外);10,000円分のdポイントプレゼント

  • 転用(フレッツから乗り換えの方);5,000円分のdポイントプレゼント


還元額合計(最大の場合)⇒2年間で最大70,040円(dカードGOLDも申し込みなら89,040円)



ドコモ光,テレビ,ドコモ光テレビオプション,スカパー,ひかりTV,ひかりTV for docomo,比較




当サイト管理人の私も、GMOとくとくBB×ドコモ光を利用しています。

私自身の、GMOとくとくBB×ドコモ光申し込み~初期設定完了までの体験談も下記ページで詳しく書いていますので参考にしてください。


GMOとくとくBB×ドコモ光を実際に契約した体験談!-開通までの流れを写真つきで解説


【GMOとくとくBB×ドコモ光】Wi-Fiルーターの申し込み~設定方法まで画像つきで徹底解説【届かない場合は?解約時の注意点は?】



また、実際に使ってみてどうなのか(速くなったのか・安くなったのか等)も下記ページでレビューしています。


結論的には乗り換え前より速くなって、安くなったので満足しています!


GMOとくとくBB×ドコモ光のメリット・デメリットを実際に使ってみて検証した結果


このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング・にほんブログ村へ



ページの先頭へ戻る