v6プラス(MAP-E)非対応のオンラインゲームがやりたい!v6プラスのデメリットを解消する方法とサービスを探してみた

v6プラス(MAP-E)非対応のオンラインゲームをプレイする方法とサービスを紹介

 

v6プラス(MAP-E方式のIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6を使ったサービス)のデメリットに、「特定ポートを使うサービス」ができないというものがあります。

 

 

 

特定ポートを使うサービスには、一部のオンラインゲームが含まれるため、オンラインゲーマーの方の中には、

 

 

v6プラスを使いたいけど、オンラインゲームができなくなったら困るのよね~

うん、困る


 

という方もいると思います。

 

 

果たしてv6プラスのオンラインゲーム問題を解決する手段はないのだろうか!?

 

 

と思って探してみたところ、①v6プラスでポート開放できるプロバイダを契約する方法②ルーターを2台使って自分で(v6プラスとPPPoEを併用できる)設定をする方法と、③v6プラスとPPPoEを併用できるプロバイダを契約する方法が見つかりました。

 

いずれも費用はかかってしまいますが、それでも良いという方は試してみてはいかかがでしょうか?

 

 

このページでは、v6プラスのデメリットについてのおさらいと、デメリットのうち「オンラインゲームができない」問題の解決方法について解説していきます。

 

v6プラスを使いたいオンラインゲーマーの方は参考にしてください。

 

 

 

v6プラス(MAP-E)には「一部のオンラインゲームができない」等のデメリットが

 

回線高速化サービスのv6プラス(MAP-E)には、下記のようなデメリットがあります。

 

  • 特定ポートを使うサービス(PS4などのオンラインゲームの一部など)が出来ない
  •  

  • 固定ipが使えない
  •  

  • PPTPを利用するサービス(VPNなど)が使えない
  •  

  • SCTPを利用するサービス(Linux kernel・Solaris・AIXなどのOSの一部など)が使えない
  •  

  • IPv4グローバルアドレスを共有するネットワークでは利用できないサービスが使えない

 

 

 

特に困る方が多いのが、PS4などのオンラインゲームができないというものではないでしょうか。

 

 

できないのは一部のゲームや条件の場合だけ

 

ただ実際は、すべてのオンラインゲームができないわけではありません

 

できないのは、ゲーム側でポートを指定されてしまう場合や、PS4本体をサーバーにしたい場合P2P型のオンラインゲームの場合などです。(他にもあるかもしれません)

 

 

原因はIPアドレスの共有とポート制限

 

こうした、一部のオンラインゲームができない原因となっているのは、v6プラスの下記のような仕組みです

 

  • v6プラスを利用している複数のユーザーで、同じIPv4アドレスを共有して使っている(IPv4アドレスを専有できない)
  •  

  • 同じIPv4アドレスを共有しているユーザー内でポートを分け合って使っている(使いたいポートがあっても選べない)

 

 

WEBサイトや動画を見るなどの使い方なら問題になりませんが、IPv4アドレスの専有やポート開放が必要なオンラインゲーム等はできなくなってしまいます。

 

 

解決方法は3種類

 

こうした、v6プラス(MAP-E)でオンラインゲームができないというデメリットを解決する方法は、(私が把握しているのは)3つです。

 

 

 

先に断っておきますが、オンラインゲームをv6プラスの高速通信でプレイできるようにはなるのは①の方法のみです

 

②と③は、

 

  • 一部のオンラインゲームなどの「v6プラスが使えないサービス」を利用するときはIPv4 PPPoE(従来型の通信なので速いわけではない)
  •  

  • それ以外の場面ではv6プラスの高速通信

 

というように使い分ける方法になります

 

それでも、v6プラス対応のオンラインゲームなら高速でできますし、それ以外の動画視聴やネット閲覧も高速でできますので、これらの方法のメリットは大きいと思います。

 

 

高くても良いからオンラインゲームを高速通信でプレイしたいという方は①、料金は抑えめ&ある程度ネットワークに詳しい方なら②、料金は抑えめ&あまり詳しくない方なら③の方法がオススメです。

 

 

解決方法① v6プラスの高速通信を使いながらポート開放ができるサービスを利用する

 

解決方法①は、プロバイダが提供している「v6プラス環境で(好きな)ポートを開放できるサービス」を利用する方法です。

 

私が調べた限りだと、3つありました。

 

いずれもフレッツ光(か一部の光コラボ)でしか使えないので、他の回線を利用中の方はフレッツ光に乗り換えが必要です。

 

すでにフレッツ光利用中の方はプロバイダを乗り換えれば使えます。

 

 

かもめインターネットのレンタルIPオプション

 

初期費用 2,000円(税別)
料金(プロバイダ+オプション料金)

月額4,191円(税別)

※初月無料

使える回線

フレッツ光(光ネクストまたは光ライト)

光コラボ(回線によって使えない場合もあるので、光コラボで使いたい場合は要確認)

 

 

申し込み方法

 


 

かもめインターネットと同時に申し込み可能 すでにかもめインターネット利用中の方はオプション申請フォームから

 

 

かもめインターネットをこれから申し込む方はこちら

 

かもめインターネット

 

 

 

すでにかもめインターネットを利用中の方はこちら⇒オプション申請フォーム

 

 

Gaming+(ゲーミングプラス)のグローバルIPオプション

 

初期費用 2,000円(税別)
料金(プロバイダ+オプション料金)

月額4,980円(税別)

※初月無料

使える回線

フレッツ光(光ネクストまたは光ライト)

光コラボ(回線によって使えない場合もあるので、光コラボで使いたい場合は要確認)

 

 

申し込み方法

 


 

Gaming+と同時に申し込み可能 すでにGaming+利用中の方はグローバルIPオプション申請フォームから

 

 

Gaming+をこれから申し込む方はこちら

 

ゲーミングプラス

 

 

 

すでにGaming+を利用中の方はこちら⇒グローバルIPオプション申請フォーム

 

 

オープンサーキット(フレッツ光)のv6Direct

 

初期費用 5,400円(税別)
料金(プロバイダ+オプション料金)

月額5,076円(税込)

使える回線

フレッツ光(光ネクストまたは光ライト)

 

 

申し込み方法

 


 

オープンサーキットと同時に申し込み可能 すでにオープンサーキット利用中の方は問い合わせフォームや電話から

 

 

オープンサーキットをこれから申し込む方はこちら

 

 

 

 

解決方法② ルーター2台でv6プラスとIPv4 PPPoEを併用する

 

v6プラス対応ルーターとIPv4 PPPoE接続用のルーターの2台を用意すれば、普段はv6プラスの高速回線オンラインゲームなどv6プラスが使えない場面ではIPv4 PPPoEに切り替えながら利用したり

もしくは、PS4やニンテンドースイッチは常にIPv4 PPPoE接続にして、PCやスマホは常にv6プラス接続にすることもできます

 

 

この方法については、下記のページでまとめて紹介していますので参考にしてください

 

v6プラスとPPPoEを併用するメリットと方法まとめ

 

 

【問題点】確実にできるプロバイダは少ない

 

ルーター2台でv6プラスとPPPoEを併用する方法は、できるプロバイダとできないプロバイダがあります

 

なぜなら、v6プラスを契約後もPPPoE認証用のID・パスワードを継続して使用できるかはプロバイダによって異なるからです。

 

 

しかも、その点について各プロバイダが公表していたりいなかったり、動作保証をしているところもあればしていないところもあって、確実にできる(動作保証されている)プロバイダは多くありません。

 

たとえばドコモ光の場合、26社(内1社は新規受付終了済み)あるプロバイダのうち、「理論上できる」のが2社のみだそうです。(動作保証なし)

 

※こちらのページが詳しいです→ドコモ光 【IPv4 over IPv6】通信と【PPPoE】が併用できるプロバイダ

 

 

プロバイダを2つ契約すればできるけど高い

 

先述した、v6プラス契約後にPPPoE認証用のID・パスワードを継続して使用できないプロバイダの場合でも、

v6プラス用のプロバイダと、PPPoE接続用のプロバイダの2つを契約すれば、v6プラスとIPv4 PPPoEを併用して使うことができます。

 

ただし、それができるのはフレッツ光か光コラボの場合です。(独自回線系ではできないようです)

 

 

フレッツ光・光コラボの場合だと、「マルチセッション機能」というものがあり、追加料金を支払うことで複数のプロバイダを同時接続することができます。

 

同時接続できる数は、最大で5つまでですが、回線によっては2つまでのところもあるようです。

 

2つのプロバイダは、別々のプロバイダでも良いですし、同じプロバイダを2契約してもOKです。

 

 

ただし、料金的には、マルチセッションの追加料金とプロバイダ(2契約)の料金がかかるので、通常よりだいぶ高くなってしまうのが難点です。

 

 

 

 

解決方法③ v6プラスとIPv4 PPPoEを併用できるプロバイダオプションを利用する

 

解決方法②は、プロバイダが提供している「v6プラスとIPv4 PPPoEを併用できるオプション」を利用する方法です。

 

こちらは、私が調べた限りだと、DMM光のオプションにありました。

 

今後、他のサービスも見つけたら追加していきます。

 

 

DMM光のプロバイダハイブリッドオプション

 

初期費用 無料
料金

月額500円(税別)

※2ヶ月間無料

使える回線 DMM光

 

 

申し込み方法

 


 

DMM光を契約後、コンサルティング(折り返しで来る電話)時に申し込むか、サービスセンターに電話して申し込む。

 

 

DMM光をこれから申し込むなら工事費無料+キャッシュバック特典つきの公式サイトがお得です

 

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング・にほんブログ村へ



ページの先頭へ戻る