【おすすめはココ!】v6プラスが利用できる「光回線/プロバイダ」と「料金」一覧

【おすすめはココ!】v6プラスが利用できる「光回線/プロバイダ」と「料金」一覧

v6プラス,光回線,プロバイダ,IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス

 

フレッツ光や光コラボを使うなら、「v6プラス」「IPv6 IPoE + IPv4 ハイブリッド・サービス」「transix」などのIPv6接続サービスが使える光回線、プロバイダを選ぶのがおすすめです!

 

IPv6接続サービスは、深く知ろうと思うと難しい話がたくさん出てきますが、

とにかく速い!ということだけ分かればとりあえず十分です(笑)

 

 

詳しく知りたい方は、こちらの記事で解説していますのでご覧ください。

 

IPv6対応で速くなる?「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」って何者?【v6プラス/IPv6 IPoE + IPv4 ハイブリッド・サービス/transix】

 

 

とにかく速いIPv6接続サービスは、プロバイダのオプションとして提供されています。

 

しかし、全てのプロバイダで使えるわけではなく、今のところは、ごく一部のプロバイダでしか使えません。

 

料金的にも、無料の場合もあれば有料の場合もあります

 

 

そこで今回は、IPv6接続サービスの1つ、日本ネットワークイネイブラー株式会社(JPNE)の「v6プラス」について、

利用可能な「光回線、プロバイダ」「料金」を紹介します!

 

 

v6プラスが使える光回線、プロバイダと利用料金

 

※すべて戸建ての場合の例です

 

<フレッツ光>

プロバイダ 料金
GMOとくとくBB

■プロバイダ料金


初期費用:0円

月額料金:991円

 

 

 

■フレッツ光料金+プロバイダ料金


初期費用:800円(契約料)+18000円(初回3000円+500円×30ヶ月 工事費)=18800円

月額料金:4600円(フレッツ光)+991円(プロバイダ)=5591円(工事費別)

 

 

 

■備考


GMOとくとくBBのv6プラスの場合は、v6プラス対応のWi-Fiルーターレンタル料金も込みで上記の月額料金
v6プラスなしのプロバイダ契約の場合は490円

@nifty

■プロバイダ料金


初期費用:0円

月額料金:1000円

 

 

 

■フレッツ光料金+プロバイダ料金


初期費用:800円(契約料)+18000円(初回3000円+500円×30ヶ月 工事費)=18800円

月額料金:4600円(フレッツ光)+1000円(プロバイダ)=5600円(工事費別)

 

 

 

■備考


無線LANカードレンタルは別途、月額300円がかかる

v6プラスなしのプロバイダ契約の場合も同額(1000円)

BIGLOBE

■プロバイダ料金


初期費用:0円

月額料金:800円

 

 

 

■フレッツ光料金+プロバイダ料金


初期費用:800円(契約料)+18000円(初回3000円+500円×30ヶ月 工事費)=18800円

月額料金:4600円(フレッツ光)+800円(プロバイダ)=5400円(工事費別)

 

 

 

■備考


無線LANカードレンタルは別途、月額300円がかかる

v6プラスなしのプロバイダ契約の場合も同額(800円)

 

※2017年8月より、ビッグローブのIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続サービスの名称が「IPv6オプション」に変更になりました。これはビッグローブ自身がVNE事業者としてIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続サービスを開始したからで、速度や仕組みは変わりません。

 

 

<ドコモ光>

プロバイダ 料金
GMOとくとくBB

■プロバイダ料金


初期費用:0円

月額料金:0円

 

 

 

■ドコモ光料金+プロバイダ料金


初期費用:3000円(契約料)+18000円(初回3000円+500円×30ヶ月 工事費)⇒キャンペーン期間中 0円=21000円⇒キャンペーン期間中 3000円

月額料金:5200円(ドコモ光+GMOとくとくBB)

 

 

 

■備考


v6プラス対応のWi-Fiルーターレンタルが無料

GMOとくとくBBのドコモ光の場合は、すべての方がv6プラス対応になります

@nifty

■プロバイダ料金


初期費用:0円

月額料金:0円

 

 

 

■ドコモ光料金+プロバイダ料金


初期費用:3000円(契約料)+18000円(初回3000円+500円×30ヶ月 工事費)=21000円

月額料金:5400円(ドコモ光+@nifty)+工事費

 

 

 

■備考


無線LANカードレンタルは別途、月額300円がかかる

v6プラスなしの契約の場合も同額(月額5400円)

BIGLOBE

■プロバイダ料金


初期費用:0円

月額料金:0円

 

 

 

■ドコモ光料金+プロバイダ料金


初期費用:3000円(契約料)+18000円(初回3000円+500円×30ヶ月 工事費)=21000円

月額料金:5200円(ドコモ光+BIGLOBE)+工事費

 

 

 

■備考

無線LANカードレンタルは別途、月額300円がかかる


v6プラスなしの契約の場合も同額(月額5200円)

 

※2017年8月より、ビッグローブのIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続サービスの名称が「IPv6オプション」に変更になりました。これはビッグローブ自身がVNE事業者としてIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続サービスを開始したからで、速度や仕組みは変わりません。

 

 

<BIGLOBE光(ビッグローブ光)>

プロバイダ 料金
BIGLOBE

■プロバイダ料金


初期費用:0円

月額料金:0円

 

 

 

■BIGLOBE光料金+プロバイダ料金


初期費用:3000円(契約料)+30000円(750円×40ヶ月 工事費)⇒キャンペーン期間中 実質0円=33000円⇒キャンペーン期間中 3000円

月額料金:4980円(BIGLOBE光+BIGLOBE)

 

 

 

■備考


無線LANカードレンタルは別途、月額300円がかかる

v6プラスなしの契約の場合も同額(月額4980円)

 

※2017年8月より、ビッグローブ光のIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続サービスの名称が「IPv6オプション」に変更になりました。これはビッグローブ自身がVNE事業者としてIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続サービスを開始したからで、速度や仕組みは変わりません。

 

 

<@nifty光( ニフティ光)>

プロバイダ 料金
@nifty

■プロバイダ料金


初期費用:0円

月額料金:0円

 

 

 

■@nifty光料金+プロバイダ料金


初期費用:2000円(契約料)+18000円(600円×30ヶ月 工事費) = 20000円

月額料金:4500円(@nifty光+@nifty)+工事費

 

 

 

■備考


無線LANカードレンタルは別途、月額300円がかかる

v6プラスなしの契約の場合も同額(月額4500円+工事費)

 

 

<DMM光>

プロバイダ 料金
DMM.com

■プロバイダ料金


初期費用:0円

月額料金:0円

 

 

 

■DMM光料金+プロバイダ料金


初期費用:2000円(契約料)+18000円(工事費)キャンペーン期間中 0円=20000円⇒キャンペーン期間中 2000円

月額料金:4820円(DMM光+DMM.com)

 

 

 

■備考


無線LANカードレンタルは別途、月額300円がかかる

v6プラスなしの契約の場合も同額(月額4820円)

 

 

v6プラス対応の光回線/プロバイダの中でどれがおすすめか

 

フレッツ光から乗り換えたくない場合

 

現在フレッツ光を利用中で、フレッツ光から乗り換えたくない方、もしくはマンション等の事情で乗り換えできない方には、

v6対応のWi-Fiルーター込みで月額991円のGMOとくとくBBがおすすめです。

 

フレッツ光はそのままで、プロバイダだけをGMOとくとくBBに変えるのがおすすめです。

 

工事も初期費用も不要で、Wi-Fiルーターが届いたらすぐに使えます

 

 

>>プロバイダをGMOとくとくBBのv6プラスに変える<<

 

 

光回線の乗り換えも可能な場合/光回線を使っていない場合

 

フレッツ光を利用中でフレッツ光から乗り換えできない方以外は、光コラボを選んだ方がお得です。

 

 

理由としては、

 

①フレッツ光よりも光コラボの方が基本料金が安い
②携帯電話とのセット割引がある

 

という点があります。

 

 

フレッツ光も光コラボも使っている回線は、同じフレッツ網(NGN)ですので、回線品質は同じです。

 

なので、少しでも安い方(光コラボ)を選んだ方がお得になります。

 

 

光コラボの中でも、より安いものを選んだ方が良いので、おすすめは下記の通りです。

 

 

 

au携帯を使っている方/BIGLOBE SIMを使っている方

 

BIGLOBE光がおすすめ

 

 

「au携帯とのセット割引(auスマートバリュー)」、「BIGLOBE SIMとのセット割引」があり、工事費無料キャンペーンとキャッシュバックキャンペーンを実施中の「BIGLOBE光」がおすすめです。

 

 

 

>>v6プラス対応のBIGLOBE光<<

 

 

BIGLOBE光について詳しくはこちらの記事で解説しています

 

【こんな人にオススメ!】v6プラス対応のBIGLOBE光の料金・キャンペーン・速度など徹底解説

 

 

DMM mobileを使っている方

 

DMM光がおすすめ

 

 

「DMM mobileとのセット割引」があり、工事費無料キャンペーンを実施中の「DMM光」がおすすめです。

 

 

 

>>v6プラス対応のDMM光<<

 

 

DMM光について詳しくはこちらの記事で解説しています

 

【v6プラス対応】DMM光の評判が良い理由を徹底解説!【工事費無料キャンペーン】

 

 

ソフトバンク携帯を使っている方

 

ソフトバンク光がおすすめ

 

 

ソフトバンク携帯を使っている方には、ソフトバンク光をおすすめします。

 

このページで紹介しているv6プラスには対応していないのですが、同じ内容のサービス(「IPv6 IPoE + IPv4 ハイブリッド・サービス」)に対応しています。

 

 

 

>>IPv6 IPoE + IPv4 ハイブリッド・サービス対応のソフトバンク光<<

 

 

 

ソフトバンク光について詳しくはこちらの記事で解説しています

 

ソフトバンク光が「遅い」人と「速い」人の違いはこれだった!光BBユニット利用でソフトバンク光が速くなる理由

 

 

 

上記にあてはまらない方/ドコモ携帯を使っている方

 

GMOとくとくBBのドコモ光がおすすめ

 

 

ドコモ携帯とのセット割引があり、さらにv6プラス対応のWi-Fiルーター無料、工事費無料、ポイントプレゼントなど多数の特典がある「GMOとくとくBBのドコモ光」がおすすめです。

 

 

>>IPv6対応で最大1Gbps!速いドコモ光は【GMOとくとくBBのドコモ光】<<

 

 

 

GMOとくとくBBのドコモ光について詳しくはこちらの記事で解説しています

 

GMOとくとくBBのドコモ光が解消した、ドコモ光の2つのデメリット【遅い、店舗申込みが手間】


2017年最新版!おすすめの光回線の選び方


光回線選びに迷ってる方に絶対見て欲しい!外れない光回線の選び方はこちら


v6プラス,光回線,プロバイダ,IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス



1分で判定!あなたにぴったりのネット回線診断


手っ取り早く知りたい方はこちら!数クリックだけであなたが『一番安く』使える『高速回線』を診断!


v6プラス,光回線,プロバイダ,IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス



ドコモユーザーなら絶対おすすめのドコモ光!今月は最大58900円もお得になる特大キャンペーン実施中&v6プラス対応で全国平均280Mbps超えの高速通信&v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタルのGMOとくとくBB×ドコモ光を要チェック!



v6プラス,光回線,プロバイダ,IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス


  • v6プラス対応で高速!(HPで全国平均速度公開中/100Mbpsを下回ったらポイントプレゼント)
  • v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル
  • dポイント最大2万円分プレゼント!
  • 関西の方はさらにdポイント1万円分増額!
  • 限定キャッシュバック
  • セキュリティ無料(1年間)
  • ネット申し込み可能

今月は最大58,900円分もお得なキャンペーン実施中!GMOとくとくBB×ドコモ光の公式サイトはこちら



従来のドコモ光のデメリットを解消したGMOとくとくBB×ドコモ光の解説記事はこちら






このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

IPv6対応で速くなる?「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」って何者?【v6プラス/IPv6 IPoE + IPv4 ハイブリッド・サービス/transix】
「v6プラス対応だから速い!」や「IPv6 IPoE + IPv4 ハイブリッド・サービス対応で高速通信!」などを謳っている光回線やプロバイダが増えてきましたが、そもそもそれって何?という方が多いと思います。それらのサービスは総称して「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」と呼ばれるものです。「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」とは何なのか、なぜ速くなるのか、などなど徹底調査し、解説していきます!
【Wi-Fiルーター】v6プラス対応機器はこちら【HGW(ホームゲートウェイ)】
v6プラスの利用に必要な、v6プラス対応機器(Wi-Fiルーター・ホームゲートウェイ)を紹介します。
【v6プラス利用に向かない人も!】v6プラスのデメリットはこんなところ
IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービスの1つである『v6プラス』は、混雑を避けて高速通信を実現できるサービスですが、デメリットも存在します。v6プラス申し込み前に知っておきたいv6プラスのデメリット、v6プラス利用に向かない人について解説します。
v6プラスと「IPv6接続オプション」や「フレッツ光 IPv6接続」の違い
v6プラスオプションと、「IPv6接続オプション」や「フレッツ光 IPv6接続」の違いについて解説します。
IPv6 IPoE + IPv4 ハイブリッド・サービスが利用できる「光回線/プロバイダ」と「料金」一覧
「IPv6 IPoE + IPv4 ハイブリッド・サービス」は、BBIX社が提供しているIPv6およびIPv4の接続サービスです。「IPv6 IPoE + IPv4 ハイブリッド・サービス」が使える光回線、プロバイダを紹介します。