GMOとくとくBB×ドコモ光でv6プラスを使う方法とIPv4 PPPoEを使う方法

GMOとくとくBB×ドコモ光でv6プラスを使う方法とIPv4 PPPoEを使う方法

GMOとくとくBB,ドコモ光,v6プラス,IPv4,PPPoE,IPoE,IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6

 

 

ドコモ光検討中の方必見!

今話題の速すぎるドコモ光=「GMOとくとくBB×ドコモ光」


なんと全国平均 下り:284Mbps 上り:205Mbps!!


v6プラス対応&v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタルで、有線も無線(Wi-Fi)も高速通信を実現!


万が一100Mbpsを下回ったらポイントプレゼントという、絶大な自信で提供されています。



さらにdポイントプレゼント・キャッシュバックなど特典つき!



遅いと言われていたドコモ光を変えた、速すぎるドコモ光「GMOとくとくBB×ドコモ光」の秘密はこちらで解説しています

GMOとくとくBBのドコモ光が解消した、ドコモ光の2つのデメリット【遅い、店舗申込みが手間】

 

 

GMOとくとくBB×ドコモ光では、v6プラスを無料で利用することができます。

 

他の光回線・プロバイダでv6プラスを利用する場合は、有料オプションの契約が必要になることが多いので、この点はGMOとくとくBB×ドコモ光の大きなメリットとなっています。

 

さらに、有線だけでなく無線(Wi-Fi)でもv6プラスを利用するためには、v6プラス対応のWi-Fiルーターを購入する必要があるのですが、GMOとくとくBB×ドコモ光ではこれも無料でレンタルしてくれます。

 

 

GMOとくとくBB,ドコモ光,v6プラス,IPv4,PPPoE,IPoE,IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6

スゴク太っ腹

 

 

そんなわけで、とてもメリットが多い光回線なので、ドコモユーザーからの人気が高く、毎月15万件のペースで加入者が増えています。

 

 

ただv6プラスにはデメリットとなる部分もあり、それが懸念で申し込めないという方もいます。

 

v6プラスのデメリットとは、下記のようなサービスが使えない点です

 

v6プラスで使えないサービス

 


  • 特定ポートを使うサービス(PS4のオンラインゲームの一部など)
  •  

  • 固定ip
  •  

  • PPTPを利用するサービス(VPNなど)
  •  

  • SCTPを利用するサービス(Linux kernel・Solaris・AIXなどのOSの一部など)
  •  

  • IPv4グローバルアドレスを共有するネットワークでは利用できないサービス

 

 

オンラインゲームの一部(オンラインゲームすべてが出来ないわけではなく、一部のポートを使うゲームができません。また、ルーターを2台使うことで「v6プラス通信」と「オンラインゲーム用のIPv4通信」を併用することもできます。詳しくはこちら)が出来なかったり、

固定ipを使って、たとえば外出先から自宅PCにアクセスしたり、自宅サーバーを公開するなどが出来なかったり(外部サービスを使って固定ipを使う方法はあります。詳しくはこちら)、

VPNの利用が出来なくなる、

Linuxなどの一部OS(の特定バージョン)が使えなくなる

などの点がv6プラスのデメリットです。

 

 

ホームページや動画を見るなど、一般的な使い方をする分には特に問題ないのですが、上記のような使い方をする方にとっては、v6プラスを使いたくても使えないということになってしまいます。

 

 

GMOとくとくBB×ドコモ光は、そういった「v6プラスでは利用できないサービスを使いたいという方」でも、従来型の通信方式(IPv4 PPPoE)で契約できるようになっています。

 

ただ、GMOとくとくBB×ドコモ光は、v6プラス対応であることが大きなメリットなので、公式サイトを見てもIPv4での契約方法は分かりづらいのが難点です。

 

 

そこでこのページでは、

 

  • GMOとくとくBB×ドコモ光を従来型の通信方式(IPv4 PPPoE)で使う方法
  •  

  • GMOとくとくBB×ドコモ光をv6プラスで使う方法

 

について解説していきます!

 

 

また、ルーターやHGWの機能を使うことで、v6プラスとPPPoEを併用して使う方法については、下記の記事で解説しています。

 

v6プラスとpppoeを併用するメリットと方法

 

 

 

 

GMOとくとくBB×ドコモ光を従来型の通信方式(IPv4 PPPoE)で使うための条件

 

以下の条件を満たす場合、自動的にv6プラスでの申し込みになってしまいますので注意です。

 

  • v6プラス対応のホームゲートウェイを利用(対象ホームゲートウェイの型番はこちら)
  •  

  • Wi-Fiルーター無料レンタルオプションを利用

 

 

GMOとくとくBB×ドコモ光の大きなメリットが、「Wi-Fiルーターの無料レンタル」なのですが、

v6プラスを使わずにIPv4 PPPoEでGMOとくとくBB×ドコモ光を使う場合は、Wi-Fiルーター無料レンタルを使えません。

 

Wi-Fiルーター無料レンタルを利用してしまうと、自動的にv6プラスにも申し込みになってしまいますので、IPv4で使いたい方は注意してください。

 

 

また、固定電話サービスである「ドコモ光電話」を使う場合、v6プラス対応のホームゲートウェイが貸与されて、自動的にv6プラスに申し込まれてしまいますので、こちらも注意が必要です。

 

v6プラスを利用せずにドコモ光電話を使いたい場合は、GMOとくとくBB以外のプロバイダを選びましょう。

 

 

GMOとくとくBB×ドコモ光を従来型の通信方式(IPv4 PPPoE)で使う方法

 

先に紹介した条件をクリアした上で、GMOとくとくBB×ドコモ光を申し込めば従来型の通信方式(IPv4 PPPoE)で利用することが可能です。

 

申し込み方法は下記の通りです。

 

 

 

フレッツ光からドコモ光へ「転用」する場合は①から、「新設」で申し込む場合は②の手順から行えばOKです。

 

「転用」と「新設」の違いについてはこちらで解説しています → フレッツ光から光コラボへの「転用」と「新設」の違いや方法について解説

 

 

①NTTから「転用承諾番号」を発行してもらう(フレッツ光からの転用の場合のみ)

 

▼ 転用承諾番号を発行してもらう手順(クリックで展開)

 

 

 

②ドコモ光へ申込み

 

「転用承諾番号」が取得出来たら、ドコモ光に申し込みます。

 

 

>>GMOとくとくBBのドコモ光を申し込む<<

 

 

③ドコモとGMOとくとくBBからそれぞれ郵送で「申し込み書控え」や「ご利用ガイドブック」等が送付される

 

GMOとくとくBBからの郵送物に、設定に必要な情報や設定手順などが同封されています。

 

 

④ドコモ光開通工事(新設の場合のみ)

 

ドコモ光開通のための工事(配線)を実施します。

 

 

⑤パソコンなどの設定をする

 

③で受け取った必要情報や設定手順を参考に、パソコンやスマートフォンの接続設定を行います。

 

 

⑤ご利用開始

 

設定が完了すればすぐに使えます。

 

「フレッツ光」は自動で解約になりますので、特に手続きは不要です。

 

 

GMOとくとくBB×ドコモ光をv6プラスで使うための条件

 

  • v6プラス対応のホームゲートウェイを利用(対象ホームゲートウェイの型番はこちら)
  •  

  • Wi-Fiルーター無料レンタルオプションを利用

 

 

ドコモ光電話を利用する方、もしくはWi-Fiルーター無料レンタルを利用する方は自動的にv6プラスに申し込みとなり、開通した時点でv6プラス接続できるようになります。

 

ただし、Wi-Fiルーター無料レンタルは、GMOとくとくBB×ドコモ光に申し込み後に、別途で申し込む必要がありますので注意してください(次に紹介する手順の③)。

 

 

GMOとくとくBB×ドコモ光をv6プラスで使う方法

 

先に紹介した条件をクリアした上で、GMOとくとくBB×ドコモ光を申し込めば従来型の通信方式(IPv4 PPPoE)で利用することが可能です。

 

申し込み方法は下記の通りです。

 

 

 

フレッツ光からドコモ光へ「転用」する場合は①から、「新設」で申し込む場合は②の手順から行えばOKです。

 

「転用」と「新設」の違いについてはこちらで解説しています → フレッツ光から光コラボへの「転用」と「新設」の違いや方法について解説

 

 

①NTTから「転用承諾番号」を発行してもらう(フレッツ光からの転用の場合のみ)

 

▼ 転用承諾番号を発行してもらう手順(クリックで展開)

 

 

 

②ドコモ光へ申込み

 

「転用承諾番号」が取得出来たら、ドコモ光に申し込みます。

 

 

>>GMOとくとくBBのドコモ光を申し込む<<

 

 

③Wi-Fiルーターレンタルの申し込み(Wi-Fiルーターをレンタルする場合のみ)

 

▼ Wi-Fiルーター申し込み手順(クリックで展開)

 

 

 

④ドコモとGMOとくとくBBからそれぞれ郵送で「申し込み書控え」や「ご利用ガイドブック」等が送付される

 

GMOとくとくBBからの郵送物に、設定に必要な情報や設定手順などが同封されています。

 

 

⑤ドコモ光開通工事(新設の場合のみ)

 

ドコモ光開通のための工事(配線)を実施します。

 

 

⑥パソコンなどの設定をする

 

v6プラス接続の場合は、ほとんど設定不要です。パソコンやスマートフォンでWi-Fi受信のパスワードを入力するぐらいで設定完了できます。

 

 

⑦ご利用開始

 

設定が完了すればすぐに使えます。

 

「フレッツ光」は自動で解約になりますので、特に手続きは不要です。

 

 

従来型の通信方式(IPv4 PPPoE)で契約後に、後からv6プラスに変更する方法

 

最初は従来型の通信方式(IPv4 PPPoE)で契約し、後からv6プラスに変更することもできます。

 

その場合は、v6プラスに変更したい時に「Wi-Fiルーター無料レンタル」もしくは「ドコモ光電話」に申し込めばOKです。

 

 

Wi-Fiルーター無料レンタルの場合は、料金はかかりませんが、最低利用期間(37ヶ月間)があるので、その期間内にWi-Fiルーターレンタルをやめたり、GMOとくとくBBを解約してしまうと1万円の違約金がかかってしまいます。

 

2017年12月以降、Wi-Fiルーターレンタルの最低利用期間と解約金がなしになりました!

 

これによって、Wi-Fiルーターレンタルの場合は、月額料金無料でv6プラスが使えるようになり、しかもいつレンタルをやめても解約金がかからなくなりました。

 

 

ドコモ光電話の場合は、月額500円がかかりますが、いつやめても違約金はかかりません。

 

 

固定電話を使う方ならドコモ光電話を、それ以外の方はWi-Fiルーターレンタルをを申し込みましょう。

 

 

まとめ

 

GMOとくとくBB×ドコモ光は、

ドコモ光電話もしくはWi-Fiルーター無料レンタルを利用すると、自動的にv6プラス接続となり、

どちらも利用しない場合は従来型の通信(IPv4 PPPoE)となります

 

 

v6プラス接続も、v6プラス対応Wi-Fiルーターも無料なので、基本的にはv6プラスでの利用がおすすめですが、v6プラスでは利用出来ないサービスを使いたい方は、このページで紹介した方法を使ってIPv4での申し込みを行いましょう。

 

 

 

v6プラスは使えないけれど、やはり回線速度が速い光回線が良いという方は、ダークファイバー回線(NURO光、auひかり)がおすすめです。

 

ダークファイバー回線であれば混雑が少なく、回線速度が速いうえに、v6プラスのデメリットである「ポート」や「固定ip」の制限もありません

 

ドコモ携帯とのセット割引(ドコモ光パック)は使えなくなってしまいますが、auひかりであれば3年間2,980円という激安料金で利用可能です。

 

詳しい解説は下記記事をご覧ください。

 

NURO光の解説はこちら

 

【キャッシュバック、割引】10以上のNURO光キャンペーンを一挙比較した結果【公式、代理店】

 

 

auひかりの解説はこちら

 

【auひかり】キャッシュバック額、割引き額がお得な申込み先ランキング


2017年最新版!おすすめの光回線の選び方


光回線選びに迷ってる方に絶対見て欲しい!外れない光回線の選び方はこちら


GMOとくとくBB,ドコモ光,v6プラス,IPv4,PPPoE,IPoE,IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6



1分で判定!あなたにぴったりのネット回線診断


手っ取り早く知りたい方はこちら!数クリックだけであなたが『一番安く』使える『高速回線』を診断!


GMOとくとくBB,ドコモ光,v6プラス,IPv4,PPPoE,IPoE,IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6



ドコモユーザーなら絶対おすすめのドコモ光!v6プラス対応で全国平均280Mbps超えの高速通信&v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタルのGMOとくとくBB×ドコモ光を要チェック!



GMOとくとくBB,ドコモ光,v6プラス,IPv4,PPPoE,IPoE,IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6


  • v6プラス対応で高速!(HPで全国平均速度公開中/100Mbpsを下回ったらポイントプレゼント)
  • v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル
  • dポイント最大2万円分プレゼント!
  • 関西・東海・中国・四国・九州・沖縄の方はさらにdポイント1万円分増額!
  • 限定キャッシュバック
  • セキュリティ無料(1年間)
  • ネット申し込み可能

今月は最大63,900円分もお得なキャンペーン実施中!GMOとくとくBB×ドコモ光の公式サイトはこちら



従来のドコモ光のデメリットを解消したGMOとくとくBB×ドコモ光の解説記事はこちら



速いフレッツ光/光コラボならv6プラス対応回線から選ぶべし!


【おすすめはココ!】v6プラスが利用できる「光回線/プロバイダ」と「料金」一覧


GMOとくとくBB,ドコモ光,v6プラス,IPv4,PPPoE,IPoE,IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6



引越し、出張など申し込んですぐにネットを使い始めたい方におすすめ


【引っ越した日からすぐ使いたい!】申し込み翌日から使えるフレッツ光・光コラボ回線『インターネットお急ぎ便』


GMOとくとくBB,ドコモ光,v6プラス,IPv4,PPPoE,IPoE,IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6


一人暮らしで使うならこの光回線!


一人暮らしにおすすめの光回線の選び方&速くて安い光回線11選!


GMOとくとくBB,ドコモ光,v6プラス,IPv4,PPPoE,IPoE,IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6



初期費用を抑えてPC・ネットを始めたい方に!PC+ネット回線セットで月額2980円~の「MediSIM」


【パソコンもネットもなくてOK!】MediSIM(メディシム) by 株式会社メディエイターを徹底解説!【2980円で始められるインターネット】


GMOとくとくBB,ドコモ光,v6プラス,IPv4,PPPoE,IPoE,IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6







このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

GMOとくとくBBのドコモ光が解消した、ドコモ光の2つのデメリット【遅い、店舗申込みが手間】
ドコモ光は、速度の遅延と、店舗申込みの手間がデメリットでした。GMOとくとくBBが、唯一のドコモ光公式パートナーとして、その2つのデメリットを解消するサービスを提供開始しました。このページでは、GMOとくとくBBがいかにしてドコモ光のデメリットを解消するかを解説しています。
【GMOとくとくBB×ドコモ光】Wi-Fiルーターの申し込み~設定方法まで徹底解説【届かない場合は?解約時の注意点は?】
「GMOとくとくBB×ドコモ光」の特典の中でも特に人気の高いのがWi-Fiルーター無料レンタルです。このページでは、Wi-Fiルーター無料レンタル特典の申し込み方法、2種類のルーターのどっちを選ぶべきか、いつ届くのか、届かない場合の対処法、届いた後の設定方法、解約に関する注意点などについて解説します!
【v6プラス設定】GMOとくとくBB×ドコモ光の設定方法【初期設定】
GMOとくとくBB×ドコモ光開通後に行う初期設定・v6プラス設定にはどんなものがあるのか、設定方法を解説します。
ドコモ光とフレッツ光の違いは何?比較してみた結果
ドコモ光とフレッツ光を比較し、料金・速度などの違いをわかりやすく解説します。
ドコモ光のプロバイダ変更方法と手数料まとめ
ドコモ光には26社のプロバイダがあって、好きなところを選ぶことができ、後から変更も可能です。このページでは、ドコモ光のプロバイダ変更方法、変更にかかる費用、注意点などについて解説します。
【たったこれだけ!】ドコモ光で利用中のプロバイダ名・プロバイダ情報(契約内容)を確認する方法
ドコモ光を利用中の方で、現在契約しているプロバイダが分からなくなってしまった方、プランやオプションなどの契約内容やインターネット接続のためのIDなどを知りたい方のために、ドコモ光プロバイダの情報を確認する方法を解説します。
GMOとくとくBB×ドコモ光が繋がらない場合の原因と対策
GMOとくとくBB×ドコモ光がインターネットに繋がらない場合に考えられる原因と対策について解説します。
ドコモ光とauひかりを比較した結果【料金は?速度は?】
ドコモ光とauひかりの「料金」や「速度」などの違いを比較し、どんな方にどちらの光回線が向いているか解説します。
ドコモ光とソフトバンク光を比較した結果【料金は?速度は?】
ドコモ光とソフトバンク光について、月額料金や回線速度などを比較し、どんな方にどちらの光回線が向いているか解説します。
ドコモ光とNURO光を比較した結果【乗り換えるならどっちがおすすめ?】
ドコモ光とNURO光について、回線事業者やプロバイダの比較、月額料金や回線速度の比較などを行い、どんな方にどちらの光回線が向いているか解説します。
ADSLからドコモ光に乗り換え(転用)する方法
現在ADSLを利用している方が、光回線の「ドコモ光」に乗り換え(転用)する方法について解説します。
ドコモ光は固定ipなのか-固定ip回線のメリットデメリット-
サーバーとしての利用や、ネットゲーム、WEBカメラ等のために「固定IP」が使える光回線を選びたい方もいると思います。このページでは、「ドコモ光」が固定IP回線かについて解説していきます。
【ドコモ携帯とドコモ光のセット割引】「ドコモ光パック」の解説
ドコモ携帯(スマホ、ガラケー、タブレットなど)とドコモ光(光コラボ回線)をセットで利用することで、毎月の料金から割引を受けられるセット割引プラン「ドコモ光パック」とはどんなプランか、どのくらい安くなるのかなど、詳しく解説していきます。
【アンテナ不要で「地デジ」も「スカパー」も見られる】スカパー × ドコモ光ってどんなサービス?
ドコモ光のサービス「スカパー × ドコモ光」はどんなサービスなのか、通常のスカパーとの違いも交えて解説します。
【どっちが安い?】ドコモ光とOCN光の違いは?どちらがお得か比較解説【どっちが速い?】
光コラボの中でも、加入者が多く、知名度の高い光回線に挙げられる「ドコモ光」と「OCN光」。 どちらの方がよりお得なのか、どんな方に向いているのか等、「ドコモ光」と「OCN光」を比較して解説します。
ドコモ光の開通工事が必要になるのはどんな場合?
NTTドコモの光コラボ回線「ドコモ光」は、光コラボのシェアNo.1の人気回線です。今回は、ドコモ光を利用開始するにあたり、どんな場合に開通工事が必要になるのかを解説しました。
ドコモ光の工事費(工事料金)の疑問をすべて解決!【キャンペーン、支払い方法、引っ越しetc】
ドコモ光の工事料金っていくらかかる?無料キャンペーンはある?途中で引っ越したらどうなる?支払方法は?など、これからドコモ光に申し込む方や現在利用中の方が疑問に感じるところを解説していきます!
ドコモ光の工事内容を徹底解説【内容、目的、誰がする?】
ドコモ光の開通工事の内容や、かかる時間、誰がするか等、これからドコモ光に申し込む方が気になる内容を解説していきます。
ドコモ光プロバイダのOCNは遅い?評判を調査した結果
OCNと言えば老舗プロバイダとして有名ですが、ドコモ光のプロバイダの中では、イマイチ評判が良くないようです。遅いという声も聞かれますが、実際はどうなのか口コミ・評判を調査しました。