【v6プラス利用に向かない人も!】v6プラスのデメリットはこんなところ

【v6プラス利用に向かない人も!】v6プラスのデメリットはこんなところ

v6プラス,デメリット,向かない人,IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス

 

v6プラスのデメリットは、端的に言うと以下のような点です。

 

  • 特定ポートを使うサービス(PS4のオンラインゲームの一部など)が出来ない
  •  

  • 固定ipが使えない
  •  

  • PPTPを利用するサービス(VPNなど)が使えない
  •  

  • SCTPを利用するサービス(Linux kernel・Solaris・AIXなどのOSの一部など)が使えない
  •  

  • IPv4グローバルアドレスを共有するネットワークでは利用できないサービスが使えない

 

 

このような、v6プラスで出来ない・使えないサービスを利用したい方は、残念ながらv6プラス利用に向いていません。

 

 

どうでしょう?あなたは当てはまりますか?

 

 

v6プラス,デメリット,向かない人,IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス

うーん、分かんない

 

 

という方、ピンと来ない方であればほぼ大丈夫だと思いますが、不安であればこのページの解説を読んでみてください。

 

また、実は、「特定ポートを使うオンラインゲームをプレイする方法」「固定ipを使う方法」もありますので、そうした点がネックでv6プラスが使えなかった方も、このページの解説を見てみてください。

 

 

上記のデメリットが当てはまらないから大丈夫そう~という方は、下記記事もご覧ください

(v6プラス対応の光回線・プロバイダの中で、どんな方にどのサービスが向いているか解説しています)

 

【おすすめはココ!】v6プラスが利用できる「光回線/プロバイダ」と「料金」一覧

 

 

 

 

v6プラスのデメリット

 

ページ冒頭でも書いていますが、v6プラスのデメリットは下記のような点です。

 

v6プラスのデメリット

 


  • 特定ポートを使うサービス(PS4のオンラインゲームの一部など)が出来ない
  •  

  • 固定ipが使えない
  •  

  • PPTPを利用するサービス(VPNなど)が使えない
  •  

  • SCTPを利用するサービス(Linux kernel・Solaris・AIXなどのOSの一部など)が使えない
  •  

  • IPv4グローバルアドレスを共有するネットワークでは利用できないサービスが使えない

 

 

ここからは、それぞれのデメリットの詳しい説明と、対処法があるものに関しては対処法も紹介していきます。

 

 

v6プラスのデメリット① 特定ポートを使うサービス(PS4のオンラインゲームの一部など)が出来ない

 

v6プラスには、特定ポートを使うサービス(PS4のオンラインゲームの一部など)が出来ないというデメリットがあります。

 

 

理由を詳しく知りたい方は下記の▼をクリックして解説をご覧ください。(ちょっと難しい話になります)

 

▼ v6プラスで「特定ポートを使うサービス」が利用できない理由(クリックで展開)

 

 

 

しかしながら、v6プラスを契約しても、絶対にオンラインゲーム(などの特定ポートを使うサービス)が出来ないわけではありません

 

実際にv6プラスを利用してオンラインゲームをプレイしているユーザーの口コミを見ると、問題なくプレイできるゲームもたくさんあるようです。(たとえばこちらの記事に書かれているタイトル)

 

やりたいオンラインゲームがあって、それがv6プラスでプレイ可能かを知りたい場合は、v6プラス申し込み前に「v6プラス ゲーム名」などで調べてみてください。

 

実際にプレイできているv6プラスユーザーがいれば、そのゲームで使うポート番号は制限されていない可能性があります。

 

 

また、これは少し裏技的な方法になりますが、v6プラスでは利用出来ないサービスを使う時だけ従来型の通信(IPv4 PPPoE)を使うという対処法もあります。

 

この場合の手順は下記のようになります。

 

 

v6プラス対応のルーターの他にもう1台ルーター(こちらはv6プラスに対応していないものでOK)を用意



この2台を接続する



v6プラス対応のルーターの「PPPoEパススルー設定」をONにする

 

※詳しい手順はこちらのサイトで解説されています

 

 

これでv6プラス対応ルーターで接続した場合はv6プラスで接続でき、もう1台のルーターで接続した場合は従来型の通信(IPv4 PPPoE)で接続できるようになりますので、

v6プラスではできないオンラインゲームなどを使う時だけ、2台目のルーターと接続するようにすれば、v6プラス対応のサービス利用時はv6プラスの高速通信、v6プラス非対応のサービス利用時は従来型の通信で接続できます

 

ただこの場合は、せっかくのv6プラスの速さがオンラインゲームに活かせないのが残念ではありますが・・・。

 

 

インターネットの主な利用用途が、v6プラス非対応のオンラインゲームという方は、やはりv6プラス向きではありません。

 

そういう方には、フレッツ光や光コラボの混雑の原因となっているNGNとISPの接続点(網終端)を通らないため回線速度が速く、ポートの制限もない「ダークファイバー回線(NURO光もしくはauひかり)」がおすすめです。

 

特にNURO光は、他回線の2倍速い下り最大2Gbpsの超高速回線です。ただエリアが関東しか対応していないため、関東の方しか使えません。

 

auひかりv6プラス回線と同じ下り最大1Gbpsで、東海・関西・沖縄以外の全国がエリアになっています。

 

 

NURO光・auひかり共に、実測速度においても速い光回線ですので、オンラインゲームにも向いています。

 

それぞれのメリットを詳しく知りたい方は下記記事をご覧ください。

 

「NURO光」を選ぶべき理由【速い、安い、無料オプションも充実】

 

auひかりを選ぶべき4つのメリット

 

 

v6プラスのデメリット② 固定ipが使えない

 

v6プラスの2つ目のデメリットは、固定ipが使えない点です。

 

固定ipというのは、ipアドレス(インターネットの中でのパソコンやスマートフォンなどの住所)が変わらないようにする仕組みです。

 

多くのプロバイダでは、動的ipという、一定期間ごとにランダムでipアドレスが割り当てられる仕組みが使われていますが、動的ipだと一部のサービスが使えなくなってしまいます。

 

動的ipでは使えないサービス(固定ipでないと使えないサービス) 例

 


  • 自宅サーバー
  • リモートデスクトップなどの遠隔地接続
  • Webカメラの利用、監視
  • 固定ipが利用条件になっている一部のネット証券

 

上記のようなサービスを使いたい場合は、プロバイダと固定ipを契約する必要があります。

 

 

実はv6プラスの提供元であるJPNE(日本ネットワークイネイブラー株式会社)では、2017年7月からv6プラス向けの「固定ipサービス」を提供開始しています。

 

 

ですが、私たちユーザーは、直接JPNEと契約できるわけではなく、”JPNEと提携している「プロバイダ」”と契約することで、JPNEのサービスであるv6プラスを利用できる仕組みになっています。

 

そのため、JPNE側ではv6プラスの固定ipサービスを提供し始めたものの、まだプロバイダが対応していない現在は、私たちユーザーがv6プラスの固定ipを利用することは出来ません

 

 

 

ただ、v6プラスを契約しながらも、固定ipが必要なサービスを使うときだけ固定ipを利用する方法もあります

 

それが「マイIP」というサービスを使う方法です。

 

 

マイIPは、専用のサーバーを経由してインターネット接続することで、プロバイダの固定ipサービスを契約していない方でも、固定ipアドレスを使ったインターネット接続ができるサービスです。

 

つまり、「v6プラス」と「マイIP」を契約することで、固定ipが必要ないときはv6プラス(動的ip)を使い、固定ipが必要なときはマイIP(固定ip)を使うということが可能になります。

 

 

ただし、マイIPを使った通信はv6プラスではないので、回線速度は落ちます

 

「マイIP」、「マイIP ソフトイーサ版」の2種類がありますが、v6プラスと併用する場合は「マイIP ソフトイーサ版」しか使えないと思われます(v6プラスではPPTPが使えないため)。

 

また、マイIPはv6プラスとは別の会社のサービスですので、別途契約が必要になります(月額1,296円~)。

 

 

v6プラスを使いたいけれど、どうしても固定ipも必要という方は、v6プラスとマイIPを併用する方法も検討する価値アリだと思います。

 

ちなみにマイIPは2ヶ月間の無料体験ができますので、実際に使ってみてから有料で継続するか決めることもできます。

 

マイIPの固定ipサービスの詳しい解説はこちら

 

NURO光やauひかりなどで固定ipを使う方法-マイIP

 

 

v6プラスのデメリット③ PPTPを利用するサービス(VPNなど)が使えない

 

v6プラスの3つ目のデメリットは、PPTPを利用するサービスが使えない点です。

 

PPTPを利用する主なサービスはVPNですので、v6プラスではVPNは使えません

 

 

v6プラスを使いたいけれど、VPNも使いたいという場合は、オンラインゲームのところで紹介した2台のルーターを使う方法を使えばVPN接続時だけ従来型の通信(IPv4 PPPoE)を使うことも可能になると思います。

 

 

v6プラスのデメリット④ SCTPを利用するサービス(Linux kernel・Solaris・AIXなどのOSの一部など)が使えない

 

v6プラスの4つ目のデメリットは、SCTPを利用するサービスが使えない点です。

 

Wikipediaによると、SCTPは下記のようなOS・バージョンで使われています。

 

  • Linux kernel 2.4/2.6
  • Solaris 10(サン・マイクロシステムズ)
  • FreeBSD、NetBSD、OpenBSD(KAMEプロジェクト)
  • QNX Neutrino Realtime OS
  • AIX Version 5
  • Oracleの提供するWindows以外のJava SE 7実装(Java#Java SE 7(2011年7月28日))

 

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/Stream_Control_Transmission_Protocol

 

多くの方が利用しているWindowsやMAC OSなどであれば影響はありません。

 

ただ、自宅PCにLinuxを入れて使っている方などは、カーネルバージョンの確認が必要です。

 

 

v6プラスのデメリット⑤ IPv4グローバルアドレスを共有するネットワークでは利用できないサービスが使えない

 

v6プラスの最後のデメリットは、IPv4グローバルアドレスを共有するネットワークでは利用できないサービスが使えない点です。

 

IPv4グローバルアドレスを共有するネットワークでは利用できないサービスというのは、これまで紹介してきた固定ipが必要なサービスや、特定ポートを使うサービスのことです。

 

 

マイIPを使ったりルーターを2台使った環境にするなどで、対処できる部分もあります(各項参照)

 

 

まとめ

 

v6プラスのデメリットは、以下のようなサービスが使えなくなる点です。

 

  • 特定ポートを使うサービス(PS4のオンラインゲームの一部など)
  •  

  • 固定ip
  •  

  • PPTPを利用するサービス(VPNなど)
  •  

  • SCTPを利用するサービス(Linux kernel・Solaris・AIXなどのOSの一部など)
  •  

  • IPv4グローバルアドレスを共有するネットワークでは利用できないサービス

 

 

インターネットが見たい、動画が観たい、などの一般的な用途であれば、v6プラス環境でも問題なく使えます。

 

もしv6プラスでできないオンラインゲームや、固定ipを使ったサービスを利用したい場合は、

v6プラス環境でも使えるようにする方法もあります(記事中で解説しています)ので、そういった方法を使うことも検討してみるか、

もしくはv6プラスと同等以上に回線速度が速く、しかもv6プラスでは使えなくなってしまうサービスも使えるNURO光auひかりを利用するのもおすすめです。

 

 

 

また、このページではv6プラスのデメリットについて解説してきましたが、

回線速度を高速化できるv6プラスの仕組み・メリットや、複数あるv6プラス対応光回線・プロバイダの中からあなたがお得に使えるものはどれなのかなどについても下記記事にて解説していますの参考にしてくださいね。

 

回線速度を高速化できるv6プラスの仕組み・メリットの解説

 

IPv6対応で速くなる?「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」って何者?【v6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix】

 

複数あるv6プラス対応光回線・プロバイダの中からあなたがお得に使えるものはどれなのか解説

 

【おすすめはココ!】v6プラスが利用できる「光回線/プロバイダ」と「料金」一覧

 

 


2017年最新版!おすすめの光回線の選び方


光回線選びに迷ってる方に絶対見て欲しい!外れない光回線の選び方はこちら


v6プラス,デメリット,向かない人,IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス



1分で判定!あなたにぴったりのネット回線診断


手っ取り早く知りたい方はこちら!数クリックだけであなたが『一番安く』使える『高速回線』を診断!


v6プラス,デメリット,向かない人,IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス



ドコモユーザーなら絶対おすすめのドコモ光!v6プラス対応で全国平均280Mbps超えの高速通信&v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタルのGMOとくとくBB×ドコモ光を要チェック!



v6プラス,デメリット,向かない人,IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス


  • v6プラス対応で高速!(HPで全国平均速度公開中/100Mbpsを下回ったらポイントプレゼント)
  • v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル
  • dポイント最大2万円分プレゼント!
  • 関西の方はさらにdポイント1万円分増額!
  • 限定キャッシュバック
  • セキュリティ無料(1年間)
  • ネット申し込み可能

今月は最大63,700円分もお得なキャンペーン実施中!GMOとくとくBB×ドコモ光の公式サイトはこちら



従来のドコモ光のデメリットを解消したGMOとくとくBB×ドコモ光の解説記事はこちら



速いフレッツ光/光コラボならv6プラス対応回線から選ぶべし!


【おすすめはココ!】v6プラスが利用できる「光回線/プロバイダ」と「料金」一覧


v6プラス,デメリット,向かない人,IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス



引越し、出張など申し込んですぐにネットを使い始めたい方におすすめ


【引っ越した日からすぐ使いたい!】申し込み翌日から使えるフレッツ光・光コラボ回線『インターネットお急ぎ便』


v6プラス,デメリット,向かない人,IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス


一人暮らしで使うならこの光回線!


一人暮らしにおすすめの光回線の選び方&速くて安い光回線11選!


v6プラス,デメリット,向かない人,IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス



初期費用を抑えてPC・ネットを始めたい方に!PC+ネット回線セットで月額2980円~の「MediSIM」


【パソコンもネットもなくてOK!】MediSIM(メディシム) by 株式会社メディエイターを徹底解説!【2980円で始められるインターネット】


v6プラス,デメリット,向かない人,IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス







このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

IPv6対応で速くなる?「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」って何者?【v6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix】
「v6プラス対応だから速い!」や「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4対応で高速通信!」などを謳っている光回線やプロバイダが増えてきましたが、そもそもそれって何?という方が多いと思います。それらのサービスは総称して「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」と呼ばれるものです。「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」とは何なのか、なぜ速くなるのか、などなど徹底調査し、解説していきます!
【おすすめはココ!】v6プラスが利用できる「光回線/プロバイダ」と「料金」一覧
「IPv6 IPoE +IPv4 over IPv6接続サービス」の1つ、「v6プラス」が使える光回線、プロバイダをまとめました。
【Wi-Fiルーター】v6プラス対応機器はこちら【HGW(ホームゲートウェイ)】
v6プラスの利用に必要な、v6プラス対応機器(Wi-Fiルーター・ホームゲートウェイ)を紹介します。
v6プラスとpppoeを併用するメリットと方法
v6プラスとPPPoEを併用することで、v6プラスのデメリットである、固定ipを使うサービス、特定ポートを使うPS4ソフトやオンラインゲーム等ができない問題を解消することができます。このページでは、v6プラスとPPPoEを併用するメリットと方法について解説します。
v6プラスと「IPv6接続オプション」や「フレッツ光 IPv6接続」の違い
v6プラスオプションと、「IPv6接続オプション」や「フレッツ光 IPv6接続」の違いについて解説します。
IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4が利用できる「光回線/プロバイダ」と「料金」一覧
「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4」は、BBIX社が提供しているIPv6およびIPv4の接続サービスです。「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4」が使える光回線、プロバイダを紹介します。