ドコモ光の工事内容を徹底解説【内容、目的、誰がする?】

ドコモ光の工事内容を徹底解説【内容、目的、誰がする?】

ドコモ光,工事,内容,いつ,時間

 

ドコモ光検討中の方必見!

今話題の速すぎるドコモ光=「GMOとくとくBB×ドコモ光」


なんと全国平均 下り:304Mbps 上り:203Mbps!!


v6プラス対応&v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタルで、有線も無線(Wi-Fi)も高速通信を実現!


万が一100Mbpsを下回ったらポイントプレゼントという、絶大な自信で提供されています。



さらにdポイントプレゼント・キャッシュバックなど特典つき!



遅いと言われていたドコモ光を変えた、速すぎるドコモ光「GMOとくとくBB×ドコモ光」の秘密はこちらで解説しています

GMOとくとくBBのドコモ光が解消した、ドコモ光の2つのデメリット【遅い、店舗申込みが手間】

 

 

 

 

ドコモ光を契約したら、フレッツ光からの転用の場合以外は開通工事が必要になります。

 

フレッツ光からドコモ光へ乗り換え(転用)した場合だけは、ドコモ光の開通工事は不要ですが、

 

それ以外の場合はすべて、NTTの回線工事を受けないとドコモ光のインターネットや電話などを使い始めることができません。

 

「うちは開通工事が必要なのか分からない」という方は、先にこちらの記事をご覧ください。

 

ドコモ光の開通工事が必要になるのはどんな場合?

 

 

光回線やADSLなどのインターネット回線の新規契約や、乗り換えに慣れている方は特に問題ないと思いますが、

 

初めてインターネット回線を自宅に引く方や、インターネット回線の乗り換えが久しぶりな方は、

 

「開通工事って何するの?」

 

「うち賃貸なんだけど大丈夫?」

 

「立ち会いって?仕事を休まないとダメ??」

 

等々、不安に思うことも多いと思います!

 

 

実際、そんなに大したことをするわけではなく、「工事」というほど大掛かりなものではありませんので、基本的に心配する必要はありません。

 

 

とはいえ内容を知らないと安心できないという方のために、このページではドコモ光の開通工事で何をするのか?開通工事の内容について解説していきます!

 

 

このページを読むとこんなことが分かります

 


ドコモ光の開通工事の
・内容(何をするのか)
・担当者(誰がするのか)
・かかる時間
開通工事後にやること(設定)

 

 

ドコモ光,工事,内容,いつ,時間

「安心してください。私が解説します。」

「光回線なびマン!!!」

 

 

ドコモ光の開通工事は何のためにするの?(目的)

 

ドコモ光に限らず、光回線やADSL等のインターネット回線では、

 

自宅(もしくはオフィス等)でインターネットを使えるようにするために、「開通工事」が必要になります。

 

 

光回線などの開通工事というのは、端的にいえばNTT東西が敷設している光ファイバーケーブルと自宅をつなげる配線をする作業です。

 

NTTの光ファイバーケーブルは、自宅の近くの電線までは既に配線されています(場所によっては来ていないところもあります)ので、

 

電線から自宅まで、光ファイバーケーブルを延ばして接続するのが開通工事の目的です。

 

 

フレッツ光からドコモ光に転用する時は開通工事が必要ないのはなぜ?

 

ドコモ光やソフトバンク光などの「光コラボ回線」と「フレッツ光」は同じ光ファイバーケーブルを使っています。

 

なので、元々フレッツ光を利用していた方が光コラボに乗り換え(転用)した場合は、

 

フレッツ光の配線をそのまま利用することができるため、開通工事が不要です。

 

 

ドコモ光の開通工事は誰がするの?

 

ドコモ光の開通工事なのだから、NTTドコモが行うのでは?と思われるかもしれませんが、

 

ドコモ光を含む光コラボ回線の工事はすべて、NTT東日本もしくはNTT西日本(が指定した工事業者)が行います。

 

 

先述のように、光コラボで使う回線もフレッツ光と同じく、NTT東西が敷設した光ファイバーケーブルです。

 

光コラボは、NTT東西の所有している回線を借りて、他の会社(ドコモ光の場合ならNTTドコモ)がサービス運営する仕組みになっています。

 

ですが、開通工事やケーブルの故障・不具合などに関してはケーブルの所有者であるNTT東西が担当することになっていますので、

 

ドコモ光を契約した場合でも、ソフトバンク光やSo-net光コラボを契約した場合でも、必ずNTT東西の工事担当者が、開通工事を行います。

 

開通工事の作業内容

 

ドコモ光の開通工事は、戸建ての場合とマンションの場合で作業内容が異なります。

 

戸建ての場合

ドコモ光,工事,内容,いつ,時間

引用元:ドコモ光 ご利用時の注意事項 - NTTドコモ

 

 

ドコモ光(戸建て)の開通工事では、下記の作業を行います。

 


  • ①工事担当者から工事内容の説明
  • ②自宅近くの電柱から宅内まで光ファイバーケーブルを引き込む
  • ③宅内に光コンセントを設置
  • ④ONUに光ファイバーケーブルを接続
  • ⑤工事担当者の検証用PCで、ドコモ光の開通確認
  • ⑥開通が確認できれば工事完了!

 

①工事担当者から工事内容の説明

 

工事内容は住居によって異なるため、工事担当者が自宅の配管等を確認し、どういう経路で光ファイバーケーブルを引き込むか等の説明を受けます。

 

 

②自宅近くの電柱から宅内まで光ファイバーケーブルを引き込む

 

NTT東西の敷設した光ファイバーケーブルが、最寄りの電柱まで届いていますので、まずは電柱から自宅まで配線します。

 

この際、「多目的配管」があればそこを通して配線します。

 

ドコモ光,工事,内容,いつ,時間

↑多目的配管

 

ドコモ光,工事,内容,いつ,時間

↑最寄りの電柱から多目的配管まで光ファイバーケーブルを配線

 

 

もし「多目的配管」が無い、もしくは他の配線でいっぱいで光ファイバーケーブルを通す隙間が無い場合は、

 

エアコンダクト、換気扇の隙間、ドアホンの穴、TVの配線の穴、通気口などを利用して配線します。

 

 

ドコモ光,工事,内容,いつ,時間

 

 

万が一利用できる配線通路が無い場合は、壁に1cm程度の穴を開けて配線します。

 

賃貸の場合は、オーナー・大家さんの許可が必要になります。(大抵の場合は問題なく許可が出るようです)

 

 

この際、線路や河川、道路などの上を通して配線しなければならない場合は、作業時間が長くなったり、後日に再作業が必要になる場合もあるようです。

 

 

③宅内に光コンセントを設置

 

「光コンセント」とは、②で配線した光ファイバーケーブルとONUを接続するための差込口です。

 

ほとんどの場合、自宅に元々ある電話線用のモジュラージャックの近くに設置します。

 

 

ドコモ光,工事,内容,いつ,時間

↑私の家の光コンセント。元々コンセントとモジュラージャックだけだったところを、光回線用差し込み口を加えた光コンセント用のカバーに付け替えています(開通工事の際に作業員さんがやってくれます)。

 

 

光コンセント設置済みの場合は工事不要かも!

 

以前フレッツ光などの光回線を使っていたことがある場合は、既に光コンセント設置済みの場合があります。

 

その場合、配線がそのまま残っている場合が多いです。

 

配線が残っていれば、宅内工事は必要ありませんので、NTT側で手続きをしてもらうだけでドコモ光が使えるようになります。

 

ドコモ光を申し込んだ後、NTTから「光コンセントはありますか?」等質問されると思いますので、分かれば答えましょう。

 

分からない場合は工事担当者が来た時に確認して、光コンセント設置済みで工事不要であれば、工事せずに開通できます。

 

 

④ONUに光ファイバーケーブルを接続

 

ONU(光回線終端装置)とは、光ファイバーケーブルを伝ってくる「光信号」と、自宅のパソコンやスマホなどの機器で使える「デジタル信号」を相互変換するための装置です。光回線サービスを利用する場合には、ONUが必ず必要になります。

 

ONUは事前に届くのではなく、工事担当者が持参します。

 

 

ドコモ光,工事,内容,いつ,時間

 

 

ドコモ光,工事,内容,いつ,時間

↑左がPC(もしくはWi-Fiルーター等)とつなげるLANケーブル、真ん中がACアダプタ、右が光コンセントと接続している光ファイバーケーブル

 

 

③で設置した光コンセントとONUを、光ファイバーケーブルで接続します。

 

これでドコモ光の光回線が自宅まで届くようになります。

 

 

⑤工事担当者の検証用PCで、ドコモ光の開通確認
⑥開通が確認できれば工事完了!

 

最後に、ONUと検証用PCをLANケーブルで接続し、PCでインターネット接続できるかを確認します。

 

無事にインターネットにつながれば、ドコモ光が開通出来ていますので、開通工事完了です!

 

 

マンションの場合

 

ドコモ光(マンション)の開通工事も、戸建ての場合と基本的には同じで、下記の作業を行います。

 

  • ①工事担当者から工事内容の説明
  • ②自宅近くの電柱からマンション共用部(MDF)まで光ファイバーケーブルを引き込む
  • ③マンション共用部(MDF)から部屋まで光ファイバーケーブルを引き込む
  • ④部屋内に光コンセントを設置
  • ⑤ONUに光ファイバーケーブルを接続
  • ⑥工事担当者の検証用PCで、ドコモ光の開通確認
  • ⑦開通が確認できれば工事完了!

 

基本的には戸建ての場合と同じです。

 

 

若干異なるのが②③のところで、

 

マンションの場合はマンション共用部に「MDF」という配電盤があり、電柱から延ばした光ファイバーケーブルをMDFまで配線し、そこから各部屋へ配線する必要があります。

 

MDFは普段施錠されていることが多いので、工事日当日は開錠してもらえるように、事前に大家さん・オーナーにお願いしておく必要があります。

 

 

ドコモ光の開通工事作業にかかる時間

 

NTTからは約1時間と言われます。

 

実際は、早ければ30分以内で終わることも多いようです。

 

 

開通工事後にやることは?

 

ドコモ光,工事,内容,いつ,時間

「設定ガイドに沿って設定してください」

「設定用CDがあるから簡単だね!!!」

 

 

開通工事が完了した段階では、まだ自宅のPCやスマホなどの機器がインターネット接続できる状態にはなっていません。

 

開通工事後に、自身でONUとパソコン(もしくはONUと無線LANルーター)を接続し、プロバイダの情報を設定することで、PCやスマホでインターネット接続できるようになります。

 

 

設定方法は、工事日前日までにNTTとプロバイダ(GMOとくとくBBやSo-netなど)から「設定ガイド」や「契約情報」が送られてきているはずなので、それらに記載されている手順で設定を行います。

 

また、「設定ガイド」と一緒に設定用のCD-ROMが送られてくるので、それを使えば、画面に表示される指示に従って入力していくだけで簡単に設定完了できます。

 

 

また、スマホやタブレットなどを無線(Wi-Fi)接続したい場合は、

 

通常は有料オプションに加入するか無線LANルーターを購入する必要がありますが、

 

GMOとくとくBBのドコモ光なら無線LANルーターを無料プレゼントしてくれます。

 

 

これからドコモ光に申し込むなら、GMOとくとくBBのドコモ光がおすすめ

 

これからドコモ光への申し込みを考えている方は、「GMOとくとくBB」というプロバイダを選ぶことをおすすめします。

 

GMOとくとくBBのドコモ光は、従来ドコモ光の弱点だった「速度が遅い」「ドコモショップにいかないと申し込めない」というデメリットを解消した唯一のプロバイダです。

 

さらに、期間限定でドコモ光初の現金キャッシュバックなどのキャンペーンも行っています。

 

 

「GMOとくとくBBのドコモ光」についてどこよりも詳しく解説しました!!

GMOとくとくBBのドコモ光が解消した、ドコモ光の2つのデメリット【遅い、店舗申込みが手間】


ドコモ光,工事,内容,いつ,時間

 

 


2017年最新版!おすすめの光回線の選び方


光回線選びに迷ってる方に絶対見て欲しい!外れない光回線の選び方はこちら


ドコモ光,工事,内容,いつ,時間



1分で判定!あなたにぴったりのネット回線診断


手っ取り早く知りたい方はこちら!数クリックだけであなたが『一番安く』使える『高速回線』を診断!


ドコモ光,工事,内容,いつ,時間



ドコモユーザーなら絶対おすすめのドコモ光!今月は最大58900円もお得になる特大キャンペーン実施中&v6プラス対応で全国平均280Mbps超えの高速通信&v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタルのGMOとくとくBB×ドコモ光を要チェック!



ドコモ光,工事,内容,いつ,時間


  • v6プラス対応で高速!(HPで全国平均速度公開中/100Mbpsを下回ったらポイントプレゼント)
  • v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル
  • dポイント最大2万円分プレゼント!
  • 関西の方はさらにdポイント1万円分増額!
  • 限定キャッシュバック
  • セキュリティ無料(1年間)
  • ネット申し込み可能

今月は最大58,900円分もお得なキャンペーン実施中!GMOとくとくBB×ドコモ光の公式サイトはこちら



従来のドコモ光のデメリットを解消したGMOとくとくBB×ドコモ光の解説記事はこちら






このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

GMOとくとくBBのドコモ光が解消した、ドコモ光の2つのデメリット【遅い、店舗申込みが手間】
ドコモ光は、速度の遅延と、店舗申込みの手間がデメリットでした。GMOとくとくBBが、唯一のドコモ光公式パートナーとして、その2つのデメリットを解消するサービスを提供開始しました。このページでは、GMOとくとくBBがいかにしてドコモ光のデメリットを解消するかを解説しています。
【GMOとくとくBB×ドコモ光】Wi-Fiルーターの申し込み~設定方法まで徹底解説【届かない場合は?解約時の注意点は?】
「GMOとくとくBB×ドコモ光」の特典の中でも特に人気の高いのがWi-Fiルーター無料レンタルです。このページでは、Wi-Fiルーター無料レンタル特典の申し込み方法、2種類のルーターのどっちを選ぶべきか、いつ届くのか、届かない場合の対処法、届いた後の設定方法、解約に関する注意点などについて解説します!
【v6プラス設定】GMOとくとくBB×ドコモ光の設定方法【初期設定】
GMOとくとくBB×ドコモ光開通後に行う初期設定・v6プラス設定にはどんなものがあるのか、設定方法を解説します。
ドコモ光とフレッツ光の違いは何?比較してみた結果
ドコモ光とフレッツ光を比較し、料金・速度などの違いをわかりやすく解説します。
GMOとくとくBB×ドコモ光でv6プラスを使う方法とIPv4 PPPoEを使う方法
GMOとくとくBB×ドコモ光の大きなメリットは、無料でv6プラスが利用できることですが、一部のオンラインゲームなどv6プラスでは出来なくなってしまうこともあるため、IPv4も使いたい場合もあります。このページでは、GMOとくとくBB×ドコモ光でv6プラスを利用する方法と通常のIPv4通信(IPv4 PPPoE)を使う方法を解説します。
ドコモ光とauひかりを比較した結果【料金は?速度は?】
ドコモ光とauひかりの「料金」や「速度」などの違いを比較し、どんな方にどちらの光回線が向いているか解説します。
ドコモ光とソフトバンク光を比較した結果【料金は?速度は?】
ドコモ光とソフトバンク光について、月額料金や回線速度などを比較し、どんな方にどちらの光回線が向いているか解説します。
ドコモ光とNURO光を比較した結果【乗り換えるならどっちがおすすめ?】
ドコモ光とNURO光について、回線事業者やプロバイダの比較、月額料金や回線速度の比較などを行い、どんな方にどちらの光回線が向いているか解説します。
ADSLからドコモ光に乗り換え(転用)する方法
現在ADSLを利用している方が、光回線の「ドコモ光」に乗り換え(転用)する方法について解説します。
ドコモ光は固定ipなのか-固定ip回線のメリットデメリット-
サーバーとしての利用や、ネットゲーム、WEBカメラ等のために「固定IP」が使える光回線を選びたい方もいると思います。このページでは、「ドコモ光」が固定IP回線かについて解説していきます。
【ドコモ携帯とドコモ光のセット割引】「ドコモ光パック」の解説
ドコモ携帯(スマホ、ガラケー、タブレットなど)とドコモ光(光コラボ回線)をセットで利用することで、毎月の料金から割引を受けられるセット割引プラン「ドコモ光パック」とはどんなプランか、どのくらい安くなるのかなど、詳しく解説していきます。
【アンテナ不要で「地デジ」も「スカパー」も見られる】スカパー × ドコモ光ってどんなサービス?
ドコモ光のサービス「スカパー × ドコモ光」はどんなサービスなのか、通常のスカパーとの違いも交えて解説します。
【どっちが安い?】ドコモ光とOCN光の違いは?どちらがお得か比較解説【どっちが速い?】
光コラボの中でも、加入者が多く、知名度の高い光回線に挙げられる「ドコモ光」と「OCN光」。 どちらの方がよりお得なのか、どんな方に向いているのか等、「ドコモ光」と「OCN光」を比較して解説します。
ドコモ光の開通工事が必要になるのはどんな場合?
NTTドコモの光コラボ回線「ドコモ光」は、光コラボのシェアNo.1の人気回線です。今回は、ドコモ光を利用開始するにあたり、どんな場合に開通工事が必要になるのかを解説しました。
ドコモ光の工事費(工事料金)の疑問をすべて解決!【キャンペーン、支払い方法、引っ越しetc】
ドコモ光の工事料金っていくらかかる?無料キャンペーンはある?途中で引っ越したらどうなる?支払方法は?など、これからドコモ光に申し込む方や現在利用中の方が疑問に感じるところを解説していきます!
ドコモ光プロバイダのOCNは遅い?評判を調査した結果
OCNと言えば老舗プロバイダとして有名ですが、ドコモ光のプロバイダの中では、イマイチ評判が良くないようです。遅いという声も聞かれますが、実際はどうなのか口コミ・評判を調査しました。