ドコモ光 for ぷららは3種類のIPv6接続に対応!速度を速くしたい場合はぷららv6エクスプレスがオススメ!

 

オプション加入なしでも
キャッシュバック+dポイント還元!

2019年8月現在の
最新キャンペーンはこちら

 

 

 

最近はIPv6対応で高速化している光回線が増えてきました。

 

 

ドコモ光 for ぷらら(回線⇒ドコモ光 プロバイダ⇒ぷららの組み合わせ)も、3種類のIPv6に対応しています。

 

ただし、IPv6=速いというわけではなく、IPv6を使った一部のサービスに回線高速化の効果があるというのが正しいです。

 

 

このあたりも含めて、ドコモ光 for ぷららのIPv6について~ドコモ光 for ぷららが速くなる「ぷららv6エクスプレス」についてまで解説していきますので、参考にしてくださいね。

 

 

Plala ドコモ光

 

 

ドコモ光 for ぷららは3種類のIPv6接続に対応

 

ドコモ光 for ぷららはぷららのプロバイダサービスとドコモ光回線がセットになった契約形態で、以下の3つの「IPv6」接続サービスに対応しています。

 

  • IPv6 PPPoE
  • IPv6 IPoE
  • IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続サービスの1つである「ぷららv6エクスプレス」

 

 

IPv6は新しいIPアドレスの規格のこと

 

IPv6とは、インターネット接続において使われる「IPアドレス」の新しい規格のことです。

 

従来は「IPv4」(IPアドレスのバージョン4)という規格のIPアドレスが広く使われていましたが、発行できるIPv4の数は有限(約43億個)で、インターネットの発展に伴い上限に近づいていました。

 

 

しかし新しく登場した「IPv6」(IPアドレスのバージョン6)のIPアドレスは一生尽きることはないほどに膨大な数がありるので、上限を気にする必要がありません。

 

 

さらにIPv6のIPアドレスは通信を暗号化する機能が標準で備わっているので、セキュリティ面で強いのも大きな魅力です。

 

そしてIPv6のIPアドレスでは、ドコモ光 for ぷららで提供されているような高速通信に対応する接続方式を利用することも可能です。

 

 

速度が速くなるのは「IPv6 IPoE」と「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6」

 

ドコモ光 for ぷららでは3種類のIPv6対応接続機能・オプションが提供されていますが、すべてが高速通信に対応しているのではありません。

 

 

「IPv6対応しているから速い」

 

「IPv6対応していないから遅い」

 

という口コミ・評判を見かけたことがあるかもしれませんが、実はIPv6=高速、というわけではないのです。

 

 

IPv6そのものは、前項でも解説したとおり単にIPアドレスのバージョン6なだけで、ただIPv6を使用しただけでは回線速度に変化がありません。

 

速度が速くなるのは、「IPv6 IPoE」か「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6」で接続した場合に限られます。

 

 

IPv6 IPoE ⇒ IPv6対応サービス利用時のみ速くなる

 

IPv6 IPoEは、ブラウザやゲームなどのうち「IPv6に対応するサービス」が高速化します。

 

IPv6のIPアドレスを「IPoE」という接続方式で使う場合、従来から使われていた「PPPoE」という」接続方式と比べて以下の2つのメリットを得られます。

 

  • PPPoE方式より帯域幅が広い(道路に例えれば、道路が広くなってたくさんの車が通行できるようになっている状況)「IPv6 IPoE経路」を使えるため、たくさんのデータを同時に通せる
  • フレッツ光や光コラボで回線が混み合う原因となっている、通信時に経由する必要がある「NGN網終端装置」を通らずに通信できる

 

 

 

ただし注意しなければいけないのは、IPv6 IPoE方式でアクセスできるのは、IPv6に対応しているサイトやサービスのみであることです。

 

普及を進めている段階であるIPv6対応のサービスはまだ少なく、GoogleやYouTube、Facebookなどごく一部に限られます。

 

結果として、IPv6 IPoEだけを使えてもあまり活用できる場面が多くなく、あまり意味がないのが事実です。

 

 

IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 ⇒ IPv6対応サービスだけでなくIPv4しか対応していないサービスも速くなる

 

ドコモ光 for ぷららで提供されているIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6なら、IPv6対応サービスだけでなく、IPv4のみに対応するサービスでもIPv6 IPoE経路を通れます。

 

結果、インターネットにおけるすべての通信(IPv4サービス利用時&IPv6サービス利用時)が速くなります。

 

 

 

 

ドコモ光 for ぷららで使えるIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6は「ぷららv6エクスプレス」

 

ドコモ光 for ぷららで使える「ぷららv6エクスプレス」は、IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6と呼ばれる形式のオプションサービスです。

 

他社では別の名称・しくみのIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6サービスが提供されていますが、フレッツ光・光コラボの回線速度が速くなるのは共通です。

 

 

ぷららv6エクスプレスとv6プラスは違う?

 

IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6の中でも有名なのはGMOとくとくBBなどで提供されている「v6プラス」ですが、ぷららv6エクスプレスとv6プラスは別のサービスです。

 

 

どちらも「MAP-E方式」という技術によりIPv4・IPv6での通信を高速化するしくみ(ただしぷららv6エクスプレスのしくみは正式に公表されておらず、今後変わる可能性もあり)であることは変わりません。

 

ぷららv6エクスプレスとv6プラスは、「ポートを自由に開放できない=一部オンラインゲームが利用できない可能性がある」などのデメリットも共通しています。

 

 

 

 

それではどこが違うかというと、対応機器(ルーター)です。

 

 

ぷららv6エクスプレスの対応機器としてぷららが公表しているのは、以下の2種類のみとなっています。

 

①ドコモ光ルーター01(株式会社NTTドコモ) 
②WN-PL1167EX01(株式会社アイ・オー・データ機器)

 

 

対応ルーターを持っていない場合は用意しなければいけませんが、これからドコモ光 for ぷららを申し込むなら、ぷららv6エクスプレス対応のWi-Fiルーターを無料レンタルできるキャンペーンが開催されているので、追加費用発生などの心配はありません。

 

なお、対応機器を使わない場合はIPv6のみIPoE方式で通信可能(高速)、IPv4対応サービスは従来の「PPPoE方式」なため、高速化できません。

 

 

ぷららv6エクスプレス(IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6)の申し込み・設定方法

 

ぷららv6エクスプレスの申し込みや設定は、とても簡単です。

 

基本的には、利用環境が整っていれば何もしなくても使えてしまいます。

 

それぞれ解説するので、申し込み~利用開始までの流れをチェックしてみてくださいね。

 

 

申し込み方法

 

ぷららv6エクスプレスは、これからドコモ光 for ぷららを契約するなら申し込み手続き不要ですぐに利用開始できます。

 

ドコモ光を申し込む際に、プロバイダをぷららにすればOKです。

 

 

2018年2月以前にドコモ光を申し込んでいる人のみ、まだ開通されておらず早期開通を希望する場合は、申し込みページから手続きをして利用開始することとなります。(順次自動開通しているので、早期で利用開始を希望していない場合は開通まで待てばOK)

 

未開通で早期開通を希望する方は、下記URLの「ぷららv6エクスプレス お申し込み」から申し込み手続きをしてみてくださいね。

 

https://www.plala.or.jp/ipv6/

 

 

設定方法

 

ぷららv6エクスプレスは、サービスが利用可能になって対応ルーターを接続していれば、とくに設定を行わずに使えます。

 

手動で、何か設定をする必要はありません。

 

 

ぷららv6エクスプレスを使わない場合は、普通の光回線と同じようにユーザーIDやパスワードをルーターで設定する必要があるのでご注意ください。

 

 

ドコモ光 for ぷららは公式サイトからの申し込みがオススメ

ドコモ光 for ぷらら公式サイトで実施中のキャンペーン内容

ドコモ光 for ぷらら公式サイトはこちら


2019年7月より事業者変更(光コラボ⇒光コラボの再転用)ができるようになりました!


これにより、光コラボ(OCN光やソフトバンク光など)を利用中の方がドコモ光に乗り換える際、


  • 立会い工事不要
  • ひかり電話もアナログ戻し工事など不要で、電話番号を引き継げる

ようになりました。


他社光コラボ利用中で、ドコモ光に乗り換えたい方はチャンスです!



ドコモ光 for ぷららを公式サイトから申し込めば、以下の6つの特典を受けられます。


  • ひかりTVエントリープランを無料で視聴できる
  • ぷららv6エクスプレス対応の高速Wi-Fiルーターを無料レンタル可能
  • 訪問設定サポート(1回)が無料、リモートサポートは回数制限無しで無料
  • セキュリティソフト(マカフィー)2年間無料
  • 現金15,000円キャッシュバック
  • dポイント最大20,000ptプレゼント(ドコモ光公式キャンペーン)

ドコモショップなど、他の窓口から申し込んでしまった場合は、上記特典のうち一部が受けられないケースもあるので、要注意です。


お得な特典を受けて負担を削減したい場合は、ぷららの公式サイトからドコモ光 for ぷららを申し込みましょう。



Plala ドコモ光


 

このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング・にほんブログ村へ



ページの先頭へ戻る