【おすすめはココ!】v6プラスなどのIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続が利用できる「光回線/プロバイダ」と「料金」一覧【IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix/IPv6オプション/OCN v6アルファ】

【おすすめはココ!】v6プラスなどのIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続が利用できる「光回線/プロバイダ」と「料金」一覧【IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix/IPv6オプション/OCN v6アルファ】

v6プラス,光回線,プロバイダ,IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4,transix,IPv6オプション,OCN v6アルファ,IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス

 

 

携帯電話とのセット割を利用すれば、v6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix/IPv6オプション/OCN v6アルファ対応の光回線・プロバイダがさらに安く使えます!

 

 

利用中の携帯キャリアごとにおすすめのv6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix/IPv6オプション/OCN v6アルファ対応 光回線・プロバイダはこちら

 

 

【2018年7月 更新】

 

 

 

 

フレッツ光や光コラボを使うなら、「v6プラス」「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4」「transix」「IPv6オプション」「OCN v6アルファ」などのIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービスが使える光回線、プロバイダを選ぶのがおすすめです!

 

IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービスは、深く知ろうと思うと難しい話がたくさん出てきますが、

 

 

とにかく速い!


 

 

ということだけ分かればとりあえず十分です(笑)

 

 

詳しく知りたい方は、こちらの記事で解説していますのでご覧ください。

 

IPv6対応で速くなる?「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」って何者?【v6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix/IPv6オプション/OCN v6アルファ】

 

 

とにかく速いIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービスは、プロバイダのオプションとして提供されています。

 

しかし、全てのプロバイダで使えるわけではなく、今のところは、ごく一部のプロバイダでしか使えません。

 

料金的にも、無料の場合もあれば有料の場合もあります

 

 

そこで今回は、IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続を利用した5つの高速サービス(それぞれ名前は違いますが、中見は同じサービスと考えてOKです)

 

 

  • ①日本ネットワークイネイブラー株式会社(JPNE)の「v6プラス」
  • ②BBIX株式会社の「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4」
  • ③インターネットマルチフィード株式会社の「transix(トランジックス)」
  • ④ビッグローブ株式会社の「IPv6オプション」
  • ⑤NTTコミュニケーションズ株式会社の「OCN v6アルファ」

 

 

について、利用可能な「光回線、プロバイダ」「料金」を紹介します!

 

 

 

v6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix/IPv6オプション/OCN v6アルファ対応の光回線、プロバイダと利用料金

 

携帯電話とのセット割を利用すれば、v6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix/IPv6オプション/OCN v6アルファ対応の光回線・プロバイダがさらに安く使えます!

 

 

利用中の携帯キャリアごとにおすすめのv6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix/IPv6オプション/OCN v6アルファ対応 光回線・プロバイダはこちら

 

 

①v6プラス対応の光回線・プロバイダ

 

※すべて戸建ての場合の例です

 

<フレッツ光>

プロバイダ 料金

v6プラス,光回線,プロバイダ,IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4,transix,IPv6オプション,OCN v6アルファ,IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス

GMOとくとくBB

■プロバイダ料金


初期費用:0円


月額料金:991円

 

 

 

■フレッツ光料金+プロバイダ料金


初期費用:800円(契約料)+18000円(初回3000円+500円×30ヶ月 工事費)=18800円


月額料金:4600円(フレッツ光)+991円(プロバイダ)=5591円(工事費別)

 

 

 

■備考


GMOとくとくBBのv6プラスの場合は、v6プラス対応のWi-Fiルーターレンタル料金も込みで上記の月額料金


v6プラスなしのプロバイダ契約の場合は490円

インターリンク (ZOOT NATIVE)

■プロバイダ料金


初期費用:0円


月額料金:2160円

 

 

 

■フレッツ光料金+プロバイダ料金


初期費用:800円(契約料)+18000円(初回3000円+500円×30ヶ月 工事費)=18800円


月額料金:4600円(フレッツ光)+2160円(プロバイダ)=6760円(工事費別)

 

 

 

■備考


2ヶ月間は無料お試し期間で、利用料金・解約した場合の違約金もすべて無料

@nifty

■プロバイダ料金


初期費用:0円


月額料金:1000円

 

 

 

■フレッツ光料金+プロバイダ料金


初期費用:800円(契約料)+18000円(初回3000円+500円×30ヶ月 工事費)=18800円


月額料金:4600円(フレッツ光)+1000円(プロバイダ)=5600円(工事費別)

 

 

 

■備考


無線LANカードレンタルは別途、月額300円がかかる


v6プラスなしのプロバイダ契約の場合も同額(1000円)

BIGLOBE

■プロバイダ料金


初期費用:0円


月額料金:800円

 

 

 

■フレッツ光料金+プロバイダ料金


初期費用:800円(契約料)+18000円(初回3000円+500円×30ヶ月 工事費)=18800円


月額料金:4600円(フレッツ光)+800円(プロバイダ)=5400円(工事費別)

 

 

 

■備考


無線LANカードレンタルは別途、月額300円がかかる


v6プラスなしのプロバイダ契約の場合も同額(800円)

 

※2017年8月より、ビッグローブのIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続サービスの名称が「IPv6オプション」に変更になりました。これはビッグローブ自身がVNE事業者としてIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続サービスを開始したからで、速度や仕組みは変わりません。

Gaming +(ゲーミングプラス)

■プロバイダ料金


初期費用:0円


月額料金:3218円

 

 

 

■フレッツ光料金+プロバイダ料金


初期費用:800円(契約料)+18000円(初回3000円+500円×30ヶ月 工事費)=18800円


月額料金:4600円(フレッツ光)+2980円(プロバイダ)=7580円(工事費別)

 

 

 

■備考


v6プラス利用には、ひかり電話の契約(月額500円)もしくはHGWレンタル(月額300円)もしくはv6プラス対応ルーターの購入が必要

 

 

 

携帯電話とのセット割を利用すれば、v6プラス対応の光回線・プロバイダがさらに安く使えます!

 

 

利用中の携帯キャリアごとにおすすめのv6プラス対応 光回線・プロバイダはこちら

 

 

 

<ドコモ光>

プロバイダ 料金

v6プラス,光回線,プロバイダ,IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4,transix,IPv6オプション,OCN v6アルファ,IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス

GMOとくとくBB

■プロバイダ料金


初期費用:0円


月額料金:0円

 

 

 

■ドコモ光料金+プロバイダ料金


初期費用:3000円(契約料)+18000円(初回3000円+500円×30ヶ月 工事費)


月額料金:5200円(ドコモ光+GMOとくとくBB)

 

 

 

■備考


v6プラス対応のWi-Fiルーターレンタルが無料


GMOとくとくBBのドコモ光の場合は、Wi-Fiルーターレンタルを利用すればすべての方が無料でv6プラス対応になります

So-net

■プロバイダ料金


初期費用:0円


月額料金:0円

 

 

 

■ドコモ光料金+プロバイダ料金


初期費用:3000円(契約料)+18000円(750円×24ヶ月 工事費)


月額料金:5200円(ドコモ光+So-net)

 

 

 

■備考


ひかり電話契約(月額500円)の方は追加料金なしでv6プラス対応HGWレンタル可能


dポイントでv6プラス対応のWi-Fiルーターと交換も可能

 

@nifty

■プロバイダ料金


初期費用:0円


月額料金:0円

 

 

 

■ドコモ光料金+プロバイダ料金


初期費用:3000円(契約料)+18000円(初回3000円+500円×30ヶ月 工事費)=21000円


月額料金:5400円(ドコモ光+@nifty)+工事費

 

 

 

■備考


無線LANカードレンタルは別途、月額300円がかかる


v6プラスなしの契約の場合も同額(月額5400円)

BIGLOBE

■プロバイダ料金


初期費用:0円


月額料金:0円

 

 

 

■ドコモ光料金+プロバイダ料金


初期費用:3000円(契約料)+18000円(初回3000円+500円×30ヶ月 工事費)=21000円


月額料金:5200円(ドコモ光+BIGLOBE)+工事費

 

 

 

■備考

無線LANカードレンタルは別途、月額300円がかかる


v6プラスなしの契約の場合も同額(月額5200円)


※2017年8月より、ビッグローブのIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続サービスの名称が「IPv6オプション」に変更になりました。これはビッグローブ自身がVNE事業者としてIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続サービスを開始したからで、速度や仕組みは変わりません。

 

 

 

携帯電話とのセット割を利用すれば、v6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix/IPv6オプション/OCN v6アルファ対応の光回線・プロバイダがさらに安く使えます!

 

 

利用中の携帯キャリアごとにおすすめのv6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix/IPv6オプション/OCN v6アルファ対応 光回線・プロバイダはこちら

 

 

 

<BIGLOBE光(ビッグローブ光)>

プロバイダ 料金
BIGLOBE

■プロバイダ料金


初期費用:0円


月額料金:0円

 

 

 

■BIGLOBE光料金+プロバイダ料金


初期費用:3000円(契約料)+30000円(750円×40ヶ月 工事費)⇒キャンペーン期間中 実質0円=33000円⇒キャンペーン期間中 3000円


月額料金:4980円(BIGLOBE光+BIGLOBE)

 

 

 

■備考


無線LANカードレンタルは別途、月額300円がかかる


v6プラスなしの契約の場合も同額(月額4980円)


株式会社NNコミュニケーションズ(ビッグローブ光代理店)からの申し込みでv6プラス対応最新型Wi-Fiルータープレゼントキャンペーン中



※2017年8月より、ビッグローブ光のIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続サービスの名称が「IPv6オプション」に変更になりました。これはビッグローブ自身がVNE事業者としてIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続サービスを開始したからで、速度や仕組みは変わりません。Wi-Fiルーターもv6プラス対応のものであればIPv6オプションでも利用可能です。

 

 

 

携帯電話とのセット割を利用すれば、v6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix/IPv6オプション/OCN v6アルファ対応の光回線・プロバイダがさらに安く使えます!

 

 

利用中の携帯キャリアごとにおすすめのv6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix/IPv6オプション/OCN v6アルファ対応 光回線・プロバイダはこちら

 

 

 

<@nifty光( ニフティ光)>

プロバイダ 料金
@nifty

■プロバイダ料金


初期費用:0円


月額料金:0円

 

 

 

■@nifty光料金+プロバイダ料金


初期費用:2000円(契約料)+18000円(600円×30ヶ月 工事費) = 20000円


月額料金:4500円(@nifty光+@nifty)+工事費

 

 

 

■備考


無線LANカードレンタルは別途、月額300円がかかる


v6プラスなしの契約の場合も同額(月額4500円+工事費)

 

 

<DMM光>

プロバイダ 料金
DMM.com

■プロバイダ料金


初期費用:0円


月額料金:0円

 

 

 

■DMM光料金+プロバイダ料金


初期費用:2000円(契約料)+18000円(工事費)キャンペーン期間中 0円=20000円⇒キャンペーン期間中 2000円


月額料金:4820円(DMM光+DMM.com)

 

 

 

■備考


無線LANカードレンタルは別途、月額300円がかかる


v6プラスなしの契約の場合も同額(月額4820円)

 

 

 

携帯電話とのセット割を利用すれば、v6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix/IPv6オプション/OCN v6アルファ対応の光回線・プロバイダがさらに安く使えます!

 

 

利用中の携帯キャリアごとにおすすめのv6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix/IPv6オプション/OCN v6アルファ対応 光回線・プロバイダはこちら

 

 

 

<enひかり>

プロバイダ 料金

v6プラス,光回線,プロバイダ,IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4,transix,IPv6オプション,OCN v6アルファ,IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス

株式会社縁人

■プロバイダ料金


初期費用:0円


月額料金:0円

 

 

 

■enひかり料金+プロバイダ料金


初期費用:3000円(契約料)+15000円(一括払い 工事費)=18,000円


月額料金:4300円(enひかり+株式会社縁人)) ★光コラボ最安水準

 

 

 

■備考


v6プラス利用には+180円で「v6プラスオプション」に加入&HGWレンタル(もしくはv6プラス対応ルーターを購入する)が必要


HGWレンタルは別途、月額200円(無線LANつきHGWの場合は300円)がかかる

 

 

<So-net光コラボレーション>

プロバイダ 料金
So-net

■プロバイダ料金


初期費用:0円

月額料金:0円

 

 

 

■So-net光コラボレーション料金+プロバイダ料金


初期費用:3000円(契約料)+24000円(800円×30ヶ月 工事費)=27,000円


月額料金:4800円(So-net光コラボレーション+So-net)

 

 

 

■備考


v6プラス利用には+500円で「So-net光コラボ電話」に加入もしくはv6プラス対応ルーターを購入する必要があります

 

 

携帯電話とのセット割を利用すれば、v6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix/IPv6オプション/OCN v6アルファ対応の光回線・プロバイダがさらに安く使えます!

 

 

利用中の携帯キャリアごとにおすすめのv6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix/IPv6オプション/OCN v6アルファ対応 光回線・プロバイダはこちら

 

 

②IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4対応の光回線・プロバイダ

 

※すべて戸建ての場合の例です

 

<フレッツ光>

プロバイダ 料金

Yahoo!BB

(Yahoo!BB 光 with フレッツ)

■プロバイダ料金


初期費用:0円

月額料金:1200円

 

 

 

■フレッツ光料金+プロバイダ料金


初期費用:800円(契約料)+18000円(初回3000円+500円×30ヶ月 工事費)=18800円

月額料金:4600円(フレッツ光)+1200円(プロバイダ)+467円(光BBユニットレンタル)=6267円(工事費別)

 

 

 

■備考


Yahoo!BBの「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE+IPv4」を利用するには、光BBユニットという機器のレンタルが必要になります。光BBユニットレンタル料に月額467円かかるので、すべて合計で上記の料金になります。

「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE+IPv4」なしのプロバイダ契約の場合は、光BBユニットレンタル代の467円が不要になります。

 

 

<ソフトバンク光>

プロバイダ 料金
ソフトバンク

■プロバイダ料金


初期費用:0円

月額料金:0円

 

 

 

■ソフトバンク光料金+プロバイダ料金


初期費用:3000円(契約料)+24000円(工事費)キャンペーン期間中 0円=27000円⇒キャンペーン期間中 3000円

月額料金:5200円(ソフトバンク光+ソフトバンク)+467円(光BBユニットレンタル)=5667円

 

 

 

■備考


ソフトバンク光の「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4」を利用するには、光BBユニットという機器のレンタルが必要になります。光BBユニットレンタル料に月額467円かかるので、すべて合計で上記の料金になります。

「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE+IPv4」なしのプロバイダ契約の場合は、光BBユニットレンタル代の467円が不要になります。

 

 

携帯電話とのセット割を利用すれば、v6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix/IPv6オプション/OCN v6アルファ対応の光回線・プロバイダがさらに安く使えます!

 

 

利用中の携帯キャリアごとにおすすめのv6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix/IPv6オプション/OCN v6アルファ対応 光回線・プロバイダはこちら

 

 

③transix(トランジックス)対応の光回線・プロバイダ

 

※すべて戸建ての場合の例です

 

<IIJmioひかり>

プロバイダ 料金

IIJmio

■プロバイダ料金


初期費用:0円

月額料金:0円

 

 

 

■IIJmioひかり料金+プロバイダ料金


初期費用:新規⇒800円(契約料)+18,000円(900円×20ヶ月 工事費)=18800円

月額料金:4,960円+800円(IPoEオプション)=5,760円(工事費別)

 

 

 

■備考


IIJmioひかりの「transix(トランジックス)」を利用するには、IPoEオプションの加入が必要になります。IPoEオプションに月額800円かかるので、すべて合計で上記の料金になります。

「transix(トランジックス)」を利用しない場合は、IPoEオプション代の800円が不要になります。

 

 

携帯電話とのセット割を利用すれば、v6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix/IPv6オプション/OCN v6アルファ対応の光回線・プロバイダがさらに安く使えます!

 

 

利用中の携帯キャリアごとにおすすめのv6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix/IPv6オプション/OCN v6アルファ対応 光回線・プロバイダはこちら

 

 

④IPv6オプション対応の光回線・プロバイダ

 

※すべて戸建ての場合の例です

 

<フレッツ光>

プロバイダ 料金
BIGLOBE

■プロバイダ料金


初期費用:0円


月額料金:800円

 

 

 

■フレッツ光料金+プロバイダ料金


初期費用:800円(契約料)+18000円(初回3000円+500円×30ヶ月 工事費)=18800円


月額料金:4600円(フレッツ光)+800円(プロバイダ)=5400円(工事費別)

 

 

 

■備考


無線LANカードレンタルは別途、月額300円がかかる


IPv6オプションなしのプロバイダ契約の場合も同額(800円)

 

※2017年8月より、ビッグローブのIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続サービスの名称が「v6プラス」⇒「IPv6オプション」に変更になりました。これはビッグローブ自身がVNE事業者としてIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続サービスを開始したからで、速度や仕組みは変わりません。

 

 

携帯電話とのセット割を利用すれば、v6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix/IPv6オプション/OCN v6アルファ対応の光回線・プロバイダがさらに安く使えます!

 

 

利用中の携帯キャリアごとにおすすめのv6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix/IPv6オプション/OCN v6アルファ対応 光回線・プロバイダはこちら

 

 

 

<ドコモ光>

プロバイダ 料金
BIGLOBE

■プロバイダ料金


初期費用:0円


月額料金:0円

 

 

 

■ドコモ光料金+プロバイダ料金


初期費用:3000円(契約料)+18000円(初回3000円+500円×30ヶ月 工事費)=21000円


月額料金:5200円(ドコモ光+BIGLOBE)+工事費

 

 

 

■備考

無線LANカードレンタルは別途、月額300円がかかる


IPv6オプションなしの契約の場合も同額(月額5200円)


※2017年8月より、ビッグローブのIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続サービスの名称が「v6プラス」⇒「IPv6オプション」に変更になりました。これはビッグローブ自身がVNE事業者としてIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続サービスを開始したからで、速度や仕組みは変わりません。

 

 

 

携帯電話とのセット割を利用すれば、v6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix/IPv6オプション/OCN v6アルファ対応の光回線・プロバイダがさらに安く使えます!

 

 

利用中の携帯キャリアごとにおすすめのv6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix/IPv6オプション/OCN v6アルファ対応 光回線・プロバイダはこちら

 

 

 

<BIGLOBE光(ビッグローブ光)>

プロバイダ 料金
BIGLOBE

■プロバイダ料金


初期費用:0円


月額料金:0円

 

 

 

■BIGLOBE光料金+プロバイダ料金


初期費用:3000円(契約料)+30000円(750円×40ヶ月 工事費)⇒キャンペーン期間中 実質0円=33000円⇒キャンペーン期間中 3000円


月額料金:4980円(BIGLOBE光+BIGLOBE)

 

 

 

■備考


無線LANカードレンタルは別途、月額300円がかかる


IPv6オプションなしの契約の場合も同額(月額4980円)


株式会社NNコミュニケーションズ(ビッグローブ光代理店)からの申し込みでv6プラス対応最新型Wi-Fiルータープレゼントキャンペーン中



※2017年8月より、ビッグローブ光のIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続サービスの名称が「v6プラス」⇒「IPv6オプション」に変更になりました。これはビッグローブ自身がVNE事業者としてIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続サービスを開始したからで、速度や仕組みは変わりません。Wi-Fiルーターもv6プラス対応のものであればIPv6オプションでも利用可能です。

 

 

 

携帯電話とのセット割を利用すれば、v6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix/IPv6オプション/OCN v6アルファ対応の光回線・プロバイダがさらに安く使えます!

 

 

利用中の携帯キャリアごとにおすすめのv6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix/IPv6オプション/OCN v6アルファ対応 光回線・プロバイダはこちら

 

 

⑤OCN v6アルファ対応の光回線・プロバイダ

 

※すべて戸建ての場合の例です

 

<OCN光>

プロバイダ 料金

OCN

■プロバイダ料金


初期費用:0円

月額料金:0円

 

 

 

■OCN光料金+プロバイダ料金


初期費用:3000円(契約料)+18000円(初回3000円+500円×30ヶ月 工事費)=21,000円

月額料金:5,100円(OCN光)+0円(プロバイダ)+500円(OCN v6アルファ)=5,600円(工事費別)

 

 

 

■備考


OCN光の「OCN v6アルファ」を利用するには、OCN v6アルファの契約が必要になります。OCN光でOCN v6アルファを使う場合、「OCN v6アルファ パッケージ」というセットプランになり、すべて合計で上記の料金になります。

「OCN v6アルファ」を使わない場合は、オプション代の500円が不要になります。

 

 

<ドコモ光>

プロバイダ 料金

OCN

■プロバイダ料金


初期費用:0円

月額料金:0円

 

 

 

■ドコモ光料金+プロバイダ料金


初期費用:3,000円(契約料)+18000円(750円×24ヶ月 工事費)=18,000円

月額料金:5,400円(ドコモ光)+0円(プロバイダ)+0円(OCN v6アルファ)=5,400円(工事費別)

 

 

 

■備考


OCN v6アルファ対応のWi-Fiルーターレンタルが無料


OCNのドコモ光の場合は、Wi-Fiルーターレンタルを利用すればすべての方が無料でv6プラス対応になります。

 

 

v6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix/IPv6オプション/OCN v6アルファ対応の光回線/プロバイダの中でどれがおすすめか

 

 

利用中のスマホとのセット割があれば、v6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix/IPv6オプション/OCN v6アルファ対応の光回線を安く使うことができます!

 

スマホとのセット割が適用されない光回線を利用中の方は、v6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix/IPv6オプション/OCN v6アルファ対応&安い光回線への乗り換えがおすすめです。

 

 

下記の①~⑧をクリックするとおすすめの光回線にジャンプします。


 

 

 

①フレッツ光から乗り換えたくない/フレッツ光しか使えない集合住宅に住んでいる等 「フレッツ光」でv6プラスを使いたい方はこちら

 

②au携帯を使っている方/BIGLOBE SIMを使っている方はこちら

 

③DMM mobileを使っている方はこちら

 

④ソフトバンク携帯を使っている方はこちら

 

⑤ドコモ携帯を使っている方はこちら

 

⑥NifMo(ニフモ)を使っている方はこちら

 

⑦OCNモバイルを使っている方はこちら

 

⑧上記に当てはまらない方はこちら

 

 

フレッツ光から乗り換えたくない/フレッツ光しか使えない集合住宅に住んでいる等の場合

 

現在フレッツ光を利用中で、フレッツ光から乗り換えたくない方、もしくはマンション等の事情で乗り換えできない方には、

v6対応のWi-Fiルーター込みで月額991円のGMOとくとくBBがおすすめです。

 

フレッツ光はそのままで、プロバイダだけをGMOとくとくBBに変えるのがおすすめです。

 

工事も初期費用も不要で、Wi-Fiルーターが届いたらすぐに使えます

 

 

>>プロバイダをGMOとくとくBBのv6プラスに変える<<

 

 

光回線の乗り換えも可能な場合/光回線を使っていない場合

 

フレッツ光を利用中でフレッツ光から乗り換えできない方以外は、光コラボを選んだ方がお得です。

 

 

理由としては、

 

①フレッツ光よりも光コラボの方が基本料金が安い
②携帯電話とのセット割引がある

 

という点があります。

 

 

フレッツ光も光コラボも使っている回線は、同じフレッツ網ですので、回線品質は同じです。

 

なので、少しでも安い方(光コラボ)を選んだ方がお得になります。

 

 

光コラボの中でも、より安いものを選んだ方が良いので、おすすめは下記の通りです。

 

 

au携帯を使っている方/BIGLOBE SIMを使っている方

 

BIGLOBE光がおすすめ

 

 

「au携帯とのセット割引(auスマートバリュー)」、「BIGLOBE SIMとのセット割引」があり、工事費無料キャンペーンとキャッシュバックキャンペーン・IPv6オプション(v6プラスと同様のサービス)対応Wi-Fiルータープレゼントを実施中の「BIGLOBE光」がおすすめです。

 

 

 

>>IPv6オプション(v6プラスと同様のサービス)対応のBIGLOBE光<<

 

 

BIGLOBE光について詳しくはこちらの記事で解説しています

 

【こんな人にオススメ!】v6プラス対応のBIGLOBE光の料金・キャンペーン・速度など徹底解説

 

BIGLOBE光(ビッグローブ光)が遅い人と速い人の違いはコレ!【IPv6オプションで高速回線へ】

 

 

 

DMM mobileを使っている方

 

DMM光がおすすめ

 

 

「DMM mobileとのセット割引」があり、工事費無料キャンペーンを実施中の「DMM光」がおすすめです。

 

 

 

>>v6プラス対応のDMM光<<

 

 

DMM光について詳しくはこちらの記事で解説しています

 

【v6プラス対応】DMM光の評判が良い理由を徹底解説!【工事費無料キャンペーン】

 

 

ソフトバンク携帯を使っている方

 

ソフトバンク光がおすすめ

 

 

ソフトバンク携帯を使っている方には、ソフトバンク光をおすすめします。

 

このページで紹介しているv6プラスには対応していないのですが、同じ内容のサービス(「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4」)に対応しています。

 

 

 

>>IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4対応のソフトバンク光<<

 

 

 

ソフトバンク光について詳しくはこちらの記事で解説しています

 

ソフトバンク光が「遅い」人と「速い」人の違いはこれだった!光BBユニット利用でソフトバンク光が速くなる理由

 

 

 

ドコモ携帯を使っている方

 

GMOとくとくBBのドコモ光がおすすめ

 

 

ドコモ携帯とのセット割引(ドコモ光パック)があり、さらにv6プラス対応のWi-Fiルーター無料、工事費無料、現金キャッシュバック、dポイントプレゼントなど多数の特典がある「GMOとくとくBBのドコモ光」がおすすめです。

 

 

>>v6プラス対応のGMOとくとくBB×ドコモ光<<

 

 

 

GMOとくとくBBのドコモ光について詳しくはこちらの記事で解説しています

 

【最新キャンペーン情報つき】GMOとくとくBB×ドコモ光が解決!ドコモ光の評判が悪かった2つの理由【速度が遅い!めんどくさい!】

 

GMOとくとくBB×ドコモ光のメリット・デメリットを実際に使ってみて検証した結果

 

GMOとくとくBB×ドコモ光を実際に契約した体験談!-開通までの流れを写真つきで解説

 

【ドコモ携帯とドコモ光のセット割引】「ドコモ光パック」の解説

 

ドコモ光の工事費(工事料金)の疑問をすべて解決!【キャンペーン、支払い方法、引っ越しetc】

 

 

 

NifMo(ニフモ)を使っている方

 

@nifty光(ニフティ光)がおすすめ

 

 

「NifMoとのセット割引(まるっと割)」があり、キャッシュバック・Wi-Fiルータープレゼントキャンペーンを実施中の「@nifty光」がおすすめです。

 

 

 

>>v6プラス対応の@nifty光<<

 

 

@nifty光について詳しくはこちらの記事で解説しています

 

@nifty光(ニフティ光)がオススメなのはこんな方!-メリット・デメリットから見るnifty光のオススメユーザー

 

 

OCNモバイルを使っている方

 

OCN光がおすすめ

 

 

「OCNモバイルとのセット割引(OCN光モバイル割)」があり、キャッシュバック・Wi-Fiルータープレゼントキャンペーンを実施中の「OCN光」がおすすめです。

 

 

 

>>OCN v6アルファ対応のOCN光<<

 

 

 

 

上記に当てはまらない方

 

enひかりがおすすめ

 

 

適用できる携帯電話とのセット割引がない方なら、v6プラス対応で速くて、基本料金が光コラボ最安水準、しかも契約期間の縛りがなくいつ解約しても解約金がかからないenひかりがおすすめです。

 

v6プラス対応の高速回線&光コラボ最安水準の安さ、しかも2年縛りなどがなく解約金がかからない、固定ipも業界最安値などメリット多数!

 

 

v6プラス,光回線,プロバイダ,IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4,transix,IPv6オプション,OCN v6アルファ,IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス

 

>>月額料金4,300円(マンションは3,300円)の最安値水準!しかも契約期間の縛りなし&解約金なし!さらにv6プラス対応で速い!オススメ要素多数の光回線「enひかり」<<

 

 

enひかりについて詳しくはこちらの記事で解説しています

 

【v6プラス・固定ip対応】業界最安級なのに2年縛りなし!かなりお得な「enひかり」の内容・料金・口コミ評判~メリット・デメリットまで徹底解説!

 

 

 

携帯電話とのセット割を利用すれば、v6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix/IPv6オプション/OCN v6アルファ対応の光回線・プロバイダがさらに安く使えます!

 

 

利用中の携帯キャリアごとにおすすめのv6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix/IPv6オプション/OCN v6アルファ対応 光回線・プロバイダはこちら




このエントリーをはてなブックマークに追加



2018年最新版!おすすめの光回線の選び方


光回線選びに迷ってる方に絶対見て欲しい!外れない光回線の選び方はこちら


v6プラス,光回線,プロバイダ,IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4,transix,IPv6オプション,OCN v6アルファ,IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス



1分で判定!あなたにぴったりのネット回線診断


手っ取り早く知りたい方はこちら!数クリックだけであなたが『一番安く』使える『高速回線』を診断!


v6プラス,光回線,プロバイダ,IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4,transix,IPv6オプション,OCN v6アルファ,IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス



ドコモユーザーなら絶対おすすめのドコモ光!v6プラス対応で全国平均170Mbps超えの高速通信&v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタルのGMOとくとくBB×ドコモ光を要チェック!



v6プラス,光回線,プロバイダ,IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4,transix,IPv6オプション,OCN v6アルファ,IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス


  • v6プラス対応で高速!(HPで全国平均速度公開中/100Mbpsを下回ったらポイントプレゼント)
  • v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル
  • 通常18,000円の工事費が今だけ無料!(9月30日まで限定)
  • dポイント1万円分プレゼント!
  • 限定キャッシュバック
  • セキュリティ無料(1年間)
  • ネット申し込み可能

今月は最大65,040円分もお得なキャンペーン実施中!GMOとくとくBB×ドコモ光の公式サイトはこちら



従来のドコモ光のデメリットを解消したGMOとくとくBB×ドコモ光の解説記事はこちら



GMOとくとくBB×ドコモ光のメリット・デメリットを当サイト管理人が実際に使ってみて検証した結果



GMOとくとくBB×ドコモ光を当サイト管理人が実際に契約した体験談!-開通までの流れを写真つきで解説



速いフレッツ光/光コラボならv6プラス対応回線から選ぶべし!


【おすすめはココ!】v6プラスが利用できる「光回線/プロバイダ」と「料金」一覧


v6プラス,光回線,プロバイダ,IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4,transix,IPv6オプション,OCN v6アルファ,IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス



引越し、出張など申し込んですぐにネットを使い始めたい方におすすめ


【引っ越した日からすぐ使いたい!】申し込み翌日から使えるフレッツ光・光コラボ回線『インターネットお急ぎ便』


v6プラス,光回線,プロバイダ,IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4,transix,IPv6オプション,OCN v6アルファ,IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス


一人暮らしで使うならこの光回線!


一人暮らしにおすすめの光回線の選び方&速くて安い光回線11選!


v6プラス,光回線,プロバイダ,IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4,transix,IPv6オプション,OCN v6アルファ,IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス



難しい設定必要なし!初期設定不要ですぐに使える光回線一覧


難しい設定必要なし!初期設定不要ですぐに使える光回線一覧


v6プラス,光回線,プロバイダ,IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4,transix,IPv6オプション,OCN v6アルファ,IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス



マンションのオーナーから工事の許可がもらえない。工事待ちしたくない。など工事不要で乗り換えられる光回線を探している方へ


【工事なしで開通】工事不要で光回線を乗り換えられるのはどの光回線?どんな場合?【戸建/マンション】


v6プラス,光回線,プロバイダ,IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4,transix,IPv6オプション,OCN v6アルファ,IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス



初期費用を抑えてPC・ネットを始めたい方に!PC+ネット回線セットで月額2980円~の「MediSIM」


【パソコンもネットもなくてOK!】MediSIM(メディシム) by 株式会社メディエイターを徹底解説!【2980円で始められるインターネット】


v6プラス,光回線,プロバイダ,IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4,transix,IPv6オプション,OCN v6アルファ,IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス




関連ページ

IPv6対応で速くなる?「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」って何者?【v6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix/IPv6オプション/OCN v6アルファ】
「v6プラス対応だから速い!」や「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4対応で高速通信!」さらには「transix/IPv6オプション/OCN v6アルファ対応でハイスピード化!」などを謳っている光回線やプロバイダが増えてきましたが、そもそもそれって何?という方が多いと思います。それらのサービスは総称して「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」と呼ばれるものです。「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」とは何なのか、なぜ速くなるのか、などなど徹底調査し、解説していきます!また、結局どれを使えば良いの??と思われる方も多いと思うので、パターンごとのおすすめ回線を紹介しています!
【Wi-Fiルーター】v6プラス対応機器はこちら【HGW(ホームゲートウェイ)】
v6プラスの利用に必要な、v6プラス対応機器(Wi-Fiルーター・ホームゲートウェイ)を紹介します。
v6プラスとpppoeを併用するメリットと方法
v6プラスとPPPoEを併用することで、v6プラスのデメリットである、固定ipを使うサービス、特定ポートを使うPS4ソフトやオンラインゲーム等ができない問題を解消することができます。このページでは、v6プラスとPPPoEを併用するメリットと方法について解説します。
【v6プラス利用に向かない人も!】v6プラス(IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6)のデメリットはこんなところ
IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービスの1つである『v6プラス』は、混雑を避けて高速通信を実現できるサービスですが、デメリットも存在します。PS4ユーザーの方や自宅サーバー運営者の方が、v6プラス申し込み前に知っておきたいv6プラスのデメリット、v6プラス利用に向かない人について解説します。
v6プラスと「IPv6接続オプション」や「フレッツ光 IPv6接続」の違い
v6プラスオプションと、「IPv6接続オプション」や「フレッツ光 IPv6接続」の違いについて解説します。
IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4が利用できる「光回線/プロバイダ」と「料金」一覧
「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4」は、BBIX社が提供しているIPv6およびIPv4の接続サービスです。「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4」が使える光回線、プロバイダを紹介します。
【図解】「フレッツ・v6オプション」と「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス(v6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix/IPv6オプション)」の違い・関係性を解説!
「フレッツ・v6オプション」と「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス(v6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix/IPv6オプション)」は、どちらもIPv6通信を行えるようになるオプションですが、実はそれぞれIPv6通信が行える範囲に違いがあります。このページでは、「フレッツ・v6オプション」と「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス(v6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix/IPv6オプション)」の関係性と違いについて解説します。
OCN v6アルファとは?サービス内容~メリット・デメリットまで徹底解説!【使える光回線は?OCN v6アルファパッケージとの違いは?】
IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービスの1つ、OCN v6アルファとはどんなサービスなのか~メリット・デメリット、どの光回線で使えるのか、OCN v6アルファとOCN v6アルファパッケージの違いまでこのページで徹底解説します。