ADSLからドコモ光に乗り換え(転用)する方法

ADSL,ドコモ光,乗り換え,転用,方法

 

2019年5月現在の最新キャンペーンはこちら

 

 

 

メリット・デメリット・評判~設定・速度まで実際に使いながら解説しました

 

 

 

まだまだ利用中の方も多いADSLですが、2025年を目途にサービス終了となる可能性が高まっています。

 

 

もし終了になるにしても、ADSLサービス終了の少し前までは継続して利用できるでしょうが、

現在は光回線の料金も下がってきていますし、動画などの回線速度が必要なコンテンツが増えていることもあり、ADSLから光回線に乗り換える方も増えています。

 

 

光回線の種類は2015年ごろから爆発的に増えていますので、どれが良いか分からない場合も多いと思いますが、

速度が速く、しかも料金をなるべく安く抑えるための光回線の選び方を下記ページで紹介していますので、迷った場合は参考にしてください。

 

【2019年最新版】安い!速い!あなたにおすすめの光回線はコレ!!

 

 

光回線の中でも、特にドコモの携帯(スマホ/ガラケー/タブレット)を使っている方におすすめなのが「ドコモ光」です。

 

このページでは、「ADSLからドコモ光に乗り換える方法」、「ADSLとドコモ光の違い」、「ADSLからドコモ光へ乗り換えるメリット」について解説していきます。

 

 

工事費相当額より高い
最大2万円相当のdポイントプレゼント
&キャッシュバック中!


 

ADSLからドコモ光への乗り換え(転用)方法

 

 

①ADSLで利用中のプロバイダがドコモ光でも使えるか確認する

 

ADSLとドコモ光に同じプロバイダがあれば、ドコモ光に変更した後も同じプロバイダを使い続けることもできます。

 

ドコモ光は対応するプロバイダが多いので、ADSLからドコモ光への乗り換えであれば、プロバイダの変更は不要となる場合もあります。

 

まずは、現在ADSLで利用中のプロバイダを調べて、そのプロバイダがドコモ光にも対応している確認しましょう。

 

 

ドコモ光に対応しているプロバイダは、下記ページで確認できます。

 

ドコモ光のプロバイダ一覧(全25社)はこちら

 

 

いくつかのADSLで例を挙げてみます。

 

 

@nifty(ニフティ)のADSLを利用中の方⇒ドコモ光でもプロバイダ引継ぎ可能

 

ニフティはドコモ光のプロバイダでもありますので、ニフティのADSLからドコモ光に乗り換えする方は、プロバイダを引き継いで使うこともできます。

 

ちなみにニフティのADSLサービスを含む「フレッツ・ADSL」は、2023年1月31日(火)まででフレッツ光提供エリアでのサービスが終了となることが決まっています。

 

終了ギリギリまで使い続けることは出来るでしょうが、終了間際の乗り換えは、申し込みや工事が混み合うと思いますので、早めに乗り換えましょう。

 

 

ちなみに、ニフティの光回線もあります。

 

長年ニフティを使っていて、ニフティのサービスを使いたいという方なら、こちらもオススメです。

 

 

 

OCNのADSLを利用中の方⇒ドコモ光でもプロバイダ引継ぎ可能

 

OCNも、ニフティと同じくドコモ光のプロバイダでもありますので、OCNのADSLからドコモ光に乗り換えする方は、プロバイダを引き継いで使うこともできます。

 

OCNのADSLも、「フレッツ・ADSL」を使っていますので、2023年1月31日までに乗り換えが必要です。

 

 

OCN光の光回線もありますので、OCNが好きな方にはこちらもオススメです。

 

 

 

Yahoo!BBのADSLを利用中の方⇒ドコモ光ではプロバイダ引継ぎ不可

 

ドコモ光のプロバイダにYahoo!BBはありません。

 

そのため、Yahoo!BBのADSLからドコモ光に乗り換える場合は、プロバイダを引き継ぐことはできません。

 

ドコモ光への乗り換えと同時に、プロバイダも他社に変更する必要があります。

 

 

また、Yahoo!BBのADSLは、「フレッツ・ADSL」ではないので、現在のところ終了のアナウンスは出ていません。(2019年5月現在)

 

新規契約の申し込み受け付けています。

 

先のことは分かりませんが、まだ当面は使い続けられそうです。

 

 

②プロバイダを変更するか決める(オススメはGMOとくとくBBへの変更)

 

ニフティやOCNのように、ADSL・ドコモ光の両方で使えるプロバイダなら、ドコモ光乗り換え時にもプロバイダは引き継ぐことができます。

 

ただし、どのプロバイダを選んでも速度やサービス、料金が同じなわけではありません。

 

せっかくドコモ光に乗り換えするなら、速い・安いプロバイダを選んだ方がお得ですよね。

 

 

おすすめのドコモ光プロバイダは「GMOとくとくBB」です。

 

GMOとくとくBBのドコモ光は、月額料金が安い上に、「v6プラス」という高速通信サービスに対応しているため回線速度が速いのがメリットです。

 

さらに、v6プラスの高速通信に対応した無線LANルーターが無料レンタルでき、実測速度が100Mbpsを下回ったらポイントプレゼントというのも行っていて、回線速度の速さにも相当な自信を持っているプロバイダのため、

ADSLからドコモ光に乗り換える方も、ドコモ光のプロバイダは「GMOとくとくBB」を選ぶのがおすすめです。

 

 

ちなみに私もGMOとくとくBBのドコモ光を使っていますが、v6プラスで270Mbps以上の速度が出ています。

 

ADSLは一番速いプランでも最大50Mbps程度ですので、5倍~6倍の速度です。

 

 

そんなに速くなくても良いけどなぁ


 

と思う方もいるかもですが、回線速度が速ければPCだけでなくスマホやゲーム機なども一緒にネットにつないだりできますし、遅いより速い方が良いのは間違いありません。

 

速さを求めるならGMOとくとくBBのように「v6プラス(などのIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続サービス)」に対応しているプロバイダを選ぶべきですし、GMOとくとくBBなら追加料金なしでv6プラスが使えるのでオススメです。

 

GMOとくとくBBのドコモ光公式サイトはこちら

 

 

 

 

 

 

③対応エリアと工事の時期を確認して申し込む

 

次に、「対応エリアと工事の時期」を確認しましょう。

 

ドコモ光の対応エリアは全国へ拡大してはいるものの、すべての地域で必ず乗り換えができるという訳ではありません。

 

 

また、引越しの多い年末や春先は転用工事が多いため、申し込みから実際の工事まで1カ月以上待つことも珍しくありません。

 

これらの情報はドコモ光申し込み後に、プロバイダからの折り返し連絡時に確認できます。

 

 

④ドコモ光が開通したらADSLの解約とモデム返却

 

最後に、ドコモ光の開通工事が終わったら、ADSL解約とモデムの返却を忘れずに行いましょう。

 

ドコモ光開通前にADSLを解約してしまうと、ネットが使えない期間ができてしまいますので注意しましょう。(ネットが使えない期間があっても大丈夫な場合は、先に解約してもOKです)

 

 

ADSLとドコモ光の違い

 

ここからは、ADSLとドコモ光の違いについてカンタンに解説します。

 

 

ADSLとドコモ光の主な違いは「通信方式」および「利用料金」です。

 

 

ADSL回線は一般的に使用されている電話線を介して通信を行っています。

 

そのため、アナログの電話回線とパソコンなどのデジタル機器をつなぐモデムを設置する必要があります。

 

 

一方、ドコモ光は、電話回線ではなくNTTの敷設した光回線を利用して通信を行っています。

 

そのため、光ケーブルの信号からデジタル信号へ変換するONUを設置する必要があります。

 

 

ADSLのアナログ信号は、電話線を通って自宅まで届く間に、減衰してしまいます。

 

そのため、ADSL設備の収容局から自宅までの距離が遠いほど、回線速度が遅くなってしまいますし、

そもそも光回線と比べると、最大速度が20分の1以下しかありません。

 

 

光回線の場合は、ケーブルを伝う距離が長くてもほとんど減衰することはありませんし、ドコモ光なら下り上りとも最大1Gbpsの高速通信が可能です。

 

 

ADSLの料金は、プロバイダ使用料も含めると月々4,000円から6,000円前後が一般的です。

 

一方、ドコモ光(タイプAプロバイダの場合)と契約した場合の月額料金は、戸建てタイプが5,200円、マンションタイプが4,000円となっています。

 

 

ADSLからドコモ光へ乗り換え(転用)するメリット

 

ADSLからドコモ光へ乗り換え(転用)する主なメリットは「通信速度」です。

 

 

ADSLの通信速度は1Mbpsから10Mbpsが一般的で、最大でも50Mbps程度です。

 

ただし、家から電話の基地局まで距離があると、それだけ通信速度が落ちてしまう、というデメリットがあります。

 

また、他の家電から発生するノイズの影響を受けやすい、という特徴もあります。

 

 

一方、ドコモ光の最大通信速度は1Gbpsで、サービスエリア内であればどこでも通信速度はほぼ一定、ノイズの心配もほぼありません。

 

 

こうした理由から、ADSLからドコモ光へ乗り換えする人が増えています。

 

 

GMOとくとくBB×ドコモ光おすすめの申し込み先ランキング

GMOとくとくBB×ドコモ光 おすすめの申し込み先


2019年5月の最新キャンペーン内容で比較しています!



公式サイト、代理店サイト、量販店などの【キャッシュバック額】もしくは【還元内容】、【キャンペーン内容】、評判を比較した上で判断しています。


GMOとくとくBB×ドコモ光公式サイト

工事費相当額より高い
最大2万円相当のdポイントプレゼント
&キャッシュバック中!

GMO×ドコモ光で実施中のキャンペーン内容

WEB限定CP実施中!GMOとくとくBB×ドコモ光公式サイトはこちら



GMOとくとくBBのドコモ光を申し込むなら、公式サイトが一番お得です!

GMOとくとくBB×ドコモ光限定キャンペーン

 


  • ドコモ光のみ(オプションなし)でも5,500円キャッシュバック

  • ドコモ光+DAZN for docomo申し込みで15,000円キャッシュバック

  • ドコモ光+ひかりTV for docomo(2年割)申し込みで18,000円キャッシュバック

  • ドコモ光+ひかりTV for docomo(2年割)+DAZN for docomo申し込みで20,000円キャッシュバック

  • dカード GOLDも申し込みで5,000円分のGMOポイントプレゼント(+ドコモ光公式特典:最大14,000円分のiDキャッシュバックプレゼント)

  • v6プラス&v6プラス対応Wi-Fiルーターレンタルがずっと無料(通常300円~500円/月)

  • 訪問サポートが初回無料(通常7,400円)

  • セキュリティソフト(マカフィー)が1年間無料(通常500円/月)

ドコモ光公式キャンペーン

 


  • 新規契約(フレッツから乗り換えの方以外):工事費相当額(最大1.8万円)より高い2万円相当のdポイントプレゼント

  • 転用(フレッツから乗り換えの方):元々工事不要な上に、さらに5,000円相当のdポイントプレゼント

  • 他社ケータイからドコモへ乗り換えで10,260円分のdポイントプレゼント

※何に使える?キャンペーン以外でも貯められる?などdポイントについてはこちらのページで解説しています⇒ドコモ光利用でもらえるdポイントの貯め方~付与タイミングや期間・何に使えるかまで徹底解説!



還元額合計(最大の場合)⇒2年間で最大72,300円(dカードGOLDも申し込みなら91,300円)



ADSL,ドコモ光,乗り換え,転用,方法


 


このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング・にほんブログ村へ



ページの先頭へ戻る