【安く使いたいけどデータ量は減らしたくない!】それでも携帯代、ネット代を必ず安くする方法

【安く使いたいけどデータ量は減らしたくない!】それでも携帯代、ネット代を必ず安くする方法

携帯代,安くする方法,インターネット回線,ドコモ,au,ソフトバンク

 

 

光回線を選ぶ際に大事なのは、「回線速度」「安さ」ですよね


安い光回線を探すなら、基本料金の安さ、そして利用中の携帯電話とのセット割引の有無を調べることで見つけられます!


環境にもよるし、実際に契約してみないと分からないと思われがちな「回線速度」も、速い光回線の条件がちゃんとあります!



これから光回線を選ぶ方、今の回線に不満があって変えたい方、あなたにおすすめの光回線を教えます

【2017年最新版】実測速度が速く、あなたが一番安く使えるおすすめ光回線の選び方



携帯代,安くする方法,インターネット回線,ドコモ,au,ソフトバンク


 

 

目次

 

1. 携帯とネットの「セット割プラン」の活用が毎月の料金を安くするカギ!

 

2. ドコモ携帯とドコモ光のセットプラン 「ドコモ光パック」で毎月の携帯代・ネット代を安くする方法

 

 2-1. ドコモ携帯プランの見直しと、フレッツ光→ドコモ光に変更でいくら安くなるかの例

 

3. au携帯とauひかりなどのセットプラン「auスマートバリュー」もしくは「So-net光コラボレーション × auセット割」で毎月の携帯代・ネット代を安くする方法

 

 3-1. 「auスマートバリュー」と「So-net光コラボレーション × auセット割」のどちらの方が得か

 

  3-1-1. auひかりとSo-net光コラボの月額料金を比較

 

  3-1-2. 「auスマートバリュー」と「So-net光コラボレーション × auセット割」の割引額を比較

 

  3-1-3. auひかりとSo-net光コラボのキャッシュバック金額を比較

 

  3-1-4. 「auスマートバリュー」と「So-net光コラボレーション × auセット割」のどちらの方が得か 結論

 

4. ソフトバンク携帯とSoftBank光/NURO光/SoftBank Airなどのセットプラン 「おうち割光セット」で毎月の携帯代・ネット代を安くする方法

 

 4-1. 「おうち割光セット」を適用したらいくら安くなるかの例

 

 4-2. 関東・関西・東海地方(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、群馬、栃木、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、愛知、静岡、岐阜、三重)のソフトバンクユーザーにはNURO光がオススメ

 

 4-3. 関東・関西・東海地方(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、群馬、栃木、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、愛知、静岡、岐阜、三重)以外のソフトバンクユーザーにはソフトバンク光がオススメ

 

 4-4. 転勤や出張などで「短期間で転居することが決まっているけれど、ネット回線を契約したい」ソフトバンクユーザーにはソフトバンクAirがオススメ

 

携帯とネットの「セット割プラン」の活用が毎月の料金を安くするカギ!

 

インターネット回線や携帯電話は、現在では多くの人が使っていますよね。

 

インターネットは光回線、携帯電話はスマートフォンが主流で、昔のガラケーやADSLに比べると毎月かかる料金がかなり高くなってしまっています。

 

さらに、子供がガラケーやスマホを持ち始めるのも早くなる傾向があり、子供の携帯代も大人と同じか、それ以上にかかってしまうことも!

 

 

多くの家庭では、出費を抑えたいと考えていると思いますが、かと言って携帯を持たないとか、スマホからガラケーに出来る人も少ないと思います。

 

最近流行りの「格安SIM(MVNO)」にするという選択肢もありますが、「格安SIM(MVNO)」にした場合もなるべくWi-Fi環境で使わないといけなかったり、家族間の通話無料が使えなかったりと言ったデメリットもあり、

 

データ通信や通話を好きなだけ使いたいという方には、やはりキャリア携帯(ドコモ、au、ソフトバンクなど)の方が向いているように思います。

 

特に学生の場合は、スマホでyoutubeなどの動画を見たりする人が多いですから、「格安SIM(MVNO)」の低容量プランではすぐに制限がかかってしまってストレスでしょう(^_^.)

 

 

そこでオススメしたいのは、「キャリア携帯(ドコモ、au、ソフトバンクのスマホなど)」と「ネット回線」のセット割を利用する方法です!

 

CMもかなり流れていますし、知っている方も多いと思いますが、ドコモ・au・ソフトバンクは、それぞれインターネット回線サービスを提供しています

 

各キャリアのインターネット回線

 

  • ドコモ⇒ドコモ光
  •  

  • au⇒auひかり
  •  

  • ソフトバンク⇒ソフトバンク光(softbank光)/Softbank Air(ソフトバンクエアー)

 

そして、それぞれのキャリアが「携帯(スマホやタブレット、ガラケーなど)」と「ネット回線」のセット割引プランを作り、2015年ごろからはかなり力を入れて販促しています

 

背景には、

 

  • スマホが普及しきって新規顧客獲得が難しくなったこと
  •  

  • 携帯業界の値引き競争に、総務省から注意があり、キャリア間の顧客の奪い合いに歯止めがかかったこと
  •  

  • NTTが独占していたフレッツ光回線が他社に卸せるようになり、「光コラボレーションモデル(光コラボ)」が開始されたこと
  •  

  • 3大キャリアがほぼ独占していた携帯電話市場に、「格安SIM」の登場などでライバルが増えたこと

 

などがあり、各キャリアが「他キャリアからのMNP(乗り換え)ユーザーの獲得」重視の施策から、「既存ユーザーの囲い込み」重視の施策に目を向け始めたというのが、最近の携帯電話業界の流れです。

 

 

この「携帯(スマホやタブレット、ガラケーなど)」と「ネット回線」のセット割引は、最近のキャリアが最も力を入れている施策だけあって、かなりお得な内容になっています。

 

具体的には、携帯1台につき月額料金が約1500円(最大で約2000円)安くなります。

 

もしも家族で携帯を4台使っている場合は、毎月、約6000円も安くなりますので、インターネット回線の月額料金分が無料、もしくはインターネット回線によっては月額5000円以下で使えますので、ネット回線の料金以上の割引が受けられます!

 

毎月6000円の割引なら、年間で72000円も安くできます。

 

 

家族全員が格安SIMに変えて、なるべくWi-Fi環境でだけ携帯電話のネットを使う

 

などすれば、それでもかなり月額料金を抑えることはできますが、データ利用量を減らすために我慢し続けるよりも、

 

これまで通りにスマホのデータ通信を使いながら月額料金が下がった方が、ストレスも少なく、家族もHappyです!

 

 

各キャリアが提供している「携帯(スマホやタブレット、ガラケーなど)」と「ネット回線」のセット割引プランには、下記の3種類があります。

 

ドコモ、au、ソフトバンクの「セット割プラン」

 

  • ドコモ⇒ドコモ光パック(ドコモ携帯+ドコモ光)
  •  

  • au⇒auスマートバリュー(au携帯+auひかり/コミュファ光/eo光など)
  •  

  • ソフトバンク⇒おうち割光セット(ソフトバンク携帯+SoftBank光/NURO光/SoftBank Airなど)

 

 

ここからは、上記の3種類の「セット割プラン」を使って毎月の携帯代とネット代を安くする方法を解説していきます!

 

ドコモ携帯とドコモ光のセットプラン 「ドコモ光パック」で毎月の携帯代・ネット代を安くする方法

 

ドコモ携帯を使っている方は、ドコモ光と携帯のセット割「ドコモ光パック」を利用することで、毎月の料金を安くすることができます!

 

ドコモ光パックについての詳しい解説はこちらの記事をご覧ください

 

【ドコモ携帯とドコモ光のセット割引】「ドコモ光パック」の解説

 

 

「ドコモ光パック」の割引は、

 

ドコモ携帯側で、家族でデータ(パケット)をシェアする「ウルトラシェアパック」「シェアパック」というプランに加入しているユーザーの割引が大きく、逆に、家族の中でドコモユーザーが1人という場合の割引は(auやドコモの割引プランに比べると)小さいというのが特徴です。

 

ドコモ携帯のプラン自体が、家族でデータ(パケット)をシェアするプランをすすめている傾向が強いので、「ドコモ光パック」の割引額も、シェアパック加入者を優遇しているようです。

 

具体的な割引額(戸建)は下表のとおりです。
※マンションプランの割引額はこちらに記載しています→【ドコモ携帯とドコモ光のセット割引】「ドコモ光パック」の解説

 

戸建の場合

 


ドコモ携帯で加入しているパケットパック パケットパックの月額料金 ドコモ光パックによる割引額(携帯1台ごとの割引額)
ウルトラデータLLパック[30GB] 8000円 -1100円
ウルトラデータLパック[20GB] 6000円 -900円
データMパック[標準・5GB] 5000円 -800円
データSパック[小容量・2GB] 3500円 -500円(1年間のみ)
らくらくパック[200MB] 2000円 ー500円(1年間のみ)
ケータイパック[2GB] 300円~4200円 ー500円(1年間のみ)
ウルトラシェアパック100[100GB] 25000円 -3200円
ウルトラシェアパック50[50GB] 16000円 -2500円
シェアパック15[標準・15GB] 12500円 -1800円
シェアパック10[小容量・10GB] 9500円 -1200円
シェアパック5[小容量・5GB] 6500円 -800円

 

ドコモ携帯を利用している家族が2人以上いれば、データ定額プランを「シェアパック」に、ネット回線を「ドコモ光」にして、「ドコモ光パック」を適用することで、毎月の携帯代およびネット代を安くすることができます。

 

特に、現在フレッツ光を利用している方は工事も解約金(違約金)も不要でドコモ光に乗り換え(「転用」)することができますし、フレッツ光を使い続けるより確実に安くなりますのでお得です。
詳しくは⇒【ドコモ携帯とドコモ光のセット割引】「ドコモ光パック」の解説

 

ドコモ携帯プランの見直しと、フレッツ光→ドコモ光に変更でいくら安くなるかの例

 

一例として、『ドコモ携帯のプラン見直し』と『ネット回線をフレッツ光からドコモ光に変更(転用)』した場合にいくら安くなるかを解説します。

 

現在の状況

 

家族3人がドコモ携帯(それぞれがデータMパックに加入)を使っていて、自宅のネット回線がフレッツ光(プロバイダがOCN)

 

変更する点

 

ドコモ携帯のプランをシェアパック15GBに変更

 

ネット回線をドコモ光(プロバイダがGMOとくとくBB)に変更

 

比較結果

  変更前 変更後
データ(パケット)定額プラン ■データMパック(5GB)×3人5000円/月×3=15000円/月 ■シェアパック15(15GBを3人でシェア)12500円/月(家族の代表回線)+(500円/月(家族の子回線)×2)=13500円
自宅のネット回線 ■フレッツ光(プロバイダ:OCN)5200円/月(フレッツ光の通常料金)+1100円/月(OCNのプロバイダ代)=6300円/月 ■ドコモ光(プロバイダ:GMOとくとくBB)5200円/月(プロバイダ料金込み)
合計金額 21300円/月 18700円/月

 

月額で2600円、年間で31200円安くなります。

 

ちなみに、ドコモ光のプロバイダは複数の中から選べますが、現在のところは「GMOとくとくBB」がおすすめです。

 

理由は、【IPv6 IPoE方式】の接続を使用しているため実測速度が速いことや、通常はドコモショップに行かないと契約できない「ドコモ光」をネット申し込みできる唯一のプロバイダであること、通常は有料の無線LAN(Wi-Fi)ルーターを無料貸し出ししていることなどがあります。

 

詳しくはこちらの記事で解説しています⇒GMOとくとくBBのドコモ光が解消した、ドコモ光の2つのデメリット【遅い、店舗申込みが手間】

 

 

家族の中で2人以上ドコモ携帯のユーザーがいる、もしくはこれからドコモ携帯にMNP(乗り換え)する予定がある場合はドコモ光+ドコモ光パックを使うことで、毎月の料金を安くすることが可能ですので、検討することをおすすめします。

 

 

>>ドコモ光を申し込む<<

 

au携帯とauひかりなどのセットプラン「auスマートバリュー」もしくは「So-net光コラボレーション × auセット割」で毎月の携帯代・ネット代を安くする方法

 

au携帯とネット回線のセット割引プランは、実は下記の2つがあります。

  1. auスマートバリュー
  2.  

  3. So-net光コラボレーション × auセット割

 

1の「auスマートバリュー」はCMなどもやっているので知っている方も多いと思います。

 

2の「So-net光コラボレーション × auセット割」はあまり知られていませんが、光コラボ回線の1つ「So-net光コラボ」とau携帯のセット割引プランです。
(「So-net光コラボレーション × auセット割」については、こちらの記事でも解説しています⇒So-net光コラボ(ソネット光コラボ)「新設」「転用」キャンペーン比較)

 

どちらのプランも、au携帯のユーザーであれば契約中ずっと割引が続くプランです。

 

まずは「auスマートバリュー」と「So-net光コラボレーション × auセット割」の詳細を解説し、その後にどちらの「セット割引プラン」の方がお得かを解説していきます!

 

「auスマートバリュー」と「So-net光コラボレーション × auセット割」のどちらの方が得か

 

どちらのプランの方が得になるかは、現在契約中の光回線や、家族が利用しているau携帯の台数などによって変わります。

 

auひかりとSo-net光コラボの月額料金を比較

 

「auスマートバリュー」と「So-net光コラボレーション × auセット割」のどちらが得かを判断するために前提となる、

 

「auひかり」と「So-net光コラボ」の月額料金は下記のとおりです。
※例として、戸建(新設)の場合の料金です。

  月額料金
auひかり

auひかり + auひかり電話で
5600円/月
(「auスマートバリュー」適用のためにauひかり電話も必須)

So-net光コラボ

5200円/月
(電話も使う場合は5700円 ※ただしauセット割の条件には電話は入っていないため、必要なければ契約しなくてOK)

 

固定電話が必要ない方なら、「So-net光コラボ」の方が安いです。

 

「auスマートバリュー」と「So-net光コラボレーション × auセット割」の割引額を比較

 

次に、「auスマートバリュー」と「So-net光コラボレーション × auセット割」の割引額を比べてみます。

 

どちらのプランの場合も、au携帯で加入しているデータプランによって割引額が変わりますが、

 

今回は、加入しているユーザーが多い「データ定額5(5GB)」か「データ定額20(20GB)」の場合(どちらのデータプランでも割引額は同じ)で計算してみます。

 

  最初の2年間 2年以降
auスマートバリュー

ー1410円 × au携帯の台数
(家族が使っているau携帯の台数が増えれば割引も増える)

ー980円 × au携帯の台数
(家族が使っているau携帯の台数が増えれば割引も増える)

So-net光コラボレーション × auセット割

ー1200円
(au携帯の台数が増えても割引は増えない)

ー1200円
(au携帯の台数が増えても割引は増えない)

 

家族で利用しているau携帯が2台以上ある場合は、「auスマートバリュー」の方が割引額が高くなります。

 

1台だけの場合は、携帯は「au」、ネット回線は「So-net光コラボ」の組み合わせで2年以上長期的に利用するのであれば「So-net光コラボレーション×auセット割」の方が、合計の割引額が高くなります。

 

auひかりとSo-net光コラボのキャッシュバック金額を比較

 

それぞれ、扱っている代理店が多数あり、サイト上に載せているキャッシュバック金額にもばらつきがありますが、

 

かなり高額なキャッシュバック金額を謳っておきながら厳しい条件(友人3人以上を紹介など)をクリアしないと掲載されているキャッシュバック金額がもらえない代理店も多くあります。

 

そういった代理店は除いて、条件なしで一番高いキャッシュバックをもらえる申込み先で比較します。

 

キャッシュバック条件なしで還元額が最も高い申込み先

 


auひかり⇒【So-net 光 (auひかり)】

 

So-net光コラボ⇒【So-net 光 コラボ】

 

  キャッシュバック額(新設の場合)
auひかり

45000円
【So-net 光 (auひかり)】

So-net光コラボ

24000円
【So-net 光 コラボ】

 

キャッシュバック額で比べると、auひかりの方が20000円以上高いです。

 

「auスマートバリュー」と「So-net光コラボレーション × auセット割」のどちらの方が得か 結論

 

ここまで、「月額料金」、「割引額」、「キャッシュバック額」でそれぞれのキャンペーンプランのどちらがお得かを検証してきました。

 

結論としては、

 

So-net光コラボを契約して、「So-net光コラボレーション × auセット割」を適用した方がお得になるのは、下記の場合のみです。

 

  • 家族で利用しているau携帯が1台だけで、かつ36ヶ月以上利用する場合

 

これ以外の場合は、auひかりを契約して、「auスマートバリュー」を適用した方がお得になります。

 

>>auひかりを申し込む<<

 

 

>>So-net光コラボを申し込む<<

 

 

ソフトバンク携帯とSoftBank光/NURO光/SoftBank Airなどのセットプラン 「おうち割光セット」で毎月の携帯代・ネット代を安くする方法

 

ソフトバンク携帯とネット回線のセット割引プランは「おうち割光セット」です。

 

「おうち割光セット」はテレビCMも流れているため、知名度は高いと思いますが、

 

CMでは「ソフトバンク光とソフトバンク携帯のセット割引」として宣伝されているため、ソフトバンク光を使わないと適用できないと思っている方が多いようです。

 

実際は、ソフトバンク光だけでなく「NURO光」や「SoftBank Air」と携帯のセットでも適用することができます。

 

 

「おうち割光セット」にについて詳しくは、こちらの記事で解説しています⇒ソフトバンクユーザーなら知らなきゃ損!「おうち割光セット」とは?

 

 

3つのネット回線のうち、どれを選ぶべきかというと、特別な事情がない限りは下記の順番で良いでしょう。

 

  1. NURO光
  2.  

  3. ソフトバンク光
  4.  

  5. SoftBank Air

 

NURO光は、提供対象エリアが関東・関西・東海地方(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、群馬、栃木、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、愛知、静岡、岐阜、三重)のみなのがネックですが、

 

  • 速度が世界最速(下り最大2Gbps)
  •  

  • 料金面でも、プロバイダ料・セキュリティソフト代・無線LAN(Wi-Fi)機器代 すべて込みで月額4743円と光回線の中で最安級

 

という非の打ちどころのない光回線です!

 

もちろん評判も良いです。(NURO光の評判まとめ⇒NURO光の評判)

 

提供エリア内に住んでいる方であれば、NURO光を選んでおけば間違いないです。

 

※東海・関西エリアは2018年1月から開通工事ができるようになり、現在は事前受付中です!(当サイトで紹介しているNURO光公式サイト・代理店のどこからでも事前受付に申し込みできます)

 

 

NURO光のエリア外の方には、ソフトバンク光をおすすめします。

 

ソフトバンク光は光コラボ回線のため、バックボーンとなる回線はフレッツ光と同じものを使っています。

 

そのため、最大速度等の条件はフレッツ光と同じですが、

 

月額料金はフレッツ光よりも安く、さらにフレッツ光からの転用(フレッツ光から光コラボ回線への乗り換えを「転用」といいます)は工事不要のため余計な手間や時間、費用をかけずに安くできるというメリットがあります。

 

もう1つ大きなメリットとして、フレッツ光から光コラボに「転用」する場合は、契約更新期間以外であっても解約金(違約金)がかからないという点があります。フレッツ光から他の回線に乗り換えたいけど、まだ契約期間が残っているという場合でも、解約金がかからないのは嬉しいところです

 

「転用」について詳しくは⇒フレッツ光から光コラボへの「転用」と「新設」の違いや方法について解説

 

 

さらに、ソフトバンク光は「BBユニット」という装置を使うことで、『実測速度』の面ではフレッツ光より速くなることが多いです。

 

ソフトバンク光の評判や、フレッツ光よりも速く使える秘密はこちらで解説しています⇒ソフトバンク光が「遅い」人と「速い」人の違いはこれだった!光BBユニット利用でソフトバンク光が速くなる理由

 

 

最後に「SoftBank Air」ですが、こちらは「工事不要」で、本体をコンセントに差すだけですぐに使えるというのがメリットの、新しいタイプのネット回線です。

 

WiMAXなどのモバイルWi-Fiに近いのですが、モバイルWi-Fiや固定回線の、下記のようなデメリットを克服したネット回線です。

 

  • モバイルWi-Fiのデメリットである「月間7GBや3日間で3GBのデータ容量制限」がなく、使い放題
  •  

  • 固定回線のデメリットである、「転居の際に工事をし直す必要がある(工事費がかかる)」もしくは「解約する必要がある(解約金がかかる)」という点を克服⇒転居の際にも、「工事不要」「解約不要」

 

 

ただし、下記の点のように、モバイルWi-Fiや固定回線の「メリット」も薄めてしまったところがあります。

 

  • モバイルWi-Fiのメリットである「自宅以外への持ち運び」ができない(自宅の中でしか使えない)
  •  

  • 固定回線のメリットである「通信速度」が遅い(下り最大350Mbps)

 

 

なので、転勤や出張などで「短期間で転居することが決まっているけれど、ネット回線を契約したい」というような場合にはSoftBank Airをおすすめしますが、それ以外の場合には「NURO光」や「ソフトバンク光」などの光回線を選ぶ方が良いと考えています。

 

短期間で転居する予定がある方におすすめのネット回線を紹介しています⇒【出張】短期間で引っ越しても「工事」や「解約」が不要なネット回線を解説【すぐ転居予定】

 

 

「おうち割光セット」の具体的な割引額は下表のとおりです。

 

ソフトバンク携帯で加入している料金プラン 月額割引(最初の2年間) 月額割引(3年目以降)

スマ放題
スマ放題ライト
  +
データ定額 30GB

2000円 1008円

スマ放題
スマ放題ライト
  +
データ定額 20GB

1522円 1008円

スマ放題
スマ放題ライト
  +
データ定額 5GB

1522円 1008円

スマ放題
 +
データ定額ミニ 1GB/2GB

※データ定額ミニ1GBはスマ放題ライトでも加入可能

500円 500円

スマ放題
 +
データ定額(3Gケータイ)

500円 500円

ホワイトプラン
 +
下記のパケット定額サービスのいずれか

■対象パケットサービス

iPhone:パケットし放題フラット、パケットし放題フラット for 4G

LTEスマートフォン:パケットし放題フラット for スマートフォン、パケットし放題MAX for スマートフォン、パケットし放題フラット for 4G

シンプルスマホ:パケットし放題フラット for シンプル

500円

おうち割 光セット増額キャンペーン(ホワイトプラン)が適用されるため

 


1522円にアップ

500円

おうち割 光セット増額キャンペーン(ホワイトプラン)が適用されるため

 


1008円にアップ

上記以外の料金プラン
 +
下記のパケット定額サービスのいずれか

■対象パケットサービス

iPhone:パケットし放題フラット、パケットし放題フラット for 4G LTE

スマートフォン:パケットし放題フラット for スマートフォン、パケットし放題MAX for スマートフォン、パケットし放題フラット for 4G

シンプルスマホ:パケットし放題フラット for シンプル

最大500円 最大500円
( iPad 専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE 500円 500円
(タブレット専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G 500円 500円

(Wi-Fiルーター専用)
4G/LTEデータし放題フラット、4Gデータし放題フラット+

1522円 1008円

 

「おうち割光セット」を適用したらいくら安くなるかの例

 

家族の中でソフトバンク携帯の契約者が4人の場合

 


  ソフトバンク光 ソフトバンク光ファミリー・ライト NURO光
基本料金

戸建:5200円
マンション:3800円

戸建専用:3900円~5600円(従量制)

戸建:4743円
マンション:1900円~2500円(同じマンション内の加入人数により変動)

加入必須オプション 500円(必須オプションのセット) 500円(必須オプションのセット) 500円(NUROひかり電話)
「おうち割光セット」の割引

■ソフトバンク携帯で標準プラン(【スマ放題 orスマ放題ライト】+【データ定額20GB or 5GB】)に加入の場合

 

ー1522円×4人
=ー6088円

■ソフトバンク携帯で標準プラン(【スマ放題 orスマ放題ライト】+【データ定額20GB or 5GB】)に加入の場合

 

ー1522円×4人
=ー6088円

■ソフトバンク携帯で標準プラン(【スマ放題 orスマ放題ライト】+【データ定額20GB or 5GB】)に加入の場合

 

ー1522円×4人
=ー6088円

合計

戸建   :ー388円
マンション:ー1778円

戸建専用:ー1688円 ~ 12円

戸建   :ー845円
マンション:ー3688円 ~ ー3088円

 

もし、家族の中に4人ソフトバンク携帯のユーザーがいたら、ネット回線の月額料金以上の割引を受けられます。(割引額はソフトバンク携帯で加入しているプランによって異なります)

 

さらに詳しい料金はこちらの記事で解説しています⇒ソフトバンクユーザーなら知らなきゃ損!「おうち割光セット」とは?

 

 

 

関東・関西・東海地方(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、群馬、栃木、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、愛知、静岡、岐阜、三重)のソフトバンクユーザーにはNURO光がオススメ

 

 

関東・関西・東海のソフトバンクユーザーならNURO光!Wi-Fiルーター・セキュリティソフト・プロバイダ込みで月額4743円な上に、おうち割でさらに割引!速度は他回線の2倍速い!

 

 

現在、関西・東海エリア(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、愛知、静岡、岐阜、三重)は事前受付中で、事前受付にエントリーした方から順に2018年1月以降に開通工事が受けられます。

 

当サイトで紹介しているNURO光公式サイト・代理店のどこでも、事前受付が可能になっていますので、一番お得な申し込み先から事前受付を行いましょう!

 

基本は受付順に開通工事となりますので、早く使い始めたい方は、なるべく早めに申し込んでおくことをオススメします!

 

 

※関東エリアの方は申し込み後、日程が合えばすぐに開通工事を受けられます!

 

 

 

おすすめの【NURO光】申込み先を確認する

おすすめのNURO光申し込み先は、キャッシュバックが欲しいかPS4が欲しいか、NURO光でんわも必要か否かで変わってきますので、こちらの記事をご覧ください。

 

>>絶対に損しない!おすすめのNURO光キャンペーン<<

 

 

関東・関西・東海地方(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、群馬、栃木、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、愛知、静岡、岐阜、三重)以外のソフトバンクユーザーにはソフトバンク光がオススメ

 

 

ソフトバンク光

 

 

関東・関西・東海以外のソフトバンクユーザーならソフトバンク光!2015年度/2016年度の顧客満足度1位!IPv6 IPoE対応の高速回線&おうち割で割引!

 

 

 

おすすめの【ソフトバンク光】申込み先

>>ソフトバンク光に申し込む<<

 

 

転勤や出張などで「短期間で転居することが決まっているけれど、ネット回線を契約したい」ソフトバンクユーザーにはソフトバンクAirがオススメ

 

>>データ容量なし!【SoftBank Air】<<


2017年最新版!おすすめの光回線の選び方


光回線選びに迷ってる方に絶対見て欲しい!外れない光回線の選び方はこちら


携帯代,安くする方法,インターネット回線,ドコモ,au,ソフトバンク



1分で判定!あなたにぴったりのネット回線診断


手っ取り早く知りたい方はこちら!数クリックだけであなたが『一番安く』使える『高速回線』を診断!


携帯代,安くする方法,インターネット回線,ドコモ,au,ソフトバンク



ドコモユーザーなら絶対おすすめのドコモ光!v6プラス対応で全国平均280Mbps超えの高速通信&v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタルのGMOとくとくBB×ドコモ光を要チェック!



携帯代,安くする方法,インターネット回線,ドコモ,au,ソフトバンク


  • v6プラス対応で高速!(HPで全国平均速度公開中/100Mbpsを下回ったらポイントプレゼント)
  • v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル
  • dポイント最大2万円分プレゼント!
  • 関西・東海・中国・四国・九州・沖縄の方はさらにdポイント1万円分増額!
  • 限定キャッシュバック
  • セキュリティ無料(1年間)
  • ネット申し込み可能

今月は最大63,900円分もお得なキャンペーン実施中!GMOとくとくBB×ドコモ光の公式サイトはこちら



従来のドコモ光のデメリットを解消したGMOとくとくBB×ドコモ光の解説記事はこちら



速いフレッツ光/光コラボならv6プラス対応回線から選ぶべし!


【おすすめはココ!】v6プラスが利用できる「光回線/プロバイダ」と「料金」一覧


携帯代,安くする方法,インターネット回線,ドコモ,au,ソフトバンク



引越し、出張など申し込んですぐにネットを使い始めたい方におすすめ


【引っ越した日からすぐ使いたい!】申し込み翌日から使えるフレッツ光・光コラボ回線『インターネットお急ぎ便』


携帯代,安くする方法,インターネット回線,ドコモ,au,ソフトバンク


一人暮らしで使うならこの光回線!


一人暮らしにおすすめの光回線の選び方&速くて安い光回線11選!


携帯代,安くする方法,インターネット回線,ドコモ,au,ソフトバンク



初期費用を抑えてPC・ネットを始めたい方に!PC+ネット回線セットで月額2980円~の「MediSIM」


【パソコンもネットもなくてOK!】MediSIM(メディシム) by 株式会社メディエイターを徹底解説!【2980円で始められるインターネット】


携帯代,安くする方法,インターネット回線,ドコモ,au,ソフトバンク







このエントリーをはてなブックマークに追加