ADSLからドコモ光に乗り換え(転用)する方法

ADSLからドコモ光に乗り換え(転用)する方法

ADSL,ドコモ光,乗り換え,転用,方法

 

ドコモ光検討中の方必見!

今話題の速すぎるドコモ光=「GMOとくとくBB×ドコモ光」


なんと全国平均 下り:304Mbps 上り:203Mbps!!


v6プラス対応&v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタルで、有線も無線(Wi-Fi)も高速通信を実現!


万が一100Mbpsを下回ったらポイントプレゼントという、絶大な自信で提供されています。



さらにdポイントプレゼント・キャッシュバックなど特典つき!



遅いと言われていたドコモ光を変えた、速すぎるドコモ光「GMOとくとくBB×ドコモ光」の秘密はこちらで解説しています

GMOとくとくBBのドコモ光が解消した、ドコモ光の2つのデメリット【遅い、店舗申込みが手間】

 

 

まだまだ利用中の方も多いADSLですが、2025年を目途にサービス終了となる可能性が高まっています。

 

 

もし終了になるにしても、ADSLサービス終了の少し前までは継続して利用できるでしょうが、

現在は光回線の料金も下がってきていますし、動画などの回線速度が必要なコンテンツが増えていることもあり、ADSLから光回線に乗り換える方も増えています。

 

 

光回線の種類は2015年ごろから爆発的に増えていますので、どれが良いか分からない場合も多いと思いますが、

速度が速く、しかも料金をなるべく安く抑えるための光回線の選び方を下記ページで紹介していますので、迷った場合は参考にしてください。

 

【2017年最新版】おすすめの光回線の選び方を教えます!

 

 

光回線の中でも、特にドコモの携帯(スマホ/ガラケー/タブレット)を使っている方におすすめなのが「ドコモ光」です。

 

 

このページでは、「ADSLとドコモ光の違い」、「ADSLからドコモ光に乗り換える方法」、「ADSLからドコモ光へ乗り換えるメリット」について解説していきます。

 

 

ADSLとドコモ光の違い

 

ADSLとドコモ光の主な違いは「通信方式」および「利用料金」です。

 

 

ADSL回線は一般的に使用されている電話線を介して通信を行っています。

 

そのため、アナログの電話回線とパソコンなどのデジタル機器をつなぐモデムを設置する必要があります。

 

一方、ドコモ光は、電話回線ではなくNTTの敷設した光回線を利用して通信を行っています。

 

そのため、光ケーブルの信号からデジタル信号へ変換するONUを設置する必要があります。

 

 

ADSLのアナログ信号は、電話線を通って自宅まで届く間に、減衰してしまいます。

 

そのため、ADSL設備の収容局から自宅までの距離が遠いほど、回線速度が遅くなってしまいますし、

そもそも光回線と比べると、最大速度が20分の1以下しかありません。

 

 

光回線の場合は、ケーブルを伝う距離が長くてもほとんど減衰することはありませんし、ドコモ光なら下り上りとも最大1Gbpsの高速通信が可能です。

 

 

 

ADSLの料金は、プロバイダ使用料も含めると月々4,000円から6,000円前後が一般的です。

 

一方、ドコモ光(タイプAプロバイダの場合)と契約した場合の月額料金は、戸建てタイプが5,200円、マンションタイプが4,000円となっています。

 

 

ADSLからドコモ光への乗り換え(転用)方法

 

ADSLからドコモ光への乗り換え(転用)を考えているなら、まずは「プロバイダの切り替えが必要か」を確認しましょう。

 

ドコモ光は対応するプロバイダが多いので、NTTが提供するADSLからドコモ光への乗り換えであれば、プロバイダの変更は不要となる場合もあります。

 

ただし、どのプロバイダを選んでも速度やサービス、料金が同じなわけではありません。

 

おすすめのドコモ光プロバイダは「GMOとくとくBB」です。

 

GMOとくとくBBのドコモ光は、月額料金が安い上に、「v6プラス」という高速通信サービスに対応しているため回線速度が速いのがメリットです。

 

さらに、v6プラスの高速通信に対応した無線LANルーターが無料レンタルでき、実測速度が100Mbpsを下回ったらポイントプレゼントというのも行っていて、回線速度の速さにも相当な自信を持っているプロバイダのため、

ADSLからドコモ光に乗り換える方も、ドコモ光のプロバイダは「GMOとくとくBB」を選ぶのがおすすめです。

 

 

 

 

次に、「対応エリアと工事の時期」を確認しましょう。

 

ドコモ光の対応エリアは全国へ拡大してはいるものの、すべての地域で必ず乗り換えができるという訳ではありません。

 

また、引越しの多い年末や春先は転用工事が多いため、申し込みから実際の工事まで1カ月以上待つことも珍しくありません。

 

これらの情報はドコモ光申し込み後に、プロバイダからの折り返し連絡時に確認できます。

 

 

最後に、

 

ドコモ光の開通工事が終わったら、ADSL解約とモデムの返却を忘れずに行いましょう。

 

 

ADSLからドコモ光へ乗り換え(転用)するメリット

 

ADSLからドコモ光へ乗り換え(転用)する主なメリットは「通信速度」です。

 

 

ADSLの通信速度は1Mbpsから10Mbpsが一般的で、最大でも50Mbps程度です。

 

ただし、家から電話の基地局まで距離があると、それだけ通信速度が落ちてしまう、というデメリットがあります。

 

また、他の家電から発生するノイズの影響を受けやすい、という特徴もあります。

 

 

一方、ドコモ光の最大通信速度は1Gbpsで、サービスエリア内であればどこでも通信速度はほぼ一定、ノイズの心配もほぼありません。

 

 

こうした理由から、ADSLからドコモ光へ転用する人が増えているのです。

 

また、GMOとくとくBBのドコモ光では、かなりお得なキャンペーンを実施中ですので、ADSLからドコモ光への乗り換えを検討している方には、GMOとくとくBBのドコモ光がオススメです。

 

 

 

GMOとくとくBB×ドコモ光の現在のキャンペーン特典を確認するには、下記の▼を押してください。

 

▼ GMOとくとくBB×ドコモ光で実施中のキャンペーンを確認する



 

 

>>GMOとくとくBB×ドコモ光に申し込む<<

 

 

GMOとくとくBB×ドコモ光については、下記の記事で詳細に解説しています

 

GMOとくとくBBのドコモ光が解消した、ドコモ光の2つのデメリット【遅い、店舗申込みが手間】


2017年最新版!おすすめの光回線の選び方


光回線選びに迷ってる方に絶対見て欲しい!外れない光回線の選び方はこちら


ADSL,ドコモ光,乗り換え,転用,方法



1分で判定!あなたにぴったりのネット回線診断


手っ取り早く知りたい方はこちら!数クリックだけであなたが『一番安く』使える『高速回線』を診断!


ADSL,ドコモ光,乗り換え,転用,方法



ドコモユーザーなら絶対おすすめのドコモ光!今月は最大58900円もお得になる特大キャンペーン実施中&v6プラス対応で全国平均280Mbps超えの高速通信&v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタルのGMOとくとくBB×ドコモ光を要チェック!



ADSL,ドコモ光,乗り換え,転用,方法


  • v6プラス対応で高速!(HPで全国平均速度公開中/100Mbpsを下回ったらポイントプレゼント)
  • v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル
  • dポイント最大2万円分プレゼント!
  • 関西の方はさらにdポイント1万円分増額!
  • 限定キャッシュバック
  • セキュリティ無料(1年間)
  • ネット申し込み可能

今月は最大58,900円分もお得なキャンペーン実施中!GMOとくとくBB×ドコモ光の公式サイトはこちら



従来のドコモ光のデメリットを解消したGMOとくとくBB×ドコモ光の解説記事はこちら






このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

GMOとくとくBBのドコモ光が解消した、ドコモ光の2つのデメリット【遅い、店舗申込みが手間】
ドコモ光は、速度の遅延と、店舗申込みの手間がデメリットでした。GMOとくとくBBが、唯一のドコモ光公式パートナーとして、その2つのデメリットを解消するサービスを提供開始しました。このページでは、GMOとくとくBBがいかにしてドコモ光のデメリットを解消するかを解説しています。
【GMOとくとくBB×ドコモ光】Wi-Fiルーターの申し込み~設定方法まで徹底解説【届かない場合は?解約時の注意点は?】
「GMOとくとくBB×ドコモ光」の特典の中でも特に人気の高いのがWi-Fiルーター無料レンタルです。このページでは、Wi-Fiルーター無料レンタル特典の申し込み方法、2種類のルーターのどっちを選ぶべきか、いつ届くのか、届かない場合の対処法、届いた後の設定方法、解約に関する注意点などについて解説します!
【v6プラス設定】GMOとくとくBB×ドコモ光の設定方法【初期設定】
GMOとくとくBB×ドコモ光開通後に行う初期設定・v6プラス設定にはどんなものがあるのか、設定方法を解説します。
ドコモ光とフレッツ光の違いは何?比較してみた結果
ドコモ光とフレッツ光を比較し、料金・速度などの違いをわかりやすく解説します。
GMOとくとくBB×ドコモ光でv6プラスを使う方法とIPv4 PPPoEを使う方法
GMOとくとくBB×ドコモ光の大きなメリットは、無料でv6プラスが利用できることですが、一部のオンラインゲームなどv6プラスでは出来なくなってしまうこともあるため、IPv4も使いたい場合もあります。このページでは、GMOとくとくBB×ドコモ光でv6プラスを利用する方法と通常のIPv4通信(IPv4 PPPoE)を使う方法を解説します。
ドコモ光とauひかりを比較した結果【料金は?速度は?】
ドコモ光とauひかりの「料金」や「速度」などの違いを比較し、どんな方にどちらの光回線が向いているか解説します。
ドコモ光とソフトバンク光を比較した結果【料金は?速度は?】
ドコモ光とソフトバンク光について、月額料金や回線速度などを比較し、どんな方にどちらの光回線が向いているか解説します。
ドコモ光とNURO光を比較した結果【乗り換えるならどっちがおすすめ?】
ドコモ光とNURO光について、回線事業者やプロバイダの比較、月額料金や回線速度の比較などを行い、どんな方にどちらの光回線が向いているか解説します。
ドコモ光は固定ipなのか-固定ip回線のメリットデメリット-
サーバーとしての利用や、ネットゲーム、WEBカメラ等のために「固定IP」が使える光回線を選びたい方もいると思います。このページでは、「ドコモ光」が固定IP回線かについて解説していきます。
【ドコモ携帯とドコモ光のセット割引】「ドコモ光パック」の解説
ドコモ携帯(スマホ、ガラケー、タブレットなど)とドコモ光(光コラボ回線)をセットで利用することで、毎月の料金から割引を受けられるセット割引プラン「ドコモ光パック」とはどんなプランか、どのくらい安くなるのかなど、詳しく解説していきます。
【アンテナ不要で「地デジ」も「スカパー」も見られる】スカパー × ドコモ光ってどんなサービス?
ドコモ光のサービス「スカパー × ドコモ光」はどんなサービスなのか、通常のスカパーとの違いも交えて解説します。
【どっちが安い?】ドコモ光とOCN光の違いは?どちらがお得か比較解説【どっちが速い?】
光コラボの中でも、加入者が多く、知名度の高い光回線に挙げられる「ドコモ光」と「OCN光」。 どちらの方がよりお得なのか、どんな方に向いているのか等、「ドコモ光」と「OCN光」を比較して解説します。
ドコモ光の開通工事が必要になるのはどんな場合?
NTTドコモの光コラボ回線「ドコモ光」は、光コラボのシェアNo.1の人気回線です。今回は、ドコモ光を利用開始するにあたり、どんな場合に開通工事が必要になるのかを解説しました。
ドコモ光の工事費(工事料金)の疑問をすべて解決!【キャンペーン、支払い方法、引っ越しetc】
ドコモ光の工事料金っていくらかかる?無料キャンペーンはある?途中で引っ越したらどうなる?支払方法は?など、これからドコモ光に申し込む方や現在利用中の方が疑問に感じるところを解説していきます!
ドコモ光の工事内容を徹底解説【内容、目的、誰がする?】
ドコモ光の開通工事の内容や、かかる時間、誰がするか等、これからドコモ光に申し込む方が気になる内容を解説していきます。
ドコモ光プロバイダのOCNは遅い?評判を調査した結果
OCNと言えば老舗プロバイダとして有名ですが、ドコモ光のプロバイダの中では、イマイチ評判が良くないようです。遅いという声も聞かれますが、実際はどうなのか口コミ・評判を調査しました。