v6プラスとpppoeを併用するメリットと方法

v6プラスとpppoeを併用するメリットと方法

v6プラス,pppoe,併用,同時,メリット,方法,ps4,ブリッジ

 

 

v6プラスとpppoeを併用するメリット

 

v6プラスとPPPoEを併用するメリットは、普段はv6プラスの高速通信を使いながら、「v6プラスだとできないこと」をしたい時だけPPPoEを使うことができるということです。

 

「v6プラスだとできないこと」というのは、下記のようなものです。

 

v6プラスだとできないこと

 


  • 特定ポートを使うサービス(PS4のオンラインゲームの一部など)
  •  

  • 固定ipが必要なサービス(WEBカメラや自宅サーバー公開など)
  •  

  • PPTPを利用するサービス(VPNなど)
  •  

  • SCTPを利用するサービス(Linux kernel・Solaris・AIXなどのOSの一部など)
  •  

  • IPv4グローバルアドレスを共有するネットワークでは利用できないサービス

 

 

 

 

ホームページや動画サイト閲覧などはv6プラスだけで問題なく使えるのですが、PS4の一部のオンラインゲームをプレイしたい場合などは、PPPoEも併用できる環境でないと使えません

 

また、固定ipが必要なサービス(VPN、ネット証券など)を使いたい場合、マルチセッションを利用して「v6プラス対応プロバイダ」と「固定ip対応プロバイダ(PPPoE)」を併用する(両方提供しているプロバイダもあり)か、もしくはマイIPというサービスを利用することで使用可能になります。

 

 

このような、v6プラスとPPPoEを併用する方法について、このページで解説していきます!

 

 

v6プラスとPPPoEを併用する方法

 

①v6プラス対応プロバイダと契約する

 

v6プラスに対応しているプロバイダは、同時にPPPoEにも対応しています

 

そのため、v6プラスに対応しているプロバイダと契約することで、v6プラスとPPPoEを併用することが可能になります

 

 

②v6プラスに申し込む

 

v6プラス対応プロバイダには、プロバイダ契約時点で自動的にv6プラスが使えるようになるところと、別途申し込みが必要なところがあります。

 

別途申し込みが必要なプロバイダの場合は、v6プラスが使えるように申し込みしましょう。(各プロバイダでv6プラスが使えるようになるオプション名などが異なります)

 

 

v6プラス対応光回線/プロバイダ一覧と、どんな方にどの光回線/プロバイダプロバイダがおすすめなのかは下記ページで解説しています

 

【おすすめはココ!】v6プラスが利用できる「光回線/プロバイダ」と「料金」一覧

 

 

③ONU・HGW・ハブ・ルーターなどの組み合わせによるネットワーク構成でv6プラスとPPPoEを併用する

 

v6プラスとPPPoEの併用は、ネットワーク機器(ONU・HGW・ハブ・ルーターなど)のブリッジ機能・パススルー機能を利用したり、複数のネットワーク機器を組み合わせて使うことで実現できます。

 

ネットワークに関する知識がある方であれば、様々なやり方ができると思いますが、ここでは、実際にv6プラスとPPPoEを併用して使うことが出来ている諸先輩方が公開している方法を紹介(リンク)します。

 

ご自身のやりたいことや、環境に合った方法を参考にしてください。

 

 

■ONU・v6プラス対応ルーター・PPPoE対応ルーターを使う方法

 

v6プラスとIPv4(PPPoE)を併用する(その1)

 

 

■ONU・v6プラス対応ルーターを使う方法(Windows10搭載のPCでv6プラス・PPPoEを切替えながら利用する方法)

 

v6プラスとIPv4(PPPoE)を併用する(その2)

 

 

■v6プラス対応HGW・PPPoE対応ルーターを使う方法

 

v6プラスを使ってみよう その2

 

 

■v6プラス対応HGW・PPPoE対応ルーターを使う方法(PS4をv6プラス接続+PPPoEも利用可能にする方法)

 

格ゲーマーのためのラグ対策 v6プラス編

 

 

■ONU・ハブ・v6プラス対応ルーター・PPPoE対応ルーターを使う方法(v6プラス接続+PPPoEの固定ipを利用可能にする方法)

 

フレッツ光でGMOとくとくBBのv6プラス(IPoE)と固定IPのPPPoEを併用した話

 

 

v6プラスとPPPoEを切り替える方法(v6プラス対応HGWを利用している方向け)

 

v6プラス対応のHGWを利用している方は、HGWの設定画面からv6プラスとPPPoEを切り替える(併用ではなく切替え)ことができます。

 

v6プラス対応のHGW(ホームゲートウェイ)やWi-Fiルーターは下記ページで紹介しています。

 

【Wi-Fiルーター】v6プラス対応機器はこちら【HGW(ホームゲートウェイ)】

 

 

v6プラスとPPPoEの替方法は下記サイトを参照ください。

 

v6プラスの通信速度が振るわない件&PPPoEに簡単に切り替える方法

 

 

 

 


2017年最新版!おすすめの光回線の選び方


光回線選びに迷ってる方に絶対見て欲しい!外れない光回線の選び方はこちら


v6プラス,pppoe,併用,同時,メリット,方法,ps4,ブリッジ



1分で判定!あなたにぴったりのネット回線診断


手っ取り早く知りたい方はこちら!数クリックだけであなたが『一番安く』使える『高速回線』を診断!


v6プラス,pppoe,併用,同時,メリット,方法,ps4,ブリッジ



ドコモユーザーなら絶対おすすめのドコモ光!v6プラス対応で全国平均280Mbps超えの高速通信&v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタルのGMOとくとくBB×ドコモ光を要チェック!



v6プラス,pppoe,併用,同時,メリット,方法,ps4,ブリッジ


  • v6プラス対応で高速!(HPで全国平均速度公開中/100Mbpsを下回ったらポイントプレゼント)
  • v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル
  • dポイント最大2万円分プレゼント!
  • 関西の方はさらにdポイント1万円分増額!
  • 限定キャッシュバック
  • セキュリティ無料(1年間)
  • ネット申し込み可能

今月は最大63,700円分もお得なキャンペーン実施中!GMOとくとくBB×ドコモ光の公式サイトはこちら



従来のドコモ光のデメリットを解消したGMOとくとくBB×ドコモ光の解説記事はこちら



速いフレッツ光/光コラボならv6プラス対応回線から選ぶべし!


【おすすめはココ!】v6プラスが利用できる「光回線/プロバイダ」と「料金」一覧


v6プラス,pppoe,併用,同時,メリット,方法,ps4,ブリッジ



引越し、出張など申し込んですぐにネットを使い始めたい方におすすめ


【引っ越した日からすぐ使いたい!】申し込み翌日から使えるフレッツ光・光コラボ回線『インターネットお急ぎ便』


v6プラス,pppoe,併用,同時,メリット,方法,ps4,ブリッジ


一人暮らしで使うならこの光回線!


一人暮らしにおすすめの光回線の選び方&速くて安い光回線11選!


v6プラス,pppoe,併用,同時,メリット,方法,ps4,ブリッジ



初期費用を抑えてPC・ネットを始めたい方に!PC+ネット回線セットで月額2980円~の「MediSIM」


【パソコンもネットもなくてOK!】MediSIM(メディシム) by 株式会社メディエイターを徹底解説!【2980円で始められるインターネット】


v6プラス,pppoe,併用,同時,メリット,方法,ps4,ブリッジ







このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

IPv6対応で速くなる?「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」って何者?【v6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix】
「v6プラス対応だから速い!」や「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4対応で高速通信!」などを謳っている光回線やプロバイダが増えてきましたが、そもそもそれって何?という方が多いと思います。それらのサービスは総称して「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」と呼ばれるものです。「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」とは何なのか、なぜ速くなるのか、などなど徹底調査し、解説していきます!
【おすすめはココ!】v6プラスが利用できる「光回線/プロバイダ」と「料金」一覧
「IPv6 IPoE +IPv4 over IPv6接続サービス」の1つ、「v6プラス」が使える光回線、プロバイダをまとめました。
【Wi-Fiルーター】v6プラス対応機器はこちら【HGW(ホームゲートウェイ)】
v6プラスの利用に必要な、v6プラス対応機器(Wi-Fiルーター・ホームゲートウェイ)を紹介します。
【v6プラス利用に向かない人も!】v6プラスのデメリットはこんなところ
IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービスの1つである『v6プラス』は、混雑を避けて高速通信を実現できるサービスですが、デメリットも存在します。v6プラス申し込み前に知っておきたいv6プラスのデメリット、v6プラス利用に向かない人について解説します。
v6プラスと「IPv6接続オプション」や「フレッツ光 IPv6接続」の違い
v6プラスオプションと、「IPv6接続オプション」や「フレッツ光 IPv6接続」の違いについて解説します。
IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4が利用できる「光回線/プロバイダ」と「料金」一覧
「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4」は、BBIX社が提供しているIPv6およびIPv4の接続サービスです。「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4」が使える光回線、プロバイダを紹介します。