ドコモ光とソフトバンク光を比較した結果【料金は?速度は?】

ドコモ光とソフトバンク光を比較した結果【料金は?速度は?】

ドコモ光,ソフトバンク光,比較,料金,速度,お得

 

ドコモ光検討中の方必見!

今話題の速すぎるドコモ光=「GMOとくとくBB×ドコモ光」


なんと全国平均 下り:304Mbps 上り:203Mbps!!


v6プラス対応&v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタルで、有線も無線(Wi-Fi)も高速通信を実現!


万が一100Mbpsを下回ったらポイントプレゼントという、絶大な自信で提供されています。



さらにdポイントプレゼント・キャッシュバックなど特典つき!



遅いと言われていたドコモ光を変えた、速すぎるドコモ光「GMOとくとくBB×ドコモ光」の秘密はこちらで解説しています

GMOとくとくBBのドコモ光が解消した、ドコモ光の2つのデメリット【遅い、店舗申込みが手間】

 

 

携帯キャリアとして有名な「NTTドコモ」と「ソフトバンク」が、光コラボレーションモデルを利用して提供・運営している光回線サービスが、

「ドコモ光」と「ソフトバンク光」です。

 

これから光回線の乗り換え、または新規契約を考えている方の中には、ドコモ光とソフトバンク光のどちらが良いか悩んでいる方もいると思います。

 

 

そこで今回は、ドコモ光とソフトバンク光を比較して、「どちらの光回線がどんな方に向いているのか」について解説していきます!

 

 

ドコモ光とソフトバンク光の比較① 回線はどちらも光コラボ

 

ドコモ光もソフトバンク光も、回線のタイプはNTTが提供しているフレッツ光の回線を利用した「光コラボ」です。

 

なので、通信速度は基本的にフレッツ光と同程度で大きな違いはなく、安定性が高いです。

 

 

ただ、フレッツ光や光コラボにはデメリットもあります。

 

それは、フレッツ光と光コラボは加入者数が多く、回線を共有するユーザーの数も多いため、混雑によって回線速度の低下をまねきやすい点です。

 

 

ですが、ドコモ光とソフトバンク光は、IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続というサービスを使うことで、混雑を回避し、回線速度の速さも実現できています。

 

IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続サービスというのは、簡単にいうと、フレッツ光や光コラボの回線速度が遅くなる原因となっている「網終端装置へのアクセス集中による混雑」を回避できる仕組みです。

 

混雑する箇所を迂回してインターネットに接続することができるため、他の光回線が混雑して遅くなってしまう時間帯でも、速い速度でインターネット接続できます。

 

 

IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続サービスには、いくつかの種類があり、ドコモ光で利用できるのが「v6プラス」、ソフトバンク光で利用できるのが「IPv6 IPoE + IPv4 ハイブリッド・サービス」という名前のサービスになっています。

 

サービス名や、サービスを運営している事業者は異なりますが、基本的に中身は同じと考えて良いです。

 

 

ただ、ドコモ光の場合は、全部で26社から好きなプロバイダを選べるのですが、「v6プラス」に対応しているのはごくごく一部のプロバイダだけです。

 

その中でおすすめのドコモ光プロバイダは「GMOとくとくBB」です。

 

「GMOとくとくBB」はv6プラス利用が無料な上に、v6プラス対応のWi-Fiルーターのレンタルも無料、そして回線速度が100Mbpsを下回ったらポイントプレゼント、全国の利用者の平均速度を公開しているなど、速度にかなりの自信を持っているプロバイダです(全国平均速度を見ると、実際速いです)。

 

 

GMOとくとくBBのドコモ光についてはこちらで詳しく解説しています

 

GMOとくとくBBのドコモ光が解消した、ドコモ光の2つのデメリット【遅い、店舗申込みが手間】

 

 

IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続サービス(「v6プラス」や「IPv6 IPoE + IPv4 ハイブリッド・サービス」)についてはこちらで詳しく解説しています

 

IPv6対応で速くなる?「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」って何者?【v6プラス/IPv6 IPoE + IPv4 ハイブリッド・サービス/transix】

 

 

また、ソフトバンク光で「IPv6 IPoE + IPv4 ハイブリッド・サービス」を利用するには、「光BBユニット」のレンタルが必要です。

 

光BBユニットとは、ルーター機能・無線LAN(Wi-Fi)機能・BBフォン(IP電話)接続機能が1台に搭載された機器です。

 

光BBユニットを使うことで、「IPv6 IPoE + IPv4 ハイブリッド・サービス」が使えるようになります。

 

ただ、光BBユニットのレンタルには月額467円のレンタル料金がかかります。

 

 

ドコモ光の場合はv6プラス利用、v6プラス対応のWi-Fiルーターレンタルも無料なので、この点ではソフトバンク光の方が高くなります。

 

 

 

 

ドコモ光とソフトバンク光の比較② 回線事業者の違い

 

ドコモ光の回線事業者はNTTドコモです。

 

一方、ソフトバンク光の回線事業者はソフトバンクBBです。

 

 

ドコモ光とソフトバンク光の比較③ プロバイダの違い

 

ドコモ光と提携しているプロバイダは大手の「OCN」や「BIGLOBE」などを始めとして26社あります。

 

そのため、フレッツ光などからドコモ光へ変更しても、そのままのプロバイダを引き継げる場合が多いです。

 

ただし、回線速度のところでも書きましたが、「v6プラス」が使えるプロバイダは限られていて、中でも一番お得に使えるのは「GMOとくとくBB」です。

 

 

一方、ソフトバンク光はYahoo!BB1社のみとなっているため、ソフトバンク光へ切り替える際には大抵プロバイダの変更も求められるという違いがあります。

 

 

ドコモ光とソフトバンク光の比較④ 料金の違い

 

ドコモ光の月額料金は、戸建てタイプが5,200円、マンションタイプが4,000円となっています。

 

 

これと比較して、ソフトバンク光では戸建てタイプが5,200円でドコモ光と違いがないものの、マンションタイプが月額3,800円で、わずかながらドコモ光よりもお得な料金になっています。

 

 

ドコモ光とソフトバンク光の比較⑤ 携帯電話とのセット割引プランの違い

 

ドコモ光の利用者がドコモの携帯電話を使用している場合、月々のパケット料金が割引になります。

 

1人で契約している場合は最大1,000円、家族でパケットシェアをしている場合は最大3,200円です。

 

 

一方、ソフトバンク光の契約者がソフトバンク携帯を使っていると、月々最大2,000円のパケット割引を受けることができるものの、家族でシェアをしている場合の割引はありません。

 

 

ドコモ光とソフトバンク光の比較⑥ 速度はどちらもIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6サービス対応で速い

 

ドコモ光とソフトバンク光はどちらも、下りの通信速度は最大1Gbpsです。

 

 

さらに、ドコモ光とソフトバンク光のどちらも新しいパケット通信方式のIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6サービス(ドコモ光の場合は「v6プラス」、ソフトバンク光の場合は「IPv6 IPoE + IPv4 ハイブリッド・サービス」に対応しているため、最大速度が同じ他の光回線と比べても、実測速度が速いことが多いです。

 

 

ドコモ携帯ユーザーにはドコモ光 ソフトバンク携帯ユーザーにはソフトバンク光 それ以外の方にはドコモ光がおすすめ
毎月の携帯パケット割引が利用できることを考えると、ドコモの携帯ユーザーにはドコモ光の契約をおすすめします。一方、ソフトバンクの携帯を契約しているならソフトバンク光を選ぶ方が良いでしょう。それ以外のキャリアを使っている場合は、プロバイダ変更の手間が不要なドコモ光がおすすめです。

 

 

ドコモ光とソフトバンク光の比較結果 どんな方にどちらがオススメか

 

以上の比較結果を踏まえて、ドコモ光とソフトバンク光のどちらがおすすめか、また、おすすめのプロバイダはどこか、についての結果は下記のとおりです。

 

 

ドコモ光がオススメな方 ドコモ光のおすすめプロバイダ

 

ドコモ光がオススメな方

 


ドコモ携帯(スマホ・ガラケ・タブレットのいずれか)を使っている方
ドコモ携帯もソフトバンク携帯も使っていない方

 

 

ドコモ光のおすすめプロバイダ

 


GMOとくとくBB

 

 

GMOとくとくBB×ドコモ光の月額料金

 


5200円/月(v6プラス対応、v6プラス対応Wi-Fiルーター料金含む)

 

 

ドコモ光とソフトバンク光の料金を比較すると、基本料金は同じですが、

「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続サービス」を利用するための費用が、ドコモ光は無料なのに対して、ソフトバンク光の場合は月額467円かかります。

 

そのため、なるべく安く回線速度を速くしたい場合はドコモ光の方が向いています。(ソフトバンクユーザーの方は除く)

 

 

また、ドコモ携帯を使っている方なら「ドコモ光パック」の割引が受けられますので、ドコモユーザー、特に家族内で複数人がドコモユーザーの場合にはドコモ光がオススメです。

 

 

プロバイダは、無料でv6プラスに対応していて、v6プラス対応のWi-Fiルーターが無料、回線速度が100Mbpsを下回ったらポイントプレゼントなどの特典が充実している上に、ドコモ光プロバイダで唯一ネット申し込みが可能なGMOとくとくBBがオススメです。

 

 

GMOとくとくBB×ドコモ光の現在のキャンペーン特典を確認するには、下記の▼を押してください。

 

▼ GMOとくとくBB×ドコモ光で実施中のキャンペーンを確認する



 

 

>>GMOとくとくBB×ドコモ光に申し込む<<

 

 

GMOとくとくBB×ドコモ光については、下記の記事で詳細に解説しています

 

GMOとくとくBBのドコモ光が解消した、ドコモ光の2つのデメリット【遅い、店舗申込みが手間】

 

 

ソフトバンク光がオススメな方 ソフトバンク光のおすすめプロバイダ

 

ソフトバンク光がオススメな方

 


ソフトバンク携帯(スマホ・ガラケ・タブレットのいずれか)を使っている方

 

 

ソフトバンク光のおすすめプロバイダ

 


Yahoo!BB

 

 

ソフトバンク光+Yahoo!BBの月額料金

 


5200円/月

 

ドコモ光とソフトバンク光を比較すると、基本料金は同じですが、

IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続サービスを利用したい場合は、ドコモは無料なのに対して、ソフトバンク光は有料(467円/月)になってしまいます。

 

 

ただし、ソフトバンク携帯を使っている方なら、「おうち割光セット」が使えるため、自分や家族が使っているソフトバンク携帯1台につき、最大2000円/月の割引が受けられるため、ドコモ光よりも安く使えるためオススメです。

 

 

ソフトバンク光の最新のキャンペーン内容は、下記ページでご確認ください

 

【ソフトバンク光】キャッシュバック額、特典がお得な申込み先ランキング


2017年最新版!おすすめの光回線の選び方


光回線選びに迷ってる方に絶対見て欲しい!外れない光回線の選び方はこちら


ドコモ光,ソフトバンク光,比較,料金,速度,お得



1分で判定!あなたにぴったりのネット回線診断


手っ取り早く知りたい方はこちら!数クリックだけであなたが『一番安く』使える『高速回線』を診断!


ドコモ光,ソフトバンク光,比較,料金,速度,お得



ドコモユーザーなら絶対おすすめのドコモ光!今月は最大58900円もお得になる特大キャンペーン実施中&v6プラス対応で全国平均280Mbps超えの高速通信&v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタルのGMOとくとくBB×ドコモ光を要チェック!



ドコモ光,ソフトバンク光,比較,料金,速度,お得


  • v6プラス対応で高速!(HPで全国平均速度公開中/100Mbpsを下回ったらポイントプレゼント)
  • v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル
  • dポイント最大2万円分プレゼント!
  • 関西の方はさらにdポイント1万円分増額!
  • 限定キャッシュバック
  • セキュリティ無料(1年間)
  • ネット申し込み可能

今月は最大58,900円分もお得なキャンペーン実施中!GMOとくとくBB×ドコモ光の公式サイトはこちら



従来のドコモ光のデメリットを解消したGMOとくとくBB×ドコモ光の解説記事はこちら






このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

GMOとくとくBBのドコモ光が解消した、ドコモ光の2つのデメリット【遅い、店舗申込みが手間】
ドコモ光は、速度の遅延と、店舗申込みの手間がデメリットでした。GMOとくとくBBが、唯一のドコモ光公式パートナーとして、その2つのデメリットを解消するサービスを提供開始しました。このページでは、GMOとくとくBBがいかにしてドコモ光のデメリットを解消するかを解説しています。
【GMOとくとくBB×ドコモ光】Wi-Fiルーターの申し込み~設定方法まで徹底解説【届かない場合は?解約時の注意点は?】
「GMOとくとくBB×ドコモ光」の特典の中でも特に人気の高いのがWi-Fiルーター無料レンタルです。このページでは、Wi-Fiルーター無料レンタル特典の申し込み方法、2種類のルーターのどっちを選ぶべきか、いつ届くのか、届かない場合の対処法、届いた後の設定方法、解約に関する注意点などについて解説します!
【v6プラス設定】GMOとくとくBB×ドコモ光の設定方法【初期設定】
GMOとくとくBB×ドコモ光開通後に行う初期設定・v6プラス設定にはどんなものがあるのか、設定方法を解説します。
ドコモ光とフレッツ光の違いは何?比較してみた結果
ドコモ光とフレッツ光を比較し、料金・速度などの違いをわかりやすく解説します。
GMOとくとくBB×ドコモ光でv6プラスを使う方法とIPv4 PPPoEを使う方法
GMOとくとくBB×ドコモ光の大きなメリットは、無料でv6プラスが利用できることですが、一部のオンラインゲームなどv6プラスでは出来なくなってしまうこともあるため、IPv4も使いたい場合もあります。このページでは、GMOとくとくBB×ドコモ光でv6プラスを利用する方法と通常のIPv4通信(IPv4 PPPoE)を使う方法を解説します。
ドコモ光とauひかりを比較した結果【料金は?速度は?】
ドコモ光とauひかりの「料金」や「速度」などの違いを比較し、どんな方にどちらの光回線が向いているか解説します。
ドコモ光とNURO光を比較した結果【乗り換えるならどっちがおすすめ?】
ドコモ光とNURO光について、回線事業者やプロバイダの比較、月額料金や回線速度の比較などを行い、どんな方にどちらの光回線が向いているか解説します。
ADSLからドコモ光に乗り換え(転用)する方法
現在ADSLを利用している方が、光回線の「ドコモ光」に乗り換え(転用)する方法について解説します。
ドコモ光は固定ipなのか-固定ip回線のメリットデメリット-
サーバーとしての利用や、ネットゲーム、WEBカメラ等のために「固定IP」が使える光回線を選びたい方もいると思います。このページでは、「ドコモ光」が固定IP回線かについて解説していきます。
【ドコモ携帯とドコモ光のセット割引】「ドコモ光パック」の解説
ドコモ携帯(スマホ、ガラケー、タブレットなど)とドコモ光(光コラボ回線)をセットで利用することで、毎月の料金から割引を受けられるセット割引プラン「ドコモ光パック」とはどんなプランか、どのくらい安くなるのかなど、詳しく解説していきます。
【アンテナ不要で「地デジ」も「スカパー」も見られる】スカパー × ドコモ光ってどんなサービス?
ドコモ光のサービス「スカパー × ドコモ光」はどんなサービスなのか、通常のスカパーとの違いも交えて解説します。
【どっちが安い?】ドコモ光とOCN光の違いは?どちらがお得か比較解説【どっちが速い?】
光コラボの中でも、加入者が多く、知名度の高い光回線に挙げられる「ドコモ光」と「OCN光」。 どちらの方がよりお得なのか、どんな方に向いているのか等、「ドコモ光」と「OCN光」を比較して解説します。
ドコモ光の開通工事が必要になるのはどんな場合?
NTTドコモの光コラボ回線「ドコモ光」は、光コラボのシェアNo.1の人気回線です。今回は、ドコモ光を利用開始するにあたり、どんな場合に開通工事が必要になるのかを解説しました。
ドコモ光の工事費(工事料金)の疑問をすべて解決!【キャンペーン、支払い方法、引っ越しetc】
ドコモ光の工事料金っていくらかかる?無料キャンペーンはある?途中で引っ越したらどうなる?支払方法は?など、これからドコモ光に申し込む方や現在利用中の方が疑問に感じるところを解説していきます!
ドコモ光の工事内容を徹底解説【内容、目的、誰がする?】
ドコモ光の開通工事の内容や、かかる時間、誰がするか等、これからドコモ光に申し込む方が気になる内容を解説していきます。
ドコモ光プロバイダのOCNは遅い?評判を調査した結果
OCNと言えば老舗プロバイダとして有名ですが、ドコモ光のプロバイダの中では、イマイチ評判が良くないようです。遅いという声も聞かれますが、実際はどうなのか口コミ・評判を調査しました。