BIGLOBE光(ビッグローブ光)の解約・事業者変更の手順~工事費や電話の解約方法は?料金や手続きの流れ、注意点を解説!

ビッグローブ光の解約について詳しく解説!

 

今すぐ知りたい方はこちら↓

 

 

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

ビッグローブ光を解約する場合は、Webや電話を使ってすぐに手続きを終えられます。

 

しかし解約にあたって、解約料金や手続きの具体的な手順、そして知っておきたい注意点などがあるのではないでしょうか。

 

この記事では、ビッグローブ光の解約について徹底解説します。

 

最後まで読めば、内容を深く理解してスムーズに解約を進められるので、参考にしてくださいね。

 

 

2019年7月から開始された「事業者変更」についても追記しています。

 

事業者変更なら、工事なしで他社光コラボやフレッツ光に乗り換えができ、ひかり電話番号も引き継ぐことができますので、

 

ビッグローブ光から他回線に乗り換えたい方も参考にしてください。

 

 

 

目次
  1. ビッグローブ光の「解約」「退会」「事業者変更」の違い
  2. ビッグローブ光の解約・事業者変更時にかかる料金
  3. ビッグローブ光の事業者変更の流れ
  4. ビッグローブ光の解約手続きの流れ
  5. ビッグローブ光解約時の注意点
  6. ビッグローブ光からの乗り換えにおすすめの光回線

 

ビッグローブ光の「解約」「退会」「事業者変更」の違い

 

先に知っておきたいのは、ビッグローブ光の「解約」「退会」「事業者変更」の違いです。

 

 

まず、退会と解約の違いについてですが、

 

ビッグローブ光では、通常「ビッグローブ自体の契約とは別に、契約中の光回線の契約をやめる」ことを解約、「ビッグローブのすべてのサービスをやめる」ことを退会と言います。

 

基本的にどちらにするとしても、ビッグローブ光の利用をやめる手続きの流れや解約費用などは共通(Webの窓口が異なる程度)ですが、「退会」と「解約」の意味が異なることにはご注意ください。

 

 

また、2019年7月からは事業者変更が開始されています。

 

事業者変更は、「ビッグローブ光のような光コラボ」から「他の光コラボ」もしくは「フレッツ光」へ、工事なし&ひかり電話番号を引き継いで乗り換えができる仕組みです。

 

事業者変更の場合は、退会や解約とは手順が異なります。(詳しくは後述します)

 

 

ビッグローブ光の解約・事業者変更時にかかる料金

 

ビッグローブ光を解約・事業者変更する際は、様々な料金がかかります。

 

解約工事費や違約金などを解説するので、解約にどのくらいかかるかの参考にしてくださいね。

 

 

解約・事業者変更時に撤去工事費は、基本的にかからない

 

ビッグローブ光では、解約・事業者変更時の撤去工事費などはとくにかかりません。

 

立ち会いありで撤去工事が行われることはありますが、個別に工事費が請求されることはありません。

 

撤去工事が行われる場合は日程を電話で調整し、後日に作業が行われます(1時間程度)。

 

 

新規契約時の工事費残債は支払いが必要

 

最大30,000円(税抜)であるビッグローブ光新規契約時の工事費残債は、解約時に支払いが必要です。

 

 

工事費の残債の支払いは一括請求であるため、例えば残り2万円なら、まとめて2万円を支払わなければいけません。

 

工事費割引キャンペーンを利用していたとしても、割引無しで残債を支払う必要があります。

 

 

ビッグローブ光の工事費は分割払いの場合40回払いで、3年と4ヶ月契約を続けた段階でようやく満額の支払いが終わります。

 

分割で工事費を支払っていて、2~3年以内に解約した場合は、もれなく工事費残債がかかってしまうことになるのでご注意ください。

 

 

解約違約金

 

ビッグローブ光は、更新月以外に解約する場合、「違約金」がかかります。

 

違約金は、36ヶ月契約であるビッグローブ光「ひかり」コース(3年プラン)の場合20,000円(不課税)です。

 

2年プランで契約している場合は24ヶ月契約で、違約金が9,500円(不課税)となります。

 

 

更新月は定期利用期間の最終月なので、例えば36ヶ月契約なら、36ヶ月目に無料で解約できますよ。

 

 

なお、契約は自動更新であるため、更新月に解約を忘れてしまうと、次の更新月まではまた満額の違約金がかかります。

 

 

解約・事業者変更をした月の月額料金は日割りされず満額請求

 

ビッグローブ光では、解約月の月額料金が満額請求です。

 

月半ばで解約・事業者変更しても、日割りで請求されることはないので、ご注意ください。

 

 

ビッグローブ光の事業者変更の流れ

 

事業者変更では、「事業者変更承諾番号」を事前に発行する必要があります。

 

 

事業者変更の流れは、以下のとおりです。

 

①事業者変更承諾番号を発行する
②15日以内に、新しい光コラボを申し込む
③契約書類が届いたら、Wi-Fiルーター等でプロバイダ設定をし直して利用開始

 

 

事業者変更承諾番号は、こちらで発行手続きができます。

 

 

15日間で期限が切れるので、期限切れ前に新しい光コラボやフレッツ光を申し込めば、契約手続きは完了です。

 

あとは届いた契約書類に書いてあるインターネット接続設定をWi-Fiルーター等の自宅にあるインターネット接続機器に反映させれば、無事に利用を開始できます。

 

 

ビッグローブ光の解約手続きの流れ

 

ビッグローブ光の解約手続きの流れについて解説します。

 

 

電話やWebで、解約を申請する

 

ビッグローブ光は、電話かWebサイトから解約できます。

 

内容によっては電話でしか解約を受け付けてもらえないケースもあるので、Webで手続きをしていて「電話での対応が必要」と表示されたら、電話窓口へ問い合わせてくださいね。

 

 

指定の電話番号へ電話し、解約窓口へ問い合わせる

 

ビッグローブ光は、インフォメーションデスクへの問い合わせで 解約の手続きができます。

 

連絡先は以下のとおりです。

 

0120-86-0962
上記番号にかけられなかった場合:03-6385-0962
受付時間:9時~18時、365日

 

受付時間は限られていますが、土日祝日も対応しているので、時間が空いているタイミングで申し込んでみてくださいね。

 

 

Web経由で解約を申し込む

 

Web経由でビッグローブ光を解約、またはビッグローブのサービスも含めて全て退会する場合は、下記のURLから手続きが必要となります。

 

 

画面下の「手続き案内に進む」よりビッグローブへログインして、手続きを進めればOKです。

 

 

解約は何日までに問い合わせる?→解約日が当月末になるのは25日まで

 

ビッグローブ光を解約するべきタイミングは、毎月の25日までです。

 

25日を過ぎると翌月末の解約になってしまうので、ご注意ください。

 

 

ビッグローブ光電話(ひかり電話)の解約

 

ビッグローブ光電話を単体で解約する場合も、ビッグローブ光の電話解約と同じく以下の番号へ問い合わせればOKです。

 

0120-86-0962

 

上記番号にかけられなかった場合:03-6385-0962

 

受付時間:9時~18時、365日

 

 

ビッグローブ光電話を解約しただけではビッグローブ光の契約が残るため、ビッグローブ光解約時は別途インフォメーションデスクへの問い合わせが必要です。

 

なお、ビッグローブ光で使っていた電話番号を他のサービスで利用したい場合は、手順が変わります。

 

 

他社光コラボやフレッツ光への乗り換え時は電話番号を引き継げる

 

ビッグローブ光から他の光コラボまたはフレッツ光に事業者変更する際は、ひかり電話の電話番号を引き継ぐことができます。

 

先に紹介した手順で事業者変更をすれば、ひかり電話番号の引継ぎも一緒に行うことができます。

 

 

ビッグローブ光の電話番号は、アナログ戻しでNTTに戻せる

 

他社光コラボ・フレッツ光以外への乗り換えや、光回線の契約をやめる場合はこちらの手順になります。

 

 

以前NTTの加入電話で使っていた電話番号は、116へ電話をかければ、NTTの番号に契約を戻せます。(アナログ戻しという手続きです)

 

116

 

受付時間:9時~17時、年末年始を除く

 

電話番号をNTTに戻したタイミングでビッグローブ光電話は解約となるため、BIGLOBEへの問い合わせは必要ありません。

 

 

アナログ戻しした電話番号は、再度光電話などで利用可能

 

ビッグローブ光からNTTの契約に戻した電話番号は、今後フレッツ光やドコモ光などでひかり電話を契約する際に、また光電話に契約を移行させることができます。

 

今後他社光回線で光電話を契約する場合は、事前にアナログ戻しの手続きをしておきましょう。

 

 

解約後、ルーターなどの機器を返却する

 

ビッグローブ光の解約手続きをしたら、あとはビッグローブからの指示に従ってルーターなどを返却したり、必要に応じて撤去工事をしたりすれば解約完了です。

 

ルーターなどの機器の返却は、工事がある場合は工事の際に返却、工事がないなら返却キットへ入れて郵送するなどの手続きを行うことになります。

 

 

「ビッグローブ光」のみを解約し、プロバイダサービスの契約を残すこともできる

 

ビッグローブのメールなどを今後も使う場合は、ビッグローブ光の「解約」を行えばOKです。

 

電話での問い合わせや、Web経由での解約の際に、ビッグローブの契約を残しての手続きを行いましょう。

 

 

ビッグローブ光解約時の注意点

 

ビッグローブ光を解約するにあたって、いくつか気をつけたい注意点があります。

 

それぞれ内容をチェックして、解約時に備えましょう。

 

 

ビッグローブ光から他の光コラボへ、工事なしでの転用はできない⇒2019年7月からできるように変更!

 

ビッグローブ光から、他の光コラボへ再度転用することはできません。

 

もしもドコモ光など他の光コラボを契約したいのであれば、ビッグローブ光の解約後に新規契約を行うこととなるのでご注意ください。

 

一旦ビッグローブ光のONUなどを撤去した後、再度開通工事をして別の光コラボを契約することとなります。

 

auひかりやNURO光など、光コラボ以外の光回線へ乗り換える場合も同様に、一旦ビッグローブ光を解約後に工事をして回線契約をし直さなければいけません。

 

 

元々は上記のように、ビッグローブ光から他の光コラボへの再転用や、フレッツ光への再転用もできなかったのですが、2019年7月から可能になりました

 

工事なしで乗り換えできて、ひかり電話を使っている場合もアナログ戻しなしで電話番号を引き継げます。

 

 

ビッグローブ光は、工事前に解約できる

 

ビッグローブ光の契約を申し込んだものの、やっぱり取りやめにしたい場合は、工事前なら問題なく無料解約できます。

 

早めにBIGLOBEカスタマーサポートへ連絡し、キャンセルを申請しましょう。

 

BIGLOBEカスタマーサポート

 

0120-86-0962

 

受付時間9時~18時

 

なお、工事が終わってしまったら無償での解約はできません。

 

工事完了後は、通常通りWebや電話で解約申請をして、解約金を支払って解約することとなります。

 

 

ビッグローブ光の解約は、後からキャンセルできる?

 

ビッグローブ光の解約を取りやめにしたい場合は、BIGLOBEカスタマーサポートへ問い合わせれば、対応してもらえる可能性があります。

 

オンライン上で退会キャンセルはできないので、電話で問い合わせましょう。

 

 

ネットあんしんパックなど、オプションのみを解約する方法は?

 

ビッグローブ光で契約しているオプションのみを解約する場合は、Web上のコンテンツページから手続きをすることになります。

 

オプション解約のページ

 

https://support.biglobe.ne.jp/jimu/kaiyaku/linklist.html

 

上記URLから、契約中のオプションのページを開いて解約を勧めましょう。

 

また、ネットあんしんパックは以下のURLからの解約が必要です。

 

ネットあんしんパックの解約ページ

 

https://security.biglobe.ne.jp/anshin/kaiyaku.html

 

一度ネットあんしんパックを解約すると、再契約はできないのでご注意ください。

 

 

ビッグローブ光からの乗り換えにおすすめの光回線

 

ビッグローブ光を解約するにあたり、他の魅力的な光回線に乗り換えたい場合もあるのではないでしょうか。

 

ここからは、ビッグローブ光からの乗り換えにおすすめの光回線を紹介します。

 

 

解約金負担がある光回線なら、乗り換えコストを削減できる

 

ビッグローブ光を更新月以外に解約する場合は、「解約金負担」がある光回線へ乗り換えるのがおすすめです。

 

主に以下の4種類の光回線は、他社解約金を負担してくれるキャンペーンを展開中です。

 

  • ソフトバンク光
  •  

  • auひかり
  •  

  • eo光(関西のみ)
  •  

  • コミュファ光(東海、長野のみ)

 

ソフトバンク光に乗り換える場合は、スマートフォンを合わせてソフトバンクに乗り換えれば、毎月最大1,000円(税抜)×10回線のセット割引「おうち割光セット」も利用できますよ。

 

次項で詳しく解説しますが、auひかりやeo光、コミュファ光は、ビッグローブ光と同じく、auスマートフォンとのセット割「auスマートバリュー」に対応しているので、auユーザーの乗り換えにおすすめです。

 

 

 

 

auスマートバリューを利用している方向けのおすすめ光回線

 

auスマートバリューでは、光回線と光電話、そしてauスマートフォンの契約を条件に、スマホ代が毎月最大2,000円(税抜)×10回線割引になります。

 

主なauスマートバリュー対応光回線は、以下の9種類となります。

 

  • auひかり
  • @nifty光
  • So-net光
  • J:COM
  • eo光(関西)
  • コミュファ光(東海、長野)
  • ピカラ光(四国)
  • メガ・エッグ光(中国)
  • BBIQ(九州)

 

ビッグローブ光と同様に、auスマートフォンをお得に使えますよ。

 

 

各回線のお得な申し込み先(キャンペーン)はこちら

 

auひかり

 

@nifty光

 

So-net光

 

J:COM

 

eo光(関西のみ)

 

コミュファ光(東海、長野のみ)

 

ピカラ光(四国)

 

メガ・エッグ光(中国)

 

BBIQ(九州)

 

 

auユーザー以外の方におすすめの光回線

 

auを契約していない、あるいは他社へ乗り換え予定の場合は、あえてauスマートバリュー対応の光回線を使う必要はありません。

 

ケータイとのセット割で料金を安く抑えられ、さらにダークファイバー回線や独自回線、IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続の利用で高速通信ができる光回線を、下記ページでまとめて紹介しています。

 

ビッグローブ光からの乗り換え先に迷っている方は、参考にしてください。

 

 

速くて安い光回線の選び方&オススメ回線はこちら

 

【2019年最新版】安い!速い!あなたにおすすめの光回線はコレ!!

 


このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング・にほんブログ村へ



ページの先頭へ戻る