家庭のWi-Fi普及率ってどれくらい?わかる限りで調べてみた結果

wi-fiルーター,普及率,家庭,無線lanルーター,wifi,wi-fi

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

あなたの家庭ではWi-Fiを使っていますか?

 

 

スマホやタブレット、ゲーム機、テレビなど様々な機器がWi-Fiに対応している現在、Wi-Fiを使っている家庭は多いと思います。

 

とはいえ、実際にどれくらいの普及率なのか気になりますよね。

 

 

 

いえ、気になりません!


 

 

そ、そうですか、私は気になります(笑)

 

というわけで調べてみました。

 

 

気になる方はぜひご覧くださいw

 

 

 

家庭内Wi-Fi(無線LAN)の普及率は54.4%(2013年時点)

 

総務省の通信利用動向調査内の家庭内Wi-Fiの普及率

出典:平成 25 年通信利用動向調査

 

 

最新のデータを探したのですが、総務省による「通信利用動向調査」で家庭内Wi-Fi普及率が調査されたのは、今のところ平成25年(2013年)が最後のようです。

 

この調査では、

 

  • ブロードバンド回線接続世帯
  • スマートフォン保有世帯
  • タブレット型端末保有世帯

 

の3種類の家庭のそれぞれで行った調査と、それらを合計した結果が示されています。

 

 

全体の普及率(上図の赤線の部分)は54.4%でした。

 

 

固定回線契約者に絞るともっと普及率が高い

 

ちなみに、固定回線(ブロードバンド=光回線、DSL回線等)契約者に絞ると、もっと普及率が高いです。

 

 

総務省の通信利用動向調査内の家庭内Wi-Fiの普及率(ブロードバンド契約者)

出典:平成 25 年通信利用動向調査

 

 

ブロードバンド契約者に絞った、家庭内Wi-Fi(無線LAN)の普及率は72.2%あります。

 

2013年時点ですでにこの数字ですから、現在は、ブロードバンド契約者なら90%、全体でも70~80%ぐらいはありそうな気がします。

 

 

とはいえ、もっと新しい、ちゃんとしたデータが欲しいところです。

 

さらに調べてみました。

 

 

小中高校生限定ではあるものの平成29年には普及率92.9%に

 

平成29年度 青少年のインターネット利用環境実態調査によるWi-Fi普及率

出典:平成29年度 青少年のインターネット利用環境実態調査

 

上図は、平成29年(2017年)に行われた「青少年のインターネット利用環境実態調査結果」から抜粋しました。

 

調査対象は満10歳から満17歳までの青少年(5,000人)となっています。

 

 

赤枠で囲った部分を見ていただくと、スマートフォンによる無線LAN(Wi-Fi)の利用率は92.9%となっています。

 

満10歳から満17歳までの青少年限定であること、スマートフォンだけを対象にしていることを考慮しても、かなり普及率が高いですね。

 

 

普及率の伸びをみても、

 

2014年:77.6% ⇒ 2015年:82.6% ⇒ 2016年:89.3% ⇒ 2017年:92.9%

 

と、2014年から比べるとかなり伸びていることがわかります。

 

 

特に10代のユーザーの場合、インスタグラム・ツイッターなどのSNSや、YouTubeなどの動画サービスを使う時間も長くなっているので、家ではパケットを節約するためにWi-Fiを使う傾向が強いのだと思います。

 

ソフトバンクの「動画SNS放題」など、SNSや動画が使い放題になるサービスも誕生していますが、まだしばらくはWi-Fi環境メインのユーザーが多そうです。

 

 

対象年齢を広げれば、また結果が違ってくるとは思いますが、やはり年々、家庭でのWi-Fi普及率が上がっているのは間違いなさそうです。

 

 

まとめ 2013年時点で54.4% 2017年の調査(青少年のみ)では:92.9%の普及率

 

本当は、家庭用Wi-Fiルーターの市場規模なども示したかったのですが、該当の資料の見つかりませんでした。

 

 

分かった範囲の情報をまとめると、

 

  • 2013年時点で、ブロードバンド回線接続世帯/スマートフォン保有世帯/タブレット型端末保有世帯全体での、家庭内Wi-Fi(無線LAN)普及率は54.4%
  •  

  • 同じく2013年時点で、ブロードバンド回線(光回線など)接続世帯に絞ると、72.2%
  •  

  • 2017年時点で、満10歳から満17歳までのユーザーがスマートフォンで家庭内Wi-Fiに接続している割合は92.9%

 

でした。

 

 

2013年~2017年までの普及率をみていくと、確実に年々上がってきています。

 

伸び率を考えると、現在は全体でも70~80%、ブロードバンド回線接続世帯なら90%以上まで上がってきているのではないかと思います。

 

実際、満10歳~満17歳のユーザーでは92.9%が、スマホを家庭内Wi-Fiにつなげて使っています(2017年時点)ので、十分あり得そうな数字ですよね。

 

 

詳しいデータがあれば、随時更新していきます。

 

 

参考になれば幸いです。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング・にほんブログ村へ



ページの先頭へ戻る