DMM光とauひかりを比較-速度や料金の違いを解説

DMM光とauひかりを7項目で徹底比較!

 

 

v6プラスの高速通信対応なのに料金が安い!DMM電子書籍とDMM動画はダイレクトコネクトで爆速!


特にDMMモバイルユーザーなら「DMMmobileセット割」で格安になります!



DMM光の料金、速度、エリア、キャンペーンなど徹底解説!


DMM光を申し込む前に要チェック!

【v6プラス対応】DMM光の評判が良い理由を徹底解説!【工事費無料キャンペーン】




他の光回線も含めて迷っている方はこちら!

【2017年最新版】実測速度が速くて、あなたが一番安く使えるおすすめの光回線の選び方

 

 

DMM.comが提供・運営している人気の光回線「DMM光」と、携帯電話キャリアによる光回線の先駆け「auひかり」

 

どちらの回線も回線速度の速さが評判で、速度重視で光回線を選ぶ方の中には、DMM光とauひかりのどちらにしようか迷っている方も多いです!

 

 

そこで今回は、料金や回線速度などについて、両者を比較してどちらを選ぶのがおすすめか解説していきたいと思います!

 

 

DMM光とauひかりとの比較① 光コラボ回線とダークファイバー回線の違い

 

DMM光は、NTT東西が敷設したフレッツ光用のケーブルを利用して提供される「光コラボ回線」です。

 

一方、auひかりは、NTT東西が敷設したもののフレッツ光や光コラボには使われていない部分(ダークファイバー)を借りて運営される「ダークファイバー回線」です。

 

 

一般的にはダークファイバー回線の方が実測速度が速い傾向があります。

 

ただ、DMM光はv6プラスという回線速度が高速になるサービスに対応していて、auひかりのようなダークファイバー回線にも引けを取らない実測速度が出ているユーザーも多いです。

 

 

DMM光とauひかりとの比較② 回線事業者の違い

 

DMM光の回線事業者は株式会社DMM.comです。

 

一方、auひかりのサービスを提供しているのはKDDI株式会社です。

 

 

auひかりの回線事業者であるKDDIは言わずと知れた通信業界の老舗企業ですね。

 

それに対してDMM.comは、光回線を運営する会社というイメージはあまり持っていない方が多いと思います。

 

しかし、そもそも光コラボレーションモデル(光コラボ)という仕組み自体が、通信会社以外の会社でも、光回線事業に参入しやすくするために、すでに整備のできているフレッツ光用回線をレンタルできるというものですので、株式会社DMM.comのような、通信業界初参入の会社でも最初からフレッツ光と同等のサービスができるようになっていますので安心して使えます。

 

 

DMM光とauひかりとの比較③ プロバイダの違い

 

DMM光と提携しているプロバイダは、回線事業者であるDMM.comのみです。

 

一方、auひかりはSo-netなど7つのプロバイダから選ぶことが可能です。

 

auひかりで選べるプロバイダ一覧

@nifty AsahiNet BIGLOBE DTI So-net WAKWAK au one net

 

DMM光,auひかり,比較,違い,速度,料金,どっち

 

 

DMM光とauひかりとの比較④ エリアの違い

 

DMM光のサービス提供エリアは全国47都道府県すべてです。

 

 

auひかりは、マンションタイプが全国対応となっているものの、戸建てタイプは東海と関西、および沖縄がサービスエリア外です。

 

ただし、auひかりの大きな特徴の1つである「auスマートバリュー」は、東海・関西・沖縄でもそれぞれ別の光回線やCATV(ケーブルテレビ)で利用可能になっています。

 

auひかり以外でauスマートバリューが使える光回線・CATV(ケーブルテレビ)はこちらの記事で紹介しています

 

auひかりのサービス提供エリア、エリア拡大情報【随時更新】

 

 

DMM光とauひかりとの比較⑤ 料金の違い

 

DMM光の料金

 


<定額プランの場合>

  月額料金
戸建て

4820円

無線LAN付きホームゲートウェイレンタルを利用する場合は+300円(このオプションを利用することでv6プラスも利用可能になります)

マンション

3780円

無線LAN付きホームゲートウェイレンタルを利用する場合は+300円(このオプションを利用することでv6プラスも利用可能になります)

 

 

<DMM2段階定額>

  月額料金
戸建て

4820円

無線LAN付きホームゲートウェイレンタルを利用する場合は+300円(このオプションを利用することでv6プラスも利用可能になります)

マンション

3780円

無線LAN付きホームゲートウェイレンタルを利用する場合は+300円(このオプションを利用することでv6プラスも利用可能になります)

 

 

auひかりの料金

 


<ずっとギガ得プランの場合>

  月額料金
戸建て

■通常

1年目   :5100円

2年目   :5000円

3年目以降:4900円



■So-netの月額料金割引キャンペーンを利用した場合
1年目   :2900円

2年目   :2900円

3年目 :2900円

4年目以降:4900円

マンション(お得プランA)

■通常

1年目   :3800円

2年目   :3800円

3年目以降:3800円



■So-netの月額料金割引キャンペーンを利用した場合
1年目   :1800円

2年目   :1800円

3年目 :3800円

4年目以降:3800円

 

 

DMM光の定額プランとauひかりのずっとギガ得プランの月額料金を比較すると、通常はDMM光の方が若干安いです。

 

しかし、プロバイダのSo-netのホームページからauひかりを申し込んだ場合、戸建;3年間 マンション:2年間月額料金の割引が受けられて、その場合はauひかりの方が安くなります。

 

So-netの月額料金割引キャンペーンを利用した場合のauひかりの月額料金は、おそらく光回線の中で最安値だと思います。

 

 

DMM光とauひかりとの比較⑥ 携帯電話とのセット割引プランの違い

 

DMMモバイルユーザーがDMM光を契約すると、「DMM光mobileセット割」が適用されて、月々の料金から500円割引になります。

 

 

auひかりには「auスマートバリュー」という割引があり、家族内でau携帯を使っている人数×最大2,000円の割引が受けられます。(最大10人まで)

 

auスマートバリューの割引額は、機種やプランによって変わりますので、詳しい割引額はこちらの記事をご覧ください。

 

【au携帯とauひかりのセット割】auスマートバリューの解説

 

 

DMM光とauひかりとの比較⑦ 速度

 

DMM光は下りの通信速度が最大1Gbpsで、v6プラスオプションを利用することで遅延はほぼなくなります。

 

また、DMM動画や電子書籍は専用回線「ダイレクトコネクト」を活用してさらに高速でダウンロードすることが可能です。

 

v6プラスなどの「IPv6 IPoE +IPv4 over IPv6接続サービス」についての詳しい解説はこちら

 

IPv6対応で速くなる?「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」って何者?【v6プラス/IPv6 IPoE + IPv4 ハイブリッド・サービス/transix】

 

 

一方、auひかりも最大通信速度は1Gbpsです。ダークファイバー回線を使用しているので、v6プラスオプションがなくても回線の混雑はほぼありません。

 

 

DMM光もauひかりも、実測速度は速いと言われています。

 

実際に口コミや、RBBなどの回線速度測定結果を見ると、他の光回線と比較して速いのは間違いありません。

 

ただ、DMM光はまだ運営歴が浅く、auひかりと比べるとユーザー数も少ないため、まだデータ不足なところはありますが。(ユーザーが少ないことは、混雑しにくく速度が速くなるというメリットにもつながりますが)

 

auひかりはRBB SPEED AWARD 2016で北海道、東北、北・甲信越、中国、九州のブロックで最優秀賞(平均速度が最も速かった)を受賞していますので、間違いなく速い光回線です。

 

 

DMMモバイルユーザーにはDMM光がおすすめ au携帯ユーザーにはauひかりがおすすめ それ以外はキャンペーン利用でかなり安くなるauひかり

 

DMMモバイルを利用している人はDMM光がおすすめです。一方、au携帯ユーザーはauひかりが良いでしょう。どちらにも該当しない人には、So-netの大幅割引キャンペーンが活用できるauひかりをおすすめします。

 

 

以上、7つの項目に分けてDMM光とフレッツ光を比較してきました。

 

光回線を選ぶ際に気にするべき「違い」としては、やはり『基本料金』『携帯とのセット割引プラン』『速度(実測速度)』ですね。

 

 

圧倒的に安いのはSo-netの月額料金割引キャンペーンを利用した場合のauひかりです。

 

特にau携帯ユーザーの方、家族の中にau携帯ユーザーがいる方は、auひかりを使うことでauスマートバリューの割引を適用できるため、DMM光よりもかなり安く利用できます。

 

 

最大速度は、auひかりもDMM光も上り下り:最大1Gbpsで同じで、口コミなどで実測速度をみても、どちらも速いです。

 

ただし、auひかりの方がRBB SPEED AWARD などの受賞実績は多いので、より安心感が強いと思います。

 

 

ただ、auひかりはマンションタイプが全国対応となっているものの、戸建てタイプは東海と関西、および沖縄がサービスエリア外です。

 

そのため、戸建で東海・関西・沖縄の方にはDMM光がおすすめです。

 

 

以上を踏まえて、

 

 

  • DMM光・auひかりはどんな方にオススメなのか
  • そしてそれぞれの回線でオススメのプロバイダはどこなのか

 

 

について最後に解説します。

 

 

auひかりがオススメな方 東海・関西・沖縄地方の戸建の方以外全員

 

auひかりがオススメな方

 


東海・関西・沖縄地方の戸建の方以外全員
特にauユーザーの方

 

 

auひかりのおすすめプロバイダ

 


So-net

 

 

auひかり+So-netの月額料金

 


戸建:3年間 2980円 マンション:2年間 1800円(So-netの月額料金割引キャンペーンを利用した場合)

 

最大速度などのスペックはDMM光と同じですが、RBB SPEED AWARDなどの受賞歴も多くあり、口コミでも速いと評判のauひかりの方が、速度に関する安心度は高いです。

 

そして何より、So-netの月額大幅割引キャンペーンを利用すると、戸建でも月額2980円で3年間使えるという、驚愕の安さが一番のメリットです。

 

auひかりのエリア内に住んでいる方、特にauスマートバリューの対象となるau携帯ユーザーには、間違いなくauひかりがおすすめです!

 

 

>>So-netのauひかりに申し込む(戸建て)<<

 

 

>>So-netのauひかりに申し込む(マンション)<<

 

 

 

DMM光がオススメな方 DMM光のおすすめプロバイダ

 

DMM光がオススメな方

 


東海と関西、および沖縄地方の戸建ての方
特にDMMmobileを使っている方・DMM動画やDMM電子書籍の利用が多い方

 

 

DMM光のおすすめプロバイダ

 


DMM光のプロバイダはDMM.comのみです

 

 

DMM光の月額料金

 


<定額プランの場合>

  月額料金
戸建て

4820円

無線LAN付きホームゲートウェイレンタルを利用する場合は+300円(このオプションを利用することでv6プラスも利用可能になります)

マンション

3780円

無線LAN付きホームゲートウェイレンタルを利用する場合は+300円(このオプションを利用することでv6プラスも利用可能になります)

 

 

<DMM2段階定額>

  月額料金
戸建て

月間利用量3GBまで:3720円

月間利用量3GB~10GBまで:3720円~5420円

月間利用量10GB以上:5420円

無線LAN付きホームゲートウェイレンタルを利用する場合は+300円(このオプションを利用することでv6プラスも利用可能になります)

マンション マンションの場合はDMM光2段階定額なし

 

 

auひかりの戸建てタイプは東海と関西、および沖縄では使えないので、この地域の方で戸建ての方にはDMM光がオススメです。

 

 

回線はどちらも同じものを使うため、最大速度は変わりません。

 

ただし、v6プラスを利用することで混雑を避けてIPv6 IPoE方式での通信が利用できるため実測速度がかなり速くなります。

 

DMM光はv6プラスに対応していて、しかもフレッツ光よりもユーザーが少ないため、実測速度が速いです。

 

 

さらに、「ダイレクトコネクト」という仕組みで、DMM動画とDMM電子書籍を利用する場合は更に爆速になります。

 

 

DMM光,auひかり,比較,違い,速度,料金,どっち

 

>>【DMM光】で安くなる!高品質は光インターネット<<

 

 

DMM光については、下記の記事で詳細に解説しています

 

【v6プラス対応】DMM光の評判が良い理由を徹底解説!【工事費無料キャンペーン】

2017年最新版!おすすめの光回線の選び方


光回線選びに迷ってる方に絶対見て欲しい!外れない光回線の選び方はこちら


DMM光,auひかり,比較,違い,速度,料金,どっち



1分で判定!あなたにぴったりのネット回線診断


手っ取り早く知りたい方はこちら!数クリックだけであなたが『一番安く』使える『高速回線』を診断!


DMM光,auひかり,比較,違い,速度,料金,どっち



ドコモユーザーなら絶対おすすめのドコモ光!v6プラス対応で全国平均280Mbps超えの高速通信&v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタルのGMOとくとくBB×ドコモ光を要チェック!



DMM光,auひかり,比較,違い,速度,料金,どっち


  • v6プラス対応で高速!(HPで全国平均速度公開中/100Mbpsを下回ったらポイントプレゼント)
  • v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル
  • dポイント最大2万円分プレゼント!
  • 関西・東海・中国・四国・九州・沖縄の方はさらにdポイント1万円分増額!
  • 限定キャッシュバック
  • セキュリティ無料(1年間)
  • ネット申し込み可能

今月は最大63,900円分もお得なキャンペーン実施中!GMOとくとくBB×ドコモ光の公式サイトはこちら



従来のドコモ光のデメリットを解消したGMOとくとくBB×ドコモ光の解説記事はこちら



速いフレッツ光/光コラボならv6プラス対応回線から選ぶべし!


【おすすめはココ!】v6プラスが利用できる「光回線/プロバイダ」と「料金」一覧


DMM光,auひかり,比較,違い,速度,料金,どっち



引越し、出張など申し込んですぐにネットを使い始めたい方におすすめ


【引っ越した日からすぐ使いたい!】申し込み翌日から使えるフレッツ光・光コラボ回線『インターネットお急ぎ便』


DMM光,auひかり,比較,違い,速度,料金,どっち


一人暮らしで使うならこの光回線!


一人暮らしにおすすめの光回線の選び方&速くて安い光回線11選!


DMM光,auひかり,比較,違い,速度,料金,どっち



初期費用を抑えてPC・ネットを始めたい方に!PC+ネット回線セットで月額2980円~の「MediSIM」


【パソコンもネットもなくてOK!】MediSIM(メディシム) by 株式会社メディエイターを徹底解説!【2980円で始められるインターネット】


DMM光,auひかり,比較,違い,速度,料金,どっち







このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

【v6プラス対応】DMM光の評判が良い理由を徹底解説!【キャンペーン】
光回線の中では後発に位置するDMM光ですが、v6プラス対応で高速化を実現し、料金も安いなど、既存の光回線と比べてもかなりおすすめできるサービスです。このページでは、DMM光の料金、評判、メリットなどを徹底解説していきます。
DMM光の『PPPoE方式』と『v6プラス』はどっちが良い?無線LAN付きホームゲートウェイレンタルオプションは申し込んだ方が良い?
DMM光では、接続方式(PPPoE方式とv6プラス)が選択可能で、月額300円でv6プラス対応Wi-Fi(無線LAN)ルーターをレンタルすることできます。接続方式、ルーターレンタルはどちらを選ぶのがおすすめか、解説します。
DMM光とフレッツ光を比較-速度や料金の違いを解説
DMM.comが提供する光回線「DMM光」と、NTTの「フレッツ光」を比較し、速度や料金などの違いについて解説しています。