IPv6対応で速くなる?「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」って何者?【v6プラス/IPv6 IPoE + IPv4 ハイブリッド・サービス/transix】

IPv6対応で速くなる?「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」って何者?【v6プラス/IPv6 IPoE + IPv4 ハイブリッド・サービス/transix】

IPv6 IPoE + IPv4,v6プラス,IPv6,ドコモ光,フレッツ光,gmo

 

光回線界隈で最近よく聞く「v6プラス」やら「IPv6 IPoE + IPv4 ハイブリッド・サービス」やら「transix」やら。

 

これらはまとめて「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」と呼ばれています。

 

 

ただIPv6での通信ができるだけのサービスかと思いきや、通信が高速になったり、使えるプロバイダや光回線が限られていたり、素人目にはかなり分かりづらい、謎の存在です。

 

IPv6 IPoE + IPv4,v6プラス,IPv6,ドコモ光,フレッツ光,gmo

ナゾ

 

 

「v6プラスやtransix対応の光回線やプロバイダだと回線速度が速くなるんだ~。へ~!」

 

で済ませても良いと思うのですが、やっぱりなぜなのかという理由を知りたいという方もいると思いますし、私自身気になります。

 

 

そこで、とことん調べてみたところ、

知らないのはもったいない!

 

使わないのはもったいない!

 

 

理に適った高速通信サービスでした!!!

 

 

ちょっと(本当はけっこう)長くなってしまいましたが、ぜひこのページを読んで「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」のメリットが分かったら、光回線やプロバイダ選びの参考にしていただければ幸いです!

 

 

このページを読むとこんなことが分かります

 


  • 「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」を使うと回線速度が速くなる理由
  • 「ネイティブ接続事業者」ごとの「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」の種類(v6プラス/IPv6 IPoE + IPv4 ハイブリッド・サービス/transixなど)
  • 「光回線/プロバイダ」と「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」の組み合わせ

 

 

IPv6 IPoE + IPv4,v6プラス,IPv6,ドコモ光,フレッツ光,gmo

「難しい話ですが、順を追って説明します」

「よろしく光回線なびマン!!!」

 

 

 

「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」ってなに?

 

「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」には、先述の通り「v6プラス」「IPv6 IPoE + IPv4 ハイブリッド・サービス」「transix」などが含まれますが、基本的には名称が違うだけでサービス内容は同じです。

 

 

なので、「v6プラス」を例にして解説しますが、「IPv6 IPoE + IPv4 ハイブリッド・サービス」や「transix」でも同じだと思ってください。

 

 

 

「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」とはどういう内容のサービスなのでしょうか??

 

 

「v6プラス」を提供している日本ネットワークイネイブラー株式会社(JPNE)のホームページでは、以下のように説明されています。

 


v6プラスは、NTT東西の次世代ネットワーク(NGN)を利用するISP事業者がIPv6及びIPv4の設備を持たずにインターネット接続サービスをお客さま(エンドユーザ)にご提供いただくためのサービスです。

本サービスは、「IPoE方式」によるIPv6インターネット接続とIPv6ネットワーク上で実現するIPv4インターネット接続のデュアルスタックのローミングサービスです。


引用:v6プラス

 

 

素人目にはやっぱり

 

IPv6 IPoE + IPv4,v6プラス,IPv6,ドコモ光,フレッツ光,gmo

ナゾ

 

ですよね。

 

 

順を追って説明してみたいと思います。

 

 

NGNとは

 

まず、NGNとは

インターネット通信に必要な「インターネット網」、固定電話や携帯電話での通話に必要な「電話網」、テレビの視聴に必要な「放送網」など、

従来は別個に存在していた通信網を、1つにまとめたネットワークです。

 

様々な通信網を一本化することにより、それぞれのメリット(「通信品質やセキュリティの高さ」、「冗長性」など)を受けることが出来ます。

 

 

 

 

また、NGNの大きな特長の1つに、IPv6に対応しているという点があります

 

 

IPv6とは

 

IPは、正式にはインターネットプロトコルと言います。

 

「プロトコル」は、通信をする際のルールのことですね。

 

 

同じプロトコルを使っている機器同士だと、簡単に通信ができます。

 

「IP」という同じプロトコルを使っているパソコン同士なら、お互いに簡単に通信(人間で言えば会話)が出来るということです。

 

IPv6 IPoE + IPv4,v6プラス,IPv6,ドコモ光,フレッツ光,gmo

 

 

IPを使って通信をする際には、「IPアドレス」というものが必要になります。

 

アドレス=住所ですから、

IPアドレスとは、「IPを使って通信する際に必要な住所」です。

 

 

IP通信は、よく「郵便」に例えられます。

 

郵便は、「自分の住所」から「相手の住所」へ届けますよね?

 

郵便を送るためには「自分の住所」と「相手の住所」の両方が分からないといけません。

 

IP通信も同じで、IP通信でデータを送ったり受け取ったりするためには、「お互いのIPアドレス」が必要になります。

 

 

普段私たちがIPアドレスというものを意識せずに通信を行っているのは、

IPアドレスは数字の羅列であり、人間には覚えづらいため、代わりに文字列を使ったりしているためです。

 

たとえば「メールアドレス」や「ホームページのURL」などですね。

 

 

では、IPv6とはなんでしょう?

 

IPv6は、IPのバージョン6ということです。IP(インターネットプロトコル)のバージョンの1つということですね。

 

これまで主流だったのはIPv4でした。私もあなたも、みんなバージョン4のIPを使って通信していたんですね。

 

 

しかし、IPv4には弱点がありました。

 

それは、アドレスの個数が少ない(2の32乗=約43億個)ということです。

 

IPv4が考えられた当初は、これだけあれば充分だろうと考えられていたわけですが、

当時の想像を超える早さでインターネットの普及が進んだ結果、「これじゃ足りないよ!」となったわけです。

 

 

そこで、アドレスの個数が多い(事実上「無限」といって良いほど多い)IPv6が策定されました。

 

(「え?IPv5はどこいったの?」と思われるかもしれませんが、IPv5も策定に向けて準備していたようですが、最終的には承認に至らなかったようです)

 

従来のIP通信はパソコンなどのコンピュータ同士の通信がメインでしたが、使えるアドレスが膨大にあるIPv6では、家電などにもIPアドレスを割り当て、IP通信を行うことも可能になります。

 

 

IPv6のメリット

 

IPv6のメリットには下記のようなものがあります

 


  • 膨大なアドレス数があるため、IPアドレスの枯渇が解消される
  • 家電などにもIPアドレスを割り当てることが可能で、コンピューター以外のものもIP通信が行えるようになる
  • セキュリティが強化される(IPsec)
  • インターネット接続設定が簡単(ルーターとPCを接続するだけでインターネットにつながる「ステートレス自動設定」)
  • ルーターの負荷が減る(NATが不要になる等)
  • ピアツーピア通信ができる(サーバ等を経由せずにIP通信が可能)

 

等々

 

 

 

IPv6のデメリット

IPv6のデメリットには下記のようなものがあります

 


  • IPv4との互換性がない
  • 互換性がないため、IPv4からIPv6へ完全に移行するまでは、IPv4とIPv6を共存させる必要がある(IPv4/IPv6デュアルスタック)
  • IPv6を利用するためには、「PCや家電などの機器」・「ルーター」・「インターネット回線(フレッツ光など)」・「プロバイダ(OCNなど)」・「利用するサービス(WEBサイトなど)」の全てがIPv6に対応している必要がある
  • 今すぐ完全にIPv6にしなければいけないわけではないため、IPv4からIPv6への移行がなかなか進んでいない

 

等々

 

参考サイト

 

IPv6を利用するには

 

 

IPv6のメリットとデメリットを挙げましたが、ネットワークの知識がある方以外には「?」だと思います。

 

私も詳しくは分かりません。。。

 

もっと詳細を知りたい方は参考サイトのリンク先をご覧ください。

 

 

ここで大事なのは、


IPv6のメリットに「回線速度が速くなる」というものがないということです。

 

つまり、v6プラスが速いのは、IPv6を利用しているからではないということですね。

 

 

ということは、v6プラスの速さの秘密は、「IPoE方式」にありそうです!

 

 

IPoE方式とは

 

IPv6でのインターネット接続方式には、「IPv6 PPPoE」「IPv6 IPoE」という2つがあります。

 

 

PPPoE方式は、従来のIPv4でのインターネット接続にも使われていた方式で、別名「トンネル方式」とも呼ばれます。

 

PPPoE方式とは、簡単に言うと、プロバイダ(ISPとも言います)から割り当てられた「ID」と「パスワード」を使って認証を行い、認証OKならプロバイダを経由してインターネットに接続できる仕組みです。

 

元々IPv4での接続時にも「IPv4 PPPoE」方式を利用しており、「IPv6 PPPoE」もほぼ同じ仕組みを使えるため、プロバイダ側の導入も簡単なのがメリットです。

 

しかし、日本の特殊なインターネット事情が邪魔をし、「インターネット接続用のIPv6アドレス」と「NGN接続用のIPv6アドレス」が混ざってしまい、正しく通信ができなくなってしまう問題が起こりました。(マルチプリフィックス問題)

 

 

その問題を解決するため、IPv6 PPPoE方式を利用する場合は「IPv6アダプタ」という機器が必要になります。

 

IPv6 IPoE + IPv4,v6プラス,IPv6,ドコモ光,フレッツ光,gmo

引用元:NTT東西のIPv6サービスが2方式あるわけ

 

 

詳しく知りたい方はこちらのサイトをご覧ください

 

NTT東西のIPv6サービスが2方式あるわけ

 

NGNの解説はこちらの記事に書きました

 

NGN(次世代ネットワーク)とは?

 

 

 

もう一方の接続方式であるIPv6 IPoE方式は、別名「ネイティブ方式」とも呼ばれています。

 

こちらはPPPのように認証を行わず、NGNやインターネットと直接接続する方式です。

 

PPPを使わないことで、マルチプリフィックス問題も起こらないため、「IPv6アダプタ」も不要になります。

 

 

ただし、IPv6 IPoE方式では、NGN側に別の問題があり、プロバイダ(ISP)を経由してインターネットに接続することが出来ません

 

そこで「ネイティブ接続事業者(VNE事業者)」というプロバイダの代わりの事業者が必要になりました。

 

プロバイダは何百社とありますが、「ネイティブ接続事業者」は初めに選出された3社と、その後に増えた3社を加えた合計6社しかありません。(2017年3月現在)

 

ネイティブ接続事業者(2017年3月現在)

 


  • インターネットマルチフィード(mfeed)
  • 日本ネットワークイネイブラー(JPNE)
  • BBIX
  • ビッグローブ株式会社(BIGLOBE)
  • 株式会社朝日ネット(ASAHI ネット)
  • NTT コミュニケーションズ

 

この6社のサービスを利用することで、IPv6 IPoE方式でインターネット接続を行うことができます。

 

 

ここが肝です!

 

 

IPv6 IPoE方式での通信を行うためには、プロバイダ(ISP)ではなく、ネイティブ接続事業者(VNE事業者)を経由してインターネットに接続する必要があり、これが回線速度が速くなる理由になります。

 

 

IPv6 IPoE + IPv4,v6プラス,IPv6,ドコモ光,フレッツ光,gmo

「分かり易く説明します」

 

 

従来のIPv4(IPv4 PPPoE)での通信や、IPv6 PPPoEでの通信の場合、

自宅⇒NGN(NTTのネットワーク)⇒(PPPのトンネル)⇒契約しているプロバイダ(OCNやSo-netなど)⇒インターネット

という経路でインターネットに接続します。

 

実は、この「自宅とインターネットを結ぶ経路」上に、回線速度を遅くする原因が2つあります

 

「IPv4 PPPoE」、「IPv6 PPPoE」でインターネット接続をする際に回線速度が遅くなる原因

 


①PPPoEの場合、認証のための「トンネル」を通る必要があり、そのトンネルを通る場合は最大200Mbpsまでしか速度が出ない。

 

②PPPoEの場合、NGNからプロバイダを経由してインターネット接続する必要があるが、NGNとプロバイダを接続する「網終端装置」にアクセスが集中して処理しきれず速度が出ない。

 

 

①は、PPPというプロトコル(通信のルール)の問題なので、従来の通信方式(IPv4 PPPoE)でもIPv6 PPPoEでもやはり200Mbpsまでしか出ません

 

 

②は、NTT東西が設置している設備(網終端装置)の問題。

 

インターネットを利用する人が増えすぎて、NGNとプロバイダを接続している「網終端装置」という部分へのアクセスが混み合い、スムーズに処理できなくなってしまったのです。

 

「網終端装置」は、都道府県ごとに設置されているので、混んでいる(=回線速度が遅い)都道府県と、比較的空いている都道府県に分かれはしますが、全体的に混み合って回線速度が遅くなってしまっているのが現状です。

 

NTT側も設備の増強を行っているようですが、追いついていません。

 

 

 

①②の問題の解決法としては、

 

「PPP以外のプロトコルを使う(①に対する解決法)」

 

「網終端装置を通らずにインターネットに接続する(②に対する解決法)」

 

などが挙げられます。

 

 

そこでIPv6 IPoE方式の登場です!

 

IPv6 IPoE方式での通信の場合は、

自宅⇒NGN(NTTのネットワーク)⇒ネイティブ接続事業者(VNE事業者)⇒インターネット

という経路でインターネットに接続します。

 

 

速度遅延のデメリットを解消するために、GMOとくとくBBが採用した「v6プラス」での通信方式(IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6方式)

IPv6 IPoE + IPv4,v6プラス,IPv6,ドコモ光,フレッツ光,gmo

引用元:http://ascii.jp/elem/000/000/647/647620/

 

 

 

IPv4 PPPoEやIPv6 PPPoEと比べると、下記のメリットがあります。

 

IPv6 IPoEのメリット(IPv4 PPPoEやIPv6 PPPoEと比べた場合の利点)

 


  • 「PPPのトンネル」を通る必要がなくなり、200Mbpsの速度制限がなくなる⇒最大1Gbpsまで回線速度が向上する
  • プロバイダを経由しないため、網終端装置を通る必要がなくなる⇒混雑を回避できるため、回線速度が向上する

 

 

 

 

ここまでで、IPv6 IPoE方式を使うことで回線速度が速くなる理由が、なんとなくでも分かりましたでしょうか?

 

分かってもらえていればいいなぁ~と思いながら、お話しはもう少し続きます(^^;

 

 

 

「IPv6 IPoE方式」のデメリット

 

実は、まだ問題が残っています。

 

IPv6 IPoE方式は、当然IPv4ではなくIPv6を使うわけです。

 

IPv6のデメリットのところでも書きましたが、IPv6で通信するためには、機器やサービス(ウェブサイトなど)がIPv6に対応している必要があります

 

 

機器の方は対応が進んでいて、それほど問題にはならないかと思います。

 

問題はウェブサイトなどのサービスの方です。

 

現状でIPv6に対応しているウェブサイト、ウェブサービスはまだ少なく、有名どころだとフェイスブック、グーグル、YouTubeなどしかないようです。(2017年4月現在)

 

 

ということは、

YouTubeなどのIPv6に対応しているウェブサイトを閲覧する時は最大1Gbpsの高速通信ができるけれど、IPv6未対応のサイトを見る時は200Mbpsしか出なくなってしまいます!

 

 

これでは、ほとんど意味がありませんよね(/・ω・)/

 

 

「IPv6 IPoE方式」のデメリットを解決する「IPv4 over IPv6」

 

そこでまた新たな技術が登場します(またか)

 

 

その名も、「IPv4 over IPv6」

 

 

簡単に言うと、

IPv4通信でも、IPv6 IPoEの経路上を通れるようにする技術

です。

 

これにより、IPv6 IPoEと同じく最大1Gbpsの高速通信が可能になります。

 

つまり、IPv4にしか対応していないウェブサイトでも、最大1Gbpsの高速通信で閲覧できるようになるということです!

 

 

「IPv6 IPoE方式」と「IPv4 over IPv6」の両方を使うことでIPv4サービス、IPv6サービスの両方を高速で使えるようになる

 

そして”IPv6 IPoE”と”IPv4 over IPv6”の両方を使えるようにするのが、「v6プラス」や「IPv6 高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4」、「IPv4インターネット接続オプションサービス」といったサービス(それらを総称した名称が「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」)なのです!

 

 

 

ようやくこの記事で解決したかった疑問の答えにたどり着けました!(´Д⊂ヽ

 

 

 

「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」で回線速度が速くなる理由 まとめ

 

「v6プラス」や「IPv6 高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4」などのサービスを使うと、なぜ回線速度が速くなるのか

 

 

これまで解説してきた流れをざっくりとまとめると下記のようになります!

 

 

 

従来の回線接続方式は「IPv4 PPPoE」という方式。



IPv4アドレスは枯渇したので、これからはIPv6に移行が必要



IPv6 PPPoE方式に移行を進めたが、問題(マルチプリフィックス問題)があり、回線速度も遅い(IPv4 PPPoEと同じく最大200Mbpsしか出ない)



IPv6 IPoE方式を利用することで「マルチプリフィックス問題」を解決し、「回線速度」も向上(最大1Gbps)



しかし、IPv6対応しているサイトやサービスが少ないため、インターネットでウェブサイトを閲覧する場合などは結局IPv4 PPPoE方式で接続しないといけない(最大200Mbps)



IPv6経路上をIPv4で通信することを可能にする「IPv4 over IPv6」という技術を利用することで、IPv6対応していないサイトやサービスでも最大1Gbpsで利用可能になる



「IPv6 IPoE」と「IPv4 over IPv6」の両方を使えるようにしてくれるサービスが、『v6プラス』や『IPv6 高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4』、『IPv4インターネット接続オプションサービス』など

 

 

 

『v6プラス』や『IPv6 高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4』、『IPv4インターネット接続オプションサービス』など、サービス名が複数あるのは、ネイティブ接続事業者によってサービス名が違うからです。

 

内容はどれも同じで、「IPv6 IPoE」と「IPv4 over IPv6」を利用した高速通信ができるサービスです。

 

 

 

この組み合わせで光回線を使えば高速通信が実現!「光回線/プロバイダ」と「ネイティブ接続事業者」と「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」の組み合わせ

 

 

『v6プラス』や『IPv6 高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4』、『IPv4インターネット接続オプションサービス』(総称して「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」と呼びます)を使いたい場合、

実は直接ネイティブ接続事業者と契約することはできません

 

 

あくまで、まずは光回線やプロバイダと契約する必要があり、プロバイダのオプションとして、プロバイダと提携しているネイティブ接続事業者(プロバイダがネイティブ接続事業者を兼ねている場合もあります)の提供しているv6サービスを契約する必要があります。

 

 

全てのプロバイダがネイティブ接続事業者と提携しているわけではありませんので、

「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」を利用したい場合は、まずネイティブ接続事業者と提携しているプロバイダと契約する必要があります

 

 

以下に「光回線/プロバイダ」と「ネイティブ接続事業者」と「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」の組み合わせを記載しておきますので、光回線とプロバイダを選ぶ際の参考にして下さい。

 

「光回線/プロバイダ」と「ネイティブ接続事業者」と「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」の組み合わせ一覧

 


①v6プラス

 

「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」の名称⇒v6プラス

「ネイティブ接続事業者」⇒JPNE(日本ネットワークイネイブラー)

 

<「v6プラス」が利用できる光回線の種類、プロバイダ>

光回線 プロバイダ
フレッツ光

GMOとくとくBB

光コラボ

GMOとくとくBBのドコモ光

 

 

GMOとくとくBBのドコモ光の最新キャンペーンや、独自特典などについてはこちらで詳しく解説しています

 

GMOとくとくBBのドコモ光が解消した、ドコモ光の2つのデメリット【遅い、店舗申込みが手間】

 

 

@nifty光

 

ビッグローブ光(2017年8月より、ビッグローブ光のIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続サービスの名称が「IPv6オプション」に変更になりました。これはビッグローブ自身がVNE事業者としてIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続サービスを開始したからで、速度や仕組みは変わりません。)

 

DMM光

 

 

v6プラスが利用可能な「光回線/プロバイダ」と「料金」、どれがオススメかについてはこちらの記事で解説しています

 

【おすすめはココ!】v6プラスが利用できる「光回線/プロバイダ」と「料金」一覧

 

 

②IPv6 IPoE + IPv4 ハイブリッド・サービス

 

「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」の名称⇒IPv6 IPoE + IPv4 ハイブリッド・サービス

「ネイティブ接続事業者」 ⇒BBIX

 

<「IPv6 IPoE + IPv4 ハイブリッド・サービス」が利用できる光回線の種類、プロバイダ>

光回線 プロバイダ
光コラボ

ソフトバンク光

 

 

IPv6 IPoE + IPv4 ハイブリッド・サービスが利用可能な「光回線/プロバイダ」と「料金」、どれがオススメかについてはこちらの記事で解説しています

 

IPv6 IPoE + IPv4 ハイブリッド・サービスが利用できる「光回線/プロバイダ」と「料金」一覧

 

 

③transix(トランジックス)サービス

 

「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」の名称⇒transix(トランジックス)サービス

「ネイティブ接続事業者」 ⇒mfeed(インターネットマルチフィード株式会社)

 

<「transix(トランジックス)サービス」が利用できる光回線の種類、プロバイダ>

光回線 プロバイダ
光コラボ

IIJmioひかり

 

 

 

スマホとのセットも使って、最安で「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」対応の光回線・プロバイダを使える組み合わせを紹介!

 

最後に、「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」対応の回線を最安で使える組み合わせを紹介します!

 

 

①ドコモの携帯を使っている方⇒ドコモ光(プロバイダ:GMOとくとくBB)

 

 

 

②auの携帯を使っている方⇒ビッグローブ光

 

 

 

③ソフトバンクの携帯を使っている方⇒ソフトバンク光

 

 

 

④NifMoを使っている方⇒@nifty光

 

 

⑤BIGLOBE SIMを使っている方⇒ビッグローブ光

 

 

 

⑥DMM mobileを使っている方⇒今なら工事費用が無料!DMM光

 

 

 

⑦IIJmioモバイルサービス、IIJmioモバイルプラスサービスを使っている方⇒IIJmio光

 

 

⑧マンション等でフレッツ光しか使えない方⇒フレッツ光(プロバイダ:GMOとくとくBB)

 

 

⑨いずれにもあてはまらない方⇒ドコモ光(プロバイダ:GMOとくとくBB)

 


2017年最新版!おすすめの光回線の選び方


光回線選びに迷ってる方に絶対見て欲しい!外れない光回線の選び方はこちら


IPv6 IPoE + IPv4,v6プラス,IPv6,ドコモ光,フレッツ光,gmo



1分で判定!あなたにぴったりのネット回線診断


手っ取り早く知りたい方はこちら!数クリックだけであなたが『一番安く』使える『高速回線』を診断!


IPv6 IPoE + IPv4,v6プラス,IPv6,ドコモ光,フレッツ光,gmo



ドコモユーザーなら絶対おすすめのドコモ光!今月は最大58900円もお得になる特大キャンペーン実施中&v6プラス対応で全国平均280Mbps超えの高速通信&v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタルのGMOとくとくBB×ドコモ光を要チェック!



IPv6 IPoE + IPv4,v6プラス,IPv6,ドコモ光,フレッツ光,gmo


  • v6プラス対応で高速!(HPで全国平均速度公開中/100Mbpsを下回ったらポイントプレゼント)
  • v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタル
  • dポイント最大2万円分プレゼント!
  • 関西の方はさらにdポイント1万円分増額!
  • 限定キャッシュバック
  • セキュリティ無料(1年間)
  • ネット申し込み可能

今月は最大58,900円分もお得なキャンペーン実施中!GMOとくとくBB×ドコモ光の公式サイトはこちら



従来のドコモ光のデメリットを解消したGMOとくとくBB×ドコモ光の解説記事はこちら






このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

【おすすめはココ!】v6プラスが利用できる「光回線/プロバイダ」と「料金」一覧
「IPv6 IPoE +IPv4 over IPv6接続サービス」の1つ、「v6プラス」が使える光回線、プロバイダをまとめました。
【Wi-Fiルーター】v6プラス対応機器はこちら【HGW(ホームゲートウェイ)】
v6プラスの利用に必要な、v6プラス対応機器(Wi-Fiルーター・ホームゲートウェイ)を紹介します。
【v6プラス利用に向かない人も!】v6プラスのデメリットはこんなところ
IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービスの1つである『v6プラス』は、混雑を避けて高速通信を実現できるサービスですが、デメリットも存在します。v6プラス申し込み前に知っておきたいv6プラスのデメリット、v6プラス利用に向かない人について解説します。
v6プラスと「IPv6接続オプション」や「フレッツ光 IPv6接続」の違い
v6プラスオプションと、「IPv6接続オプション」や「フレッツ光 IPv6接続」の違いについて解説します。
IPv6 IPoE + IPv4 ハイブリッド・サービスが利用できる「光回線/プロバイダ」と「料金」一覧
「IPv6 IPoE + IPv4 ハイブリッド・サービス」は、BBIX社が提供しているIPv6およびIPv4の接続サービスです。「IPv6 IPoE + IPv4 ハイブリッド・サービス」が使える光回線、プロバイダを紹介します。