「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」の解説

「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」の解説

「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」について解説しています。

 

「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」の解説記事一覧

IPv6対応で速くなる?「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 ...

IPv6 IPoE + IPv4,v6プラス,IPv6,ドコモ光,フレッツ光,gmo 光回線界隈で最近よく聞く「v6プラス」やら「IPv6 IPoE + IPv4 ハイブリッド・サービス」やら「transix」やら。これらはまとめて「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス」と呼ばれています。ただIPv6での通信ができるだけのサービスかと思いきや、通信が高速...

≫続きを読む

【おすすめはココ!】v6プラスが利用できる「光回線/プロバイダ」と「料金」一覧

v6プラス,光回線,プロバイダ,IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス フレッツ光や光コラボを使うなら、「v6プラス」や「IPv6 IPoE + IPv4 ハイブリッド・サービス」、「transix」などのIPv6接続サービスが使える光回線、プロバイダを選ぶのがおすすめです!IPv6接続サービスは、深く知ろうと思うと難しい話がたくさん出てきますが、とにかく速い!というこ...

≫続きを読む

【Wi-Fiルーター】v6プラス対応機器はこちら【HGW(ホームゲートウェイ)】

v6プラス,対応機器,対応ルーター,対応ホームゲートウェイ,hgw v6プラスを利用するには、v6プラス対応機器が必要になります。v6プラス対応機器?持ってないおと思った方も大丈夫!基本的にはNTT東西から無料レンタルできる「v6プラス対応ホームゲートウェイ」があれば使えます。ただ、有線ではなく無線(Wi-Fi)を使いたい場合は別途、「v6プラス対応Wi-Fiルータ...

≫続きを読む

【v6プラス利用に向かない人も!】v6プラスのデメリットはこんなところ

v6プラス,デメリット,向かない人,IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス v6プラスのデメリットは、端的に言うと以下のような点です。特定ポートを使うサービス(PS4のオンラインゲームの一部など)が出来ない固定ipが使えないPPTPを利用するサービス(VPNなど)が使えないSCTPを利用するサービス(Linux kernel・Solaris・AIXなどのOSの一部など)が使...

≫続きを読む

v6プラスと「IPv6接続オプション」や「フレッツ光 IPv6接続」の違い

v6プラス,IPv6接続オプション,フレッツ光 IPv6接続,違い 光回線やプロバイダによっては、「v6プラス」と、「IPv6接続オプション」や「フレッツ光 IPv6接続」といった複数のIPv6接続サービスが用意されている場合があります。どちらもIPv6接続ができるサービスなんだろうということぐらいは分かりますが、何がどう違うのかまではなかなか分かりづらいですよね。...

≫続きを読む

IPv6 IPoE + IPv4 ハイブリッド・サービスが利用できる「光回線/プ...

IPv6 IPoE + IPv4 ハイブリッド・サービス,IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続サービス,IPv6,高速,プロバイダ BBIX株式会社のサービスである「IPv6 IPoE + IPv4 ハイブリッド・サービス」は、日本ネットワークイネイブラー株式会社(JPNE)の「v6プラス」や、インターネットマルチフィード株式会社の「transix」と同様に、IPv6網を活用してインターネット接続することで、高速通信を実現する(...

≫続きを読む