【図解】「フレッツ・v6オプション」と「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス(v6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix/IPv6オプション)」の違い・関係性を解説!

【図解】「フレッツ・v6オプション」と「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス(v6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix/IPv6オプション)」の違い・関係性を解説!

フレッツ・v6オプション,v6プラス,違い,関係性,IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス,IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4,transix,IPv6オプション

 

 

 

フレッツ・v6オプション,v6プラス,違い,関係性,IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス,IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4,transix,IPv6オプション

「最近よくv6プラスにすると速くなるとか聞くけど、IPv6 IPoEっていうのに対応すれば速くなるってことかな?

 

ん?フレッツ・v6オプションっていうのを申し込めば、無料でIPv6 IPoE対応にできるの?じゃあフレッツ・v6オプションを申し込んでみよ~これで速くなるはず!」

 

 

フレッツ・v6オプション,v6プラス,違い,関係性,IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス,IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4,transix,IPv6オプション

「しばらく使ってみたけど速くなんないよ~・・・」

 

 

とお困りの方!

 

 

実は、「フレッツ・v6オプション」と、v6プラスなどの「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」はまったく別物なんです!

 

名前は似ていますし、どちらもIPv6 IPoE通信を行うためのオプションという点も同じなので、混同されてしまうことが多いのですが、まったく別物です。

 

 

結論からいうと、インターネット接続の回線速度を速くしたいなら、「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス(v6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix/IPv6オプション)」を使わないといけません

 

「フレッツ・v6オプション」を使っても、回線速度が速くなったという実感は得られないでしょう。

 

 

このページでは、

 

  • 「フレッツ・v6オプション」と「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス(v6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix/IPv6オプション)」の違い・関係性
  •  

  • おすすめの「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス(v6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix/IPv6オプション)」対応光回線

 

について解説します!

 

 

前提 IPv6 IPoE通信を利用することで回線速度が速くなる

 

「フレッツ・v6オプション」と「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス(v6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix/IPv6オプション)」の違い・関係性について解説する前に、前提として知っておいて頂きたいのは、

「IPv6 IPoE通信」を利用することで、光回線の回線速度が速くなるということです。

 

理由を簡単に挙げると、

 

①PPPoE通信(従来型の通信方法)だと速度が最大200Mbpsに制限されてしまうが、IPv6 IPoE通信なら最大1Gbpsまで最大速度が上がる

 

②PPPoE通信ではNGNとプロバイダの接続点(網終端装置)の混雑により、速度が遅くなってしまっているが、IPv6 IPoE通信なら網終端装置を通らないので混雑・速度低下を回避できる

 

ということです。

 

 

この辺りの、「IPv6 IPoE」や「PPPoE」については下記記事で詳しく解説していますので、詳しく知りたい方はご一読ください。

 

IPv6対応で速くなる?「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」って何者?【v6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix】

 

 

IPv6 IPoE通信を利用することで、回線速度が速くなるという点を頭に入れて頂き、この先をお読みください!

 

 

「フレッツ・v6オプション」と「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス(v6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix/IPv6オプション)」の違い・関係性

 

 

「フレッツ・v6オプション」と「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス(v6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix/IPv6オプション)」の違い・関係性について、順を追って説明します!

 

 

違いは「どの範囲までIPv6 IPoE通信が行えるか」

 

フレッツ・v6オプション,v6プラス,違い,関係性,IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス,IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4,transix,IPv6オプション

 

「フレッツ・v6オプション」と「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス(v6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix/IPv6オプション)」の違い・関係性を図で表すと、こんな感じです。

 

端的にいうと、どこまでIPv6 IPoE通信が行えるのかの違いです。

 

 

実はフレッツ光ネクストや光コラボは、何もオプションに加入していなくても、ある範囲まではIPv6 IPoE通信が行えるようになっています

 

IPv6 IPoE通信が行える範囲は、

何もIPv6 IPoEオプションに加入していない方<「フレッツ・v6オプション」に加入している方<「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス(v6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix/IPv6オプション)」に加入している方

の順で広くなります。

 

 

それぞれがIPv6 IPoE通信を行える範囲

 

では、それぞれがどの範囲までIPv6 IPoE通信を行えるのかを見てみましょう!

 

 

①何もIPv6 IPoEオプションに加入していない方の場合

 

フレッツ・v6オプション,v6プラス,違い,関係性,IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス,IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4,transix,IPv6オプション

 

「フレッツ・v6オプション」にも、「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス(v6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix/IPv6オプション)」にも加入していない方の場合、

NGN内のサーバー(私たちユーザーに何らかのサービスを提供してくれるコンピューター)にのみIPv6 IPoE通信でアクセスできます

 

NGN内にサーバーのあるサービスというのは、ほとんどありません。(フレッツや光コラボのオプション申し込み等ができる「サービス情報サイト」ぐらい)

 

つまり、「フレッツ・v6オプション」にも、「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス(v6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix/IPv6オプション)」にも加入していない方の場合、IPv6通信で使えるサービスはほとんどないということになります。

 

 

②「フレッツ・v6オプション」に加入している方の場合

 

フレッツ・v6オプション,v6プラス,違い,関係性,IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス,IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4,transix,IPv6オプション

 

「フレッツ・v6オプション」に加入している方の場合は、NGN内のサーバー(サービス)へのアクセスに加えて、フレッツ・v6オプションを利用している方同士のIPv6 IPoE通信も可能になります。

 

ただ、これもNGN経由のみの話なので、ほとんどIPv6 IPoE通信が使える場面はありません

 

 

③「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス(v6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix/IPv6オプション)」に加入している方の場合

 

フレッツ・v6オプション,v6プラス,違い,関係性,IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス,IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4,transix,IPv6オプション

 

「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス(v6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix/IPv6オプション)」に加入している方の場合は、

NGN内のサーバー(サービス)へのアクセス、フレッツ・v6オプションを利用している方同士のIPv6 IPoE通信だけでなく、インターネットへの接続もIPv6 IPoE通信で行うことができるようになります。

 

インターネットへの接続がIPv6 IPoE通信で行えるようになるということは、つまり、インターネットを使う時の回線速度が速くなるということです。

 

そして、私たちが光回線で利用するサービスは、ほとんどがインターネット経由で行っているものです。

 

 

つまり、YOUTUBEなどの動画を見たり、ホームページを見たり、オンラインゲームをしたり等、

私たちが普段利用するサービスの回線速度を速くしたいのであれば、「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス(v6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix/IPv6オプション)」に加入する必要があります

 

 

「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス(v6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix/IPv6オプション)」を使うには、まずは対応している光回線・プロバイダを契約する必要があります。

 

 

IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス対応の光回線・プロバイダを利用中の方は、オプション(v6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix/IPv6オプションのいずれか。プロバイダによってどのオプションかは異なります。)に加入することで、IPv6 IPoE通信が利用可能になり、回線速度を速くできます。

 

 

IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス未対応の光回線・プロバイダを利用中の方は、対応の回線・プロバイダに乗り換える必要があります。

 

 

最後に、IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス対応の光回線・プロバイダを紹介しますので、

現在利用中の回線が入っているかを確認し、入っていればオプション(v6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix/IPv6オプションのいずれか。プロバイダによってどのオプションかは異なります。)に申し込みを、

入っていなければ、対象の光回線に乗り換えを検討してみてください。

 

 

おすすめの「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス(v6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix/IPv6オプション)」対応光回線

 

「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス(v6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix/IPv6オプション)」対応光回線は下記のとおりです。

 

携帯電話とのセット割を利用することで、毎月の料金を安くすることができますので、おすすめの組み合わせと併せて紹介していきます。

 

 

フレッツ光から乗り換えたくない場合

 

現在フレッツ光を利用中で、フレッツ光から乗り換えたくない方、もしくはマンション等の事情で乗り換えできない方には、

v6対応のWi-Fiルーター込みで月額991円のGMOとくとくBBがおすすめです。

 

フレッツ光はそのままで、プロバイダだけをGMOとくとくBBに変えるのがおすすめです。

 

工事も初期費用も不要で、Wi-Fiルーターが届いたらすぐに使えます

 

 

>>プロバイダをGMOとくとくBBのv6プラスに変える<<

 

 

光回線の乗り換えも可能な場合/光回線を使っていない場合

 

フレッツ光を利用中でフレッツ光から乗り換えできない方以外は、光コラボを選んだ方がお得です。

 

 

理由としては、

 

①フレッツ光よりも光コラボの方が基本料金が安い
②携帯電話とのセット割引がある

 

という点があります。

 

 

フレッツ光も光コラボも使っている回線は、同じフレッツ網ですので、回線品質は同じです。

 

なので、少しでも安い方(光コラボ)を選んだ方がお得になります。

 

 

光コラボの中でも、より安いものを選んだ方が良いので、おすすめは下記の通りです。

 

 

au携帯を使っている方/BIGLOBE SIMを使っている方

 

BIGLOBE光がおすすめ

 

 

「au携帯とのセット割引(auスマートバリュー)」、「BIGLOBE SIMとのセット割引」があり、工事費無料キャンペーンとキャッシュバックキャンペーンを実施中の「BIGLOBE光」がおすすめです。

 

 

 

>>v6プラス対応のBIGLOBE光<<

 

 

BIGLOBE光について詳しくはこちらの記事で解説しています

 

【こんな人にオススメ!】v6プラス対応のBIGLOBE光の料金・キャンペーン・速度など徹底解説

 

BIGLOBE光(ビッグローブ光)が遅い人と速い人の違いはコレ!【IPv6オプションで高速回線へ】

 

 

 

DMM mobileを使っている方

 

DMM光がおすすめ

 

 

「DMM mobileとのセット割引」があり、工事費無料キャンペーンを実施中の「DMM光」がおすすめです。

 

 

 

>>v6プラス対応のDMM光<<

 

 

DMM光について詳しくはこちらの記事で解説しています

 

【v6プラス対応】DMM光の評判が良い理由を徹底解説!【工事費無料キャンペーン】

 

 

 

ソフトバンク携帯を使っている方

 

ソフトバンク光がおすすめ

 

 

「ソフトバンク携帯とのセット割引(おうち割光セット)」があり、工事費無料キャンペーンやキャッシュバックキャンペーンなどを実施中のソフトバンク光をおすすめします。

 

 

 

>>IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4対応のソフトバンク光<<

 

 

 

ソフトバンク光について詳しくはこちらの記事で解説しています

 

ソフトバンク光が「遅い」人と「速い」人の違いはこれだった!光BBユニット利用でソフトバンク光が速くなる理由

 

 

 

ドコモ携帯を使っている方

 

GMOとくとくBBのドコモ光がおすすめ

 

 

ドコモ携帯とのセット割引があり、さらにv6プラス対応のWi-Fiルーター無料、現金キャッシュバック、ポイントプレゼントなど多数の特典がある「GMOとくとくBBのドコモ光」がおすすめです。

 

 

>>IPv6対応で最大1Gbps!速いドコモ光は【GMOとくとくBBのドコモ光】<<

 

 

 

GMOとくとくBBのドコモ光について詳しくはこちらの記事で解説しています

 

GMOとくとくBBのドコモ光が解消した、ドコモ光の2つのデメリット【遅い、店舗申込みが手間】

 

 

 

NifMo(ニフモ)を使っている方

 

@nifty光(ニフティ光)がおすすめ

 

 

「NifMoとのセット割引(まるっと割)」があり、キャッシュバック・Wi-Fiルータープレゼントキャンペーンを実施中の「@nifty光」がおすすめです。

 

 

 

>>v6プラス対応の@nifty光<<

 

 

@nifty光について詳しくはこちらの記事で解説しています

 

@nifty光(ニフティ光)がオススメなのはこんな方!-メリット・デメリットから見るnifty光のオススメユーザー

 

 

 

IIJmioモバイルサービス、IIJmioモバイルプラスサービスを使っている方

 

IIJmioひかりがおすすめ

 

 

「IIJmioモバイルサービス、IIJmioモバイルプラスサービスとのセット割引(mio割)」がある「IIJmioひかり」がおすすめです。

 

 

フレッツ・v6オプション,v6プラス,違い,関係性,IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス,IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4,transix,IPv6オプション

 

>>transix対応のIIJmioひかり<<

 

 

 

上記に当てはまらない方

 

DMM光がおすすめ

 

 

適用できる携帯電話とのセット割引がない方なら、v6プラス対応で速くて、基本料金が安いDMM光がおすすめです。

 

v6プラス対応の高速回線&基本料金の安さが魅力!

 

 

 

 

>>v6プラス対応のDMM光<<

 

 

DMM光について詳しくはこちらの記事で解説しています

 

【v6プラス対応】DMM光の評判が良い理由を徹底解説!【工事費無料キャンペーン】


2018年最新版!おすすめの光回線の選び方


光回線選びに迷ってる方に絶対見て欲しい!外れない光回線の選び方はこちら


フレッツ・v6オプション,v6プラス,違い,関係性,IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス,IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4,transix,IPv6オプション



1分で判定!あなたにぴったりのネット回線診断


手っ取り早く知りたい方はこちら!数クリックだけであなたが『一番安く』使える『高速回線』を診断!


フレッツ・v6オプション,v6プラス,違い,関係性,IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス,IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4,transix,IPv6オプション



ドコモユーザーなら絶対おすすめのドコモ光!v6プラス対応で全国平均200Mbps超えの高速通信&v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタルのGMOとくとくBB×ドコモ光を要チェック!



フレッツ・v6オプション,v6プラス,違い,関係性,IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス,IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4,transix,IPv6オプション


  • v6プラス対応で高速!(HPで全国平均速度公開中/100Mbpsを下回ったらポイントプレゼント)
  • v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル
  • dポイント最大2万円分プレゼント!
  • 新規の方はさらにdポイント1万円分増額!
  • 限定キャッシュバック
  • セキュリティ無料(1年間)
  • ネット申し込み可能

今月は最大53,300円分もお得なキャンペーン実施中!GMOとくとくBB×ドコモ光の公式サイトはこちら



従来のドコモ光のデメリットを解消したGMOとくとくBB×ドコモ光の解説記事はこちら



速いフレッツ光/光コラボならv6プラス対応回線から選ぶべし!


【おすすめはココ!】v6プラスが利用できる「光回線/プロバイダ」と「料金」一覧


フレッツ・v6オプション,v6プラス,違い,関係性,IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス,IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4,transix,IPv6オプション



引越し、出張など申し込んですぐにネットを使い始めたい方におすすめ


【引っ越した日からすぐ使いたい!】申し込み翌日から使えるフレッツ光・光コラボ回線『インターネットお急ぎ便』


フレッツ・v6オプション,v6プラス,違い,関係性,IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス,IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4,transix,IPv6オプション


一人暮らしで使うならこの光回線!


一人暮らしにおすすめの光回線の選び方&速くて安い光回線11選!


フレッツ・v6オプション,v6プラス,違い,関係性,IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス,IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4,transix,IPv6オプション



難しい設定必要なし!初期設定不要ですぐに使える光回線一覧


難しい設定必要なし!初期設定不要ですぐに使える光回線一覧


フレッツ・v6オプション,v6プラス,違い,関係性,IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス,IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4,transix,IPv6オプション



マンションのオーナーから工事の許可がもらえない。工事待ちしたくない。など工事不要で乗り換えられる光回線を探している方へ


【工事なしで開通】工事不要で光回線を乗り換えられるのはどの光回線?どんな場合?【戸建/マンション】


フレッツ・v6オプション,v6プラス,違い,関係性,IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス,IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4,transix,IPv6オプション



初期費用を抑えてPC・ネットを始めたい方に!PC+ネット回線セットで月額2980円~の「MediSIM」


【パソコンもネットもなくてOK!】MediSIM(メディシム) by 株式会社メディエイターを徹底解説!【2980円で始められるインターネット】


フレッツ・v6オプション,v6プラス,違い,関係性,IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス,IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4,transix,IPv6オプション







このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

IPv6対応で速くなる?「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」って何者?【v6プラス/IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4/transix】
「v6プラス対応だから速い!」や「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4対応で高速通信!」などを謳っている光回線やプロバイダが増えてきましたが、そもそもそれって何?という方が多いと思います。それらのサービスは総称して「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」と呼ばれるものです。「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」とは何なのか、なぜ速くなるのか、などなど徹底調査し、解説していきます!
【おすすめはココ!】v6プラスが利用できる「光回線/プロバイダ」と「料金」一覧
「IPv6 IPoE +IPv4 over IPv6接続サービス」の1つ、「v6プラス」が使える光回線、プロバイダをまとめました。
【Wi-Fiルーター】v6プラス対応機器はこちら【HGW(ホームゲートウェイ)】
v6プラスの利用に必要な、v6プラス対応機器(Wi-Fiルーター・ホームゲートウェイ)を紹介します。
v6プラスとpppoeを併用するメリットと方法
v6プラスとPPPoEを併用することで、v6プラスのデメリットである、固定ipを使うサービス、特定ポートを使うPS4ソフトやオンラインゲーム等ができない問題を解消することができます。このページでは、v6プラスとPPPoEを併用するメリットと方法について解説します。
【v6プラス利用に向かない人も!】v6プラス(IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6)のデメリットはこんなところ
IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービスの1つである『v6プラス』は、混雑を避けて高速通信を実現できるサービスですが、デメリットも存在します。PS4ユーザーの方や自宅サーバー運営者の方が、v6プラス申し込み前に知っておきたいv6プラスのデメリット、v6プラス利用に向かない人について解説します。
v6プラスと「IPv6接続オプション」や「フレッツ光 IPv6接続」の違い
v6プラスオプションと、「IPv6接続オプション」や「フレッツ光 IPv6接続」の違いについて解説します。
IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4が利用できる「光回線/プロバイダ」と「料金」一覧
「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4」は、BBIX社が提供しているIPv6およびIPv4の接続サービスです。「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4」が使える光回線、プロバイダを紹介します。