ドコモ光の工事費(工事料金)の疑問をすべて解決!【キャンペーン、支払い方法、引っ越しetc】

ドコモ光の工事費(工事料金)の疑問をすべて解決!【キャンペーン、支払い方法、引っ越しetc】

ドコモ光,工事費,料金,キャンペーン

 

ドコモ光検討中の方必見!

今話題の速すぎるドコモ光=「GMOとくとくBB×ドコモ光」


なんと全国平均 下り:304Mbps 上り:203Mbps!!


v6プラス対応&v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタルで、有線も無線(Wi-Fi)も高速通信を実現!


万が一100Mbpsを下回ったらポイントプレゼントという、絶大な自信で提供されています。



さらにdポイントプレゼント・キャッシュバックなど特典つき!



遅いと言われていたドコモ光を変えた、速すぎるドコモ光「GMOとくとくBB×ドコモ光」の秘密はこちらで解説しています

GMOとくとくBBのドコモ光が解消した、ドコモ光の2つのデメリット【遅い、店舗申込みが手間】

 

 

これからドコモ光に申し込みを検討している方にとっては、「工事費(工事料金)がいくらかかるのか」というのは大きな問題です。

 

いくら月額料金が安かったとしても、工事費(工事料金)が高ければ、結局ドコモ光を利用するための費用が高くなってしまいますので。

 

 

また、現在ドコモ光を利用中の方にとっても、途中で解約した場合は工事費(工事料金)はどうなる?引っ越した場合は?など、契約時にはあまり気にしていなかったけれど、引っ越しをしなければならなくなって気になり出したという方もいると思います。

 

 

そこで今回は、ドコモ光の工事費(工事料金)について、細かいところも含めて徹底解説していきたいと思います!

 

これからドコモ光に申し込もうと思っている方も、現在ドコモ光を利用中の方も、疑問が解決するようサポートします(*^-^)ノ

 

 

ドコモ光の工事費(工事料金)はいくら?

 

契約パターン毎のドコモ光工事費(工事料金)

 


ドコモ光契約パターン ドコモ光の工事費(工事料金)

新設
(新規でドコモ光に申し込む場合/フレッツ光以外のネット回線からドコモ光に乗り換える場合)

18000円(税抜)

転用
(フレッツ光(1Gbpsプラン)からドコモ光に乗り換える場合)

7600円(税抜)

転用
(フレッツ光(1Gbps未満のプラン)からドコモ光に乗り換える場合)

無料(工事不要)

 

 

ドコモ光は光コラボレーションモデルを利用した最大1Gbpsの光回線なので、

フレッツ光の1Gbpsプラン(フレッツ光ネクストなど)からドコモ光へ転用(フレッツ光(1Gbpsプラン)から光コラボ回線へ乗り換えすることを「転用」といいます)する場合は工事が必要ありません。なので当然、工事費(工事料金)も無料です。

 

 

同じフレッツ光でも、最大100Mbpsや200Mbpsなどのプランを利用中の方が、ドコモ光に転用する場合は工事費(工事料金)が7600円かかります。

 

 

フレッツ光以外のネット回線を利用中の方や、現在ネット回線を利用していない方がドコモ光に申し込む場合(「新設」といいます)は、工事費(工事料金)が18000円かかります。

 

 

後述しますが、現在は期間限定で工事費無料キャンペーンを実施中です。

 

 

ドコモ光の工事費(工事料金)はフレッツ光などと比べて高い?

 

これからドコモ光に申し込もうか検討している方は、

フレッツ光やauひかり、NURO光など他のネット回線とドコモ光を比較検討している方もいると思いますが、

ドコモ光の工事費(工事料金)はフレッツ光などの他の回線と比べて高いのでしょうか?安いのでしょうか?

 

主な光回線の工事費(工事料金)と比較してみました。

 

主な光回線とドコモ光の工事費(工事料金)比較

 


光回線 工事費(戸建ての場合)
フレッツ光ネクスト 18000円
OCN光

新設:18000円
転用:無料

ドコモ光

新設:18000円→キャンペーン期間中 実質無料(後述)CP終了
転用:無料

auひかり 37500円→auひかり電話加入で実質無料
NURO光 40000円→キャンペーン期間中 実質無料

 

工事費(工事料金)に関しては、光回線によって金額が異なります。

 

一昔前は、ほとんどのネット回線で工事費無料キャンペーンをやっていたのですが、

近年はフレッツ光やOCN光などのように実費負担になっている回線も増えています。

 

また、auひかりのように固定電話オプションに加入した場合だけ実質無料になるパターンもあります。

 

 

ドコモ光はどうかと言うと、通常は工事費(工事料金)18000円で、フレッツ光と同額に設定されています。

 

ただし、現在は工事費実質無料キャンペーンを実施していますので、キャンペーン期間中に申し込めば実質無料になります。(工事費無料キャンペーンについては後述します)⇒キャンペーン終了しました

 

NURO光やauひかりといった「ダークファイバー」回線よりはだいぶ安いです

 

 

ドコモ光の工事費(工事料金)支払方法

 

ネット回線の工事費(工事料金)支払方法は、各回線によって決まっています。

 

現金での一括払いのみのものもあれば、分割のクレジットカード払いしか受け付けていない場合もありますので、申し込む前に確認した方が良いです!

 

 

では、ドコモ光の工事費(工事料金)支払方法はどうでしょうか?確認してみましょう!

 

ドコモ光の工事費(工事料金)は分割払い?一括払い?

 

「分割払い」か「一括払い」を選べます。

 

「分割払い」を選択した場合は24回払いになります。

 

「分割払い」を選択した場合の工事費(工事料金)

 


750円 × 24ヶ月 = 18000円

 

 

ただし、工事費無料キャンペーンの実施期間内に申し込めば、実質無料になります。
(「工事費実質無料キャンペーン」については後述します)
⇒キャンペーン終了しました

 

ドコモ光の工事費(工事料金)の分割払い回数は変えられる?

 

分割払いの回数は変えられません。

 

24回分割のみです。

 

 

ドコモ光の工事費(工事料金)は口座振替?請求書払い?クレジットカード払いも可能?

 

ドコモ光の工事費(工事料金)は、一括払いを選択した場合でも、分割払い(24回払い)を選択した場合でも、毎月の料金と一緒の支払いになります。

 

ドコモ光の毎月の料金支払い方法は、下記の3つの方法から選択することができ、工事費(工事料金)も毎月の料金と一緒に請求されます。

 

選べる工事費(工事料金)の支払い方法 3種類(毎月の利用料金と一緒に支払い)

 


  • 請求書払い
  • 口座振替払い
  • クレジットカード払い

 

ドコモ光の工事費(工事料金)無料キャンペーン ⇒ キャンペーン終了

 

ドコモ光,工事費,料金,キャンペーン

 

 

当キャンペーンは終了しました

 

 

期間限定で、ドコモ光の新規(新設)工事費が実質無料になるキャンペーン、「ドコモ光新規工事料キャンペーン」を実施中です。

 

特に適用条件はなく、キャンペーン期間中にドコモ光に新設で申し込めば自動的に適用されます。

 

 

「ドコモ光新規工事料キャンペーン」を利用することで、通常18000円かかる新設工事の費用が実質無料になります。

 

※フレッツ光(1Gbpsプラン)からドコモ光への「転用」の場合は、元々、工事料金無料です。

 

 

キャンペーン期間は、現在のところ2017年5月7日(日)までになっています。

 

延長される可能性もありますが、フレッツ光のようにキャンペーンが突然終わることもありますので、期間通り終わると考えておいた方が良いかもしれません。

 

 

ドコモ光新規工事料キャンペーンの「実質無料」ってどういうこと?

 

ドコモ光新規工事料キャンペーンを適用することで、ドコモ光を新設で申し込んだ場合の工事費(工事料金)が「実質無料」になります。

 

では、「実質無料」とはどういうことなのでしょうか?

 

 

「実質無料」の意味は、

工事費(工事料金)自体が最初から無料なわけではなく、

工事費(工事料金)の支払いは必要だけど、工事費(工事料金)と同額を毎月の料金から割り引く(24ヶ月)ので、結果的に工事費負担は0円になるということです。

 

携帯電話の「実質0円」と同じ仕組みですね。

 

 

ドコモ光新規工事料キャンペーンの適用途中で解約した場合はどうなる?

 

ドコモ光の工事費(工事料金)は、分割払いを選んだ場合は、24回払いになります。

 

「ドコモ光新規工事料無料キャンペーン」の割引も、分割払いと同じ24ヶ月間続きますので、2年間(24ヶ月間)ドコモ光を継続利用すれば工事費(工事料金)の負担は0円になります。

 

 

では、2年未満で解約した場合はどうなるのでしょう?

 

2年未満でドコモ光を解約した場合は、ドコモ光新規工事料キャンペーンの割引が、解約の前月分までで終わってしまうので、残りの期間分の工事費(工事料金)は支払う必要があります。

 

しかも、分割払いではなく一括払いしなくてはならないので注意が必要です。

 

たとえば、1年間で解約した場合は、

750円 × 残り12ヶ月分 = 9000円

工事費残債の9000円を一括で支払う必要があります。

 

 

更新期間以外の解約だと、解約金(違約金)もかかってしまいます。

 

解約金(違約金)は、戸建てタイプ:15000円 / マンションタイプ:8000円 と高額なので、可能な限り契約更新期間に解約した方が良いです。

 

引っ越す場合のドコモ光工事費(工事料金)について

 

ドコモ光を利用中の方が、引っ越しする場合の工事費(工事料金)について解説していきます!

 

工事費の支払いが終わってから引っ越した場合、引っ越し後にまた工事費がかかる?

 

ドコモ光の工事費(工事料金)は、分割払いの場合は2年間(24ヶ月)での支払いになりますので、2年以上経過していれば、工事費(工事料金)の支払いは終わっています。

 

 

工事費(工事料金)残債がない状態で引っ越しをした場合、引っ越し先でまた工事費(工事料金)がかかるのでしょうか?

 

答えはYESです。

 

引っ越し先でも工事が必要なため、工事費(工事料金)がかかります。

 

ただし、また18000円かかるわけではなく、住居にもよりますが、9000円程度となることが多いようです。

 

 

工事費の支払い途中で引っ越した場合、新居の工事費と合わせて二重にかかる?

 

工事費(工事料金)の支払い期間(2年間)が過ぎないうちに引っ越しをした場合は、

「引っ越し前の工事費(工事料金)」と「新居の工事費(工事料金)」が二重にかかることになります。

 

 

ドコモ光新規工事量キャンペーンを適用している場合は

 


ドコモ光新規工事料キャンペーンを適用している場合、引っ越した後も工事費の割引が続きますので、引っ越し前の工事費(工事料金)は実質無料のままです。

 

しかし、新居の工事費が無料になるキャンペーンはないため、新居の工事費は一括か分割で支払う必要があります。

 

 

ドコモ光の工事費(工事料金)に関するQ&A

 

①ドコモ光の工事費半額キャンペーンはなくなった?

2015年に実施されていた「ドコモ光新規工事料キャンペーン」は、ドコモ携帯とドコモ光に新規加入した場合が工事費全額無料、ドコモ光のみ新規加入の場合は工事費が半額になるという内容でした。

 

しかし、2017年に再度開始された「ドコモ光新規工事料キャンペーン」では、ドコモ光のみの新規加入でも工事費全額無料になりました。⇒現在はキャンペーン終了しています

 

 

②NTT東日本とNTT西日本でドコモ光の工事費(工事料金)が違う?

ドコモ光のサービス開始当初は、NTT東日本とNTT西日本で工事費(工事料金)などの料金が異なっていたようですが、

現在は工事費(工事料金)に関しては東日本でも西日本でも同じになっています。

 

ちなみに、ドコモ光新規工事料キャンペーンも、NTT東日本エリア・NTT西日本エリアのどちらでも適用可能です。

 

 

これからドコモ光に申し込むなら、GMOとくとくBBのドコモ光がおすすめ

 

これからドコモ光への申し込みを考えている方は、「GMOとくとくBB」というプロバイダを選ぶことをおすすめします。

 

GMOとくとくBBのドコモ光は、従来ドコモ光の弱点だった「速度が遅い」「ドコモショップにいかないと申し込めない」というデメリットを解消した唯一のプロバイダです。

 

さらに、期間限定でドコモ光初の現金キャッシュバックなどのキャンペーンも行っています。

 

 

「GMOとくとくBBのドコモ光」についてどこよりも詳しく解説しました!!

GMOとくとくBBのドコモ光が解消した、ドコモ光の2つのデメリット【遅い、店舗申込みが手間】


ドコモ光,工事費,料金,キャンペーン


2017年最新版!おすすめの光回線の選び方


光回線選びに迷ってる方に絶対見て欲しい!外れない光回線の選び方はこちら


ドコモ光,工事費,料金,キャンペーン



1分で判定!あなたにぴったりのネット回線診断


手っ取り早く知りたい方はこちら!数クリックだけであなたが『一番安く』使える『高速回線』を診断!


ドコモ光,工事費,料金,キャンペーン



ドコモユーザーなら絶対おすすめのドコモ光!今月は最大58900円もお得になる特大キャンペーン実施中&v6プラス対応で全国平均280Mbps超えの高速通信&v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタルのGMOとくとくBB×ドコモ光を要チェック!



ドコモ光,工事費,料金,キャンペーン


  • v6プラス対応で高速!(HPで全国平均速度公開中/100Mbpsを下回ったらポイントプレゼント)
  • v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル
  • dポイント最大2万円分プレゼント!
  • 関西の方はさらにdポイント1万円分増額!
  • 限定キャッシュバック
  • セキュリティ無料(1年間)
  • ネット申し込み可能

今月は最大58,900円分もお得なキャンペーン実施中!GMOとくとくBB×ドコモ光の公式サイトはこちら



従来のドコモ光のデメリットを解消したGMOとくとくBB×ドコモ光の解説記事はこちら






このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

GMOとくとくBBのドコモ光が解消した、ドコモ光の2つのデメリット【遅い、店舗申込みが手間】
ドコモ光は、速度の遅延と、店舗申込みの手間がデメリットでした。GMOとくとくBBが、唯一のドコモ光公式パートナーとして、その2つのデメリットを解消するサービスを提供開始しました。このページでは、GMOとくとくBBがいかにしてドコモ光のデメリットを解消するかを解説しています。
【GMOとくとくBB×ドコモ光】Wi-Fiルーターの申し込み~設定方法まで徹底解説【届かない場合は?解約時の注意点は?】
「GMOとくとくBB×ドコモ光」の特典の中でも特に人気の高いのがWi-Fiルーター無料レンタルです。このページでは、Wi-Fiルーター無料レンタル特典の申し込み方法、2種類のルーターのどっちを選ぶべきか、いつ届くのか、届かない場合の対処法、届いた後の設定方法、解約に関する注意点などについて解説します!
【v6プラス設定】GMOとくとくBB×ドコモ光の設定方法【初期設定】
GMOとくとくBB×ドコモ光開通後に行う初期設定・v6プラス設定にはどんなものがあるのか、設定方法を解説します。
ドコモ光とフレッツ光の違いは何?比較してみた結果
ドコモ光とフレッツ光を比較し、料金・速度などの違いをわかりやすく解説します。
GMOとくとくBB×ドコモ光でv6プラスを使う方法とIPv4 PPPoEを使う方法
GMOとくとくBB×ドコモ光の大きなメリットは、無料でv6プラスが利用できることですが、一部のオンラインゲームなどv6プラスでは出来なくなってしまうこともあるため、IPv4も使いたい場合もあります。このページでは、GMOとくとくBB×ドコモ光でv6プラスを利用する方法と通常のIPv4通信(IPv4 PPPoE)を使う方法を解説します。
ドコモ光のプロバイダ変更方法と手数料まとめ
ドコモ光には26社のプロバイダがあって、好きなところを選ぶことができ、後から変更も可能です。このページでは、ドコモ光のプロバイダ変更方法、変更にかかる費用、注意点などについて解説します。
ドコモ光とauひかりを比較した結果【料金は?速度は?】
ドコモ光とauひかりの「料金」や「速度」などの違いを比較し、どんな方にどちらの光回線が向いているか解説します。
ドコモ光とソフトバンク光を比較した結果【料金は?速度は?】
ドコモ光とソフトバンク光について、月額料金や回線速度などを比較し、どんな方にどちらの光回線が向いているか解説します。
ドコモ光とNURO光を比較した結果【乗り換えるならどっちがおすすめ?】
ドコモ光とNURO光について、回線事業者やプロバイダの比較、月額料金や回線速度の比較などを行い、どんな方にどちらの光回線が向いているか解説します。
ADSLからドコモ光に乗り換え(転用)する方法
現在ADSLを利用している方が、光回線の「ドコモ光」に乗り換え(転用)する方法について解説します。
ドコモ光は固定ipなのか-固定ip回線のメリットデメリット-
サーバーとしての利用や、ネットゲーム、WEBカメラ等のために「固定IP」が使える光回線を選びたい方もいると思います。このページでは、「ドコモ光」が固定IP回線かについて解説していきます。
【ドコモ携帯とドコモ光のセット割引】「ドコモ光パック」の解説
ドコモ携帯(スマホ、ガラケー、タブレットなど)とドコモ光(光コラボ回線)をセットで利用することで、毎月の料金から割引を受けられるセット割引プラン「ドコモ光パック」とはどんなプランか、どのくらい安くなるのかなど、詳しく解説していきます。
【アンテナ不要で「地デジ」も「スカパー」も見られる】スカパー × ドコモ光ってどんなサービス?
ドコモ光のサービス「スカパー × ドコモ光」はどんなサービスなのか、通常のスカパーとの違いも交えて解説します。
【どっちが安い?】ドコモ光とOCN光の違いは?どちらがお得か比較解説【どっちが速い?】
光コラボの中でも、加入者が多く、知名度の高い光回線に挙げられる「ドコモ光」と「OCN光」。 どちらの方がよりお得なのか、どんな方に向いているのか等、「ドコモ光」と「OCN光」を比較して解説します。
ドコモ光の開通工事が必要になるのはどんな場合?
NTTドコモの光コラボ回線「ドコモ光」は、光コラボのシェアNo.1の人気回線です。今回は、ドコモ光を利用開始するにあたり、どんな場合に開通工事が必要になるのかを解説しました。
ドコモ光の工事内容を徹底解説【内容、目的、誰がする?】
ドコモ光の開通工事の内容や、かかる時間、誰がするか等、これからドコモ光に申し込む方が気になる内容を解説していきます。
ドコモ光プロバイダのOCNは遅い?評判を調査した結果
OCNと言えば老舗プロバイダとして有名ですが、ドコモ光のプロバイダの中では、イマイチ評判が良くないようです。遅いという声も聞かれますが、実際はどうなのか口コミ・評判を調査しました。