【どっちが安い?】ドコモ光とOCN光の違いは?どちらがお得か比較解説【どっちが速い?】

ドコモ光,OCN光,比較,違い,料金,速度

 

2019年5月現在の最新キャンペーンはこちら

 

 

 

メリット・デメリット・評判~設定・速度まで実際に使いながら解説しました

 

 

 

2015年2月に提供開始された光コラボレーションモデル(通称 光コラボ)

 

2年以上が経ち、知名度もかなり高まってきて、光回線を選ぶ際の選択肢に入れる方が増えました。

 

 

しかし光コラボには何百という種類があるため、

 


どれを選んだらいいのかわからない

 

なにが違うの???

 

 

と迷ってしまう方が増えてきているのも感じます。

 

 

そこで今回は、光コラボの中でも知名度の高い2つ、「ドコモ光」「OCN光」を比較し、

「どちらがよりお得なのか」「どちらがどんな方におすすめなのか」を解説していきます!

 

 

このページを読むとこんなことが分かります

 


  • ドコモ光とOCN光の違い
  • それぞれのサービス内容
  • ドコモ光とOCN光のどちらがお得?

 

 

工事費相当額より高い
最大2万円相当のdポイントプレゼント
&キャッシュバック中!


 

ドコモ光とOCN光の比較

 

回線速度やエリア、料金などをざっくり比較してみると

 


  • ドコモ光もOCN光も光コラボ
  • 提供対象エリアは同じ
  • 速度は同じ(下り上り1Gbps)
  • 実測速度はドコモ光の方が速いという口コミが多い
  • 初期費用はドコモ光の方が安い(キャンペーン適用)
  • 月額基本料はOCN光の方が安い
  • ドコモ光はドコモ携帯とのセット割あり
  • OCN光はOCNの格安SIM(OCN モバイル ONE)とのセット割あり
  • どちらがお得かは携帯キャリアによる

 

 

次は、上記の各項目ごとに、「ドコモ光」と「OCN光」のサービス内容の比較結果を詳しく解説していきましょう。

 

 

ドコモ光もOCN光も光コラボ回線

 

冒頭にも書いた通り、「ドコモ光」と「OCN光」は、どちらも光コラボ回線です。

 

 

詳しくはこちらの記事(⇒光コラボ(光コラボレーションモデル)とは)で解説していますが、

光コラボはフレッツ光のケーブルを借りて、NTT東西以外の会社が提供する光回線サービスです。

 

長い間、NTTが敷設したケーブルはNTTしか使えない(という法律があり)状態だったので、

日本のインターネット=NTTのフレッツ光というのが実態でしたが、法律が変わり、他社も光回線サービスを提供できるようになりました。

 

これが光コラボ(正式には光コラボレーションモデル)という仕組みで、

「ドコモ光」も「OCN光」も、光コラボを利用した光回線サービス(光コラボ回線)です。

 

 

光コラボの大きな特徴はフレッツ光から簡単に乗り換え(転用)が出来て、ほとんどの場合フレッツ光より安くなる点です。

 

ドコモ光とOCN光も、フレッツ光から工事不要で簡単に転用が出来て、料金もフレッツ光より安くなります。

 

 

詳しい料金や工事については後述します!

 

 

ドコモ光とOCN光の提供エリアは同じ

 

光コラボ回線の提供エリアは、フレッツ光と全く同じです。(NTT東西が敷設した、フレッツ光と同じケーブルを利用するため)

 

 

よって、ドコモ光とOCN光も同じエリアで使えます

 

基本的には日本全国がエリアになっています。

 

 

>>ドコモ光/OCN光が自宅で使えるか確認する(エリアチェック)<<

 

 

上記リンク先で、光コラボが使えるエリアかどうかのチェックが行えます。

 

 

ドコモ光とOCN光の回線速度は同じ

 

ドコモ光、OCN光は下り最大1Gbps上り最大1Gbpsで、回線速度は同じです。

 

フレッツ光NEXTとも同じ回線速度ですね。

 

 

『最大』とある通り、この速度は理論値ですので、実際に1Gbps出るわけではないんですね、残念ながら。

 

そこで、回線速度の良し悪しを測る指標になるのは、実際に使った時にどのぐらいの速度が出るかという『実測速度』です。

 

 

実測速度は、利用する環境に左右されるので、最終的には実際に使ってみないと分かりませんが、ネット上の口コミである程度良し悪しの判断が出来ますので、次に口コミを紹介します。

 

 

どっちが速い?実測速度の口コミを比較

 

実際にドコモ光、OCN光を利用しているユーザーの口コミ(価格.com、楽天市場、Twitterなど)の中から、実測速度に関するものを探しました。

 

まずはそれぞれの口コミを挙げて、その後に比較してみたいと思います。

 

 

ドコモ光の実測速度に関する口コミ

 


 

一番速い口コミ:618Mbps

 

一番遅い口コミ:970Kbps

 

ドコモ光も「速い」と「遅い」の口コミが入り混じってますね。

 

 

ドコモ光の場合は、光コラボの中では珍しく、選択できるプロバイダの数が多いです。

 

フレッツ光の場合もそうですが、プロバイダによって実測速度がマチマチのため、どのプロバイダを使った実測速度なのかが分かれば細かく比較できるのですが、難しいです。

 

 

ドコモ光のプロバイダで安定して速いのは、「GMOとくとくBB」です。

 

 

「GMOとくとくBBのドコモ光」のホームページ上で、2015年末から2017年初めまでの実測速度の平均が載っていて、

これを見るだけでも実測速度がかなり速いことが分かります。

 

ドコモ光,OCN光,比較,違い,料金,速度

1年間の全国平均 下り:254.97Mbps 上り:151.08Mbps

 

 

さらに、実測速度が100Mbpsを下回ったらポイントプレゼントというキャンペーンまで実施しています。(期間限定ではなくずっと)

 

高速で使える理由は、IPv6+IPoE接続方式を利用し、混雑する「網終端装置」を迂回してインターネットアクセスができるからです。

 

 

 

 

 

ドコモ光(GMOとくとくBB) 下り:286.42 上り:234.08

 

 

プロバイダをGMOとくとくBBに限れば、ドコモ光の実測速度に関する評判はかなり高いものと言えそうです。

 

 

追記

 

GMOとくとくBBのドコモ光に標準でついているv6プラスというオプション。これが速さの秘密です!

 

 

簡単に説明します。

 

v6プラスを使っていない場合、ドコモ光、OCN光を含む「光コラボ回線」や「フレッツ光」はNTTフレッツ網からプロバイダ(ISP)を経由してインターネットに接続します。

 

NGNとプロバイダを接続する部分に「網終端装置」という装置があるのですが、同じプロバイダを使っている人たちの通信が、一斉にそこを通ろうとするため、特に夜間などの混み合う時間帯は「網終端装置」の働きが追いつかず、回線速度が遅くなってしまいます。

 

 

しかし、v6プラスを利用することで、網終端装置を通らずにインターネットへアクセスできるようになるため、回線速度が遅くなりません。

 

v6プラスには、その他にも回線速度が速くなる仕組みが備わっていますが、ざっくり説明するとこんな感じです!

 

 

 

 

v6プラスは今のところ、限られた一部の光回線/プロバイダでしか使えないので、GMOとくとくBBのドコモ光が他のプロバイダと比べて速いと言われているんですね。

 

 

ちなみにOCN光はv6プラスには対応していませんが、2018年6月からOCN v6アルファという、v6プラスと同じく回線速度を高速化できるサービスに対応しています。

 

OCN v6アルファとv6プラスは、細かく言えば色々と違いますが、回線速度を速くする仕組みは同じなので、現在ではドコモ光もOCN光も(v6プラス・OCN v6アルファを使えば)回線速度の差はなくなりました!

 

 

OCN光の実測速度に関する口コミ

 


 

一番速い口コミ:552Mbps

 

 

一番遅い口コミ:299Kbps

 

 

50件ほどの口コミを見た中では、

2~3割程度の方が実測速度に「満足」していて、5割程度は「まあまあ」や「不自由はない」、残りの2~3割のユーザーは「遅い」と感じているようです。

 

 

Twitterの口コミを見る限りでは、一番速い方で600Mbps近い速度が出ている方もいましたが、

全体的に10Mbps未満や、上記の一番遅い口コミのような、1Mbpsを切るスピードしか出ない方も多いようです。

 

 

価格.comのレビューやTwitterのツイートなどを見る限り、回線の安定性に問題があるようで、

実測速度が速いと言っている方でも19時~23時ぐらいまでは遅くなったり、回線が瞬断することが多いようです。

 

特に下り速度の安定性が悪いようで、オンラインゲームのヘビーユーザーにはおすすめできないという意見もありました。

 

 

夜間はあまりインターネットを使わない方や、オンラインゲームや動画視聴などの回線速度が必要な使い方をあまりしない方であれば、概ね問題なく使えるものの、

安定して速い実測速度が必要な方には、あまり向いていないようです。

 

 

2018/8 追記

 

上記の口コミは、2018年5月以前のものですが、2018年6月よりOCN v6アルファの提供が開始されたことで状況が変わりました!

 

「OCN v6アルファ」は、ドコモ光(GMOなど一部のプロバイダのみ)で使える「v6プラス」と同じく、IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続サービスの1つです。

 

網終端装置を避けてインターネット接続できるので、混み合う時間帯に遅くなってしまう問題も改善できますし、混み合っていない時間帯の回線速度も大幅に速くできます!

 

OCN v6アルファを利用したOCN光と、v6プラスを利用したドコモ光なら、どちらも同じぐらい速いです。

 

 

以前はドコモ光の方が速かったので、速度を求める方にはOCN光はオススメしていませんでしたが、OCN v6アルファが使えるようになった現在はどちらもオススメできる光回線になりました。

 

ドコモユーザーはドコモ光、それ以外の方はOCN光がおすすめです。

 

 

実測速度の口コミを比較してみると

 


 

「ドコモ光」と「OCN光」の速度に関する口コミを比較してみると、どちらも「速い」人と「遅い」人に分かれてはいるものの、ドコモ光の方が安定して速い通信が行えているユーザーが多いようです。

 

 

特に、ドコモ光のプロバイダでGMOとくとくBBを選択した場合は、全国平均でも200Mbps以上の速度が出ていて、

光回線の中でも、実測速度の面では速い部類に入ります。

 

 

動画視聴やオンラインゲーム、またはデイトレードをする方など、途中で回線が切れたり遅くなったら困る使い方をする場合は、

安定して速いドコモ光の方がおすすめです。

 

 

2018/8 追記

 

上記の口コミは、2018年5月以前のものですが、2018年6月よりOCN v6アルファの提供が開始されたことで状況が変わりました!

 

「OCN v6アルファ」は、ドコモ光(GMOなど一部のプロバイダのみ)で使える「v6プラス」と同じく、IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続サービスの1つです。

 

網終端装置を避けてインターネット接続できるので、混み合う時間帯に遅くなってしまう問題も改善できますし、混み合っていない時間帯の回線速度も大幅に速くできます!

 

OCN v6アルファを利用したOCN光と、v6プラスを利用したドコモ光なら、どちらも同じぐらい速いです。

 

 

以前はドコモ光の方が速かったので、速度を求める方にはOCN光はオススメしていませんでしたが、OCN v6アルファが使えるようになった現在はどちらもオススメできる光回線になりました。

 

ドコモユーザーはドコモ光、それ以外の方はOCN光がおすすめです。

 

 

初期費用はドコモ光の方が安い

 

初期費用としてかかるのは、事務手数料工事費です。

 

 

フレッツ光から転用の場合

 


ドコモ光もOCN光も光コラボ回線のため、フレッツ光から乗り換え(転用)する場合には、工事が要りません。(住居によっては例外があります)

 

そのため、フレッツ光からの転用の場合にかかる初期費用は、事務手数料(3000円)のみです。

 

 

新設の場合

 


  ドコモ光 OCN光
事務手数料 3000円 3000円

工事費用

(代表的な例)

■戸建て

18000円

 

内訳

500円×36回払い

 

■マンション

15000円

 

内訳

500円×30回払い

■戸建て

18000円

 

内訳

初回3000円

+

500円×30回払い

 

■マンション

15000円

 

内訳

初回3000円

+

400円×30回払い

 

通常の料金で言うと、ドコモ光とOCN光の「工事費」と「事務手数料」は同額です。

 

 

月額基本料金はOCN光の方が安い

 

月額料金に関しては新設でも転用でも金額は変わりませんので、まとめて比較してみます。

 

 

ドコモ光
(GMOの場合)

OCN光
月額基本料

■戸建て

5200円

 

■マンション

4000円

■戸建て

5100円



キャンペーン適用で

新規の方

12ヶ月目まで:3650円

12ヶ月目以降:5100円

 

転用の方

12ヶ月目まで:4350円

12ヶ月目以降:5100円

 

■マンション

3600円



キャンペーン適用で>
新規の方

12ヶ月目まで:2800円

12ヶ月目以降:3600円

 

転用の方

12ヶ月目まで:3200円

12ヶ月目以降:3600円

 

月額基本料に関しては、OCN光が1年間割引が受けられるキャンペーン(「OCN光2016冬春キャンペーン」)を実施しています。

 

OCN光の1年目は、キャンペーン適用でかなり安く使えますね。

 

戸建てでも、新規(フレッツ光からの乗り換え以外)であれば3000円台で使えるのは、光コラボの中ではなかなか無いと思います。

 

 

ドコモ光は月額料金割引のキャンペーンは行っていませんので、比較すると、月額料金の面ではOCN光の方がお得と言えそうです。

 

 

それぞれスマホとのセット割引がある

 

ドコモ光は、ドコモ携帯(スマホ/タブレット/ガラケーなど)とセットで使うと、ドコモ携帯の台数と利用年数に応じた割引が受けられる『ドコモ光パック』という割引プランが適用できます。

 

 

 

OCN光は、OCNの格安スマホ「OCN モバイル ONE」とセットで使うと、「OCN モバイル ONE」から割引が受けられる『OCN光モバイル割』という割引プランが使えます。

 

 

それぞれの割引プラン内容は下記のとおりです。

 

 

ドコモ光とドコモ携帯のセット割『ドコモ光パック』の割引額

 


 

家族の中でドコモユーザーが1人の場合(1人用のパケットパック)

ドコモ携帯のパケットパック 割引金額(ドコモ携帯から割引)
ウルトラデータLLパック -1,100円/月
ウルトラデータLパック -900円/月
データMパック(標準) -800円/月
データSパック(小容量) -500円/月
らくらくパック -500円/月
ケータイパック -500円/月

※戸建て、マンション共に同額の割引が入ります

 

 

家族の中でドコモユーザーが複数いる場合(シェアパック)

ドコモ携帯のパケットパック 割引金額(ドコモ携帯から割引)
ウルトラシェアパック100

■戸建て

-3,200円/月

 

■マンション

-3,000円/月

ウルトラシェアパック50

■戸建て

-2,500円/月

 

■マンション

-2,400円/月

シェアパック15(標準)

■戸建て

-1,800円/月

 

■マンション

-1,800円/月

シェアパック10(小容量)

■戸建て

-1,200円/月

 

■マンション

-1,200円/月

シェアパック5(小容量)

■戸建て

-800円/月

 

■マンション

-800円/月

 

 

 

OCN光とOCN モバイル ONEのセット割『OCN光モバイル割』の割引額

 


ドコモ光,OCN光,比較,違い,料金,速度

 

OCN モバイル ONEの利用台数 OCN モバイル ONEからの割引額
1台 200円
2台 400円
3台 600円
4台 800円
5台以上 1000円

※戸建て、マンション共に同額の割引が入ります

 

 

単身者の場合も、家族で同じキャリアを使っている場合でも、ドコモ光パックの方が割引額が大きいですね。

 

 

ただし、OCN モバイル ONEは格安SIMですので、ドコモ携帯(スマホなど)より基本料が安いです。

 

そのため、スマホ自体をあまり使わないという場合は、OCN モバイル ONEとOCN光のセットを使って割引を受けた方が、携帯代とネット代全体を考えると安くなるでしょう。

 

 

ドコモ光とOCN光はどちらがお得か

 

ここまで、料金や速度などを指標に、ドコモ光とOCN光を比較してきました。

 

それぞれ一長一短ありますが、どちらがお得なのか、どちらを選ぶべきか、解説していきます。

 

 

2年間で支払う料金の総額で比較すると

 

初期費用+月額料金の2年間総額で比べると下表のようになります。

 

初期費用+月額料金の2年間総額(新規の場合)

 


  ドコモ光 OCN光
初期費用 3000円

■戸建て

21000円

 

■マンション

18000円

月額基本料金

(2年合計)

■戸建て

124800円

 

■マンション

96000円

■戸建て

105000円

 

■マンション

76800円

合計

(2年間)

■戸建て

127800円

 

■マンション

99000円

■戸建て

126000円

 

■マンション

94800円

 

2年間の総額で比較すると、ほとんど変わりません。

 

 

ここから、ドコモ携帯を使っていれば「ドコモ光パック」の割引が、OCN モバイル ONEを使っていれば「OCN光モバイル割」の割引が引かれます。

 

 

以上を踏まえて、ドコモ光とOCN光のどちらを選ぶのがお得か、に対する私の答えは下記の通りです!

 

 

OCN モバイル ONEを利用している方

 

OCN光がおすすめ

 

 

速度が多少遅くても気にならない方で、OCN モバイル ONEを利用している方は、「OCN光モバイル割」が使えるOCN光がおすすめです。

 

ご自身や家族がOCN モバイル ONEを利用している台数に応じて、携帯の月額料金から最大1000円の割引を受けることが出来ます。

 

 

OCN光なら下記の限定特典つき

 


  1. 現金1万円キャッシュバック or 現金5,000円キャッシュバック+Wi-Fiルータープレゼントキャンペーン!

>>限定特典つきで「OCN光」に申し込む<<

 

 

ドコモやOCN以外の携帯を使っている方、携帯を使っていない方

 

OCN光がおすすめ

 

 

ドコモの携帯やOCN モバイル ONEを利用していない方の場合、

2年間にかかる料金の合計はドコモ光もOCN光もほとんど変わりません。

 

 

そのため、よりキャンペーンが充実している「OCN光」を選ぶのがおすすめです。

 

可能であれば携帯もOCN モバイル ONEに統一すれば、「OCN光モバイル割」でさらにお得に使えます。

 

 

OCN光なら下記の限定特典つき

 


  1. 現金1万円キャッシュバック or 現金5,000円キャッシュバック+Wi-Fiルータープレゼントキャンペーン!

>>限定特典つきで「OCN光」に申し込む<<

 

 

ドコモ携帯ユーザー

 

ドコモ光(プロバイダはGMOとくとくBB)がおすすめ

 

 

回線速度がそんなに必要ないという場合でも、ドコモ携帯を使っている方は「ドコモ光」がおすすめです。

 

 

光回線を選ぶときの基本は、利用中の携帯キャリアとのセット割があるものを選ぶことです。

 

それによって、携帯電話代、インターネット代を安くして、家計全体の支出を抑えることができます。

 

 

家族が利用している携帯キャリアがバラバラの場合は、ドコモに統一することで、「ドコモ光パック」の割引額が増えて、よりお得になります。

 

 

GMOとくとくBB×ドコモ光おすすめの申し込み先ランキング

GMOとくとくBB×ドコモ光 おすすめの申し込み先


2019年5月の最新キャンペーン内容で比較しています!



公式サイト、代理店サイト、量販店などの【キャッシュバック額】もしくは【還元内容】、【キャンペーン内容】、評判を比較した上で判断しています。


GMOとくとくBB×ドコモ光公式サイト

工事費相当額より高い
最大2万円相当のdポイントプレゼント
&キャッシュバック中!

GMO×ドコモ光で実施中のキャンペーン内容

WEB限定CP実施中!GMOとくとくBB×ドコモ光公式サイトはこちら



GMOとくとくBBのドコモ光を申し込むなら、公式サイトが一番お得です!

GMOとくとくBB×ドコモ光限定キャンペーン

 


  • ドコモ光のみ(オプションなし)でも5,500円キャッシュバック

  • ドコモ光+DAZN for docomo申し込みで15,000円キャッシュバック

  • ドコモ光+ひかりTV for docomo(2年割)申し込みで18,000円キャッシュバック

  • ドコモ光+ひかりTV for docomo(2年割)+DAZN for docomo申し込みで20,000円キャッシュバック

  • dカード GOLDも申し込みで5,000円分のGMOポイントプレゼント(+ドコモ光公式特典:最大14,000円分のiDキャッシュバックプレゼント)

  • v6プラス&v6プラス対応Wi-Fiルーターレンタルがずっと無料(通常300円~500円/月)

  • 訪問サポートが初回無料(通常7,400円)

  • セキュリティソフト(マカフィー)が1年間無料(通常500円/月)

ドコモ光公式キャンペーン

 


  • 新規契約(フレッツから乗り換えの方以外):工事費相当額(最大1.8万円)より高い2万円相当のdポイントプレゼント

  • 転用(フレッツから乗り換えの方):元々工事不要な上に、さらに5,000円相当のdポイントプレゼント

  • 他社ケータイからドコモへ乗り換えで10,260円分のdポイントプレゼント

※何に使える?キャンペーン以外でも貯められる?などdポイントについてはこちらのページで解説しています⇒ドコモ光利用でもらえるdポイントの貯め方~付与タイミングや期間・何に使えるかまで徹底解説!



還元額合計(最大の場合)⇒2年間で最大72,300円(dカードGOLDも申し込みなら91,300円)



ドコモ光,OCN光,比較,違い,料金,速度


 


このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング・にほんブログ村へ



ページの先頭へ戻る